クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

  • KUPUKUPU*お知らせ
    アロマテラピー&フラワーエッセンスの施術、セミナー情報をお届けします。
  • KUPUKUPU*オリジナルメニュー
    疲れを癒し、悩みがとろける。 経験豊かな一流のセラピストによる、ここでしか体験できない極上メニュー。
  • NaO自然療法機構
    自然療法をもっと身近に! 自然療法は、健康と哲学のアートです。 あらゆるジャンルの自然療法家を結ぶ一般社団法人。
  • S.バナジー博士来日セミナー
    インドで五代続くホメオパシー家系のエッセンスを学べるプロ向け本格ホメオパシーセミナー
  • 「隠された情報」シリーズ
    自然療法は、ご先祖さまがひきついてきた叡知。 誰かのものでもなく、人類共通の財産ものです。
  • なでしこバイブル
    布ナプキン、月経血コントロール、自然療法など女性の月経人生を変える集積本!
  • はからめカレンダー
    びわ湖淀川水系のヨシから作られたヨシ紙の手作りカレンダー&手帳。 月の満ち欠けや、暦の秘密、太陰暦、宇宙の運行付き。人生をスムースにするのを手伝ってくれるカレンダー。
  • アロマテラピー&ハーブ
    植物の香りに包まれて、身も心もとろける癒しの王道。治療の補佐にも役立ちます。
  • ア・コース・イン・ミラクル(ACIM)読書会
    癒しの根源である自分を赦す本「奇跡のコース」を読む時間
  • アースディin調布
    調布の手作りアースディ
  • オープンディ
    毎週火曜日10時~17時は、クプクプのオープンディ。どなたでも気軽に自然療法のメニューをお受け頂けます。
  • シンギングリン&虚空
    聖なる音が心と体を解放し、虚空へと誘います。
  • ドクターハウシュカとバイオダイナミック農法
    ドイツ・オーガニックコスメNO1。心身を解放し、肌のきめを整える本当のスキンケア。大地を癒すバイオダイナミック農法でDr.ハウシュカ化粧品に使われる原料の90%以上は、オーガニック認証を受けたまたは  Demeter基準の認定を受けた栽培農家から調達されています。
  • ナチュロ9カフェ
    日本でも、自然療法の恩恵を医療として自由に選べますように。自然療法の民主化のために、日本国憲法や政治を学んだり、他国の自然療法の情報を交換したりと、自由に語り合うカフェです。
  • フラワーエッセンス
    野辺に咲く美しい花で心を癒す究極のセラピー。子育て、介護、人間関係の悩みを優しく癒します。
  • ホリスティック・レッスン
    からだ・こころ・たましい。そして、家族、親類、同志、恩師、植物、動物、鉱物とつながるレッスンです。
  • マインドフルネス実践会(多摩川サンガ)
    ベトナムの禅僧ティクナットハン師が提唱した瞑想や気付きを供にする時間を過ごします。
  • ローフード・グルメロースィーツ
    ローフード(生のフルーツと野菜)を味わい尽くしましょう。
  • ヴィーナス・カフェ
  • 上映会
    赦し・愛・絆・真実・土壌を癒す農法など、自然治癒力が高まる作品を上映しています。
  • 世界ホメオパシー周知週間
    4月10日は、ホメオパシーの創始者サミュエル・ハーネマンのお誕生日。毎年、世界中の自然療法家が、ハーネマン先生のお誕生日を祝い、1週間の周知週間に取組んでいます。
  • 今ここに在ること
    時空を超えた癒し
  • 介護
    実体験をもとに、認知症や介護に役立つ自然療法ネタを綴ります。
  • 各種自然療法
    自然治癒力を高め、本当の自分を生きることがをサポートするのが自然療法dです。
  • 女神塾
    ロミロミセラピスト「矢田薫」さんによる、ハワイの女神のお話しとフラ・ハワイ語で、女性性を育むヒーリング塾。
  • 妊娠(マタニティ)・出産・産婦
    ママも子供も、優しいのが大好き♪ 優しい香りに包まれて、産前産後を迎えましょう♪
  • 書籍・雑誌
  • 月経美心
    月経血コントロール、布ナプキン、ナプキンフリー、女性に嬉しい情報満載
  • 犬と猫のための自然療法
    愛しい動物たちと、健やかに楽しく暮らせますように。素直な彼らには、相性抜群です。
  • 環境
    健全な環境でなければ、健やかな暮らしは営めません。私たちの健康と直結している環境とどう関わるかは自然療法の最優先事項。
  • 福島鏡石マグノリア農園
    311後、南相馬を中心にアロマテラピーやフラワーエッセンスなどの自然療法を共有しました。2018年~鏡石町のマグノリア農園「バイオダイナミック農法~農業は地球を癒す」活動に参加し、ご紹介しています。
  • 自然療法アーティクル
    2002年から、自然療法・自然農に関する取材&執筆を続けています。何かのお役に立てば幸いです。
  • 自然療法民主化!
    自然療法は人類の宝。 日本でも、国家予算に、予防医学と自然療法を取り入れたい! 小池ゆり子塾「希望の党」1期生。 政治に働きかけるより、現場でコツコツが肌に合っているようで、コツコツと自然療法の実践と発信に努めます。
  • 蕎麦処SAMIRAI
    手打ち蕎麦とこだわりの出汁をどうぞ。元添乗員が出会った日本各地の生酒の品揃えが豊富♪
  • 衣・ころも・草木染
    常に私たちの体をつつむ衣。癒しの衣は、大地と皮膚の呼吸をあわせ、自律神経のバランス回復を助けます。
  • 農業と錬金術
    母なる地球の大地は、わたしたちの自然治癒力に直接関係しています。調和と慈愛に満ちた農業と錬金術は、わたしたちの魂を癒し、喜びと希望をもたらします。
  • 骨盤調整
    クプクプの人気NO1メニュー。体の土台になっている骨盤。骨盤大好きなベテランセラピスト「中山あゆみ」担当のメニューです。
  • 麻(HEMP、精麻)
    縄文のルーツは、麻にあり。 古今東西、衣食住、あらゆる面で、人類の命を支えてきてくれた偉大な植物。
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月30日 (日)

ドルイドのアニマル・オラクル ~ケルトの動物からのメッセージ

Animalcard

約90年前、ドイツのルドルフ・シュタイナーが提唱した「バイオダイナミック農法」は、その周りに存在する樹木、草木、牛、鹿、鳥、蝶々、虫などなど、動物たちの存在がとても大事だと教えてくれます。

日本でも、森、雑木林、里山と、そして動物と協力し合って、営んできた痕跡を辿ることができます。とはいえ、私の暮しの成り立ちを見ると、動物たちに、一緒にまた暮らそう、といえる状態ではないことも、わかります。けれど、「バイオダイナミック農法」の思想に触れる度に、自然界の営みに従いながら、手仕事を丁寧にする暮しへの憧れは、募るばかり。

そして、今年の夏、響きの杜 お盆~迎え火・送り火~特別企画(札幌)で出会った、ドルイドのアニマル・オラクルカードは、動物と人間とのつながりを、美しいイラストで教えてくれました。 

ドルイドとは、自然界と動物とのつながりを教えてくる存在。

現在の、スコットランド、イングランド、ウェールズからなるグレートブリテンで、賢者、哲学者、教師、カウンセラー、礼拝・儀式を司る者、魔術を使う者、裁判官、権力者の助言者として多様な役割を担ったドルイド達。

そのドルイドたちの叡知をまとめたこのアニマル・オラクルカードは、私たちが失ってしまった、動物との関係を、今一度思い出させてくれる時間をくれました。

この冬は、311の震災後から、福島で、バイオダイナミック農法を取り入れ活動を続けている「マグノリア農園」の「マグノリア・アグリ・キャンパス」で、このカードと戯れました。

1812

一日のうちの、10秒でも、この地上を共にしている動物たちへ、心からの親愛を送る。たった、それだけのことだとしても、きっと、何かが変わると信じることのできる、そんな時間を持ちました。

ここに、2018/12/23満月の美しい夜に、「マグノリア・アグリ・キャンパス」のクリスマスのお話に集った友たちの引いたカードをご紹介します。

きっと、この記事を読んでくださっている、あなたの魂に響く動物が、現れているのではないかと思います。(カッコ内は、ゲール語)

★マグノリア農園の父母たち

Dsc_0428_2

●雌鹿(Eilid:イリジ)・・女性、繊細、優美

あなたが男性であろうと、女性であろうと、雌鹿の特性に心を開くなら、洗練、繊細、優美さを得、これらの言葉の意味が持つ可能な限りの最高な状態に達することができるだろう。

●鮭(Bradan:ブラタン)・・知恵、インスピレーション、若返り・活性

神聖な動物として深く尊敬されている。最年長の動物であり、知恵とインスピレーションを私たちに提供し、番うために大変な苦労をしながらブラタンは、生まれた場所に帰ってくる。知恵を見つけるために、わたしたちもまた自らの人生を想起する必要がある。これは、意識の中で自身の始まり・期限に戻る旅に出かけるため。つまり、子供時代への旅、そしてさらに遡って、神や女神の元へ、私たちの始まりへの旅をする。心を開き、無邪気に学び続ける姿勢を維持することで、知恵だけではなく、若々しさとインスピレーションをもたらす。

●クサリヘビ(Nathair:ナヘド)・・変化・変容、ヒーリング、気・生命力

岩の裂け目を通じ、暗闇の中をすべるように動く能力によって、ナヘドは、下界や異界、そして死の領域と呼ばれている。「地母神」、「天空神」、「太陽神」のトーテムでもあり、私たちの死と再生の能力を象徴する。しかるべき時が来た時に、自らの古い命を捨て去り、命を通過する旅を神秘的に美しく歩むことができるだろう。

●雌牛(Bo:ボー)・・女神、母性・母親、栄養・育成

私たちを、女神への意識と知識に開放する。女神の地上での存在・表れとして、ボーは、神聖な性質を持つ。この女神の寛大さ、ヒーリング、そして育成し活性化させるパワーは、あなたの周りのいたるところで感じることができる。女神としてのボーは、全ての有害な影響から私たちを守る。

●アザラシ(Ron:ローン)・・愛、熱望、ジレンマ

海に住むローンの民があなたに呼びかける。悲しみに沈んだような人間のようなローンの唄声は、聞き手の感情を心の底からかき立てる。それは、海からの、無意識からの、深淵からの呼びかけであり、私たちの誕生の羊水から、地球上での人間の始まりから、そして、動物界から、私たちに呼びかける。動物界は、私たちが想像するよりはるかに近縁である。もしあなたが、無意識や女性らしい部分、夢と切望から発せられるメッセージに心を開くなら、変化と、ヒーリング、そして愛があなたの生活にもたらされるだろう。

★マグノリア農園を導くドラゴン・シリーズ

Dsc_0429_2

●アース・ドラゴン(Draig-talamh:ドライグ・タラヴ)・・パワー、可能性・潜在性、富・豊かさ

自らの可能性・潜在性に直面させる。私たちは、自らの内に、素質や能力という富の宝庫を持ち、これらの宝の使い方を学ぶことができる。過去に、私たちは、この財宝の番人によって、立ち入りを拒否されたことがあるかもしれない。しかし、実際には、この番人が、自らの一側面であるということを、まもなく理解するようになる。ドライグ・タラヴを理解し、愛するようになることで、私たち自身の心にある神秘の鍵を、あけることができる。そして同時に、周囲の人々の心の内に在る美、優れた点、能力と、大地そのものにあるそれらのものを発見することに、気づくだろう。

●ファイアー・ドラゴン(Draig-teine:ドライグ・テヌ)・・変質、熟練・支配、エネルギー・活力

バイタリティ、熱意・情熱、勇気だけではなく、障害を克服し、人生の問題に対処するために必要なエネルギーを、みつける能力をもたらす。力強いドライグ・テヌは、リーダーシップと統率に必要な資質と結びつく。内面の火を燃え立たせ、その日火は、あなたの仕事をやり遂げ、目標を達成するのを助けるために、レザー光線のように的確に送られるだろう。

● ウォータードラゴン(Draig-uisge:ドライグ・オーシュク) ・・情熱、深さ、関連・繋がり・親交

隠れたものを昼の光の中に表面化させる。様々な記憶や願望は無意識の中で長い間忘れ去られていたり、抑圧された状態であったりするかもしれない。深い同情と励ましで、これらの経験に立ち向かうなら、最終的に魂のより深いところを体験し、全ての生命に繋がっているという重要な感覚を感じ取ることができるだろう。

★マグノリア農園を見守る鳥のシリーズ

Dsc_0430

●鷲(Lolair:ヨリデ)

明確にそして客観的に、目標への計画を立てながら決断を下しつつ、より広い文脈の中で、自らの人生を見ることを手助けする、力強い協力者。勇ましく、強く、太陽からそのパワーを受け取ることができる。ヨリデは、最後までやり抜く目的意識を勇気をもたらすので、わたしたちに、自信と確信を与え、迷いなく、正確な瞬間に、新しい分野に進出する手助けをする。

●鷹(Sheabhac:シェバック)・・高潔、回想、浄化

シェバックは、人生を広い視野で考え、不必要な「精神的な負担」を取り除き、自身と祖先のルーツを繋げるのに必要な能力をもたらす。人生を落着いて見渡すため、前後の関係の中で、出来事を検討するために、日常の習慣化された行動以外の時間をとることができるかどうかを考えなさい。あなたがつなぎ合わせようとしているジグゾーパズルの足りないピースを、ル他度、繋ぎあわし、さrに重要な詳細に気付く手助けをする。自らの根源と人生の深さ、幅を感じる時、誇らしさ、高潔、気高さが増す感覚を得るだろう。

●鶴(Corr:コーシュ)・・秘密の知識、忍耐、長寿

忍耐と粘り強さをもたらす鶴は、獲物を捕まえる絶好の時が来るまで、水を凝視しながら、何時間も動かないでいる。忍耐力、集中力、気が散ることのなく先進できる能力を併せ持つ。他者を黄泉国に案内する能力、死に際の移行、内なる領域への旅に役立つ能力を提供する。

★マグノリア農園を支える身近な動物たち

Dsc_0431

●蜂(Beach:べーアックス)・・コミュニティ・共同体、祝い、組織・組織化

べーアックスは、祝う事へ誘う。祝賀のための特別な理由を持つかもしれないし、ただ単に、生きていることの不思議さと神秘を祝うかもしれない。人は、団らんするために集まる時間を必要とする。蜂は私たちに、私たちは一緒に調和して生活することができ、それが時に不可能王であるように見えたとしても可能であると伝える。自然界と一体になることによって、太陽に敬意を払うことによって、スピリットや女神を中心にした生活を送ることによって、私たちはコミュニティの中で、一緒に協力することができる。

●狐(Sionnach:シュナック)・・交渉・駆引き、狡猾・手際の良さ、野生・無謀性

シュナックは、自然界の美と調和を象徴する上品で優美な動物。公の場で頼りにされる時を知るだけではなく、沈黙を保ち、自分の考えを胸に秘めておく時も知る。”交渉に強い特性”は、他の人々と交渉しながら、関係をうまく保つ。最も難しいのは、自らの能力と駆け引きが、不誠実や狡猾さを招かないようにすること。沈黙を守るには、分別をも保つ能力が求められる。

●雄鹿(Damh:ダフ)・・誇り・プライド、自立、浄化

ダフは、私たちに、優雅、尊厳・威厳、そして、全体性をもたらす。
鹿について深く考えることで、さらなる優雅さ、尊厳の感覚を得ることができる。スピリチャルな面と、物質・身体面の両方での自立を象徴する。

●蛙(Losgann:ロスカン)・・感受性、薬、隠された美とパワー

ロスカンは、水と大地の要素を融合し、歌うこと、飛び跳ねることにある幸福に満ちた喜び、歓喜、ヒーリングをもたらす。神聖な泉に導き、そこから爽快さと、自分が本来持つエネルギーを回復する感覚をもたらす。「雨のスピリット」のなかまで在る蛙は、皮膚と全身とオーラを通じて、

●カワウソ(Dobhran:ドーラン)・・喜び、遊び、助けになること

ドーランは、遊ぶこと、人生の流れに身を任せて、体験すること、再び童心に返ることを誘う。リラックスし、日々の懸念を全て忘れ、自由と楽しみを味わうのも大事である。いつもの日常から離れ、一日或いは週末を純粋に楽しむために何かをするよう駆り立てるだろう。実践を好むわれわれは、時間の余裕がないというかもしれないが、内心では、他の人々に真の意味で役に立つためには、自らの健康を気遣う必要性があることに気がついている。

この地上に生きる全ての存在ともに、この地球の大地を生きる。

とても簡単に聞こえる、この言葉。言葉で書くのは簡単だけれど、それを実践しているかどうかは毎日のこの生活に直結している。

自然療法を追いかけていたら、子どもの頃、当たり前に描いていた風景が、最も理想の姿だったことを知らさせる。

バイオダイナミック農法を取り入れる、「マグノリア・アグリ・キャンパス」に赴く度に、確実に自分のなかの何かが変わる。

Tonbi3_2

↑7月は、マグノリア農園から帰る途中、パートナーが鷹の危篤を保護していると連絡が。新幹線の中で、友人と共に祈りつつ、帰途につくと、復活してくれていました。翌朝、熱い太陽が照る前に、自力で旅立っていきました。ひとときのぬくもりを有り難う!

Withluna

↑マグノリア農園から届いた南瓜の魔法にかかったように、うっとりするルナちゃんを目撃したり。

Dsc_0369

↑秋なのに、春のような光を運び、この蜂のように、日本各地から、ドイツ、英国、アメリカなど世界中から、人々を惹きつけてやまないマグノリア農園。

理想の世界を現実化するために必要なことは、今この瞬間にできる小さな事の積み重ね。

この地上で、森や動物たちと助け合いながら、理想的な営みを実践しているコミュニティは存在してます。そういう希望を、いつも思い出させてくれる場所が在ることが、とっても有難いことだと、つくづく思います。

マグノリア・アグリ・キャンパス」は、2020年春までの限定キャンパスです。

興味を持たれたら、福島の今を訪れる、またとないこの機会、是非ご一緒しませんか?

520_000001

520_000002

2019年1月6日は、山羊座の新月の一粒万倍日です。

みんなの心の願いが、叶いますように。

関東では、「水瓶座とバイオダイナミック農法の秘密 」の講演会が新横浜で開催されます。この美しい農業の世界を体験しましょう!

最後に、この場をかりて、ドルイドのアニマル・オラクルの翻訳企画に携わられた北海道の十河清子さまに、お礼申し上げます。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年12月29日 (土)

2/11&12 バレンタインのローチョコレート作り(スーパーフード入り)

Cacao

バレンタインには手作りを!

クプクプカフェでは、私たちの健康をより楽しく美しくする食事会やワークショックを定期的に開催しています。

この2月は、ひと味違う、とっても美味しくて、体にもいい、
●スーパーフード入りローチョコレート
を、ローフードマイスターのさやか先生をお迎えして作ります。

「バレンタインのローチョコレート作り(スーパーフード入り)」

◆日 時:2019年2月11日(月祝)&12日(火) 10時~12時
◆場 所:クプクプ(狛江)

◆参加費:通常6,000円→5,000円(税・材料費込、ラッピング代別途300円)

◆お持ち帰りチョコ:1口サイズのチョコレート、チョコバー、板チョコ、等、イメージ写真を参照。
◆持ち物:エプロン、三角巾、温度計、布巾

※ラッピングを申し込まない場合には、お持ち帰り用にタッパーをご持参ください。(15センチ×15センチ5センチくらいの大きさ)

◆講 師:田島清香さん(ローフードマイスター)
◆定 員:6名様

◆申込:申込フォーム

E-mail : kupukupu@air.nifty.jp
電話:090-8582-9292(担当:樋渡 17時~20時)

申込内容:
 ①お名前
 ②当日連絡のつく電話番号

★申込後、1週間以内に下記口座確認後、予約完了です
  みずほ銀行 成城支店 普通 1108129 クプクプ ヒワタリシノブ

★キャンセルポリシー:ご予約5日前~当日100%(材料はお送りします)

今回は、わたしのローフードの先生のお一人である清香さんをお迎えしての初めての企画です。

通常は6,000円ですが、祝!初イベント、ということで、5,000円で開催してくださいます。

Iu

ローチョコレートで使用するカカオは、
ローストしていない天火干しで自然乾燥されたままのローカカオを使用します。

そして、チョコレートを作る際も、48度以下を保つため、酵素や栄養素が失われずに残っており、そこに様々な植物性の天然素材を混ぜ合わせて作る為、スーパーヘルスをめざしたフレッシュでマイルドな味わいです。

甘さには、メープルシロップなどの天然素材を組合わせます。

ローフードのスィーツと初めて出会ったとき、美しくて美味しくて、洗い物も簡単で、その後の体調もとってもよくて、いいことずくめで感動したことを思い出します。

大切な方へのプレゼントはもちろんですが、自分へのご褒美としてもおすすめです。一度マスターしておけば、大好きな魅惑のチョコレートを、太っちゃうかも、、、砂糖摂りすぎかも、、食べ過ぎかも、の罪悪感なくw、堪能できます。

普段、常備するチョコレートが、体にもいいなんて、こんな夢みたいなレシピがあるんですね。添加物や精製されたシュガーレスなので、胃袋の満腹センサーが正常に機能し、健康的になってゆくのも魅力的です。

ローチョコレートは、火を使わないので、お子様とも楽しく作ることができます♪

Sayaka1902_1
どうぞ、スィーツにも、生の魅力を取り入れてみてくださいね。

2018年12月26日 (水)

満員御礼:池川明先生とホリスティックを学ぶ

2019年1月は、「ホリスティック・レッスン at 狛江」に、癒しの息吹を届けてくださる池川明先生をお迎えすることができました。

Drikegawa
↑光に包まれる池川先生。

クプクプでの「池川明先生とホリスティックを学ぶ」のテーマは、
「発達障害・不登校から受け取るメッセージ ~子どもたちとともに、今、ここに、在ること」。

1

産婦人科医として、かみさまとのやくそく、体内記憶など、子供やパートナー、親子の関係に変容をもたらす池川先生を囲んで、ゆっくりとそして優しく美しい変容が起きる時間を、ご一緒しましょう!
*池川明先生と密室?!で過ごす12名様限定の特別な時間です。

*お陰様で満員御礼となりました

日時:1月17日(木) 14:00~16:15
会費:5,000円(税込、ハーブティ代込)

申込先:
E-mail : kupukupu@air.nifty.jp
電話:090-8582-9292(担当:樋渡 17時~20時)

申込内容:
 ①お名前
 ②当日連絡のつく電話番号

★申込後、1週間以内に下記口座確認後、予約完了です
  みずほ銀行 成城支店 普通 1108129 クプクプ ヒワタリシノブ
★キャンセルポリシー:ご予約前日~当日100%

●お母さんの笑顔は、日本一の花火並に大きくて眩しい!
●子どもに通じない話し方があるって本当?
●今日から出来る生涯役立つ、子育ての成功の秘訣
●発達障害・不登校の先にある未来

44588528_186276242293853_1452394301

↑は、今年の10月。横浜にて、自然療法機構の平垣さんが出演されている「ヒルデガルト — 緑のよろこび (Slow Cinema DVDブック)」の上映会にて。

ヒルデガルト×池川先生の息吹が、とっても心地よいひと時でした。

 

体内記憶とはまた違う、命の神秘を学ぶ「ヒルデガルト ー受胎の神秘と命の成り立ちー」のセミナーは、1/19(土)に開催予定です。こちらも貴重な機会。どうぞご一緒しましょう!

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年12月14日 (金)

大腿骨骨折から7年(2) 経過

大腿骨頸部骨折に、自然療法を取り入れたい、というご相談いただきました。ちょうどよい機会なので、7年前を振り返ります。

2011年11月 1回目、骨折箇所整形、釘の手術
2012年11月 2回目、抜釘の手術
2013年10月 順調だったものの、患部の痛みにより跛行、杖
2017年秋  杖生活からの解放
2018年秋  術後の患部は痛むけれど、ちょっとずつ改善

国際有機映画祭の帰り道に、東京電力中央研究所の正門の目の前で、単独自転車の自爆事故。

パートナーに引きずってもらい、家に帰り、ホメオパシーのレメディでエネルギーの動きはあるモノの、翌朝、立ち上がれず。

家では生活できないと悟り、アロマテラピー、フラワーエッセンス、ホメオパシーを抱えて、入院しました。

111128_cpm

骨折後、手術前は絶対安静で、完全に固定され、術後2週間は、ベッドの上で安静。

そのとき読みふけった本は植物の神秘生活。
もしかしたら、この本を読むふけるための入院期間だったのかもしれないと思えるほど、後の仕事に影響を与えた本でもありますw

何しろ、大腿部頸部という、上半身と下半身の土台となってくれている本来は頑丈な骨なので、折れている時の加圧は御法度でした。

友人曰く、「首輪をはめられ、ハウスに入れられた、ちょっと問題児の犬」みたいだそうです。多動活動していたので、「これで、公にゆっくり休める!」と思ったのも事実です。誰に対しての公なのか、これも当時の自分の思い込みだったと気が付くわけです。

手術の先生は、股関節の専門医とのことで、順調に終了。
後で知りましたが、これは結構大事なポイントだそうです。
上手な専門医がいてよかったね、と医療従事関係者に褒められたことを覚えています。有難うございました。

111214_132103

術後、ベッドの上で2週間を過ごして、初めての車椅子。動けると言うことが、本当に、有難かった。

あまりにも嬉しくて、雨の日以外は、屋上で日の出と夕焼けを観に行きました。(内緒ですが、一度だけ、友人の差し入れで、ビールも一口、飲みましたw)

1年後に釘を抜く手術も終わり、何もかもが順調だと思っていましたが、その翌年の2013年10月に、患部の強烈な痛みで、真っ直ぐ歩くことが出来なくなりました。

それでも、杖を付いていることは、プライドが赦さず、自然療法で治癒しなかったね、と思われることも怖くて、3か月くらい我慢しましたが、諦めました。

その後約4年間、杖が手放せない生活を送ることになりました。

201510ogasawara_297
振り返ると、 杖を突いていたおかげで、イケメンガイドさんが、個別に特別アテンドしてくれたり、ラッキーなこともありました。

でも、杖を堂々とついている写真はありません。
写真では、なるたけ杖を隠して写っているので、杖をついている自分を認めたくなかった心理も垣間見えます。

たくさん心配して頂きましたが、もはや、二度とあの痛くて怖い手術を受ける勇気を持てず、一生、杖生活も覚悟しました。

けれど、4年近くの月日が流れと共に、2017年の夏、徳島の旅を機に、少しずつ杖を手放すことが出来ました。

今でも、開脚は出来ませんし、あぐらもかけません。
立ちっぱなしだと、すぐに痛みが走り、疲弊してしまいます。

けれど、もし、人工骨頭の手術をしていたら・・・。

股関節の自由度はもっと下がっていたでしょうし、3回も同じ場所を回復して手術するなんてことは、人体にどれだけの影響を与えてしまうか。さらに、人工骨頭の場合は、約10年後に再手術が必要です。

いずれにしても、私の場合は、3年をかけて、杖はいらなくなりました。

私たちの体は、常に生きていて、与えられた条件の中で、新陳代謝を繰返しています。

新しい細胞を作り、古い細胞を代謝させる、営みを、毎日毎日、行ってくれているのです。この点において、各種自然療法は、本当に素晴しいサポートをしてくれます。

さて、ごらん下さい。この人体の全体を多っている美しい筋膜ネットワークを。
まるで、宇宙の空間が、私たちの胎内に広がっているように見えませんか?
私たちの体は、本当に、神秘に満ちあふれていて、様々な可能性があるのです。*アントロポゾフィー医の山本忍先生がご紹介下さいました本です。多謝!

生命のないご遺体を解剖の上になりたっている医学。
それらの貴重な技術や知恵も、もちろん大事です。

これからは、それらを礎にして、人体実験や動物実験のない、生きた体に響く医療に代わっていく時代になるのでしょう。

杖が必要になった当時の本音を言えば、杖生活を恨んでないなんて嘘です。

歩けること、走れること、あぐらをかけること、出来ない動作の何もかもが羨ましく、出来ない自分が情けなかったです。

当然、焦り・後悔・情けなさ・劣等感・絶望感に襲われることは、幾多となくありました。そのとき、傾聴してくれる友人の存在と、フラワーエッセンスにはどれだけの恩恵を受けたことでしょう。

自然療法の友人でさえも、人工骨頭の手術をした方がいいのでは?とアドバイスをくれました。

でも、わたしは、もう、同じ場所に、3回もメスを入れたくなかった。
麻酔も相当疲れましたし、入院期間中だって、結構なストレスです。

股関節の専門医を含む、二人の医師の診断によると、

201112
↑手術後一年間は、このように釘を3本入れて固定していただきました。チタン人間中。

Photo

↑本来はまあるい球関節が、釘を抜いた後に、凸凹に。
それが、足の痛みの原因なのだと、診断されました。

納得できなかったのは、私の痛みは、手術をした傷口の周りと、立つ、歩く、の加圧時の痛みで、股関節はちっとも痛くなかったのです。

いずれにしても、レントゲンを見る限り、この股関節が変形が全ての原因だと、セカンドオピニオンで伺った医師は説明してくださいました。

111212

2011年11月釘を入れる、2012年11月釘を抜く度に、こんな風に、約、9センチ近く開けて、釘を入れてもらいました。

2度目の抜釘手術をしてから10か月後に、この患部の上の大腿部に激痛が走り、寝込んで動けない日もありましたし、自力で歩けなくなりました。

医師の診断によると、

●抜釘の影響で、本来は、まあるい球関節が、凸凹になったので、痛みが生じているのでしょう。その痛みはなくならないし、球関節も消耗していくから、遅かれ早かれ、人工的な球関節(人工骨頭)の手術をおすすめします。どうせするなら、早い方がいいですよ。

とのお答えでした。

そこで、決心しました。

手術をするよりは、一生杖をつくことになってもいい。
その代わり、自然療法を駆使して、杖を手放せることを信じよう。

というものでした。

そうしたら、こういうことに取り組んでいらっしゃる先生方もいることを教えてもらいました。

今の日本では主流の、今の状態だけを見て、早急に、切ったり、つくろったりする医術はすごい技術だと思います。

けれど、足りないなと思うことがあります。

それは、その状態や症状には、肉体的症状とは別の、原因となる正体が存在への探求です。その正体は、目に見えないことが多いし、原因は、環境、遺伝など、様々な原因がありますから、肉体的アプローチだけでは、どうしても、足りないのです。

わたしも尊敬してやまない、フラワーエッセンスを体系づけた、英国の医師エドワード・バッチ博士はこう述べています。


最終的に病気をなくすには、病気と闘うのではなく、病気の産物で対抗するのでも、病気を引き起こすもので追い払おうとするのでもなく、反対に、相反する長所を根付かせる必要があるのです。
そうすれば、長所が欠点を消し去ってくれます。そして、薬剤は近い将来、悪に抵抗する性質しか持たないものは排除され、善を根付かせる力を持つレメディだけになるでしょう。

振り返れば、 この杖の生活が、どれだけ自分の忍耐力や魂の幅を成長させてくれたか、と思います。

様々な痛みや苦しみに襲われたとき、心のどこかに、バッチ博士のこの言葉を、思い出して貰えれば幸いです。


実際に、憎しみは、より深い憎しみに征服されても、愛によってしかなくすことは出来ません。
同様に残酷さは、一層激しい残酷さで押さえつけられても、より深い思いやりや同情の念でしか取り去ることはできません。
また、恐れは、より大きな恐れがあると、その存在を忘れられますが、あらゆる恐れを本当に乗り越えるのは完全な勇気なのです。

現代に生きるわたしたちは、物資的な様々な恩恵を受けています。

今、その恩恵を、真に還元する勇気を試されている時代だと思います。

無理をしたり、修行をする道とは違う、自分自身を解放し、癒される道を選べる自由が、私たち誰の中にもあるのです。

クプクプスタッフ一同も、主訴に合わせて、自然療法で寄り添うお手伝いもしています。どうぞ、気軽に、自然療法を歯を磨くくらい自然な習慣として、取り入れてみてくださいネ。

2018年12月13日 (木)

大腿骨骨折から7年(1) 自然療法、骨折、コンフリー

大腿骨頸部骨折をしてから7年になります。
丁度、311の東日本大震災と同じ年でした。

今回は、7年目のレポート記事をお届けします。

Cimg1109

下記、いち個人の物語としてのご報告です。

7年経った今、手術で執刀した傷口周辺には、まだ痛みが残っています。

今も加圧する度に、痛みが走りますが、それも、だいぶ軽減されてきました。

今年の秋は、ホメオパシーの公開セッション(インドで、5代目、100年以上続くインドの家系のS.バナジー先生の処方)を受けるチャンスに恵まれました。

15分の短いセッションで、骨折の後遺症の慢性痛の症状に、導かれたレメディは、Symphytum officinaleでした。

Iu2caj9nq1

別名、コンフリーとも呼ばれ、古から、骨接ぎとしても有名なハーブです。

日本でも明治以降導入されたあと帰化し、今は直接、目にすることが出来ます。

骨折で、自然療法のSymphytum officinaleのレメディをお試しになりたい場合は、必ず、整形後にお取りください。

骨格となる骨は、体の根幹となる部分ですから、強く結びつこうとする働きがあります。その自然治癒結合を、このレメディは早めます。

骨は、骨折をしたあと、骨折をする前よりも丈夫になる、という事も報告されています。

わたしたちも、失敗したり、くじけたりする度に、精神的に強くなっていくように、骨も、学習して、そこが再び折れないようにと、結合してくれるんです。

体に備わった自然治癒力は、本当に驚くべき事実が沢山報告されています。

骨折で釘を入れた場合、釘を抜いた後は、無理に加圧することはやめて、適度な加圧をしながら、このレメディを併用することをお勧めします。

さて、今年は、この骨折時No1のSymphytum officinaleの200cを水ポテンシーという方法でのみました。

経過は・・。

飲み終わった10月の時点では、すぐに変化を感じることが出来ませんでした。

けれど、12月になって、寒い日が続いてから気がついたことですが、明らかに、痛みが軽減されています。そして、これは、この7年間ずっと感じていることですが、本当に少しなんですが、可動域が上がった!と感じた後、また悪化するように感じる時が訪れる。ことです。

慣れるまでの3年くらいは、そのことで、一喜一憂もありました。

回復に向けて、ずっと続けていることもあります。

これだけやっていれば、時間がかかっても、必ず良くなりますよ。アドバイスをしてくれた、接骨医院の院長にも感謝します。

●定期的なアロマテラピー(1ヶ月に、1~2回)
●定期的なシンギングリン(1ヶ月に、1~2回)
●定期的なヨガ(1週間に1回)
●症状が出たときのハーブ
●症状が出たときのホメオパシー
●症状が強い時の、鍼灸、各種手技療法

補足:セルフケアとしてのアロマテラピー、フラワーエッセンス、マインドフルネス・プラクティスは、もちろんですが、、衣食住に関しても、自然治癒力を妨げない生活にはとても注意を払っています。

骨折はしたくはありませんが、もしもしてしまったときに、通常の治療の+アルファに、参考までにお役立にたてば幸いです。

骨折は辛いですが、この体験のおかげで、自然療法がどれだけ役に立つかをつくづく実感できました。

インドの150年続くホメオパシーが気になる方は、こちらのサイトで学ぶことができます。特徴は、的確で、シンプルで、短時間のレメディ選びです。

アレン・カレッジ・オブ・ホメオパシー PG コース

ホメオパシーが根付いているインドの国だからこそ、のレベルの高さを目の当たりにして、私自身、今までのホメオパシーの概念も変わりました。

主訴によりそい、シンプルに結果を出す。
当たり前のことではありますが、検査と診断を重んじる現代的な医学になれてしまうと、医療ってここまでシンプルだったのだ、ということを思い知らされる体験でした。私自身、機会を見つけ、このインドの手法に触れ、日本でも共有し続けたいと思っています。

2018年12月11日 (火)

12/21 ホメオパシーランチ交流会 at クプクプ

*ホメオパシーを深めるクプクプの会は、偶数月の第三金曜日です

Homeo_5

自然療法の神様に感謝の気持ちを込めて、12/21(金)に、今年最後の「ホメオパシーのランチ交流会」を開催します。

お知らせの前に、何よりの吉報をふたつ、お届けします!

●英国の「アレン・カレッジ・オブ・ホメオパシー」の
 ポスト・グラデュエート・コース日本校が2019年より開講決定!
 詳細はこちらから

●2019年インド研修開催決定!

2019年1月25日から2週間、日本語翻訳ガイド付のセミナーの開催が決定しました。残席わずかですが、ご興味ある方は、お問合せください。

Img_5182
↑12/25は、自然療法の雑誌アロマトピアにて、S.バナジー先生の来日セミナーインタビューも掲載予定です!キリストの誕生日に素晴しいギフトです!

インドにおける、ホメオパシーは、国家資格を持つ医師が処方します。
日本と違って、疑い・迷いのないホメオパシーの医療現場。

それを生中継ではなく、生の現場で、共有する体験は、どうして自分が、ホメオパシーと出会ったのか?というその問いの答えを、真摯に受け取る一生の宝物となるでしょう。

ほんと、私たちには迷っている時間など、きっと、ないのが本来の姿なのでしょうね。自然療法はおおいに、助けになる存在でもあります。

さて、本題です!

下記、クプクプの「ホメオパシーのランチ交流会」、ご案内です。
Cimg1117_2

ホメオパシー&自然療法を愛するみなさまとの時間は、地球のエネルギーを変えると言っても過言ではないほどの、癒しの時間です。ご一緒できるのを、楽しみにしています。日々のいろいろなビジョンや悩み、何でもトークしましょ!

★日程 12/21(金) 10:30~13:30 ランチ付き

★内容 インドのホメオパシーのおはなし
      大地のホメオパシー(バイオダイナミック農法)のおはなし
      ランチ交流会(みなさまのおはなしも聞きたいです!)

★ガイド
 森麗子ホメオパス(英国・インドにてホメオパシーを習得。 S.K.バナジーの元で2年間従事)
 樋渡志のぶホメオパス(IACH日本校卒、アロマセラピスト、フラワーエッセンス)
 参加者のみなさま

★参加費:3,000円(税込)

申込フォーム

★場所:クプクプ ~自然療法サロン

★お申込&お問合せ:kupukupu@air.nifty.jp

編集後記↓

2000年、アロマテラピーの専門学校で、他の代替療法、の中にあった「ホメオパシー」が紹介されていたのが運命の出会いでした。

「惚れた弱み」って、こういうことを言うのでしょうね。それから、ホメオパシー・ファミリー(フラワーエッセンス、アントロポゾフィー、自らの伝言など、、わたしの中では近すぎる親戚の感覚ですw)を求め続け、18年経た今も、離れることができません。高くて尊い山すぎて、何度か、別れは考えたのですがw。

そして、今年は、自然療法の世界に貢献しているみなさまと一緒に、様々なイベントに、参加させていただきました。集まってくださる皆さまのエネルギーが共鳴し、未来を作っていく奇跡。それはもう本当に、過去と未来のエネルギーが、今を支えていることを実感する体験でした。多謝。

●世界ホメオパシー周知週間2018
1804whaw_8

●ホリスティックレッスンat狛江
180716_5

●ジャスト・ワン・ドロップ狛江&調布上映180828am_1_2

●自然療法機構(NaO)フェスティバル2018at湯河原41521116_1881583808577939_131161172

●インドで5代続くS.バナジー博士の来日セミナー
41923625_294848528011115_87209685_2

など、たくさんの素晴らしい企画に、携わらせていただきました。

これは、ひとえに、自然療法への愛に共鳴してくださるみなさまのおかげです。この場をかりて、御礼申し上げます。

今までは主に、アロマテラピーの施術、フラワーエッセンスのセッションやセミナーと供に、来年からは、積極的に、ホメオパシーにも取り組んでまいります。どうぞ、気軽に体験しにいらしてください。お待ちしています。

編集後記

Img_4250

この時期になると、

今年一年、一体何やっていたんだろう?
ああ、年末までにどうやって今までためてきたことをこなすんだろう?

そんな悩みに囚われていること、ありませんか?
私も全く同じですw。

ただ、今、この瞬間を楽しめば、過去の後悔も、未来の心配からも解き放たれる自由を、自然療法は教えてくれます。

アロマテラピーの施術も、頭でっかちな自分を教えてくれますし、
フラワーエッセンスは、今ここに戻ることを、瞬時に手助けしてくれます。

年末にやらなきゃいけない事で頭を使うのは、現代人のかかった罠w
今に集中すれば、悩んでいたことも忘れてしまう。こんなシンプルな体験ができる、自然療法の叡知を、どうぞ、ご利用ください。

クプクプでも、各種自然療法メニューでお待ちしています。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年12月 7日 (金)

いて座の新月:クリスマス・シーズンも香りと共に

181207_000001

今日は、クプクプにて、今年最後のオープンディでした。

タマちゃん先生と、新月のアファメーションなど、取り入れながら、と思っていたのですが、無我夢中で、すっかり忘れて、半ば瞑想状態。

今日は、いて座の新月。
はからめ手帖には、16:20~8日0:20、願い事の時間、とあります。
直観や真実の探求に相応しい願い事が、叶う時間、大切にお過ごしくださいね。

さて、リースってどう作るの?
今日は結構大変な作業で、実に4時間でしたw
でも、この植物たちがここに届く迄の準備を考えると、それはもう、果てしない悠久の時・・。

Cimg1458

爽やかな香りのするエバーグリーンの木々。

今日、クプクプに来てくれて有り難う!

用意してくださったタマちゃん先生、花屋さん、運送屋さん、職人さん、森野神さま有り難う!!

Cimg1460

ローズの姿をしたマツポックリの差し入れも!
これ、松の木の球果、果実のドライです。うっとりする美しさ。

Cimg1463

Cimg1467
こんな風に、エバーグリーンで飾りながら、、

S__16654380

完成!!

Riho

カリス成城さんでリース作りもされているプロフェッショナルの技・・

もうおひとり、ゴッドハンドセラピストの立体感のある優しいリース。

Yuka

同じ素材でも、個性豊かな作品ができあがりました。

来年のオープンディも、植物や香りに包まれながら、みんなで手作りするひとときを持つ予定です。

どうぞお楽しみに♪

リクエストも大歓迎でーす。

12/10以降、クプクプでは、アロマテラピー、ロミロミ、骨盤調整、フラワーエッセンスで、ご予約を承っています。

12/17と25は、精油の実力【アロマティック・ケア相談会】atクプクプにて、特別なセッションの時間もご用意しています。

今年一年のお疲れ、心の整理整頓、来春に向けてのデトックスなどには、アロマテラピーやフラワーエッセンスは、とっても役立ちます。どうぞ気軽にご利用ください。

今年も一年間、オープンディをご一緒していただき、ありがとうございました★

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年12月 5日 (水)

ヒルデガルト ー受胎の神秘と命の成り立ちー

現代のドイツの植物学の礎を築いた12世紀の聖女「ヒルデガルト」。

『ヒルデガルト—緑のよろこび』上映に続き、クプクプにて、臼田夜半先生をお迎えします!

既に12世紀に、植物療法、鉱物療法、音楽療法、絵画療法、ホメオパシー療法、キリスト療法、コミュニティ療法!ありとあらゆる癒しの術を、実践していた偉人の一人です。

聖女「ヒルデガルト」連峰を、ヒルデガルト研究会主宰の臼田夜半先生と、「受胎の神秘」という登山口から、一緒に登ってみませんか?

「わたしたちは、肉体・精神・魂がひとつの存在です。
ヒルデガルトは、そのことを、観念で理解するのではなく、体験を持って知っている希有な人でした。」

私たちの中にある思い込みの根底を癒すことはとても大切です。
臼田先生のヒルデガルトの話は、まさに、癒しの時間となるでしょう。

160415usuda

この日は、特別に、ヒルデガルトヘルスケアアドバイザー(日本人で初!)の長谷川弘江先生もご参加くださいます★
日時:2019年1月19日(土)
 
【第1講座】10:00~12:00 「宇宙の創造と命の成り立ち」
【第2講座】13:00~15:00 「受胎の神秘」
【余韻の時間】15:00~15:30 夜半先生とよもやま話
講師 / 臼田夜半(うすだよはん)
参加費 / 10,000円(各講座5,500円)
      別途ランチ代プラス1,000円
 

E-mail : kupukupu@air.nifty.jp
電話:090-8582-9292(担当:樋渡 17時~20時)
申込内容:
 ①お名前
 ②当日連絡のつく電話番号
★申込後、1週間以内に下記口座確認後、予約完了です
  みずほ銀行 成城支店 普通 1108129 クプクプ ヒワタリシノブ

祝✴「聖ヒルデガルトの『病因と治療』を読む」(3,024円)
2018年12月23日創刊!
 

■第1講座 10:00~12:00
【宇宙の創造と命の成り立ち】
現代科学では生命の誕生は40億年前の出来事だとされています。
しかしヒルデガルトは「宇宙誕生の瞬間に命は解き放たれた」というのです。これはいったい、何を意味するのでしょうか。
■第2講座 13:00~15:00
【受胎の神秘】
「男の愛である女は、相互の愛の形として子を孕みます。受胎後5週目、母親の知らないうちに命の息がやってきて、温かい風のように胎児に触れるのです。」
この瞬間に、命は命となり、人は人となるとヒルデガルトはいいます。ヒルデガルトにとって妊娠と出産とは、天地創造の瞬間を追体験する事でもあるのでしょう。
Hyde

2018年12月 1日 (土)

12/9 南ヨーロッパ 祈りの旅報告シェア会 ~ホピと黒い聖母に導かれて

Flyer_2018_ff_000001
太陽暦の暦は12月1日。小春日和の太陽を感じながら、2018年を振り返る時間を、供に過ごしませんか?

12月9日(日)は、高願寺(川崎市中原区)にて、

南ヨーロッパ祈りの旅 Sun Sisters~ホピと黒い聖母に導かれて

が開催されます。

●「アメリカ先住民ホピの平和のメッセージ『ホピの予言』」
●「黒い聖母」
●「太陽」

をテーマに、今夏、南ヨーロッパを旅したSun Sistersの3人による、時空と場所を超えた、祈りの旅を体感する時間です。
                      
旅の道案内役には、Sun Brothersである山本忍さん(神ノ木クリニック医院長、内科医小児科医)お迎えしています。   

●黒いマリア様とは?
●アメリカ先住民のメッセージとは?
●そして、それらをつなぐ、十字架の秘密とは?

この夏、南ヨーロッパで、Sun Sistersが体験した聖なる美しい時間を、日本のお寺で共有できる貴重な機会です。

●米国の母なる大地のメッセージ
●ヨーロッパ生まれの自然を愛するオイリュトミー
●ハワイの精霊のスピリット

を受け取る、癒しのひと時を、ご一緒しましょう。

  Flyer_2018_ff_000002
————————————————————

◎日程: 12月9日(日)                                                                      
◎時間: 13:00〜16:00
◎会場: 高願寺(神奈川県川崎市中原区宮内4丁目3−12)
◎スケジュール:                                                                                                                                            

12:40 開場                                      
13:00 開演                                                                                  
13:10--13:30  祈りの舞によるセレモニー                                
 フラ(アユミ ケカマイカマルコア)
 オイリュトミー(はたりえ)                  
13:30--14:15  旅のお話 by Sun Sisters                         
14:15--14:25 休憩                                 
14:25--15:10  ゲストトーク 「心臓の秘密」 山本忍             
15:10--15:45  山本忍  &  Sun Sistersトーク                                                           

◎会費: 2000円(要予約)                                                                                                                                                          2500円(当日)                                                                          

◎定員: 50名                                                                              

◎主催: 南ヨーロッパ祈りの旅 Sun Sisters
◎共催: クプクプ アロマテラピー&自然療法サロン                                                              

お申し込みフォーム
 または、を明記の上、下記のメールアドレスまでお送りください。
 ①お名前
 ②電話番号
 ③ご住所
 ④人数(全員のお名前をお知らせください)
 Sun Sisters :hatacompany@gmail.com    

FBイベントページでの参加表明だけでは申し込み予約とはなりませんので、お気を付け下さいね。どうぞよろしくお願いします。                   

                                                                                  
◎Sun Sistersプロフィール

★アユミ ケカマイカマルコア

クムフラ
ハーラウ オ ケカマイカマルコア主宰
https://ameblo.jp/akhula
ハワイ在住中にマスタークムフラ、キモ アラマ ケアウラナに師事し、2011年、ウーニキ(卒業)を受けてクムフラに。帰国後の2014年に教室を開き、東京、埼玉、大阪、福岡で指導にあたる。熊野、出雲、高千穂、仙台の各神社、聖地での奉納が恒例に。文筆家として、著書『風の翼にのって』、訳書『フナ 古代ハワイの神秘の教え』(ともにダイヤモンド社)などがある。

★辰巳玲子

1988年映画『ホピの予言』と出会い、監督宮田雪と連れ添う。この間、ホピを始め、アメリカインディアンの聖地の破壊、核問題に向き合い、祈りの世界と触れる。映画、講演、出版などを通して、私たちの生き方の選択が、未来を創ることを伝えてきた。書籍『テツカ・イカチ』DVD『大地といのちの祈り』制作。ランド・アンド・ライフ主宰
https://www.landandlife.org/

★はたりえ

オイリュトミスト http://atarieko.com/
1987年より国内外で講習・舞台活動をし、オイリュトミストの草分けとしてはたらく。現在日本シュタイナー学校協会代表。国際ヴァルドルフフォーラムメンバー。様々な楽器と言葉と動きとの共鳴による舞台を創作し、公演および高麗神社、明治神宮、太秦木嶋神社、深大寺などで奉納。

◎ゲスト

☆山本忍
1958年千葉県生まれ。東京医大卒。神ノ木クリニック院長(横浜市)地域性医療への貢献とともに、ホリスティックな医療の実践に取り組んでいる。また震災後、福島県でNPO法人マグノリアの灯を立ち上げ活動中。日本アントロボゾフィー医学の医師会理事。日本ホリスティック医学協会理事。

◎共催
クプクプ 自然療法サロン(東京・狛江市)
アロマテラピー、ハーブ、フラワーエッセンスを中心とした自然療法で、体・心・魂を癒し、調和とバランスをサポートするホリスティック・アロマテラピー・サロンです。 私たちが本来持っている、自己治癒力を高め、自然との調和がとれるように、誠心誠意お手伝いいたします。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »