« 4/13 「ホメオパシー・ベーシック」 | トップページ | 新刊発売♪アロマトピア147号の新連載は「心臓の秘密」?! »

2018年3月28日 (水)

4/14 医学史・科学史家、故・大槻真一郎先生の世界

Profotsuki pdfをダウンロード

~世界ホメオパシー周知週間2018関連イベント~

 「大槻ワールドへの案内

 ~医学史・科学史家、故・大槻真一郎先生の世界~」

日時:2018年4月14日(土) 14~16時半
場所:クプクプ ホリスティックアロマテラピー自然療法サロン
会費:3,000円

哲学者&ホメオパシー伝道者の故・大槻真一郎先生をご存知でしょうか?

槻先生は、日本のホメオパシーの発展に、多大なる貢献をされたお一人です。

今回は、大槻先生が、かつて制作された、超貴重な映像「ヒポクラテス」上映と、「ヒーリング錬金術」シリーズ監修秘話が聞ける特別な機会です。

Img_7185

ヒポクラテスは、ギリシャ「コス島」の聖医で、哲学としての「魂の癒し」にも取組んだ、実践医師。医学と曖昧な呪術を切り離し、人体と精神と魂に調和をもたらす医学を、自然観察に基づき、実践した医師です。

今でも、一部の医学校では、「ヒポクラテスの誓い」を、原点に戻る誓いとして、大事に継承しています。

今回は、そのヒポクラテスのドキュメンタリーを、ホメオパシー必読書「オルガノン」、「慢性病論」など、数多の古典医学書を、古典ラテン&ドイツ語から翻訳した、大槻先生の愛弟子、澤元亙先生をお迎えしています。

ヒポクラテスの医師の心得は、自然療法家にとっても、重要なものです。

ホメオパシーを理解する上で、西洋の根底に流れる医学の歴史と、ヒポクラテスの存在は、欠かせません。

私も実際に、アロマテラピーの学校で学び、その誓約文を書き写し、机の上に飾ったことがありました。


人間の愛のあるところに
医術への愛もまたある

 


人間一般の自然性を知り、
人間がどんなものから構成され、
どういうものによって支配され、
そこからどんな結果が生じるかを知らなければならない

私たちが生活の糧とする
一切の飲食物について、
それぞれ本来どんな効力があり、
また人為的に加工されると
どんな効力が生じるのかを
知っていなければならない。

 

聖医は、食事が健康に直結してると、紀元前から述べています。
悲しいけれど、現代は、遺伝子組換えの種をよしとする「種苗法」がOKとなり、私たちのご先祖様がずっと守ってきた種を公に共有してきた「種子法」が、この春、廃止されます。

種は、農林水産省ではなく、知的財産を扱う、経産省の管理下におかれたそうですよ。私たちの生活や命に直結する法案が、私たちの知らないところで、どんどん通っているのです。すでに、日本は、種、つまり食物を、知的財産権の中に入れ、利益だけを追求する政策をとっているのです。

想像できますか?

そのことによって、種は、一部の種会社によって、占有され、在来種の種を交換するだけで、犯罪者となる可能性も出てきます。参考サイト

種はだれかのものではありません。種は、地球の一員であり、わたしたちみんなに役立ってくれるものです。

ヒポクラテスや大槻先生がいらしたら、私たちにどんなアドバイスをしてくれるだろう。。そんなヒントが得られる時間にもなります。

古今東西の自然療法に興味のある方必見の、スペシャル・イベントです。

わたしも、2007年に、ホメオパシーの国際セミナーに参加するために、ギリシャに一度だけいったことがあります。太陽がまぶしかったです!その時の写真を一部。わかーい。11年前w。

Greece613044

★★★場所&問合せは↓★★★

 場所:クプクプ ~自然療法サロン
 申込フォーム
 お申込&お問合せ:kupukupu@air.nifty.jp
 電話:090-8582-9292(17~19時でお願いします)

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

|

« 4/13 「ホメオパシー・ベーシック」 | トップページ | 新刊発売♪アロマトピア147号の新連載は「心臓の秘密」?! »

【自然療法】ホメオパシー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4/13 「ホメオパシー・ベーシック」 | トップページ | 新刊発売♪アロマトピア147号の新連載は「心臓の秘密」?! »