« 「調布駅前の樹木たちの危機」を助けよう!&「ひきこもり」も遠慮なくサポートを(AYSIA結成) | トップページ | 新登場! 骨盤調整&アロマテラピー130分 »

2018年5月14日 (月)

自然療法と日本国憲法を身近に学ぶ「ナチュロ9カフェ」

Img_5167

昨日は、クプクプにて、自然療法と日本国憲法を身近に学ぶ「ナチュロ9カフェ」の日でした。

小さなサロンでのカフェですが、半数以上が鍼灸師やセラピストなどのメンバーなので、話題は、いかに簡単に手軽にの健康秘話で満載です。

ひきこもりも、高齢化が問題になっているらしいと、先日参加した一般社団法人青少年社会自立支援対策協会(AYSIA)の話をしたら、あるお母さんのお話を紹介してくれました。

それは、ひきこもりの息子を持つある母親が、天然塩がいい、と誰かから教えてもらい、わらをもすがる気持ちで、「〇〇の塩」を飲み水に少量入れてみたという話。

結果、3日後に、「バイト行ってくる」と、ひきこもり息子が、バイバイと出掛けていったそうです。

自然療法に関わっていれば、こういう話は理論でも説明できます。 万人に塩がきくわけではないのでしょうが、若い人たちは、いい塩を体内に入れるだけで蘇生する可能性は十分にあると思います。

それにしても、ひとつのトピックスに対し、みんな、あれもこれも!と惜しみなく情報を分けてくれるので、その場でいるだけで学びになります。

そして、今回から、「檻の中のライオン」の輪読会がスタートしました。

この本は、小学生にもわかる日本国憲法とわかりやすい点で評価が高く、どうして、ライオン(権力者、政治家など)を檻に入れるのかを分かりやすく学べます。

好きなページを読む自由なスタイルでの輪読会で、わたしが印象に残ったのは、日本国憲法の25条。


25条

1.全て国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

2.国は、全ての生活部面について、社会福祉、社会保障、及び、公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

驚きます。国は、こんなにも尊い仕事に、関わっておられるのです。
今すぐにでも、食事やワクチンについて、もう一度見直していただきたいです。

糖尿病や自閉症の発症率が高いとされる遺伝子組換の作物を推奨することは、国民の健康の為になるのでしょうか?

私はならないと思います。ですので、種苗法は廃止です。どこかの企業だけが儲かる、種+農薬+化学堆肥のセット販売を助けることはやめて、税金で大事にしてきた種子法をさらに発展させましょう。このまま種苗法が施行されたままだと、税金(私たちのみんなのお金ですよ!)で培ってきた種子法の情報を、簡単に、遺伝子組会を推奨する企業に、お渡しするシナリオ通りになってしまいます。

種子法廃止についての具体的なアクションについては、また改めて共有させていただきたく、狛江や東京都で簡単にできることがありましたら、ぜひ、教えてください。

国民の義務に、自然農毎週最低2日を盛り込めばいい。義務教育の学校には、畑と田んぼを付帯させたらいいですね。自然農に取組む農家さんたちがそれを手伝います。給食にももちろんそれらの野菜やお米を使いますよ。税金をうんと節約できます。

もちろん、政治家の皆さんも日本国民ですからね、一緒に、田畑で汗を流しましょう。セクハラしている暇なんてありませんよ~★自分が代表を務める市民の意見を聞くには、一緒に体を動かすのが一番です。大河ドラマの西郷どんみたいですね♪

ワクチンと言えば、先日、日本橋のチルドリンさん主催のイベントで、東京大学医学部附属病院の薬剤師、高山和郎先生とお話をする機会がありました。この場を借りて、チルドリン代表の蒲生さまに、薬剤師さんが教えてくれる新潟の粽づくりという面白い企画に誘っていただき感謝します。

Img_7405 Img_7406

そこで教えてもらった話を下記に共有します。厚生労働省では、抗生物質・抗菌薬が効かなくなる未来に立ち向かうため、日ごろから手洗いとのどエチケットをすることで、抗生剤を乱用しないように呼び掛けています。

つまり、抗生物質や抗菌剤は、薬剤耐性がつきやすいので、いざというときに効かない、ということです。
ガンダムが正しい服薬をPR!のページにわかりやすく説明されていましたパンフレットを一部紹介します。

Amr

「"かぜ"には抗生物質が効く」
「抗菌薬をもらうと安心する」
「よくなってきたから抗生物質をやめよう」
「余った抗菌薬をとっておこう」

答えは、
”かぜ”の原因の多くは、ウィルスであり、抗生物質・抗菌薬は効きません
抗生物質・抗菌薬は細菌を退治する薬です

です。

抗生剤の飲み方、間違えないで!と伝えてくれていますが、石頭の私たちは、一度覚えてしまった癖をなかなか、変えることはできません。

しかしながら、自然療法では、薬は、ほとんど最低限しか飲まないので、抗生剤を飲むといったら、公衆衛生が行き届いている現代の日本においては、手術の時くらいでしょうか。

ちなみに、日本の水道水は、塩素がたっぷり入っているので、それで手を洗っても、殺菌効果はあるでしょうね。使い続けると経皮毒の問題も出てくるほど、入っているそうですよ。

さて、薬の乱用については、薬剤師も医師も、本気で考えてくれています。わたしたちも、その思いにこたえ、薬の飲み方や、実際に飲んでどうなったかなどのフィードバックをして、次世代に残す薬の質を高めていきたいですね。AMR対策を、クライアント様にお伝えすることも喜ばれると思います。

話はそれてしまいましたが、次回の「ナチュロ9カフェ」は、夏を予定しています。

また、7/1には国領で、ナチュロ9カフェ主催の、「アメリカ先住民とわたしたち」のお話を、鎌田先生方をゲストお迎えし、開催予定です。

このように、カフェでも、話が脱線し過ぎますけれど、それぞれの視点で、憲法や政治に関して自由に話せる楽しいひと時でした。
みんなの自然療法の知恵も満載で、すごくおもしろかったです。

ぜひ、日本国民の一人として、憲法が改定してしまう前に、冷静に、堂々と、その権利を使いましょう。
第二次世界大戦という苦しみを体験したご先祖様たちが、二度と戦争をしなくていいように、と残してくれたこの憲法は、戦争がなくならない現時点では、とても崇高な叡智がつまっています。

*「ナチュロ9カフェ」の名前の由来は、Naturopathy & Aricle9(”戦争ではない手段で、国際紛争を解決する”日本国憲法第9条 )に敬意を払い、日本国憲法が、私たちの生活にどう密着しているのかを、亀のあゆみで学び、自由に思いを語り合うカフェです。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

|

« 「調布駅前の樹木たちの危機」を助けよう!&「ひきこもり」も遠慮なくサポートを(AYSIA結成) | トップページ | 新登場! 骨盤調整&アロマテラピー130分 »

【自然療法民主化したい】ナチュロ9カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「調布駅前の樹木たちの危機」を助けよう!&「ひきこもり」も遠慮なくサポートを(AYSIA結成) | トップページ | 新登場! 骨盤調整&アロマテラピー130分 »