クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

  • 311と自然療法
    311後、南相馬を中心にアロマテラピーやフラワーエッセンスなどの自然療法を7年届けました。 2018年からは、鏡石町のマグノリア農園に通っています。
  • KUPUKUPU*お知らせ
    アロマテラピー&フラワーエッセンスの施術、セミナー情報をお届けします。
  • KUPUKUPU*オリジナルメニュー
    疲れを癒し、悩みがとろける。 経験豊かな一流のセラピストによる、ここでしか体験できない極上メニュー。
  • NaO自然療法機構
    自然療法をもっと身近に! 自然療法は、健康と哲学のアートです。 あらゆるジャンルの自然療法家を結ぶ一般社団法人。
  • 「隠された情報」シリーズ
    自然療法は、ご先祖さまがひきついてきた叡知。 誰かのものでもなく、人類共通の財産ものです。
  • なでしこバイブル
    布ナプキン、月経血コントロール、自然療法など女性の月経人生を変える集積本!
  • はからめカレンダー
    びわ湖淀川水系のヨシから作られたヨシ紙の手作りカレンダー&手帳。 月の満ち欠けや、暦の秘密、太陰暦、宇宙の運行付き。人生をスムースにするのを手伝ってくれるカレンダー。
  • アロマテラピー&ハーブ
    理屈抜きに気持ちがいい!体・心・魂を癒す自然療法のひとつです♪
  • ア・コース・イン・ミラクル(ACIM)読書会
    癒しの根源である自分を赦す本「奇跡のコース」を読む時間
  • アースディin調布
    調布の手作りアースディ
  • クプクプカフェ
    十割蕎麦とGreen Life。 あお・みどり・あか・きいろ! みているだけで元気になる美味しい食事&ハーブティ&日本酒をご用意していまーす♪
  • シンギングリン&虚空
    聖なる音で、心と体を解放して癒す、オリジナルのヒーリングメニュー。
  • ドクターハウシュカとバイオダイナミック農法
    ドイツオーガニックコスメNO1。肌も心も喜ぶクプクプイチオシの自然療法アイテム
  • ナチュロ9カフェ
    日本でも、自然療法関連の医療を自由に選べるようになりたい!保険適用が効く公共医療になってほしい!自然療法民主化のために、日本国憲法や政治を学んだり、薬事法や種子法について、自由に語り合うカフェタイム
  • フラワーエッセンス
    私たちの感情を癒す究極のセラピーです。
  • ホリスティック・レッスン
    からだ・こころ・たましい。そして、家族、親類、同志、恩師、植物、動物、鉱物とつながるレッスンです。
  • マインドフルネス実践会(多摩川サンガ)
    ベトナムの禅僧ティクナットハン師が提唱した瞑想や気付きを供にする時間を過ごします。
  • ママとこどもの為のナチュラルケア講座
  • 上映会
    赦し・愛・絆・真実・土壌を癒す農法など、自然治癒力が高まる作品を上映しています。
  • 世界ホメオパシー周知週間
    4月10日は、ホメオパシーの創始者サミュエル・ハーネマンのお誕生日。毎年、世界中の自然療法家が、ハーネマン先生のお誕生日を祝い、1週間の周知週間に取組んでいます。
  • 介護
    実体験をもとに、認知症や介護に役立つ自然療法ネタを綴ります。
  • 各種自然療法
    自然療法とは、自然治癒力を高めるお手伝いができる療法全般のことです
  • 女神塾
    ロミロミセラピスト「矢田薫」さんによる、ハワイの女神のお話しとフラ・ハワイ語で、女性性を育むヒーリング塾。
  • 妊娠(マタニティ)・出産・産婦
    ママも子供も、優しいのが大好き♪ 優しい香りに包まれて、産前産後を迎えましょう♪
  • 書籍・雑誌
  • 月経美心
    月経血コントロール、布ナプキン、ナプキンフリー、女性に嬉しい情報満載
  • 犬と猫のための自然療法
    愛しい動物たちと、健やかに楽しく暮らせますように。素直な彼らには、相性抜群です。
  • 環境
    健全な環境でなければ、健やかな暮らしは営めません。私たちの健康と直結している環境とどう関わるかは自然療法の最優先事項。
  • 福島鏡石マグノリア農園
  • 自然療法アーティクル
    自然療法関連の取材記事。何かのお役に立てば幸いです★
  • 自然療法民主化!
    自然療法は人類の宝。 日本でも、国家予算に、予防医学と自然療法を取り入れたい! 小池ゆり子塾「希望の党」1期生。 政治に働きかけるより、現場でコツコツが肌に合っているようで、コツコツと自然療法の実践と発信に努めます。
  • 自然農法
    自然の法則に従う自然農。 その哲学の深さ、愛に溢れた叡知には、癒しの本質があります。
  • 衣ころも
    私たちの体をつつむ衣は、癒しの大先生!大地と皮膚の呼吸をあわせるだけで、自律神経のバランスは回復します。
  • 骨盤調整
    クプクプの人気NO1メニュー。体の土台になっている骨盤。骨盤大好きなベテランセラピスト「中山あゆみ」担当のメニューです。
  • 麻(HEMP、精麻)
    縄文のルーツは、麻にあり。 古今東西、衣食住、あらゆる面で、人類の命を支えてきてくれた偉大な植物。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 8/28 Just One Drop上映会 午前クプクプ / 夜キックバックカフェ | トップページ | 響きの杜お盆特別企画2 「バイオダナミック 農法」 »

2018年8月15日 (水)

響きの杜お盆特別企画1 「アイヌモシリ一万年祭」

今年も、8/15が巡ってきました。

この夏は、父の故郷「北海道」にて、響きの杜 お盆~迎え火・送り火~特別企画(札幌)のお手伝いをさせていただきました。

4日にわたるレポートなので、1日ずつ、ご報告します。

●8/11 「アイヌモシリ一万年祭

Img_8014

毎年、アイヌの里のひとつである二風谷で、開催されているこの「アイヌモシリ一万年祭」。

アイヌ語で、新しい風を意味する「アシリ・レラ」さんが、30年前に始めたお祭りです。

↓アイヌの女性長老アシリ・レラさんと、『響きの杜クリニック』の西谷院長と一緒に、アイヌの里にあるチセ(家)を背景に

Img_8030 

「アシリ・レラ」さんは、実子の他、何十人もの子供を育てていらしたビック・ママ。

自分の子供だけではなく、何十人もの子供たちを預かり育てる。すごいことです。なかなか、出来ることではありません。繰り返しますが、本当に、すごいことです。

そして、アイヌ人が伝承してきた暮らしを、次世代にも受けつくことができるように、と、このお祭りを始められました。

Img_8004
↑デジュリジュを吹く西谷先生。

西谷先生は、ご家族やお仲間と、6年前から、毎年、二風谷を訪れていらっしゃいます。

●カムイノミ

わたしも、今年は、北海道にいる親戚とともに、当日のカムイノミ(神様をお迎えする儀式)に参加させていただきました。

カムイノミは、大自然とご先祖に祈りをささげるアイヌの人々の大切な行事。このイベントは、1週間続きます。

アイヌの人々も、高度な技術を持ちながら、自然破壊につながるような技術に対して、抑止力を働かせた暮らしを、1万年以上前からずっと続けてきました。今もなお、その精神は引き継がれています。
必要以上のものはとらない。そういう哲学を、ずっと、1万年以上前から、今まで、引き継いできたのです。

悲しいことに、当時の和人の、非情な政策により、その暮らしは失われつつあります。

けれど、アイヌの誇りと精神は、決して埋もれることなく、アシリレラさんをはじめ、多くの人々によって、引き継がれています。

今では、世界中から、多くの人が集まる一万年祭。
アイヌをはじめとした、世界中の先住民たちへの敬意と、人間同士が争い奪い合うことは必要がない、ということをご先祖さま、自然の神々と共に確認し合う日。

●アイヌモシリの意味は、『静かなる人間の大地』

アリシレラさんからのメッセージを下記に。

「一万年前は全ての民は神の子で、
 大地は ウレシパ・モシリ(互いに育ち、育み合う大地)であったのに。
人間は欲のために殺し、奪い合い、 血と破壊の歴史は繰り返された。
一万年前の原点に戻ろう」

Img_7995

アシリレラさんは、シャーマンの役割も。
わたしも自然療法を愛し、実践する者として、レラさん、西谷先生、そして一万年祭に集まるみなさまの祈りと行動に、心を打たれました。

日本列島祈りの旅
「北海道日高地方のアイヌの聖地を巡るツアー」

西谷先生は、アシリレラさん、天外伺朗さんとともに、北海道にて、祈りのツアーを主催されたそうです。

そのときのお話しは、正に今回のお盆特別企画のテーマでもある、「愛と赦し」でした。
下記にそのときの様子が紹介されています。

日本列島祈りの旅「北海道日高地方のアイヌの聖地を巡るツアー」

1669年にアイヌの英雄シャクシャインが、松前藩に撲殺され、残された人たちに今も守られている「シャクシャインの銅像」。去年、先生たちの祈りのクルーは、この銅像の前で、奇跡的な出来事を体験されました。

書くと長いのですが、この写真を観るだけでも、とても意味があるので、ホロトロピックさんのサイトより、ご紹介させていただきます。

A80574_88ecc662ec3846e6bdad1c210b5b
↑ホロトロピックさんのサイトより

天外伺朗さんの言葉

「世界中どこを探しても「正しい歴史」などは存在しない。事実を追うより、苦しんでいる霊の想いを引き受け、供養し、争いや戦いの少ない社会を建設することの方が大切な気がする。」

北海道150年は、和人からしてみれば北海道を制圧した日。
先住のアイヌの人々にとっては、1万年前から受け継がれた文化を奪われた日。

もともと、北海道は、アイヌモシリ、という名だったそうです。
その意味は、『静かなる人間の大地』。

今の北海道の90%が、原生林で覆われたといいます。
そうれは、想像を絶す得る静寂で、まさに神のおられる静かな大地だったことでしょう。

祈り

二風谷の一万年祭とカムイノミで始まった響きの杜 お盆~迎え火・送り火~特別企画(札幌)

記事をまとめている今日は、8/15。子どもの頃から、終戦記念日と教えられて来た日です。
多くの日本人は、黙祷の時間を持つ日です。

わたしたちは、戦争で失われた沢山の命の上に、今この瞬間を生きています。

米国やフランスでの、第二次世界大戦の終わりは、9月2日。

8/15は、日本が、ポツダム宣言(米・英・中華民族国の名で発せられた日本に対する降伏勧告宣言)を受け入れただけで、日本内では終戦で通じるけれど、世界では通じないそうです。

1945年9月2日、東京湾に停泊していた米国戦艦ミズーリ号で、降伏文書に署名したときが、第二次世界大戦の終わりなのです。日本は負け、日本人は戦争という大義名分の元、多くの人々を殺し、沢山死にました。

終戦ではなく、降伏をした。

この厳しい現実から目をそらし続けた結果が、今の外交に現れている、と、元外交官の孫崎亨氏は「戦後史の正体」で述べています。

今年は、戦後73年。追悼。

もう知らなかった、と後戻りをすることは出来ない。

父の故郷、アイヌモシリが、近くて遠くに感じる、一万年祭の体験でした。

Img_8010

知れば知るほど、自然と共に生きたアイヌの人たちの文化に感服します。

・・続く。

« 8/28 Just One Drop上映会 午前クプクプ / 夜キックバックカフェ | トップページ | 響きの杜お盆特別企画2 「バイオダナミック 農法」 »

311と自然療法」カテゴリの記事

「隠された情報」シリーズ」カテゴリの記事

自然療法民主化!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8/28 Just One Drop上映会 午前クプクプ / 夜キックバックカフェ | トップページ | 響きの杜お盆特別企画2 「バイオダナミック 農法」 »