« 有り余る愛の使い方 with 池川昭先生 | トップページ | 2/21 インドのホメオパシー2019レポート2 »

2019年2月 5日 (火)

2/21 インドのホメオパシー2019レポート1

Cimg1591_2

2/4は立春、2/5は旧暦(太陰暦)のお正月を迎えました。
この地球では、また、新しいサイクルが始まります。

クプクプも、核心を大事にしながら、皆さまと共に在る自然療法でサポートさせて頂きます。改めて、よろしくお願いします。

今年は、インドのカルカッタにて、お正月を迎えることになりました。

というのも、インドで5代続くDr.ホメオパシーの「S.バナジー博士」来日セミナー実行委員会代表の森麗子さんが、2週間の国際プログラムセミナーを企画され、後半の1週間を、取材もかねて訪れています。

インドは、ホメオパシー大国だという噂は聞いていましたが、ここまでだったとは。本当に驚きの連続です。そして、みんなとても親切です。

感動のレポートをかねて、
クプクプでは、2/21(木)に、「ホメオパシー FROM インド」のプライベートセミナーを開催します。ホメオパシーを愛する皆さまと共有したい、素晴しい内容です。ご参加お待ちしています。

Cimg1931
ホメオパシーの創始者、ハーネマンは、インド・カルカッタにも、いらっしゃいました!

★日程 2/21(木) 10:30~13:30

★内容 インドのホメオパシー2019レポート
      「ホメオパシー治療のエッセンス」
★ガイド 森麗子ホメオパス(英国・インドにてホメオパシーを習得。
 S.K.バナジーの元で2年間従事)
★参加費:5,000円(税込)

申込フォーム
★場所:クプクプ ~自然療法サロン
★お申込&お問合せ:kupukupu@air.nifty.jp

ホメオパシーのシャワーを浴びた、インドから帰国の森麗子さんをお迎えしています。

さて、ここからは全般の旅のまとめパート1です。
インド・ホメオパシーの旅を楽しんで貰えたら幸いです。

●2019 インド・カルカッタ・ホメオパシーを尋ねる旅1

ようこそ!インドへ。

Cimg1627
Cimg1591_3
Cimg1630_1
インド・コルカタこの三人の医療の神さま。

六員環商会主宰「S.バナジー先生のベンガル・アレン・メディカル・インスティテュート」のホメオパシーの専門家向けの「WINTERプログラム」を訪れています。*5月からは、ホメオパシーの専門家向けのポストグラデュエートのコースも開催決定!

インド、英国、タイ、日本、と世界でホメオパシーを実践する5代ホメオパシーを継承している「S.バナジー先生」。ホメオパシーの基礎、応用、実践はもとより、彼らのクリニックでのライブケースをご一緒させていただきました。

2/3(日) コルカタから車で南に3時間、ベンガル湾に近い農村にて、バナジー親子による、無償のホメオパティックヘルスケアキャンプを取材しました。

Cimg1519Cimg1544

この日のための垂れ幕も。
Dr.スブラタ・バナジー先生とジャネット先生ご夫妻。

Cimg1562Cimg1635

Dr.サプタルシ・バナジー先たちの元には、症状を抱えた患者さん達が次々と、公開診療に訪れます。

患者さんやそのご家族達は、先生達のことをとても尊敬していて、ご自身の辛い症状を共有してくださり、ホメオパシー医療の発展に貢献してくださる姿にも感動しました。

Cimg1530Cimg1567

これは、キャンプの外。穏やかな気候の中、沢山のご近所の方々が集まり、バナジー先生親子のホメオパシーの診療を受ける順番を待ちます。

1年半前に、吐き気・頭痛で悩んでいた14歳の少女。
そのとき、初めてホメオパシーの診療を受け、今はすっかり良くなったそうです。話しかけると、言葉は通じなくても、目をキラキラしてくれました。

ホメオパシーのレメディ(薬)が決まったら、今度は薬剤師さん達が、処方を準備します。

Cimg1640Cimg1637

薬もやっぱり手作り。
ホメオパシーのレメディは、何が原料かが明確です。
薬は、体に入り、病理を治癒に導く、有難い存在です。
どんな素材で作られているのかを知ると、薬の乱用や副作用はぐっと減るのではないかと思います。

Cimg1688

朝7時にカルカッタの町を出発し、戻ってきたのは9時。
11時~18時まで、1時間の休憩だけでした。

ご自身一人では動けないほどの体が不自由な方も、小さな子どもたちも、老若男女、100名近い方々を診察していました。

ホメオパシーの学びを深めるために、公開で診療を受けてくださった患者のみなさま、バナジー先生達、そしてこの場所を提供してくださった「Kakdwip Heritage School Campus」のロイ校長先生に改めて感謝します。

Cimg1699Cimg1700

ロイ先生を囲んで。ホメオパス&今ツアー企画の森麗子さんと。

帰りは、オート力車で、大型バスまで移動。
待っている間の写真には、オーブが沢山出ていました。

今回のプログラムには、日本、英国、オーストリア、マレーシア、タイ、イスラエル、ドイツから、とまさに国際プログラム。日本で活躍するホメオパシーのみなさんとも時間を共有できる光栄な体験でした。多謝。

この地球に、ホメオパシーを初めとする調和に満ちた自然療法が、より深く広く穏やかに、発展ゆきすように。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

|

« 有り余る愛の使い方 with 池川昭先生 | トップページ | 2/21 インドのホメオパシー2019レポート2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 有り余る愛の使い方 with 池川昭先生 | トップページ | 2/21 インドのホメオパシー2019レポート2 »