« 電気も「産直」!選べる時代です | トップページ | 4/22 山崎樹彦先生の「茜染め」体験のお誘い »

2019年3月18日 (月)

「第8回 江古田映画祭 3.11福島を忘れない」ホピの予言

2011年「東北地方太平洋沖地震」から8年。

311の記憶は、地震だけではなく、原発に伴うメッセージを、常に問いかけてくる。

今年は、8回目となる「江古田映画祭  3.11福島を忘れない」にて上映されたアメリカ先住民と日本の深いつながりを伝えてくれる「ホピの予言」の伝道師Land&Lifeの「辰巳玲子」さんの会に参加しました。

Dsc_0693

南相馬&相馬の人々と再生毛糸『編*花』や古布再生草履にとりくむ「ワークショップ支援チーム“つくるプロジェクト”」久保田紀子さんと辰巳玲子さん。

お二人は、311にあわせて、南相馬の同慶寺から、津波で洗われた海岸線へ慰霊の行進にも参列され、その映像の一部を、下記にシェアしてくれています。*写真は、辰巳玲子さんのサイトよりお借りしました

https://www.facebook.com/reiko.tatsumi.71/posts/2027652180688479

53003630_406459309922931_2431113555

8年が経った今も、命への祈り、敬意は変わりはありません。

むしろ、一日一日を重ねる度に、命の尊さに、気がつかされることばかりです。

今日も、誰かが、誰かのために祈り、行動している。

江古田映画際は今年も延べ1000人の来場者とのことで、それぞれの想いを胸に、様々な方々がボランティアで、力を合わせていらっしゃいました。福島への祈りを、共にできる機会に感謝します。

原発だけではなく、兵器・原爆・戦争に伴う、様々な過去の痛みや傷を癒すことが、自然療法を実践する身としてとても大事なことだと痛感しています。

江古田映画際に飾られていた写真。
今ものこ風景は、8年前から変わらず、行われています。
今もなお、たくさんの人々、そして、動植物の命が、人工的に放たれる放射線量の高い現場で、生きて、働いている。
この現実を直視して、前に進んでいくために、私にできることは一体何だろう?

Dsc_0706

Dsc_0707

改めて、毎年、海岸線へ慰霊の行進を続けていらっしゃる小高山 同慶寺の田中徳雲住職をはじめ、関係者の皆さま、共に祈りながら、そのことをわたしたちに届けてくれるランド・アンド・ライフの辰巳玲子さんに感謝申し上げます。

大地といのちの祈り』二部作では、今も変わらないメッセージを届けてる徳雲さんとアメリカインディアンのデニス・バンクス氏による福島訪問の、未来に残すメッセージをご覧頂けます。

ホピの予言は、下記のスケジュールで行われるそうなので、チェックしてみてくださいね!

足を運び、調和と統合の活動に取り組んでらした、先人達の勇気を分けてもらってくださいね。

上映会&トークライブ(4/20)鴨川市にて開催            
南相馬 同慶寺より慰霊行進            
「調和と統合の新しい時代へ」(5/18)三鷹にて開催            

「亀の島・弓の島にかかる虹」(3/24)金沢文庫にて開催                


「アメリカインディアンの世界」(3/31)金沢文庫にて開催

上映会を主催するのも、素晴しい機会になると思います。というのも、わたしにも、ギフトのシンクロが訪れました。一部をシェアさせていただきます。 

↓2018.2.11地元「千歳烏山」にて、SEEDsの酒井さん、「ワークショップ支援チーム“つくるプロジェクト”」久保田紀子さん、クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン樋渡で、上映会 & 辰巳玲子トーク & 海老原よしえLive を主催しました。

28080932_1517301428395935_774211761_o

そこに集ってくださった友人たち、そして、そこで出会った友人たちは、シンクロニシティ(共時性)、つまり、わたしたちは出会うべき出会う同志であり、歩むべき道にいることを実感させてくれました。

よしえさんの「友へ」を聞いた後、何度も何度も聞いて涙が出ました。
そして、間もなくして、大人になり、心を通わせることができなくなってしまった幼馴染みと和解するような出会いがあり、再び深く繋がりました。何にも代え難いギフトをもたらしてくれました。

↓その流れで611には、「社会の未来を考えるホリスティック教育研究所」の今井ご夫妻が主催してくださりました。211の集いが、ひとしずくひとしずく、今に続いている事を実感します。

Cimg0903

ホピの予言上映は、そのように、人生を変容させ、わたしたちが本来生きる道である、和解と理解への道しるべとなる作品でもあります。


↑ホピの伝道師:辰巳玲子さんと、魂に届く声を持つ歌姫・故海老原よしえさん。

誰もが、今もなお、どこかで負った傷を抱えながらも、一生懸命生きている。

原発や迫害、戦争におびえることなく、共に生きる道を探して。

この瞬間も、誰かが、誰かのために、祈り行動している。
具体的な行動ができなくてもいい。
呼吸して、今、ここに居ることを思い出すだけでいい。

わたしたちが、自分の使命に生きる道を歩み、この大地に生きるあらゆる種類の生き物たちに感謝を伝えられますように。
クプクプも微力ですが、アロマテラピーとフラワーエッセンスで尽力して参ります。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

|

« 電気も「産直」!選べる時代です | トップページ | 4/22 山崎樹彦先生の「茜染め」体験のお誘い »

福島・鏡石マグノリア農園・元気を送るアロマ隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電気も「産直」!選べる時代です | トップページ | 4/22 山崎樹彦先生の「茜染め」体験のお誘い »