« 7/15 ホリスティック・レッスン at 狛江 | トップページ | 母の日に、アロマテラピーの花束を♪ »

2018年5月 8日 (火)

日本軍「慰安婦」問題は解決していません

 

Eluyenpvsvtlpgp800x450nopad_2

調布アースディのお仲間より、下記ご案内いただいたので共有させて下さい。

※今年の調布アースディは、5/12土です!

「慰安婦」という単語が政府容認の元、存在していたこと、決して忘れてはいけないと思います。

それは、たった一人でも。数の問題ではないです。

自分の意志を無視して、性的な事を強いられるのは、想像し難い絶望です。

しかも、その深い悲しみは、簡単に受け入れられることではないし、人に打ち明けることだって苦痛です。

慰安婦の立場の苦しみ。
慰安婦の存在で、戦争の恐怖から、一時的に目をそらすことが出来たかもしれない日本軍の兵士たちの苦しみ。

ご先祖さまたちが体験し、残してくれた、戦争が引き起こす、人間の愚かな行動。

私たち人間は、本当に愚かでずるくて、どうしようもないことたくさんする。それが人間。

だから、反省して、どうしたら、弱い立場とか強い立場とかをなくすことが出来るかを、真剣に考え行動したいと思います。

まずできることは、真実を知ること。
そして、そのことに深く共感したり、署名も出来るかもしれない。

フィリピン・マニラの日本軍「慰安婦」被害者を記憶する像が、日 本政府の圧力を受けたフィリピン政府によって撤去された問題は、 誰よりも、私たち日本の市民が声を上げなければならない問題です 。また、このような暴挙に対して怒る世界の声を日本政府とフィリ ピン政府に届けたいと思います。

 

日本軍「慰安婦」問題解決全国行動は430日に発表した声明へ の賛同を募っています。4カ国語でHPにアップし、署名フォーム を作成しましたので、国境を超えた拡散にご協力ください。


日本語 http://www.restoringhonor1 000.info/2018/05/400-1.html

韓国語 http://www.restoringhonor1 000.info/p/400-1.html
簡体中文 http://www.restoringhonor 1000.info/p/400.html
繁体中文 http://www.restoringhonor 1000.info/p/400_6.html
英語 http://www.restoringhonor10 00.info/p/over-400-memorials- to-japanese-soldiers.html

 

近日中に日本政府およびフィリピン大使館に提出する予定です。 提出日が決まり次第、追ってお知らせします。 513日を当面の集約日とします。

 

 

★なお、 フィリピンの諸団体が以下の署名活動をおこなっています。 日本語訳を添付しますので、こちらにも合わせてご協力ください。

https://www.change.org/p/phili ppine-president-rodrigo-dutert e-president-duterte-re-install -the-comfort-woman-memorial-in -manila?recruiter=11338145&utm _source=share_petition&utm_med ium=facebook&utm_campaign=fb_ send_dialog

 

 

1次集約日 513

全国行動抗議声明 

日本兵戦没者の慰霊碑はフィリピンに400基以上

たった1基の日本軍「慰安婦」被害者像を撤去させた

日本政府の恥ずべき行為に抗議する!!

昨年128日、フィリピンの首都マニラに、日本軍の「慰安婦」 にされた女性たちを記憶するための碑が建てられた。歴史的な記念 物の設置に関わる政府機関「フィリピン国家歴史委員会」が公的 に承認して設置したものだ。台座にはタガログ語で「19424 5年の日本統治下で虐待の被害に遭った全てのフィリピン女性の記 憶である。彼女たちが自身の経験を語り出すまで、 何年もの月日を要した」と記された。

 

なぜ記憶しようとするのか。

それは、再発防止のために他ならない。

日本軍「慰安婦」(性暴力)被害者たちは、 二度と同じような被害者を生まない平和な世界の実現を訴えてきた 。今、世界に広がる日本軍「慰安婦」メモリアルは、 この訴えを記憶することで、今も戦時下で、あるいは基地周辺で、 そして日常の中で繰り返される性暴力を根絶しようとする決意と切 望を表すものなのである。

 

このような趣旨でマニラに建立された碑に対し、 日本政府は設置直後から「日本政府の立場と相容れない」として「 遺憾の意」を表明し、今年1月に同国を訪れた野田聖子総務相兼女 性活躍担当相も「非常に残念だ」として、 政府間で協議するよう求めた。

しかし、このような「立場」表明こそが、日本軍「慰安婦」 問題の解決を遠のかせ、被害女性たちを再び傷つけ、 国際世論の非難を浴びる原因になっていることに、日本政府は、 もういい加減に気付くべきだ。一方で「お詫び」と「反省」 を口にしながら、加害の歴史をなきものにしようと、 なりふり構わず被害国に圧力をかける。これは、「反省」 が口先だけのものだとわざわざ行動で示すものだ。

 

そもそも、 フィリピンの人々が自国の犠牲者を悼む碑を自国内に建てることに 対して「日本政府の立場と相容れない」 と主張すること自体が恥知らずな行為だ。一方で日本政府は、 日本兵戦没者の慰霊碑をフィリピン国内に建てているのである。 フィリピンのラグナ州カリラヤに日本政府が設置した「 比島戦没者の碑」がそれだ(厚労省HP)。

さらに、フィリピン各地に日本人が建てた日本兵戦没者の慰霊碑は 400基を超える。「日本人生還者や戦没者のご遺族の方々が、 フィリピンに日本人戦没者の慰霊碑を建立しようとしたとき、 フィリピンの人々は自らも戦争において約120万人もの犠牲者が 出ているにもかかわらず、慰霊碑建立に快く協力」 してくれたという(フィリピン戦没者慰霊碑保存協会HP)。

かつて侵略した国に、日本兵の慰霊碑を建立する一方で、 フィリピンの人々が自国の地に、 日本軍による性暴力被害女性の碑を建てることに対して露骨に妨害 する。しかも、その論拠が「日本政府の立場と相容れない」 というのだから、私たちは日本の市民として、 フィリピンの人々に申し訳なくて顔を上げることすらできない。 このような非常識で厚顔無恥な態度は、 世界のそしりを免れないだろう。

 

そして427日、遂に碑は撤去された。 現場で撤去を確認したという在比日本大使館は「(撤去は) フィリピン政府側の判断であり対応」とうそぶく一方で、「 フィリピン政府には像設置は遺憾であり、 二国間の関係に悪影響を与えないようにとの日本政府の立場を繰り 返し伝えてきた」と述べている。

 

恥ずかしい、あまりにも恥ずかしい言動だ。

私たちは、このような日本政府の対応に、 強い怒りを込めて抗議する。

そして、日本軍「慰安婦」被害女性たちを記憶することで、 再発防止をはかろうとするメモリアル建設に、これ以上、干渉・ 妨害をして、世界に恥をさらす行為をやめるよう求める。

 

フィリピン政府は、現日本政府の不当な要求に屈し、 自国の女性の尊厳を切り捨てたという汚名を返上しなくてはならな い。フィリピン「慰安婦」被害者像を再建し、 女性の人権確立に向けた姿勢を、世界に示すべきだ。

 

私たちは、 厳しい状況の中でも女性の人権確立と女性に対する暴力根絶のため にたたかうフィリピンの女性たちをはじめ、 世界の女性たちと連帯して、日本軍「慰安婦」 メモリアルがめざす本来の意味を追求するため、 今後も行動を続けていく。

 

2018430

日本軍「慰安婦」問題解決全国行動

共同代表   梁澄子  柴洋子

「全国行動」は、「フィリピン人元『従軍慰安婦』 を支援する会」、「フィリピン元『慰安婦』支援ネット・三多摩( ロラネット)」などを含む40余りの団体で構成される全国的なネ ットワークです。

==============================
梁 澄 子 (Yang Ching Ja)
Email;yang442@gmail.com
==============================

|

« 7/15 ホリスティック・レッスン at 狛江 | トップページ | 母の日に、アロマテラピーの花束を♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7/15 ホリスティック・レッスン at 狛江 | トップページ | 母の日に、アロマテラピーの花束を♪ »