クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

  • 311と自然療法
    311後、南相馬を中心にアロマテラピーやフラワーエッセンスなどの自然療法を7年届けました。 2018年からは、鏡石町のマグノリア農園に通っています。
  • KUPUKUPU*お知らせ
    アロマテラピー&フラワーエッセンスの施術、セミナー情報をお届けします。
  • KUPUKUPU*オリジナルメニュー
    疲れを癒し、悩みがとろける。 経験豊かな一流のセラピストによる、ここでしか体験できない極上メニュー。
  • NaO自然療法機構
    自然療法をもっと身近に! 自然療法は、健康と哲学のアートです。 あらゆるジャンルの自然療法家を結ぶ一般社団法人。
  • 「隠された情報」シリーズ
    自然療法は、ご先祖さまがひきついてきた叡知。 誰かのものでもなく、人類共通の財産ものです。
  • なでしこバイブル
    布ナプキン、月経血コントロール、自然療法など女性の月経人生を変える集積本!
  • はからめカレンダー
    びわ湖淀川水系のヨシから作られたヨシ紙の手作りカレンダー&手帳。 月の満ち欠けや、暦の秘密、太陰暦、宇宙の運行付き。人生をスムースにするのを手伝ってくれるカレンダー。
  • アロマテラピー&ハーブ
    理屈抜きに気持ちがいい!体・心・魂を癒す自然療法のひとつです♪
  • ア・コース・イン・ミラクル(ACIM)読書会
    癒しの根源である自分を赦す本「奇跡のコース」を読む時間
  • アースディin調布
    調布の手作りアースディ
  • クプクプカフェ
    十割蕎麦とGreen Life。 あお・みどり・あか・きいろ! みているだけで元気になる美味しい食事&ハーブティ&日本酒をご用意していまーす♪
  • シンギングリン&虚空
    聖なる音で、心と体を解放して癒す、オリジナルのヒーリングメニュー。
  • ドクターハウシュカとバイオダイナミック農法
    ドイツオーガニックコスメNO1。肌も心も喜ぶクプクプイチオシの自然療法アイテム
  • ナチュロ9カフェ
    日本でも、自然療法関連の医療を自由に選べるようになりたい!保険適用が効く公共医療になってほしい!自然療法民主化のために、日本国憲法や政治を学んだり、薬事法や種子法について、自由に語り合うカフェタイム
  • フラワーエッセンス
    私たちの感情を癒す究極のセラピーです。
  • ホリスティック・レッスン
    からだ・こころ・たましい。そして、家族、親類、同志、恩師、植物、動物、鉱物とつながるレッスンです。
  • マインドフルネス実践会(多摩川サンガ)
    ベトナムの禅僧ティクナットハン師が提唱した瞑想や気付きを供にする時間を過ごします。
  • ママとこどもの為のナチュラルケア講座
  • 上映会
    赦し・愛・絆・真実・土壌を癒す農法など、自然治癒力が高まる作品を上映しています。
  • 世界ホメオパシー周知週間
    4月10日は、ホメオパシーの創始者サミュエル・ハーネマンのお誕生日。毎年、世界中の自然療法家が、ハーネマン先生のお誕生日を祝い、1週間の周知週間に取組んでいます。
  • 介護
    実体験をもとに、認知症や介護に役立つ自然療法ネタを綴ります。
  • 各種自然療法
    自然療法とは、自然治癒力を高めるお手伝いができる療法全般のことです
  • 女神塾
    ロミロミセラピスト「矢田薫」さんによる、ハワイの女神のお話しとフラ・ハワイ語で、女性性を育むヒーリング塾。
  • 妊娠(マタニティ)・出産・産婦
    ママも子供も、優しいのが大好き♪ 優しい香りに包まれて、産前産後を迎えましょう♪
  • 書籍・雑誌
  • 月経美心
    月経血コントロール、布ナプキン、ナプキンフリー、女性に嬉しい情報満載
  • 犬と猫のための自然療法
    愛しい動物たちと、健やかに楽しく暮らせますように。素直な彼らには、相性抜群です。
  • 環境
    健全な環境でなければ、健やかな暮らしは営めません。私たちの健康と直結している環境とどう関わるかは自然療法の最優先事項。
  • 福島鏡石マグノリア農園
  • 自然療法アーティクル
    自然療法関連の取材記事。何かのお役に立てば幸いです★
  • 自然療法民主化!
    自然療法は人類の宝。 日本でも、国家予算に、予防医学と自然療法を取り入れたい! 小池ゆり子塾「希望の党」1期生。 政治に働きかけるより、現場でコツコツが肌に合っているようで、コツコツと自然療法の実践と発信に努めます。
  • 自然農法
    自然の法則に従う自然農。 その哲学の深さ、愛に溢れた叡知には、癒しの本質があります。
  • 衣ころも
    私たちの体をつつむ衣は、癒しの大先生!大地と皮膚の呼吸をあわせるだけで、自律神経のバランスは回復します。
  • 骨盤調整
    クプクプの人気NO1メニュー。体の土台になっている骨盤。骨盤大好きなベテランセラピスト「中山あゆみ」担当のメニューです。
  • 麻(HEMP、精麻)
    縄文のルーツは、麻にあり。 古今東西、衣食住、あらゆる面で、人類の命を支えてきてくれた偉大な植物。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月31日 (金)

「バイオダイナミック農法の世界」上映会&ホリスティック・トーク

【上映日】9月15日(土)午後620分〜8時30分です。

クプクプ・ドキュメンタリー映画「バイオダイナミック農法の世界」

生命力あふれる作物を育むこの農法は、ドイツに始り、欧州はもとよりニュージーランド、インド、日本でも、実践されています。

人智学者・哲学者・教育者としても有名な「ルドルフ・シュタイナー」博士が提唱した農法としても知られ、自然界への深い洞察と愛に溢れています。

大地と植物と人と動物のつながりを、はっきりと思い出す農業の一つです。

 「私たちは地上を歩む。
   地球は宇宙を運行する。
    私たちは地上で呼吸する。
     地球は宇宙で呼吸する。」
  By Rudolf Steiner


大地を敬い癒すことは、人の癒しと直結しています。

ドキュメンタリー映画 詳細
【ヒト・ウシ・地球 - バイオダイナミック農法の世界】

【国際有機農業映画祭2008上映作品】
2006年/ニュージーランド/58分
監督:バーバラ/トーマス・バースティン
制作:Cloud South Films

🍀近代の工業的農業が地球を壊している。砂漠化、地下水の枯渇、農薬・化学肥料による化学物質汚染が食品、海洋生態系、土壌に水、大気へと広がる。地球の生態系が今悲鳴を上げている。人間の欲望は収まるところを知らず、地球の能力をはるかに超えている。多国籍企業と遺伝子組み換え農業に蹂躙されるインド農民をバイオダイナミック農法で救う一老人の決意と行動、変わりゆくインド農民の姿を描く。

🎬本上映会では、循環型農業「バイオ・ダイナミック」を通して、大地と植物と人と動物のつながりを学びます。また、バイオダイナミック農法と伝統農法の融合に取り組んでいる、福島「マグノリア農園」のお話をシェアします。

【上映日】
9月15日(土)午後620分〜9時 参加費 1,500円

①映画 「ヒト・ウシ・地球-バイオダイナミック農法の世界」上映会
バイオダイナミック農法:北海道でも実践されている自然農で、ルドルフ・シュタイナー博士が提唱した農法

②トークイベント
「バイオダイナミック農法」は、チャルノブイリ原発事故後の EUでは「放射能汚染の軽減及び、防除効果を持つ有機農法」として広く知られる農法です。それぞれの分野で活躍中でいらっしゃる貴重なお話です。

🌱山本忍さん(マグノリアの灯理事長・内科医師・神之木クリニック院長)→現在、福島県鏡石町にて始まったバイオダイナミク&合図農法で大地を癒す「マグノリア農園」の最新のお話。

🌱今井重孝さん(シュタイナー思想研究家・教育学博士)→シュタイナー農業講座のエッセンス。

🌱樋渡志のぶさん(アロマセラピスト、自然療法ジャーナリスト)→毎日の健やかな暮らしに活かす、バイオダイナミック農法の魅力

【場所】  「町田市民フォーラム」3階視聴覚室
      (小田急線町田駅東口15分JR/横浜線町田駅ミーナ側改札口5分)

小田急線町田駅東口より、右の商店街通り沿いに歩く。2番目の信号交差点の手前に、薄いピンク色の高いマンション(1Fニューヨーカーズカフェ)の3Fが「市民フォーラム」です。

【住所】 町田市原町田4-9-8(サウスフロントタワー)


<お問い合わせ・電話でのお申込み>

◆チケット
 参加費1500円

◆問い合わせ&申込みフォーム


◆主催 まちだでドキュメンtリー映画を上映する会
◆共催 ホリステイック・ライフを楽しむ会
   社会の未来を考えるホリステイック教育研究所

↓クプクプでは、311以降、福島の鏡石でバイオダイナミック農法を実践する「マグノリアの灯」会員として、マグノリア農園を応援し続けています。
0001

また、311以降、「知ることの癒し」として、慈愛と勇気に満ちた、自然療法に関連する上映会を開催しています。

わたしたちは、さまざまな情報に触れる度に、影響を受け、響きあっています。

目には見えないけれど、それらの情報は、善くも悪くも、私たちの体の中に浸透し、影響をもたらしています。

日々、どのような情報に触れるか?

それは、治癒を促す上で、とても大切です。

自然界の叡知にふれる本作品を、一緒に共有しましょう。

*下記、上映会は、出張も可能です。お問合せ下さい。

●「バイオダイナミック農法の世界」
●「ヒポクラテス」
●「チョムスキーとメディア ~ マニュファクチャリング・コンセント ~」

申込:クプクプ アロマテラピー自然療法サロン
メール: kupukupu@air.nifty.jp

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年8月29日 (水)

奇跡講座『ア・コース・イン・ミラクル(ACIM)』 

2

ヒーリングの必読本『ア・コース・イン・ミラクル(ACIM)』の読書会のお知らせです。

クプクプでは、4年目を迎えるこの読書会。
この読書会では、私たち人間なら、誰でもが持つ想念を、色々な角度で体感します。

わたしたち人間は、アルケミーやフラワーエッセンスで教えてくれるように、「人間体験をする、霊的な存在です」。

私たちにできることは、「自分をゆるす愛」と「勇気を持つ」こと、そして、徹底的にそれを理解するよう努めることです。私たち人間の本質に触れる、奇跡の時間を、ご一緒しましょう!

この世界は、私たちの心が自らが創り出している・・。
そんな話を耳にしたことはありますか?

自分を変えるのは、簡単なようで、実に、難しいものです。
だからこそ、自分の心を客観的に見つめる時間はとても重要です。

そして、自分の心を客観的に見ることができた瞬間、
奇跡は、私たちの目の前に、わかるように現れます。

人生が変わる「奇跡講座」の魅力を、ご一緒しましょう。

ガイドに、りえこさんをお迎えし、自らの素直な気持ちに出会う、癒しの時間を共有します。

9/10(月) *新月
10/15(月)
11/12(月)
12/10(月) *一粒万倍日

時間:13時~16時
価 格:3,000円 ※お茶&お菓子代込
定 員:5名迄 ※初心者・単発での参加も大歓迎です。
ガイド:りえこさん(花魔法の会)

●必要図書 中央アート出版『奇跡講座 テキスト編』。
 ※初回は、コピーを準備します

【ACIM読書会 at クプクプのお問合せ/お申込み】
kupukupu@air.nifty.jp
申込フォーム

アメリカで1976年に出版されたこの本は、日本では、「奇跡講座」、「奇跡のコース」と訳され、世界中で翻訳されています。

療法の業界では、ここ20年の間に瞬く間に広がり、「マインドフルネス&インタービーイング」を実現する癒しのツールとして、一つの共通認識にもなりつつあります。

「奇跡講座」は、イエス・キリストが、1970年代に、既存の宗教概念への変容を促すメッセージとして、ヘレン・シャックマンを通して、現代人に伝えたといわれています。私たちが誰でもが持っている「自我」の解放を手伝い、とらわれない心をサポートします。

Acim_omote_a Acim_ura_a

クプクプでは、自我への理解を深め、自らの癒しを深めるために、キリストの奇跡講座の他、仏陀の教えを実践する多摩川サンガにも取組んでいます。
どちらも気軽に、どのような宗教の方でも、参加できる会です。どうぞご利用下さい。

 クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス

2018年8月28日 (火)

クプクプオープンディ 毎月第1金曜日 1時~5時

Kpopenday
アロマ&ハーブの至福の癒しの昼下がりをご一緒しましょう!

クプクプ定番の各種メニューを気軽にご体験いただけます。

自然療法をこよなく愛する各種セラピストがおもてなしします。

500円メニュー

cafeハーブティ
paperハンドマッサージ
clubカードリーディング

3000円体験メニュー

tulip願い事を叶える「アロマフレグランス」
clover心を穏やかにする「フラワーエッセンス」
heart心と肌を癒す「ヒーリング美容術」
foot体全身をほぐす「足裏マッサージ」
fullmoon自然療法の「目的別セルフ・ケア」

アロマテラピーやフラワーエッセンスなど、興味はあるけれど、先ずはどんな物か知ってみたい!色々とお話ししてみたい。そのような時間になれば幸いです。

香りのある生活、セルフケアを大事にする毎日、環境への思いを行動に移す知恵など、自然療法には、さまざまな楽しみや解決策のヒントがちりばめられています。

また、みなさまの自然療法のお話しや体験談を伺うことも、とても楽しみにしています。

爽やかで優しい香りに包まれながら、ゆったりとした午後のひとときをどうぞ。

申込&問合:kupukupu@air.nifty.jp

申込フォームリンク&QRコード↓

Formqrcode

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

続きを読む "クプクプオープンディ 毎月第1金曜日 1時~5時" »

2018年8月22日 (水)

9/9 NaOフェス2018秋 at 湯河原リトリート ご縁の杜 ~ホリスティックな世界 緑の力から医療まで~

毎年大盛況の自然療法機構(NaO)フェスのお知らせです。

Goen_image_musubi

今年は、湯河原リトリート“ご縁の杜”にて、温泉&木のぬくもり、グリーンたっぷりの食事を楽しみながら、自然療法の世界に、とっぷりとつかりましょう。

緑の力、環境・衣食住、睡眠・運動・医療・自然療法・過去と未来など、わたしたちをとりまく全てのことを、自由に語り合う一日を過ごします。

NaOフェス2018秋 at 湯河原リトリート“ご縁の杜” ホリスティックな世界 緑の力から医療まで

【日時】2018年9月9日(日) 10時~20時半

【会場】湯河原リトリート ご縁の杜

神奈川県足柄下郡湯河原町土肥5丁目4-6
<アクセス>JR湯河原駅より徒歩約5分

【参加費】3,500円(自然療法機構会員は2,500円)

当日のベジタリアン・ランチは事前申込(別途1,000円)でどうぞ

申込フォーム

Goen_image_vegan

タイムスケジュール】

10時~18時 オーガニック&ハッピーブース

私たちを励ましてくれる、各種自然療法を気軽に体験できます!
500円~5,000円でプロの技をお楽しみいただけるチャンスです。

自然農マルシェ、ハーブ、アロマ、ボディワーク、骨盤調整、月経美心、星読み、リーディング、ホメオパシー、フラワーエッセンス、各種ヒーリングなどなど、ご縁の杜の各部屋にて、個性的なブースとの出会いを、ご堪能ください。

*ホリスティック・トーク中はクローズです。
*事前予約は各ブースに直接どうぞ。

11時~12時45分 ダイニング「結 MUSUBI」の間
  山本先生のホリスティック・トーク

◎「感染症とワクチンをめぐる愛と赦しのプロジェクト」
~日本の現状、世界の感染症の歴史、新たな予防接種

◎「マグノリア(慈しみと愛の)農園」誕生秘話
~日本古来の「会津農法」と西洋の自然農「バイオダイナミック農法」の融合

<山本忍先生プロフィール>

3

神之木クリニック(横浜市)院長。日本ホリスティック医学協会理事。
日本アントロポゾフィー医学医師会理事。アントロポゾフィー認定医。
福島県岩瀬郡鏡石町拠点の「NPO法人マグノリアの灯」理事長。

18時30分~20時30分 山本忍先生を囲んで懇親会

 懇親会参加費:5,000円

●前泊や当日のご宿泊のご希望は、湯河原リトリート“ご縁の杜”に直接ご相談ください。

クプクプも、人気メニュー「骨盤調整」&「月経美心」のワークショップでブースに出展しています。

どうぞ、夏の疲れたお身体を癒しに、遊びにいらしてください★

下記は、クプクプブースのご案内です。

【NAOフェス2018 クプクプブース

Img_2407

●「骨盤調整×アロマ」ワーク50分 2000円
 骨盤のゆがみがとれてウエストすっきり&アロマでリラックス

●「月経美心」ワークショップ50分 2000円
 月経と更年期のトラブル解消!布ナプと骨盤底筋の秘密を明かします

10:00~10:50【骨盤調整×アロマ・ワークショップ】
  13:30~14:20【月経美心ワークショップ】
14:40~15:30【骨盤調整×アロマ・ワークショップ】
  15:50~16:40【月経美心ワークショップ】
17:00~17:50【骨盤調整×アロマ・ワークショップ】

申込フォームは、こちらから

【骨盤調整×アロマ・ワークショップ】担当:中山あゆみ

〜歪みを手放し、癒されながら美しくなる〜

なぜ骨盤は歪むの?
なぜアロマと組み合わせると整いやすいの?

本ワークショップでは、アロマを味方につけて、自分で骨盤を整えられるチカラが身につくワークショップ。

【月経美心ワークショップ】担当:樋渡志のぶ

〜月経&婦人科トラブルフリーになる〜

布ナプキンと、経血コントロールは、若さと健康に直結しています。

本ワークショップでは、妊活・更年期を含む、婦人科トラブルから解放される、骨盤底筋群を意識したワーク&トークを行います。

50分間の濃密な時間をご一緒しましょう!
お咳に限りがあるので、お早めにご予約ください♪
申込フォームは、こちらから

Nadeshiko_img
↑延べ1000名以上にご参加頂き、婦人科トラブルが解消されたと、沢山のご報告を頂いている、月経美心の「なでしこバイブル」付です。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年8月19日 (日)

9/17 バイオダイナミックの調剤作り体験&マグノリアの野菜ディナー会 with 山本忍先生

町田市民フォーラム「バイオダイナミック農法」上映会に続き、

●9/17(月)敬老の日は、バイオダイナミック農法で使わる、プレパラート調剤を作ります!

バイオダイナミックの調剤作り体験&
 マグノリア野菜ディナー会 with 山本忍先生

9/17(月) 16時半~20時半

  ★プレパラート調剤作り  16:30~17:30(開場 16:00)
  ★マグノリアの野菜ディナー会 18:00~20:30

  会費: 5,000円 (プレパラート調剤お土産&ディナー&ワンドリンク付)
       お子様(高校生以下)1,500円
  申込フォーム

★「プレパラート調剤作り」バイオダイナミック農法の要

1週間、畑やガーデンにお使いいただけます。
↓このように渦を作りながら、ダイナミゼーションします。
Photo

↓放射線状に、のびのびと、螺旋を描きながら畑に散布します
※これは福島マグノリア農園です。当日は、おうちのかわいい畑に播きます。
Photo_2

★マグノリア野菜ディナー会

調剤作りの後は、福島鏡石にて、会津農法とバイオダイナミック農法で育った、マグノリア農園の健やかな野菜を囲みながらのお食事会。

山本先生をお迎えしています。
アットホームな中で、自由に楽しく、おしゃべりしながら過ごしましょう!

お食事中は、まだご覧になっていない方のために、バイオダイナミック農法や、シュタイナーの映画もご覧いただけます。

Cimg1011

↑生命力あふれる野菜は、腐らないこと、ご存知ですか?
本当に、小さくなってゆくだけなのです。乾燥野菜として、滋養が高い保存食になります。

Img_20180514_120654

↑野菜たっぷりのローフード海苔巻き。

皆さまと、ご一緒できます日を楽しみにしています。

★山本忍先生と、たっぷり過ごしたい方へ朗報!

狛江駅~クプクプの丁度真ん中くらいに位置する「狛江エプタ・ザール」にて、間瀬 利雄さんの「チェロを楽しむ昼下がり」が、開催されます。

山本先生のご友人でもあられるそうで、チケットは完売していますが、1枚だけ招待券がございます。

プレパラート作りの前に、どうぞ、チェロの生演奏で、お身体をほぐしてからお越し下さい。*会場までは、タクシーで、10分くらいの移動距離です

38872777_1906366579458214_901401718

下記、第一回のマグノリア農園クプクプ区画ディナー会です。
どうぞ、ゆったりとお過ごし下さい。

180716_5

下記、メッセージを賜りました。多謝。

●応援しています。

●素晴らしい活動に感動しました。是非参加させて下さい。

●生命(いのち)を中心とした畑に大きく共鳴致します。

●福島の為に有難うございます。生まれた地域で嬉しい御縁です。
 美味しい野菜楽しみにしています。

●7/15ホリスティク・レッスンat狛江に参加し、志のぶさんのブログやFBで感銘を受けたことがリアルのものと知りました。放射能すら耕すことができ、シュタイナー農法で土地も人も健やかに生きるという証明に希望になりました。

●人が石(意思)を投げ入れて月と太陽に生かされ浄化と再生につながることができるのは何と素晴らしい恩恵ででしょうか。有難うございます。是非お訪ねさせてくださいね。

●愛をありがとうございます!愛を送ります!

★マグノリア農園「クプクプ区画」を応援して下さるみなさまへ

マグノリア農園のお野菜を使ったディナー会は、4名~8名さまで、随時、受け付けています(要予約)。どうぞクプクプまで、気軽にお問い合せ下さい。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年8月16日 (木)

響きの杜お盆特別企画2 「バイオダナミック 農法」

響きの杜 お盆~迎え火・送り火~特別企画(札幌)の二日目は、ドキュメンタリー映画「ヒト ・ウシ地球 - バイオダナミック 農法」上映会でした。

180812_4
↑「イランカラプテ」。札幌の『響きの杜』スペースへようこそ !

生命力あふれる作物を 育むこの自然農法は、北海道でも既に実践 されています。

哲学者であったルドルフ ・シュタイナー博士が、1924年に、ポーランドの農場で、8回に渡って行った「農業講座」が、原点です。それを、農業に携わる方々が、脈々と発展させました。

このバイオダイナミック農法の魅力は・・・

●動物と人々が協力し合うコミュニティが生まれること
●持続可能な循環スタイル
●天体の運行にあわせた農業歴
●「渦」の利用
●水晶、雌牛の糞と角や、牡鹿の膀胱を用いた調剤薬

後半が、怪しすぎるのですがw、けれど、学べば学ぶほど、理にかなっていて本当に驚きます。

アロマトピア最新号149号でも、山本忍先生と尋ねる「シュタイナーの世界」③の連載記事を、掲載していただきましたので、一部をご紹介します。
続きは、本誌でお楽しみ下さいね♪

バイオダイナミック生物育成ガイド イザラ書房より抜粋↓

バイオダイナミック調剤ー惑星

農地施用調剤

 

 

調剤番号

 
 

名前

 
 

目的

 
 

作り方

 
 

使い方

 
 

500

 
 

牛角牛糞調剤

 
 

大地との結合

 
 

雌牛の角を用意し、健康な授乳牛からの、化学物質を含んでいない新鮮な糞を詰める。秋にその牛角を排水性の良い肥沃な表土の中に埋める。

 
 

夕方、竜巻状撹拌したら、一定の手順で歩きながら、箒状のものに混合水を浸し、大きな円弧で箒を振り回しながら表土上に散布する。

 
 

501

 
 

牛角シリカ調剤
 

 
 

太陽との結合

 
 

透明な水晶(二酸化ケイ素)を粉砕し、雨水を含ませた混合物を、雌牛の角の中に詰め込み、粘土で封をした後、夏の間地中に放置して秋に乾かす。

 
 

調剤を雨水に混合し、朝もやが消えかかるときや朝露が蒸発しかかるときに外気中へ噴霧する。

 

●堆肥調剤

                                                                     
 

調剤番号

 
 

名前

 
 

惑星・元素

 
 

作り方

 
 

目的

 
 

502

 
 

ノコギリソウ

 
 

金星

 

カリウム

 
 

摘んだ花部を雄鹿の膀胱に詰込む。夏中日当たりが良いところにかけておく。秋に土中に埋め一冬放置する。

 
 

土壌の生命力を回復させ活気を与える。

 
 

503

 
 

カミツレ

 
 

水星

 

イオウカルシウム

 
 

日が上がり夜露がなくなる午前中に若い花を摘む。間接的な日光で乾燥させ、冷暗所で秋まで保存する。

 
 

土の中の窒素を安定させ、植物の成長を刺激する土の生命を増加させる。

 
 

504

 
 

イラクサ

 
 

火星

 

ギ酸-

 
 

花が咲く前に茎葉を採取する。乾燥させ、秋まで保存後、素焼きに入れて健全な土壌中に埋める。

 
 

鉄の放射エネルギーに霊(精神)的知性をもたらす。

 
 

505

 
 

ナラ樹皮

 
 

 

カルシウム

 
 

採取した樹皮をパン屑大に粉砕する。それを羊や山羊、雌牛の頭蓋骨に入れ、秋に土に埋め、春に掘り出す。

 
 

菌類による攻撃など過剰な成長力に対する植物の力を強める。

 
 

506

 
 

タンポポ

 
 

木星
 
ケイ酸

 
 

早朝に半分つぼみ状態の新しい花を摘む。風通しの良い暗いところで乾燥させる。

 
 

植物が光合成を行う際の光の吸収能力を高める。

 
 

507

 
 

カノコソウ

 
 

土星

 

リン酸

 
 

乳鉢と乳棒で花部をすりつぶす。14の比率の雨水で薄め、軽く蓋をしたガラス容器に入れ濾す前に1週間日光の下に置く。

 
 

早霜や遅霜から作物を保護するのに役立つ。

 

引用終わり

※調剤の作り方は、作り手や地域によって異なる場合があります。

※細かなことは省略し、一部編集しています。注意点なども省略していますので、実践される場合は、必ず専門書をお取り寄せください。

そして、この日は、福島のマグノリア農園の畑で育った、ホーリーバジルのハーバルエッセンスで、マグノリアカフェタイムも共有しました♪みなさまとのお話、とても楽しかったです。

180813_28

ホリスティックな統合医療を実践する『響きの杜クリニック』の気功マスターでもある西谷先生を始め、参加者の皆さまと共有した、渦の秘密の映像を下記に。

私たちの所属しているこの太陽系システムは、70000km/hrで移動している?!
太陽も動いていたなんて!私たちの惑星・地球も、太陽系スぺースシャトルの一員として、ものすごいスピードで移動していただなんて。信じられますか?もちろん、信じる、信じないは自由です。

私自身は、太陽が止まっているのかも移動しているのかも考えたことものなかったので、もうその固まっている自分の思考の方が、信じられませんでしたよw

渦の秘密、ご堪能いただけましたか?

「バイオダイナミック農法」は、チェルノブイリ原発事故後、 EUでは「放射能汚染の軽減及び、防除効果を持つ有機農法」のひとつとして、広く知られるようになりました。シュタイナーの千里眼。すごすぎます。調剤を入手することは可能ですので、チャレンジしてみてくださいネ。

シュタイナーとその後継者の皆さんが残してくださった、自然界の叡智がつまった農法を、北海道の大地で共有する、素敵な時間となりました。多謝。

9/15は、町田にて、上映会を予定しています
どうぞ、ご参加ください。

180811_3

渦の秘密といえば!↓

ホメオパシーの上映会も、響きの杜にて、8/22の夜にご覧いただけます

次回は、3日目、山本忍先生の「マグノリア農園」と「心臓の秘密」をお届けします。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年8月15日 (水)

響きの杜お盆特別企画1 「アイヌモシリ一万年祭」

今年も、8/15が巡ってきました。

この夏は、父の故郷「北海道」にて、響きの杜 お盆~迎え火・送り火~特別企画(札幌)のお手伝いをさせていただきました。

4日にわたるレポートなので、1日ずつ、ご報告します。

●8/11 「アイヌモシリ一万年祭

Img_8014

毎年、アイヌの里のひとつである二風谷で、開催されているこの「アイヌモシリ一万年祭」。

アイヌ語で、新しい風を意味する「アシリ・レラ」さんが、30年前に始めたお祭りです。

↓アイヌの女性長老アシリ・レラさんと、『響きの杜クリニック』の西谷院長と一緒に、アイヌの里にあるチセ(家)を背景に

Img_8030 

「アシリ・レラ」さんは、実子の他、何十人もの子供を育てていらしたビック・ママ。

自分の子供だけではなく、何十人もの子供たちを預かり育てる。すごいことです。なかなか、出来ることではありません。繰り返しますが、本当に、すごいことです。

そして、アイヌ人が伝承してきた暮らしを、次世代にも受けつくことができるように、と、このお祭りを始められました。

Img_8004
↑デジュリジュを吹く西谷先生。

西谷先生は、ご家族やお仲間と、6年前から、毎年、二風谷を訪れていらっしゃいます。

●カムイノミ

わたしも、今年は、北海道にいる親戚とともに、当日のカムイノミ(神様をお迎えする儀式)に参加させていただきました。

カムイノミは、大自然とご先祖に祈りをささげるアイヌの人々の大切な行事。このイベントは、1週間続きます。

アイヌの人々も、高度な技術を持ちながら、自然破壊につながるような技術に対して、抑止力を働かせた暮らしを、1万年以上前からずっと続けてきました。今もなお、その精神は引き継がれています。
必要以上のものはとらない。そういう哲学を、ずっと、1万年以上前から、今まで、引き継いできたのです。

悲しいことに、当時の和人の、非情な政策により、その暮らしは失われつつあります。

けれど、アイヌの誇りと精神は、決して埋もれることなく、アシリレラさんをはじめ、多くの人々によって、引き継がれています。

今では、世界中から、多くの人が集まる一万年祭。
アイヌをはじめとした、世界中の先住民たちへの敬意と、人間同士が争い奪い合うことは必要がない、ということをご先祖さま、自然の神々と共に確認し合う日。

●アイヌモシリの意味は、『静かなる人間の大地』

アリシレラさんからのメッセージを下記に。

「一万年前は全ての民は神の子で、
 大地は ウレシパ・モシリ(互いに育ち、育み合う大地)であったのに。
人間は欲のために殺し、奪い合い、 血と破壊の歴史は繰り返された。
一万年前の原点に戻ろう」

Img_7995

アシリレラさんは、シャーマンの役割も。
わたしも自然療法を愛し、実践する者として、レラさん、西谷先生、そして一万年祭に集まるみなさまの祈りと行動に、心を打たれました。

日本列島祈りの旅
「北海道日高地方のアイヌの聖地を巡るツアー」

西谷先生は、アシリレラさん、天外伺朗さんとともに、北海道にて、祈りのツアーを主催されたそうです。

そのときのお話しは、正に今回のお盆特別企画のテーマでもある、「愛と赦し」でした。
下記にそのときの様子が紹介されています。

日本列島祈りの旅「北海道日高地方のアイヌの聖地を巡るツアー」

1669年にアイヌの英雄シャクシャインが、松前藩に撲殺され、残された人たちに今も守られている「シャクシャインの銅像」。去年、先生たちの祈りのクルーは、この銅像の前で、奇跡的な出来事を体験されました。

書くと長いのですが、この写真を観るだけでも、とても意味があるので、ホロトロピックさんのサイトより、ご紹介させていただきます。

A80574_88ecc662ec3846e6bdad1c210b5b
↑ホロトロピックさんのサイトより

天外伺朗さんの言葉

「世界中どこを探しても「正しい歴史」などは存在しない。事実を追うより、苦しんでいる霊の想いを引き受け、供養し、争いや戦いの少ない社会を建設することの方が大切な気がする。」

北海道150年は、和人からしてみれば北海道を制圧した日。
先住のアイヌの人々にとっては、1万年前から受け継がれた文化を奪われた日。

もともと、北海道は、アイヌモシリ、という名だったそうです。
その意味は、『静かなる人間の大地』。

今の北海道の90%が、原生林で覆われたといいます。
そうれは、想像を絶す得る静寂で、まさに神のおられる静かな大地だったことでしょう。

祈り

二風谷の一万年祭とカムイノミで始まった響きの杜 お盆~迎え火・送り火~特別企画(札幌)

記事をまとめている今日は、8/15。子どもの頃から、終戦記念日と教えられて来た日です。
多くの日本人は、黙祷の時間を持つ日です。

わたしたちは、戦争で失われた沢山の命の上に、今この瞬間を生きています。

米国やフランスでの、第二次世界大戦の終わりは、9月2日。

8/15は、日本が、ポツダム宣言(米・英・中華民族国の名で発せられた日本に対する降伏勧告宣言)を受け入れただけで、日本内では終戦で通じるけれど、世界では通じないそうです。

1945年9月2日、東京湾に停泊していた米国戦艦ミズーリ号で、降伏文書に署名したときが、第二次世界大戦の終わりなのです。日本は負け、日本人は戦争という大義名分の元、多くの人々を殺し、沢山死にました。

終戦ではなく、降伏をした。

この厳しい現実から目をそらし続けた結果が、今の外交に現れている、と、元外交官の孫崎亨氏は「戦後史の正体」で述べています。

今年は、戦後73年。追悼。

もう知らなかった、と後戻りをすることは出来ない。

父の故郷、アイヌモシリが、近くて遠くに感じる、一万年祭の体験でした。

Img_8010

知れば知るほど、自然と共に生きたアイヌの人たちの文化に感服します。

・・続く。

2018年8月12日 (日)

8/28 Just One Drop上映会 午前クプクプ / 夜キックバックカフェ

「ホメオパシー」という響き、耳にしたことはありますか?

Homeo(似たような)+Pathy(辛さ・痛み)を組みわせた造語で、1796年に、「サミュエル・ハーネマン」(↓挿絵)というドイツの医師が、体系づけた医学です。

Hahnemann

日本ではあまり知られていませんが、今を時めく、メーガン妃をはじめ、英国王室のエリザベス女王や、ベッカム選手など、英国やドイツ、フランスなどでは薬局で、気軽に手に入れることが出来ます。

世界の有名人では、インドのマハトマ・ガンジー、ドイツの文豪ゲーテなど、世界の有名人たちに愛され続けて、今日に到ります。

この、古くて新しい自然療法の魅力と歴史に迫る、日本語字幕付き上映会を、クプクプとキックバックカフェ(仙川)にて開催します!

日本では、まだまだ知られていませんが、実は日本でも、既に、多くの医師や専門家が活躍し、実践しています。

Homeo_1
↑ドイツの薬局では、薬剤師さんが、紹介してくれます。

その効果は、肉体的な改善だけではなく、精神的なバランスを取り、心身ともに癒してくれるホリスティックな療法として、とても注目を浴びています。副作用が少ないという点でも、今後、普及してゆくヒーリングとして、要になる存在です。

既に200年の歴史を持つ、ドイツ生れの自然療法「ホメオパシー」。

この映画では、現在のホメオパシー世界事情、賛否両論の意見、自閉症ほか、実際の症例などを描いています。新しい発見と、希望に満ちた作品です。

ご覧になると、健康への概念が変わり、勇気と希望を与えらえます。

自然療法に興味のある方、ホメオパシーが気になる方、お足をお運びください。
この貴重な機会を、ご一緒しましょう。

↓映画予告編

Just One Drop上映会 at クプクプ(午前) &キックバックカフェ(夜)

日時:2018年8月28日(火)

午前の部(ランチ付):Just One Drop上映会 at クプクプ

    映画会&ランチお話会   10:30~13:00(開場 10:00)
    会費: 3,500円 (ランチ代込)
    詳細はこちら
    申込フォーム

お昼の部では、野菜たっぷりのランチ付。
アットホームな空間で、二人のホメオパシー専門家が、あらゆる質問にお答えします。

夜の部(アイリッシュコンサート付)Just One Drop上映会 at キックバックカフェ(調布市仙川)

    映画会&コンサート   19:00~21:30(開場18:00)
    会費: 3,500円 + ワンドリンク
    申込:キックバックカフェ仙川
    電話 : 03-5384-1577  mail : info@kickbackcafe.jp
    申込フォーム
    詳細はこちら

夜の部は、ヨーロッパをこよなく愛し、アイルランドの古典音楽家をお迎えしました。
ホメオパシーが生れた時代(17世紀~18世紀)の息吹を体感できる、生演奏付のライブハウスならではの特別なコンサートです。

古くて新しいドイツ生まれの自然療法「ホメオパシーのドキュメンタリー映画「JustOneDrop」上映会で、この夏を締めくくりましょう。

Jod

日本語に訳すと、「ほんのひと雫」。たったの1滴で、人が癒えるなんて、信じられますか?
私もかつては信じられませんでした。我が身で体験し、治療に導かれる数多の症例(ケース)を、この目で目撃するまでは。

私自身、このホメオパシーで、どれだけ助けられたことか。

大腿骨頸部骨折、離婚の危機、出産時のサポート、義母や父の介護、人生の転換w、そして、数々の出会い。本当にあげればきりがありません。ホメオパシーや自然療法の出会いに、心から感謝しています。

暑さ、寒さ、様々な不都合のように見える環境や、嗜好、思考の好みに到るまで、世間で一般的な情報などに左右されない、自己治癒力の高い、自分らしい、健やかな毎日の暮らしを実現しましょう。

それでは、当日、クプクプや会場で、皆さまとご一緒できますことを楽しみにしています。

クプクプでは、ホメオパシーの他、感情を癒すフラワーエッセンス、そして、心身をサポートし至福の時間をもたらすアロマテラピーを提供しています。どうぞ気軽にご利用下さいね。心と体がほくほくと幸せになる時間を、お約束します。

Kupukupuwhaw2018_2

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年8月 7日 (火)

8月12日(日)~14日(火)は、北海道でお会いしましょう!

響きの杜 お盆~迎え火・送り火~特別企画(札幌)も、いよいよ来週となりました。

東京からは、下記、3名が伺います!

★神之木クリニック 山本忍先生
★ホリスティック・スペース ぐらっぽろ 船津仁美
★クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン 樋渡志のぶ

Img_7241

また、今回は特別に、会の前に、バイオダイナミック農法の畑で育ったハーブや野菜を少しつまみながら、自由なお話をするお茶会も準備できました。

自然療法家として、15年以上のキャリアをもつ、二人のセラピストが、お迎えします。
どうか、日頃の疲れを、札幌円山公園の癒し処「響きの杜クリニック2階 ひびきホール」でリラックスしていって下さ~い♪

#バイオダイナミック農法
#シュタイナー
#福島の今
#各種自然療法
#アロマテラピー
#フラワーエッセンス
#ホリスティック
#ホメオパシー
#種子法

子育て、ワクチン、介護のことなども、なーんでも、自由に話しましょ。
3日間限定の「マグノリア・カフェ」♪心を解放し、労る、変容する。そんな時間になります。

↓下記は、マグノリア農園のホーリーバジル と タイランドのバタフライピーのコラボ茶。
 *青と緑のコラボが、とってもきれいですね♪

Img_79691

響きの杜クリニックにて、お盆特別企画「マグノリア・カフェ」。

12日14時半~16時お茶会
   16時~バイオダイナミック上映

13日17時~18時半お茶会
   18時半~ 「マグノリア農園と心臓の秘密~心臓と小腸~」

14日17時~18時半お茶会
   18時半~ 火と風の物語~ワクチン・プロジェクト「愛と赦し」

参加費は、500円(ハーブティ代)です。
*お茶会だけの参加もOKです
*お好きな時間に起こし下さい

アロマハンドマッサージ体験(10分 500円)もあります。

福島のマグノリア農園の蒸留水とフレッシュハーブ、そして、北海道のハーブを、楽しんでいって下さいね♪

久しぶりの再会の方、初めての方、響きの杜クリニックのつながりの方も、どうぞ気軽にお越し下さい。

大地も空も豊かな北海道。自然を愛するみなさまと、ご一緒できるのを楽しみにしています。

0001

↑マグノリア農園は、今年、4月に1区画オーナー制度がOPEN。

ホリスティックな医療に取組む皆さんがオーナーとなり、福島を見守っています。
響きの杜クリニックの西谷先生も、北海道から、参画して下さっています。

この畑は、従来の自然農と、バイオダイナミック農法のコラボレーションから生れ、空をきれいにする畑に取組んでいます!

原発など色々解決していないことだらけではありますが、解決策を真剣に求めると共に、私たちに出来ることを、コツコツ取組んで参りましょう。

バイオダイナミック農法や、山本忍先生の愛と赦しのお話しは、心が軽く、清らかになるお話しが満載です。

会場:響きの杜クリニック2階 ひびきホール
札幌市中央区南2条西27丁目1-9

<各日イベント内容>

響きの杜 お盆~迎え火・送り火~特別企画(札幌)

8月12日(日)16:00~18:00 参加費 1,500円

①映画 「ヒト・ウシ・地球-バイオダイナミック農法の世界」上映会
バイオダイナミック農法:北海道でも実践されている自然農で、ルドルフ・シュタイナー博士が提唱した農法
②医師 西谷雅史 とアロマセラピスト樋渡 しのぶ トークセッション

8月13日(月)18:30~20:30 参加費 2,500円

山本忍 & 西谷雅史 2人の医師によるトークセッション
「マグノリア農園と心臓の秘密~心臓と小腸~」

8月14日(火)18:30~20:30 参加費 2,500円

山本忍 & 西谷雅史 2人の医師によるトークセッション
火と風の物語~ワクチン・プロジェクト「愛と赦し」

西谷雅史:統合医額学会北海道支部代表、日本ホリスティック医学協会北海道代表。太極拳、西野流呼吸法実践。人間の自己治癒力に働きかける代替医療を取り入れた統合医療を行う「響きの杜クリニック」院長。

山本忍 :横浜・神之木クリニック院長。日本ホリスティック医学協会理事、
日本アントロポゾフィー医学の医師理事、アントロポゾフィー認定医

樋渡 志のぶ:アロマセラピスト、バッチフラワープラクティショナー、自然療法ジャーナリスト

<お問い合わせ・電話でのお申込み>
響きの杜ネットワーク 011-616-3228

1808ainumosir_ura4

各地の被災地、被災者の皆さま、またその支援に携わる全ての皆さまに、敬意と感謝を申し上げます。他界された方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。
大地と、その土地に生きる全ての命が癒されますよう、謹んで、お祈り申し上げます。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年8月 5日 (日)

kupukupuのブログへようこそ!

***自然療法イベント***

福島鏡石マグノリア農園の「マグノリア・アグリ・キャンパス」スタート

10/5 ★クプクプのオープンディ 毎月第1金曜日 1時~5時
10/6 ヒーリング美容術
10/8 バイオダイナミック「プレパラート」作り at クプクプフレンドハウス
10/14 「魔女と旅する枇杷の世界atクプクプ」
10/19 ホメオパシー「キーノート」
10/29 バッチフラワーエッセンス&占星術
11/17 風呂敷王子に学ぶ「重心が変わると世界が変わる」

2018年8月 3日 (金)

慢性病アプローチ~ホメオパシーの4大マヤズム~終了

Cimg1115
慢性病へのアプローチ、ホメオパシーの4大マヤズム(感染のような病)の勉強会が無事に終了しました。ホメオパシーは、人間の自然治癒力をサポートする素晴しい医療の一つ。真摯に取組む参加者の皆さまのエネルギーに圧倒されると同時に、勇気をもらいました。

ご参加のみなさま、講師の森麗子さん、このきっかけを作ってくれた世界ホメオパシー周知週間を支えて下さるみなさまに、改めて感謝申し上げます。

私たち人間は、肉体的にも精神的にも、進化しているし、退化しています。
その時代と共に、マヤズム(感染)的な病理も進みます。

簡単に、印象をご紹介します。

●疥癬 人間の独立。 病で出ると→ 人間として存在し始めた頃からの痒みの病

●淋病 自我の成立。 病で出ると→ ギリシャ時代既に発症。エゴイスティックでロマンティック?!な病

●梅毒 自我の芽ばえ。 病で出ると→ 刀の時代が終わり鉄砲の時代。狂気に満ちた殺戮や性的な欲望の横暴。

●結核 自我の自由。 病で出ると→ 現実逃避&責任を持たない?!のための空想(ゲームや旅行もかな?!)。深く考えないいい加減さを習得。

*バナジー博士の言葉ではありません。

樋渡のネタも含めた、まとめですので、突っ込みどころ満載ですねw

慢性病へのアプローチについて、本格的に学ぶには、9月、インド人家系ホメオパスの5代目「S.バナジー博士来日セミナー」が開催されます。ホメオパスでも有り、世界中で通訳として活躍している大野麻希子さんの通訳付。このチャンスお見逃しなく。おかげさまで、残席はわずかとなりました。

Banaji

余談になりますが、坂本龍馬も、梅毒だった、結核だった、と噂で盛り上がりました。
ホメオパシーの視点で見ると、彼は、結核マヤズムのほうが強いよ、いいや、梅毒だよ、と、そういう議論になるのです。面白いですよw。まるで、血液型占いのようですね。

最終日に学んだ、結核の傾向は、旅好き、怖いものなし行動力があります。

龍馬が、脱藩侍で、故郷に帰る手段がなかったならば、旅をせざるを得ない、と言う見方も出来ます。

人の病気の背景には、その時代の政治(抑圧と自由)、生活リズム、パターンは、必ず関係しています。

ホメオパシーを知らない方にも、龍馬は梅毒だったから、ああいう考えで、ああいう最期だったのではないかと話すと、興味を示してくれた方もいました。血液型とはまた違う、4つのマヤズム性格占いが流行ると、ホメオパシーも広がるかもしれませんねw

Cimg1102

さて、医療の施しも、時代に合わせて、変えてゆくことは、必然です。

慢性病のアプローチに関しても同じ事がいえます。

日本人の慢性病、うつ病、自殺も増え続けている現代。

医師の数も、病院の数も、薬の数も増えていて、殺菌も衛生も万全なはずなのに、どうして、病気も、慢性病も減らないのだろう?今の医療に足りないものは何だろう?

どのような療法であれ、これからのアプローチには、親から受け継がれているのもの、そして、社会的な背景、環境、メディアの情報の影響、も配慮して、感受性をみてゆくことがとても重要だと思います。

200年前にドイツで生れた手法のままでは、現代人には、殆ど通用しないかもしれませんが、ホメオパシーは、各々の国で、現代人に役立つように、十分に進化しています。

Homeo_4

個人的な話になりますが、わたしが、ホメオパシーを本格的に勉強しはじめたのは、2005年。

謎に満ちたホメオパシーを知りたくて、「ホメオパシーセルフケアブック」を片手に、2004年にヨーロッパを旅をしました。

当たり前のように存在しているホメオパシー医学の存在に、かなりのショックを覚えました。怪しいと思っていたのは私の空想で、ヨーロッパではしっかりと根を下ろした医療として存在していたのです。

その後、本格的に学ぶ決意をしたら、本の著者である中村裕恵先生も在学しておられました。大先輩であるにもかかわらず、共に学ぶことができました。先生の本のパリ編の通訳をした方のお兄さんと知り合いだったり、と連続する共時性。そして、先生の著書「ホメオパシーバイブル」のライターとしても参加させて頂きました。

ホメオパシーも、その人の人生そのものを癒し、人とのつながりを結ぶのが、得意な医療のようですよ。

また、わたしにとって、ホメオパシーの理論と臨床の学びは、アロマセラピスト、フラワーエッセンスの実践者としてはもちろんのこと、自然療法ジャーナリストとしての幅を広げてくれました。

言葉では説明できないような、魂や心や感情の部分を、とてもわかりやすく言語化できるのが、理論と議論を重んじる国、ドイツで200年前に生れた、ホメオパシー医学なのです。

私個人は、ホメオパシーは、西洋と東洋の医療を結ぶ架け橋の一つの手段と考えています。

Th9y277upt

その真実をお伝えするドキュメンタリー映画は、8/28 Just One Drop上映会 at キックバックカフェ(調布市仙川) に開催予定です。まだ、お席はあるので、気軽にお問い合せ下さいね。

長いご紹介になりましたが。

もうひとつ、今回の慢性病へのアプローチで学んだメッセージを下記に。

どのような慢性病も、あきらめないで下さい。
きっと、あなたにぴったりの解決策が見いだせます。

そのヒントと気付きは、あなたの、今、この瞬間に訪れているはずです。
どうか、病にフォーカスして苦しまず、その病の体験と対話してみてください。

自然療法は、私たちみんなの人類の宝です。
自然療法が、民主化されたら、私たちは、自らの使命に素直に、より自然体に、幸せになれると確信しています。

どうぞ、身近な自然療法家をおたずね下さい。

自然療法の資格を持っていなくても、あなたの話を真剣に聞いてくれる人が一人居れば、それは、大きな道しるべとなります。

わたしたちは、みな、一人一人、健康で、精神的に自由に生きる権利を持っています。
それを、喜んで、謳歌しましょう♪

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年8月 2日 (木)

アイヌモシリ一万年祭2018と8/12~14響きの杜 お盆~迎え火・送り火~特別企画(札幌)

Il11a

今年は、北海道二風谷で、開催されている「アイヌモシリ一万年祭」に参加してきます。

きっかけは、北海道札幌市の円山公園で、ホリスティックな医療を実践する『響きの杜クリニック』の西谷院長のご紹介でした。

西谷先生は、この、アイヌのお祭りに、もう何年も、通っているそうです。

アイヌモシリ一万年祭

アイヌモシリの意味は、『静かなる人間の大地』。

わたしたちは、いつ、静かな心、静かな生活を手放してしまったのだろう?

この会の主催者である、アリシレラさんからのメッセージを下記に。

「一万年前は全ての民は神の子で、
 大地は ウレシパ・モシリ(互いに育ち、育み合う大地)であったのに。
人間は欲のために殺し、奪い合い、 血と破壊の歴史は繰り返された。
一万年前の原点に戻ろう」

私は父が北海道出身ですが、アイヌのことも、北海道の歴史のことも、知らないのです。

アナウンサーでもある橋本登代子さんがまとめた本、ほっかいどうの宝物【HOPPAライブラリー】(2010年に出版)には、西谷先生も、「こころとからだが響きあう医療をめざす」と言うタイトルで、ホリスティック、ホメオパシー、アントロポゾフィーなどをご紹介してくださっています。

この本は、西谷先生の他、北海道の魅力を伝える29人が、農業、アイヌの歴史など、幅広く、深く、触れることが出来る本です。「アイヌ」 についての印象的なコメントを、下記にご紹介します。

伊達市噴火湾文化研究所所長の大島直行さんの
「縄文人が今の私たちの教える抑止力」

●(アイヌの人たちの技術について)いかに技術が進歩しなかったかっていうところを評価しなければいけない。

●アイヌの人たちも、縄文時代からの技術を、絶対に進歩させなかったというところを評価すべきだと思う。

●4千年以上の縄文人も近代のアイヌの人たちも、必要な料を捕る技術だけで十分で、それ以上の魚を捕る技術は必要なかった。だから、それ以上のことはしなかった。その心の「抑止力」が素晴しいと、崇め讃えなきゃいけない。

●縄文人が、一万年間にもわたって、彼らの世界観、つまり哲学を伝えてきたことがすごい訳ですね。

●一万年変えずに、自然観だとか、社会観だとかを変えずにね。でも、弥生文化になってから、この体たらく。たった二千年しか経っていないのに、地球温暖化や、環境破壊、明日の地球はどうなるかって、議論しなきゃいけない状態になっているわけですよね。縄文人に比べたら、ほんとうに情けない話ですよ。

●一番大事なのは、『縄文時代に生きた彼らが、自然とどう向き合って、何を考え、どういう哲学を編み出したかを知っていただくことです』。

技術を発展させない技術は、心、哲学にある、と書かれていました。

自然療法に出会う前は、技術を進歩させることが、人間を救うと信じて疑わないタイプでしたw。そのときこの文書を読んでも、理解できなかったと思います。

Il02dbluetr1600

アイヌとは、人間の意味。

このことをどう理解すればいいのだろう?

アイヌの本を読んでいると、とにかく自然とのつながり、植物や動物への敬意やものの見方が、全く違う。その世界に、心から驚くし、嬉しくもなります。

和人によって生活が変化する前からずっと、アイヌ民族は、自然を破壊せず、奪わず、動物や植物を敬い生活をしていたことは真実です。

人間は、体たらくな一面ばかりだけではなく、大きな可能性を秘めている、という勇気と希望に繋がります。

8/11の後は、『響きの杜クリニック』の2階響きホールにて、お盆の迎え火・送り火の特別企画のため、私も参加します。アイヌの大地で、静かな時間を、共にご一緒しましょう!

北海道と横浜で、ホリスティックな医療を実践する西谷雅史先生と山本忍先生のお話は、魂に深く深くとどく、癒しの時間になります。

1808hibikinomori_omote4 

1808ainumosir_ura4

お申込や詳細はこちらから↓
8/12~14響きの杜 お盆~迎え火・送り火~特別企画(札幌)

北海道に、北海道、という名前がついたのは、たったの150年前。

北海道という名になる前、北の大地は、「アイヌモシリ(静かなる人間の大地)」と呼ばれていた。

和人、江戸幕府は、アイヌ民族が独自に生活と文化を営んでいたこの土地を征服し、アイヌの人々の自由を奪う、という歴史を、この国は刻んできました。私の血族も、和人にあたるでしょう。

これだけの虐殺を、ずっとしているのが、私たちの歴史の一部でもあるのですね。もちろん、全ての和人がそうだったとは思いません。人間の誤りを修正するために、散っていった命も数え切れないでしょう。

悲しくなるのは、今もなお、日本政府という名の下で、こういった差別が、続いているという現実。謝っても、謝りきれない過ちの上で、この国が成り立っているこの真実を、どう受け止めていけばいいのでしょう。

先住民の人々を、先住民と認めないほど、わたしたちは、謙虚さを失い、我を忘れてしまっている。

それでも、先住民族の人たちが、これだけ辛い思いをしても、私たちに教えてくれること。

それは、お互いの民族と文化を認め、理解し合うこと。

不幸な過去の歴史を、乗り越えて、尊重する社会を作るのは、私たち一人一人。

そう言ってくれる奇蹟が、この世界には存在している。

アイヌの人々たちの叡知に、触れることの出来るこの時代。
そのことに感謝しながら、自分たちが重ねてきた過ちを、そのままにせずに、真実の歴史を知る勇気を持ちたいと思います。

アイヌの模様は、神聖幾何学のように、とても美しいですね!

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年8月 1日 (水)

8/12 響きの杜 「バイオ・ダイナミック」上映会&ホリスティック・トーク

わたしたちの健康は、大地の健康と強く結びついています。

この夏は、北海道札幌市の円山公園『響きの杜クリニック2階 ひびきホール』にて、西洋の循環型自然農業「バイオ・ダイナミック」の上映会を行います!

無限大の可能性を持つこの農業は、既に北海道で実践されている農家さんもいらっしゃいます。大地と植物と人と動物のつながりを、はっきりと思い出す農業の一つです。

生命力あふれる作物を育むこの農法は、ドイツに始り、欧州はもとよりニュージーランド、インド、日本でも、実践されています。

人智学者・哲学者・教育者としても有名な「ルドルフ・シュタイナー」博士が提唱した農法としても知られ、自然界への深い洞察と愛に溢れています。
 
 「私たちは地上を歩む。
   地球は宇宙を運行する。
    私たちは地上で呼吸する。
     地球は宇宙で呼吸する。」
  By Rudolf Steiner


大地を敬い癒すことは、人の癒しと直結しています。

今年のお盆、ご先祖さまたちの営みへの敬意とともに、上映会で癒されましょう。

ホリスティックな医療を実践する「響きの杜クリニック」院長・西谷雅史先生と、福島・鏡石でバイオダイナミック農法を実践する「マグノリアの灯」会員&アロマテラピストの樋渡志のぶの、ホリスティック・トーク付の特別な企画です。

お友達をお誘い合わせのうえ、ヒト、ウシ、動物と大地を癒すバイオダイナミック農法の叡知を共有しましょう!みなさまとの出会い&再会を楽しみにしています。

【上映日】

8月12日(日)16:00~18:00 参加費 1,500円

①映画 「ヒト・ウシ・地球-バイオダイナミック農法の世界」上映会
バイオダイナミック農法:北海道でも実践されている自然農で、ルドルフ・シュタイナー博士が提唱した農法

②医師 西谷雅史 とアロマセラピスト樋渡 しのぶ トークセッション
     

<お問い合わせ・電話でのお申込み>

響きの杜ネットワーク 011-616-3228

申込フォーム

8月12日(日)~14日(火)お盆期間の3日にわたるスペシャルな企画の案内はこちらから↓

響きの杜 お盆~迎え火・送り火~特別企画(札幌)

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »