クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

  • KUPUKUPU*お知らせ
    アロマテラピー&フラワーエッセンスの施術、セミナー情報をお届けします。
  • KUPUKUPU*オリジナルメニュー
    疲れを癒し、悩みがとろける。 経験豊かな一流のセラピストによる、ここでしか体験できない極上メニュー。
  • NaO自然療法機構
    自然療法をもっと身近に! 自然療法は、健康と哲学のアートです。 あらゆるジャンルの自然療法家を結ぶ一般社団法人。
  • S.バナジー博士来日セミナー
    インドで五代続くホメオパシー家系のエッセンスを学べるプロ向け本格ホメオパシーセミナー
  • 「隠された情報」シリーズ
    自然療法は、ご先祖さまがひきついてきた叡知。 誰かのものでもなく、人類共通の財産ものです。
  • なでしこバイブル
    布ナプキン、月経血コントロール、自然療法など女性の月経人生を変える集積本!
  • はからめカレンダー
    びわ湖淀川水系のヨシから作られたヨシ紙の手作りカレンダー&手帳。 月の満ち欠けや、暦の秘密、太陰暦、宇宙の運行付き。人生をスムースにするのを手伝ってくれるカレンダー。
  • アロマテラピー&ハーブ
    植物の香りに包まれて、身も心もとろける癒しの王道。治療の補佐にも役立ちます。
  • ア・コース・イン・ミラクル(ACIM)読書会
    癒しの根源である自分を赦す本「奇跡のコース」を読む時間
  • アースディin調布
    調布の手作りアースディ
  • オープンディ
    毎週火曜日10時~17時は、クプクプのオープンディ。どなたでも気軽に自然療法のメニューをお受け頂けます。
  • シンギングリン&虚空
    聖なる音が心と体を解放し、虚空へと誘います。
  • ドクターハウシュカとバイオダイナミック農法
    ドイツ・オーガニックコスメNO1。心身を解放し、肌のきめを整える本当のスキンケア。大地を癒すバイオダイナミック農法でDr.ハウシュカ化粧品に使われる原料の90%以上は、オーガニック認証を受けたまたは  Demeter基準の認定を受けた栽培農家から調達されています。
  • ナチュロ9カフェ
    日本でも、自然療法の恩恵を医療として自由に選べますように。自然療法の民主化のために、日本国憲法や政治を学んだり、他国の自然療法の情報を交換したりと、自由に語り合うカフェです。
  • フラワーエッセンス
    野辺に咲く美しい花で心を癒す究極のセラピー。子育て、介護、人間関係の悩みを優しく癒します。
  • ホリスティック・レッスン
    からだ・こころ・たましい。そして、家族、親類、同志、恩師、植物、動物、鉱物とつながるレッスンです。
  • マインドフルネス実践会(多摩川サンガ)
    ベトナムの禅僧ティクナットハン師が提唱した瞑想や気付きを供にする時間を過ごします。
  • ローフード・グルメロースィーツ
    ローフード(生のフルーツと野菜)を味わい尽くしましょう。
  • ヴィーナス・カフェ
  • 上映会
    赦し・愛・絆・真実・土壌を癒す農法など、自然治癒力が高まる作品を上映しています。
  • 世界ホメオパシー周知週間
    4月10日は、ホメオパシーの創始者サミュエル・ハーネマンのお誕生日。毎年、世界中の自然療法家が、ハーネマン先生のお誕生日を祝い、1週間の周知週間に取組んでいます。
  • 今ここに在ること
    時空を超えた癒し
  • 介護
    実体験をもとに、認知症や介護に役立つ自然療法ネタを綴ります。
  • 各種自然療法
    自然治癒力を高め、本当の自分を生きることがをサポートするのが自然療法dです。
  • 女神塾
    ロミロミセラピスト「矢田薫」さんによる、ハワイの女神のお話しとフラ・ハワイ語で、女性性を育むヒーリング塾。
  • 妊娠(マタニティ)・出産・産婦
    ママも子供も、優しいのが大好き♪ 優しい香りに包まれて、産前産後を迎えましょう♪
  • 書籍・雑誌
  • 月経美心
    月経血コントロール、布ナプキン、ナプキンフリー、女性に嬉しい情報満載
  • 犬と猫のための自然療法
    愛しい動物たちと、健やかに楽しく暮らせますように。素直な彼らには、相性抜群です。
  • 環境
    健全な環境でなければ、健やかな暮らしは営めません。私たちの健康と直結している環境とどう関わるかは自然療法の最優先事項。
  • 福島鏡石マグノリア農園
    311後、南相馬を中心にアロマテラピーやフラワーエッセンスなどの自然療法を共有しました。2018年~鏡石町のマグノリア農園「バイオダイナミック農法~農業は地球を癒す」活動に参加し、ご紹介しています。
  • 自然療法アーティクル
    2002年から、自然療法・自然農に関する取材&執筆を続けています。何かのお役に立てば幸いです。
  • 自然療法民主化!
    自然療法は人類の宝。 日本でも、国家予算に、予防医学と自然療法を取り入れたい! 小池ゆり子塾「希望の党」1期生。 政治に働きかけるより、現場でコツコツが肌に合っているようで、コツコツと自然療法の実践と発信に努めます。
  • 蕎麦処SAMIRAI
    手打ち蕎麦とこだわりの出汁をどうぞ。元添乗員が出会った日本各地の生酒の品揃えが豊富♪
  • 衣・ころも・草木染
    常に私たちの体をつつむ衣。癒しの衣は、大地と皮膚の呼吸をあわせ、自律神経のバランス回復を助けます。
  • 農業と錬金術
    母なる地球の大地は、わたしたちの自然治癒力に直接関係しています。調和と慈愛に満ちた農業と錬金術は、わたしたちの魂を癒し、喜びと希望をもたらします。
  • 骨盤調整
    クプクプの人気NO1メニュー。体の土台になっている骨盤。骨盤大好きなベテランセラピスト「中山あゆみ」担当のメニューです。
  • 麻(HEMP、精麻)
    縄文のルーツは、麻にあり。 古今東西、衣食住、あらゆる面で、人類の命を支えてきてくれた偉大な植物。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月28日 (木)

「セラピスト2019年4月号」にて、インドのホメオパシーが紹介されました

Cimg2300

自然治癒力を高める、あらゆる自然療法を、暖かく新しい眼差しで紹介してくれる雑誌「セラピスト」
2月上旬に訪れた、インド・カルカッタのホメオパシーレポートを、巻頭特集で取り上げてくださいました!

タイトルは「ホメオパシー医療の教育と研究が盛んなインドに、世界中の専門家が集う!」です。

上の写真は、今年5月から始まる英国 ACH ホメオパシー実務家向けコースの本場インドでの研修に、日本、英国、オーストリア、イタリア、イスラエル、タイ、インドなど世界中から2週間のウィンタープログラムが行われ、その折の記事をぎゅっと1ページにつめて、とても美しく、巻頭特集でまとめて下さいました。

Photo_1 201904india

ホメオパシーと出会って、早19年。
年々、ホメオパシーに対する理解が深まっていますが、インドにおけるホメオパシーを理解することは、それを加速させてくれていると実感します。

最新号「セラピスト2019年4月号」を手元に置いてもらえると嬉しいです。
ちょっと刺激的な表紙★の今号のテーマは、更年期。とっても参考になりますよ。

インドでは、ホメオパシーは、ヨガやアーユルヴェーダと同じく、伝統医学担当AYUSH省が管轄しています。
カルカッタでは、「NATIONAL INSTITUTE OF HOMOEOPATHY」という国立大学があり、ホメオパシーを医学として本格的に学ぶことができます。

国立大学も存在し、日本人の医師ホメオパスの先生も誕生しています。
留学生も大歓迎とのことなので、ぜひ、チェックしてみてくださいネ。
↓日本人で初めてDr.ホメオパスを習得された柳沼真衣Ghoshさん、学長Dr.Abhijit.chatterjeeと著者。
Drmaidrabhijit

そして、その記事を、世界ホメオパシー周知週間「みんなにとどけ!ホメオパシー応援団」
のサイトにても、ご紹介いただきました!
嬉しい~~。ありがとうございます!

今年も、4/10~17は、
「世界」で...
「ホメオパシー」を
「周知」し合う
「週間」です。

朝は、「おはよホメオパシー」と、にっこりと微笑み
お昼は、「こんにちハーネマン」と、にやりと微笑み
夜は、「おやすみんなにホメオパシー」と、満足して眠りにつく。

そんな1週間を過ごしたいと思います。

イベントも目白押しです!
お近くの方は、ぜひ、ご参加くださいネ♪

クプクプでは、4/10に、【世界ホメオパシー周知週間2019 at クプクプ】 を開催します。
テーマは、ホメオパシーの魅力 ~カルカッタ&農業~ です。

ご参加お待ちしています。

また、英国にて、第一線でご活躍のヒラリー・ドリアン 先生が、この世界ホメオパシー周知週間inJAPANつまり、日本のために再来日してくださいます!女性ホメオパスの先生らしい、優しくて繊細な素晴らしいレクチャーを提供してくださいます。

Whaw2019hirary1

素晴しいテーマの勉強会があります、チェックしてみてくださいね。

4/12 アスリートのためのホメオパシー

4/13-14 ヒラリー・ドリアン来日セミナー2019

 2019年4月13日(土) ホルモンの働きと内分泌系のレメディー
 2019年4月14日(日) 女性の疾患(内分泌系のレメディーを含む)

自然治癒力に働きかける優しいヒーリングで、わたしたちが、より健やかに癒されていきますように。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2019年3月26日 (火)

4/10&11 世界ホメオパシー周知週間2019 at クプクプ

毎年、ホメオパシーの創始者「S.ハーネマン博士」の誕生日4/10から1週間は、「ホメオパシーを身近に」をテーマに、世界各地でイベントやセミナーが行われています。

クプクプでは、今年は、4/10(水)と4/11(木)に、ホメオパシー的大地の処方箋「バイオダイナミック農法」上映会のドキュメンタリー映画上映とお話会で、 皆さまと過ごす時間をご用意しました。ご参加お待ちしています。


【世界ホメオパシー周知週間2019 at クプクプ】

🌼日時:4月10日(水) 10時~13時

ホメオパシーの魅力 ~カルカッタ&農業~

●ホメオパシーが医療として根付く国インド「カルカッタ」レポート
●ホメオパシーから発展した、大地の処方箋「バイオダイナミック農法」上映会
 ~新刊「硫黄・塩・水銀プロセス 農業・錬金術の3原理」(竹下哲生著)誕生秘話~

🌼日時:4月11日(木) 10時~13時

ホメオパシーの魅力 ~シュタイナーの世界&農業~

●アロマトピア「山本忍先生に聞くシュタイナーの世界」 &福島マグノリア農園取材レポート
●ホメオパシーから発展した、大地の処方箋「バイオダイナミック農法」上映会

🌼場所:クプクプ ホリスティックアロマテラピー自然療法サロン2階
🌼 会費:3,000円(ランチなしの場合10時~12時 2,000円)

*ベジタリアンの方はご一報ください
*猫アレルギーの方は、ご一報ください

申込フォーム
お申込&お問合メール
電話:090-8582-9292(17~19時でお願いします)

ホメオパシー医学が誕生したのは、1796年。
223年を経た今、ホメオパシーは様々な形で発展し、受け継がれています。

何世代も経て、様々な医学を享受できるこの時代。

今回は、今年の2月に訪れた、「インド・カルカッタ」と「福島鏡石・マグノリア農園」をお話させていただきます。

↓インドには、ホメオパシー国立大学があります。
ヨーロッパに行く手前に、こんなに大きなハーネマン像がいらしたとは驚きです。
ホメオパシーが、医学として、国に認められているインドの学びはパワフルです。
本格的なコースもこの5月から始まるので、チェックしてみてください

Cimg1931

インド&英国でホメオパシーを学び、今回のカルカッタツアーの主催者である六員環商会の森麗子さんも応援に駆けつけてくださいます。
ホメオパシーの概念が変わる【専門家向け本格コース:ポスト・グラデュエート】コースも、5月からスタート。
とても貴重な機会なので、チェックしてみてくださいネ!

Cimg2300
↑カルカッタのアレン・カレッジ・オブ・ホメオパシーにて、2週間の専門コースを受けた皆さまと一緒に。

180924-1

【多摩川サンガ】

この日の午後は、心を穏やかにする、多摩川サンガを、歩いて10分ほどの公民館に移動して開催します。大まかなスケジュールは、心のお天気、横たわる瞑想(トータルリラクゼーション)、歩く瞑想、食べる瞑想、坐る瞑想、深く話し、聴く瞑想(ダーマシェアリング)…などなど、その日のメンバーや状況によってプラクティスの内容はマインドフルに変わります。

🌼日時:4月10日(水)13:30〜16:30
🌼場所:谷戸橋地区センター(カワセミ館)和室 小田急線喜多見駅から徒歩20分
🌼参加費:ドネーション(諸経費を除き全てプラムヴィレッジ関係の費用に寄付させて頂きます)
🌼お申込み方法は、メールか、FBイベントページにご連絡下さい.

申込メールアドレス → tamagawa.samgha★gmail.com ※★を@に替えて送信ください

多摩川サンガ」と、「ホメオパシー」は直接関係はありません。
主宰しているクプクプにとっては、双方とも、自然治癒力を高める最高の自然療法です。

心を穏やかにして、今ここに在る時間を持つ、瞑想と呼吸のマインドフルネス実践会。小さなお子様も大歓迎です。

敬愛するハーネマンのお誕生日の日に、静かに、穏やかで優しい、安らぎの時間を共にできたら幸いです。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2019年3月24日 (日)

3/29~31 伊豆高原で「マインドフルネスに活き活き輝く時間」

各種ヒーリングの専門家として、伊豆高原と東京で活躍していらっしゃる萩原聖子さんより、下記のセミナーをお知らせいただきました。
聖子さんとの出会いは12年程前です。ホメオパシーの専門学校に通い始めたころ、既にプロフェッショナルとして活躍されていらっしゃる、憧れの先輩のお一人です。ただそばに居るだけで癒されます。
今、ちょっと力が弱っているな、自然治癒力を高めたいな、迷いがるな、という方はもちろん、セラピストとしてのスキルアップをとりいれたい方に、ご紹介したい内容です。今週末と迫っていますが、3日間、たっぷりと伊豆高原のフレッシュな空気の中で、癒しのひと時をご堪能下さい。人生の転換、リセットの時間になること間違いなしです。下記、萩原聖子さんからのメッセージです。
Seikosan
「セルフケアの方法と「氣づき」をもたらすものとして、キネシオロジー(人間行動学/筋肉機能学)全般を学び、
「自分をより良く知ることで、本来あるべき理想とする生き方を見い出し、この社会でマインドフルネスに活き活き輝く」ためのワークです。
高次の自分と繋がり、現在の専門職や生活面に思う存分役立てながら、信頼でき一生実践していける技を身につけられる、新たな自分で人生をより楽しめる、そのような内容を提供させて頂きます。

自分の持つ無限の力、使えていない天賦の才能に、この3日間で出逢いましょう!

項目は、
筋肉反射を取るやり方-自分と人や動物にやるやり方/内側の声(潜在意識)を聴く/脳の働きについて/カウンセリング・コミュニケーションの取り方、話の聴き方/目標の立て方/オラクルリーディング/脳活:視力・集中力など能力アップ/バランス調整・滞りの解放/陰陽五行/音の癒し 音叉療法,等々、です。

場所:桜美林学園 伊豆高原クラブホテル https://www.obirin.jp/izuclub/
料金:75,000円
日時:3月29,30,31日(金・土・日) 10~17時

萩原聖子 HP:             
https://seikohom.wixsite.com/holistic-sh
https://seikohom.wixsite.com/horselistener

Seikosan2_1

↑みてください、馬や動物と対話しながら、自然療法で、ケアをする聖子さんと馬の美しい写真。

動物と一緒に過ごしたい。
馬や牛がいる生活をしたい。
動物たちが幸せであってほしい。

例えば、こんな願い事があれば、わたしたちは、それを叶えるために、取り組めばいいです。

聖子さんのセミナーでは、普段おろそかにしがちな、
●「自分」をより良く知り、
●「本来の自分」を思い出し、
●「自分の理想」を生きる方法をみいだします。

そして、今、この社会で、「イキイキとマインドフルネスに輝きだす」という、究極の癒しをもたらします。

Seikosan3

↑2013年【 伊東・サザンクロスリゾート内、癒しと憩いのライブラリー]のオープニングイベントのメイン補佐をされていた萩原聖子のイベントに、クプクプ・メンバーも出展させていただきました。温泉も、空気もきれいでした!そして何より、聖子さん自身の生活が、とてもマインドフルネスで、丁寧だったことに、感銘を受けました。
伊豆高原の美しい景色と空気に包まれながら、3日間集中できる、またとないチャンスです。
どうぞ、ご堪能下さい。

2019年3月23日 (土)

立憲民主党「原発ゼロ・エネルギー転換がつくる日本の未来」

3/23、春分満月の二日後。

狛江在中で、立憲カフェで出会った「高木さとこ」さん主催の「原発ゼロ・エネルギー転換がつくる日本の未来」が、狛江にて行われました。

Dsc_0750

世界の経済の新規投資対象として再エネ事業が70%、その期待に応えるべき、日本も舵取りをする必要があります、とのことでした。 わたしも、自然療法家としても、被爆や破壊のない、持続可能なエネルギーを望んでいる一人です。

「原発ゼロ・エネルギー転換がつくる日本の未来」について、具体案、日本と海外での事例について、わかりやすくお話しくださったのは、立憲民主党エネルギー調査会事務局長&衆議院議員の山崎誠さん。 立憲民主党では、「原発ゼロ・エネルギー転換がつくる日本の未来」を目的として、再生可能エネルギーの勉強会や視察、交流会などを積極的に行ない、直接市民と供に情報交換をしながら、「原発ゼロ基本法」などに取り組んでいらっしゃいます。

山崎誠さんの記事にわかりやすくまとめられています ●地域を元気にする「ご当地エネルギー」

●原発ゼロ基本法

●エネルギーシフトのためにできること など、たくさんの具体案をシェアしてくださいました。

特に興味深かったのは、ドイツで広がっている、自治体主導のエネルギー事業シュタットベルケ(地域エネルギーと生活インフラの整備・運営を担う小規模の地域密着型事業体)のお話しでした。地域で経済が回る仕組を構築していて、現在、ドイツ全体で薬900社存在し、ドイツの電力小売市場で、約20%のシェアを維持しているそうです。

各地域が、自然を破壊することのない、地域エネルギーを活性化できれば、どれだけ住みやすくなるでしょう!

電気料金なども、コストダウンできるはずです。

福島に限らず、原発等々の後始末は、未来の子供たちに、税金として課されます。

だから、なるだけ、負担がないように、後片付け対策も具体的に考えていかなければいけないと思います。 私の夢でもある、原発ゼロ・再生可能エネルギー、動植物たちも、のびのび生きる世の中を実現してゆくためには、同じベクトルを向いた政治家や仲間達とともに歩んでいくこと、だとつくづく思います。

Satokosan

↑山崎誠さん、主催の高木さとこさんとクプクプの樋渡

お二人とも、とてもわかりやすく説明してくれました。質問時間にも、誠実に対応してくださいました。

わたしは、小池ゆり子塾の「希望の党」一期生で(そのとき、「この国に税金を払っている=政治と関わっている」と同じなんだと学びました)、あの勉強会で見た政治家との印象はだいぶ違いました。これからも、身近に意見交換ができてそれがダイレクトに反映される、勉強会や集いをお願いします。

クプクプでも細々とですが、エネルギー、種苗法、憲法の勉強会など、ナチュロナインカフェや自然療法仲間と供に、自然療法民主化を実現すべく続けて参ります。

↓持続可能なエネルギーに取組むグリーンピープルズパワーの竹村さんをお招きして、勉強会をして頂きました。

電気も「産直」!選べる時代です

また、調布アースディでもつながりのある「原発のない暮らし@ちょうふ」の菅野さんもいらしていました。

なんと!

電気とガスはひかず、完全に太陽光発電と蓄電池のみで自立したオフグリッドの建築の移動式タイプが出たそうです。今ちょうど、クラウドファンディングで支援ができるとのことです。

移動式えねこや(動くおうち)で、地球にやさしい暮らしを提案したい!

いいないいな~~。 オフグリッド、かっこいいなぁ。

1週間使える応援が、50000円とのことなので、どなたか、クプクプと一緒にやってくれる方がいたら、ぜひ声かけてください!!

Photo こうやって着実に、解決策は、生まれているのですね。

感動です。

後は自分たちも、ちょっとずつでいいので、行動に移すだけです。

原発のおかげで、無関心だった政治のことも少しずつ理解が深まっています。

下記は、長い長い編集後記です。

●フレコンバック(放射能汚染土)

Dsc_0706

何処に処分するかの話が出ていました。本来であれば、原発を作った会社が、つまり、東京電力の敷地が筋なのかなと思いました。

とはいえ、そうはいかないらしいので、汚染土について考えてみたいと思います。

汚染土は、本当に、汚染土なのでしょうか?

目に見えない放射能は、目には見えない技術で解決できる可能性はないのでしょうか?

放射能を直ちに消すことはできないとしても、軽減を助ける技術にこつこつと取り組み、データも積み重ねてきている市民団体もあります。

植物、微生物、命、地球の営みには無限の可能性があります。

ヒロシマでも、全ての命が30年は育たないと学者は試算しましたが、生き延びた植物も人も居ます。

そして、彼らはどれだけ放射能の影響で、苦しんだことでしょう。

南相馬に行くたびに、積み上げる量がふえていくフレコンバックのビニールを目撃しました。黒から緑になったり白になったり、うわべのお化粧にどれだけの予算が、費やされたことでしょう。

いずれにしても、そのビニールが破れたところ、土が飛び出て、植物がそこに美しい緑色を差している様子は、はっとするほど美しい姿でした。

わたしたち自らが汚染した土を、悪者扱いする態度は、まだまだ、わたしたちが、この放射能と共に生きる時代に入っている、という覚悟が、私自身も含め、できてないのだなぁと思いました。

今この瞬間にも、福島原発から、人工的放射能は、常に出続けています。

そして、誰かが、高い放射能を浴びながら、いつも作業をし続けてくれていることは、忘れたくはないです。

原発の稼働をゼロにすることができても、その後、その原発を、本当の意味で、平和利用するためにはどうするべきなのかを真剣に考える段階です。

実際に、原発の後片付けをするために、税金は使われ続けます。 税金ですから、ブラックボックスではいけません。なにしろ、わたしたちみんなの税金が使われているのです。

どんなエネルギーを選びたいか、しっかりと考えていきたいです。

Fukushima1711_4

↑2017年11月、福島原発にて、ネイチャーワールドの玉井社長とトミーさん、ドイツのコルテさんと。

●日本で最初の原子力発電が行われたのは1963年(昭和38年)10月26日 東海村に建設された動力試験炉であるJPDRが初発電を行ったと記録されています。

原子力発電という国を挙げての事業は、資源の乏しい日本にとって、エネルギーを供給してくれる夢の事業だったと言います。

それに携わってきた技術者、関係者だけではなく、原子力は戦後の日本の希望だったことを、今日の参加者の方に教えて頂きました。

福島原発の出来事は、その希望が失われるという、とてもつらい体験だと思います。ずっと信じて取組んできた技術が否定されることは、人生を否定されるのと同じくらい辛いことだと教えてくれました。

わたしは、1970年代生まれなので、まさに、アトムの子供世代です。原発の怖さもしらず、テレビや電子レンジなど、様々な電化製品の恩恵を受けて育ってきました。

父の影響で、ITの業界に憧れて、パソコンの会社で8年働いていたこともありました。

原発はゼロになるけれど、そこで培われた技術こそ、廃炉に活かすことができる可能性があるのではないかと思います。

そして、全てがそのために必要な体験だったといえる日が来ることを信じています。

180331tameike-6 1812 いつも、さまざまな気付きをもたらしてくれる、福島鏡石のマグノリア農園の皆さまにも改めて感謝します。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2019年3月20日 (水)

4/22 山崎樹彦先生の「茜染め」体験のお誘い

秩父に自生する茜科の八重葎(ヤエムグラ)を、実際に山に入り採取して、染める。
Iu
そんな染め体験が、4/22に開催されます。
昔ながらの染体験、茜の根っこが美しく赤く染まるこの季節、本物の日本茜の染め、ぜひ、ご一緒しませんか?
山崎樹彦先生は大正時代に明治に滅びた草木染を復活させた山崎斌さんのお孫さんです。

●2019/4/22(月) 10時~15時
●皆野駅 【秩父鉄道秩父本線(秩父線)】
●受講料は1名4千円(税別)
●染める布は別途【ストールやTシャツなど(千円~)】を現地で購入出来ます。
●染める布持参可
●現地集合&解散

*染め材が不足する時、雨天時は、事前に用意した茜材料を追加使用する場合もあります。ご了承ください。

上記の企画は、クプクプのクライアントでもあり、ご友人でもある神島教子さまの企画です。
わたしたち、クプクプのアロマセラピストも、植物の草木染にはとても興味があるので、研修もかねて、ご一緒させていただく運びになりました。
染体験に、あと2名様の枠がありますので、ご一緒しませんか?
追記:前泊できる方は、夜の食事から合流しましょう!
温泉でリフレッシュして、おしゃべりをたくさんしますw
クプクプのアロマセラピストチームも遊ぶモード満載です。
Kupumember
クプクプのアロマテラピー、骨盤調整、ロミロミ、そしてフラワーエッセンスのコースでも、お待ちしています。

2019年3月18日 (月)

「第8回 江古田映画祭 3.11福島を忘れない」ホピの予言

2011年「東北地方太平洋沖地震」から8年。

311の記憶は、地震だけではなく、原発に伴うメッセージを、常に問いかけてくる。

今年は、8回目となる「江古田映画祭  3.11福島を忘れない」にて上映されたアメリカ先住民と日本の深いつながりを伝えてくれる「ホピの予言」の伝道師Land&Lifeの「辰巳玲子」さんの会に参加しました。

Dsc_0693

南相馬&相馬の人々と再生毛糸『編*花』や古布再生草履にとりくむ「ワークショップ支援チーム“つくるプロジェクト”」久保田紀子さんと辰巳玲子さん。

お二人は、311にあわせて、南相馬の同慶寺から、津波で洗われた海岸線へ慰霊の行進にも参列され、その映像の一部を、下記にシェアしてくれています。*写真は、辰巳玲子さんのサイトよりお借りしました

https://www.facebook.com/reiko.tatsumi.71/posts/2027652180688479

53003630_406459309922931_2431113555

8年が経った今も、命への祈り、敬意は変わりはありません。

むしろ、一日一日を重ねる度に、命の尊さに、気がつかされることばかりです。

今日も、誰かが、誰かのために祈り、行動している。

江古田映画際は今年も延べ1000人の来場者とのことで、それぞれの想いを胸に、様々な方々がボランティアで、力を合わせていらっしゃいました。福島への祈りを、共にできる機会に感謝します。

原発だけではなく、兵器・原爆・戦争に伴う、様々な過去の痛みや傷を癒すことが、自然療法を実践する身としてとても大事なことだと痛感しています。

江古田映画際に飾られていた写真。
今ものこ風景は、8年前から変わらず、行われています。
今もなお、たくさんの人々、そして、動植物の命が、人工的に放たれる放射線量の高い現場で、生きて、働いている。
この現実を直視して、前に進んでいくために、私にできることは一体何だろう?

Dsc_0706

Dsc_0707

改めて、毎年、海岸線へ慰霊の行進を続けていらっしゃる小高山 同慶寺の田中徳雲住職をはじめ、関係者の皆さま、共に祈りながら、そのことをわたしたちに届けてくれるランド・アンド・ライフの辰巳玲子さんに感謝申し上げます。

大地といのちの祈り』二部作では、今も変わらないメッセージを届けてる徳雲さんとアメリカインディアンのデニス・バンクス氏による福島訪問の、未来に残すメッセージをご覧頂けます。

ホピの予言は、下記のスケジュールで行われるそうなので、チェックしてみてくださいね!

足を運び、調和と統合の活動に取り組んでらした、先人達の勇気を分けてもらってくださいね。

上映会&トークライブ(4/20)鴨川市にて開催            
南相馬 同慶寺より慰霊行進            
「調和と統合の新しい時代へ」(5/18)三鷹にて開催            

「亀の島・弓の島にかかる虹」(3/24)金沢文庫にて開催                

「アメリカインディアンの世界」(3/31)金沢文庫にて開催

上映会を主催するのも、素晴しい機会になると思います。というのも、わたしにも、ギフトのシンクロが訪れました。一部をシェアさせていただきます。 

↓2018.2.11地元「千歳烏山」にて、SEEDsの酒井さん、「ワークショップ支援チーム“つくるプロジェクト”」久保田紀子さん、クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン樋渡で、上映会 & 辰巳玲子トーク & 海老原よしえLive を主催しました。

28080932_1517301428395935_774211761_o

そこに集ってくださった友人たち、そして、そこで出会った友人たちは、シンクロニシティ(共時性)、つまり、わたしたちは出会うべき出会う同志であり、歩むべき道にいることを実感させてくれました。

よしえさんの「友へ」を聞いた後、何度も何度も聞いて涙が出ました。
そして、間もなくして、大人になり、心を通わせることができなくなってしまった幼馴染みと和解するような出会いがあり、再び深く繋がりました。何にも代え難いギフトをもたらしてくれました。

↓その流れで611には、「社会の未来を考えるホリスティック教育研究所」の今井ご夫妻が主催してくださりました。211の集いが、ひとしずくひとしずく、今に続いている事を実感します。

Cimg0903

ホピの予言上映は、そのように、人生を変容させ、わたしたちが本来生きる道である、和解と理解への道しるべとなる作品でもあります。


↑ホピの伝道師:辰巳玲子さんと、魂に届く声を持つ歌姫・故海老原よしえさん。

誰もが、今もなお、どこかで負った傷を抱えながらも、一生懸命生きている。

原発や迫害、戦争におびえることなく、共に生きる道を探して。

この瞬間も、誰かが、誰かのために、祈り行動している。
具体的な行動ができなくてもいい。
呼吸して、今、ここに居ることを思い出すだけでいい。

わたしたちが、自分の使命に生きる道を歩み、この大地に生きるあらゆる種類の生き物たちに感謝を伝えられますように。
クプクプも微力ですが、アロマテラピーとフラワーエッセンスで尽力して参ります。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2019年3月 8日 (金)

電気も「産直」!選べる時代です

Gpp

今週、「電気代が安くなるかもしれません」とのお電話がありました。

大手の電気会社をいくつか紹介されましたが、「グリーンピープルズパワー」さんに変えました、と伝えると、「負けました~」というお言葉を頂きました。

何に負けたのかまでは聞きませんでしたが、こうやって切磋琢磨していって、電気が環境負荷にならない時代が来るといいな、と思います。クプクプもなるたけ、電気に頼らない生活も取り入れたいと思っています。

寒い冬も、暑い夏も、いつもお世話になっている電化製品。

その電気やエネルギーは、誰がどんなふうに、作って、送ってくれているんだろう?

クプクプのお客さまと仲間たちと使う電気が、持続可能で環境破壊に繋がっていて欲しくない。そのような理由で、去年、「グリーンピープルズパワー」さんに勉強会をお願いし、その後納得できたので切り替えました。↓代表の竹村さんと、アロマテラピー&骨盤調整の中山さんと。

「日本を取り戻すのは、政治家ではない」と言う信念で、狛江の市議に立候補されている高木さとこさん(立憲民主党)にも、ご参加いただきました。

Gpp_2

今年も各地で、お勉強会が開催されていますので、ぜひぜひ、直接お話を聴きにいってくださいネ。クプクプでも、リクエストがありましたら主催します。

グリーンピープルズパワー」さんからのメッセージ↓

「福島原発事故から8年が経過しますが、みなさま電気の切替えはお済みでしょうか。どんな電気を選び・使うかで未来は変えることができます。忙しいからと後回しにしないでほしい大切な問題です。」その通りと共感します。

電気のことについて、真剣に考え、まる1日をかけて記事にしました↓
参考になれば幸いです。
http://holy-sky.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-18f7.html

2018
↑太陽は私たちに平等に光を分けてくれています!
動物たちをみならって、晴れた日は、いっぱい、日光浴しましょう♪

今週は、もうひとつ、「NTTの基本料金が安くなる」との電話もありました。「この地域を回っているので、今日の夕方お邪魔してパソコンの設定を変えに伺います。」とのことでした。

相手の女性は決して、悪人ではありませんでした。でもやっぱり、NTTの基本料金が安くなる設定を、無料で設定しに来て、NTTからインセンティブが入る、という仕事は信じられず、調べてから、こちらからお願いします。と、お断りしました。そうですか、ではお願いします。と言う割には、電話番号も教えてくださいませんでしたが。

さて、電気といえば、マグノリア文庫から、3/6に発売された本『硫黄・塩・水銀プロセス  農業・錬金術の3原理を学ぶ (マグノリア文庫)』には、硫黄プロセスにて、原発のことを言及しています。

この優しくて深い感動を味わえるだけではなく、行動にも変容が起こるこの本を、手に取ってみてください。クプクプにも、揃いました。感無量。

Magnoria61

今年も、福島マグノリア農園&バイオダイナミック農法の活動を一緒にしてくれる仲間を、絶賛募集中です!どうぞよろしくお願いします。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

2019年3月 7日 (木)

あなたの中に宿るもの 御代替わりを寿ぐ ー大嘗祭と阿波忌部ー

一般社団法人 忌部文化研究所さんよりお知らせが届いたので、シェアさせていただきます★

201402_1

3/7はうお座の新月。新たなサイクルが巡ってきます。

自分の中に湧き出流「神秘性」や「慈悲」の心を見逃さず、キャッチしてあげてくださいね。

クプクプでも、アロマテラピー&フラワーエッセンスでサポートさせていただきます。今月はまだご予約にゆとりがありますので、どうぞ気軽にお問合せ下さい。

さて、今年は、天皇即位の年ですね。

10連休とのことで、忙しい日本人に最も必要な、「連休のレメディ」の日々となるよう願います。

即位の際に行われる「大嘗祭」は、実に千年を超えた儀式となります。
前回は、昭和から平成、1990年11月22日に行われたそうです。
あなたは、何していましたか?
まだ、生まれていない方もいるかな?

さて、この儀式、実は、私たち日本人を癒してくれる、様々な歴史がつまっています。そのことを、直接共有して下さる会が、3/30 松前兼一さん主催で行われます。どうかお見逃し無くです。

御代替わりを寿ぐ ー大嘗祭と阿波忌部ー あなたの中に宿るもの

平成31年3月30日(土)
200年ぶりの生前譲位による御代替りまであと1ヶ月と迫ったこの日を選び、私たち日本人にとって、大嘗祭の大切な意味を改めて感じあいたいと願い企画しました。

大嘗祭の本当の意味とは 大きな役割を果たしてきた阿波忌部族とは 激動の今を生きる私たちにどんな価値があるのか。

新著「天皇即位と大嘗祭」を上梓された阿波忌部研究第一人者である林博章氏を徳島よりお迎えし、
私たち日本人が今是非知っておくべき大嘗祭の意味を語っていただきながら、
長年の同志として友情をあたためてきた松前兼一氏と共に、
阿波忌部スピリット(透明感・平和的感性・共生み)復活の現代的意味とは価値を語り合います。

筑波大学名誉教授村上和雄先生が説かれる日本人の利他的遺伝子論
感性論哲学芳村思風先生が説かれる人類のあるべき新しい人間観
阿波忌部は不思議なほど現代に光明さしていることに気づく、そんな集いになれば幸いです。

そして、日本人が本来が宿している調和性の力を、音で体に響かせます。
阿波忌部氏の直系の末裔である三木家の麻畑の前で歌を奉納された奉納アーティスト竹林加寿子と、
現役の神職であり、言霊を紡ぐ唄い手と称される涼恵(すずえ)の二人によるコンサート。

御代替わりののこの時に、あなたの中に宿るものを思い出す大切な一日になることでしょう。

日時 3月30日 開場13時 開演13時30
13時30分~14時20分 第一部 林博章先生講演
14時30分~15時20分 第二部 林博章先生、松前兼一対談
15時30分~16時30分 第三部 御代替わりのコンサート

第一部~第三部まで共通のチケットで入場料 6000円

詳細、お申込みはこちらからお願いいたします↓
https://peatix.com/event/603962/

下記、「天皇即位と大嘗祭」の著者でもある林博章先生のお話を、東京で直接伺える機会、ぜひご一緒しましょう。

わたしも、かつては、天皇、ときいても他人事でした。

けれど、実は、私たちのルーツにかかわる、とても深いつながりを持った存在であることがわかってきました。物質的な繋がりとして、外交や税金との関連を見ても、関係ないとは言えません。

東京に、皇居があることで、どれだけの動植物が都会を潤してくれていることでしょう。皇居の勤労奉仕に、喜びを持って奉仕する友たちが、いかにキラキラしていることでしょう。

300px

千年以上受け継がれてきた「大嘗祭」という儀式で、私たちのご先祖さまは、「人間と自然が、深い絆で結ばれている」ことを知っていた、事実を垣間見ることができます。

私たちの代で失ってしまうには、あまりにももったいない、大地と他者を敬う心、慈悲の心。大嘗祭を通して、日本の原点を見つめ、今ここから、未来を創る勇気も、湧いてくると思います。

201310_25_3

去年、世界農業遺産に認定された「剣山系の伝統的な傾斜地農業:阿波世界農業遺産」(写真は、大麻比古神社)。

徳島の剣山は、まさに、様々な循環型農業の名前が生れるよりもずっと前から、脈々と電気もガスも使わない生活を綿々と続けてきた聖なる土地のひとつです。

もちろん、時代と共に変化はありますが、様々な植物との人間の暮しが自然な形で残されており、それを守るための働きかけが、農業遺産という形で現れました。

特に、「阿波の農業に纏わる神々と文化」は、生活が激変してしまった現代人の暮しに、衣食住と、大地のとのつながりを思い出させてくれる重要なメッセージがつまっています。チェックしてみてくださいネ♪

2015年、海部忌部にて、ハンモックヨガの万菜美先生とエコブルーの吉田美穂先生(布ナプ、藍染め体験)と共に。クプクプは「月経美心」を担当させていただきました。

201506_107

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

2019年3月 2日 (土)

春のおすすめメニュー

春の明るい日差しを感じる季節になりました。

母なる大地の息吹、鳥のさえずり、水面に映る光の妖精、どうか、お見逃しなく。

クプクプも、この季節の人気メニューをご用意して、お待ちしています!

★春のキャンペーン(5/31迄)★

Salon001

●フェイシャル&ボディ120分(施術90分)14,000円→10%オフ!

●フェイシャル90分(施術70分) 11,000円→1,000円オフ! 

クプクプでは、15年前から、既に今から52年も前に、持続可能かつ、大地の処方薬ともいわれるバイオダイナミック農法の「Dr.ハウシュカ」を愛用しています。
お陰様で最近は、素の優しくてパワフルな効果に、納得していただき、女性だけではなく、男性にも人気です(*ご紹介の方限定となります)。
 
お顔は、丁寧にお手入れをすると、全身にその癒しの効果が広がる、とっても繊細で、効果を実感していただきやすい部位です。
 
根本的な排泄と改善をサポートするので、花粉症による敏感肌の方にも、大変喜ばれています。ご夫婦、カップル、親子、ご友人での施術も可能です。どうぞ、お気軽にお試しください。
Wala009
★クプクプは15年ハウシュカを愛用しています
バイオダイナミック農法という、大地の治療薬といわれる農法をとりいれている畑を一目見たくて、2009年に、ハウシュカのメーカーであるWALA社へ研修で訪れました。
WALA社は、アントロポゾフィー(人智学)医学を主に、ハーブ療法、ホメオパシー療法も取り入れた自然療法のハーブの医薬品&コスメメーカーです。もちろん、動物実験もしていません。自社農園の畑は空気がきれいで、馬も牛もいて、車も騒音も少ない、とても静かな場所でした。
わたしも、30歳の時に出会いましたが、30代は、20代の時よりも、肌がきれいになったことを体験できました。肌のお手入れは、自然の法則に従うほどに、蘇ることも実感しています。
「老いること」は、誰もが平等に与えられた時間のギフトです。
決して、悪いことばかりではない、という精神的なゆとりも、もたらしてくれます。

Bachcenter027
↑2009年
Cimg2117
↑2019年

はい、肌の張り、筋肉は落ちましたが、若いころより、お化粧なしの素肌を楽しめるようになりました。若い時は、きれいに見られたくって、隠すことばかり考えていたと思います。

春のおすすめメニューで、肌の変化の感動を感じてください★
 

●お申し込み・お問合わせ●
 
 クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン
 Tel:090-8582-9292 又は 03-3480-0444
 Mail:kupukupu@air.nifty.jp
 下記の内容とともにお申込み下さい。
 ①お名前 ②当日連絡がつく電話番号

2019年3月 1日 (金)

新発売『硫黄・塩・水銀プロセス 農業・錬金術の3原理を学ぶ (マグノリア文庫)』

18555_2

福島県鏡石町で、地元で受け継がれてきた「会津伝統農法」と、大地を治療する「バイオダイナミック農法」を学ぶ「マグノリア・アグリ・キャンパス」(橋本文男学長)がスタートしてから早1年。

「農業は地球を癒す」。

その活動に共鳴し、クプクプも、現地に足を運び、農業の深さについて学び、感動の時間を紡いでまいりました。

そして、この度、去年行われたキャンパスの講義録が1冊の本になりました。

硫黄・塩・水銀プロセス  農業・錬金術の3原理を学ぶ (マグノリア文庫)』。

わたしたちは、人間だけではなく、動物も植物も鉱物も、誰もが、その運命の使命の元、幸せになる権利を有しています。

この本では、そのことを、『硫黄・塩・水銀』という、古来から錬金術で用いられていた3原理を通して、体感することができます。

この3原理を、私たちの日常にどう生かしてゆくかについても語られています。

人間と大地、植物と宇宙のつながり、自然界の循環・変容など、今まで気が付かなかったことを、新しい視点で学ぶことができます。

Cimg1109

著書はマグノリアアグリキャンパスの講師・哲学者、四国アントロポゾフィークライス代表の竹下哲生さん。

42423052_1935103986570847_758791650

この本の「はじめに」では、山本忍先生(医師、マグノリアの灯理事)が、「この3原理は、農業のみならず、化学・医学・薬学・教育・建築そして、社会学・経済学等々の分野にも応用がきくもの」とありますが、まさにです。

2020年春迄の限定の「マグノリア・アグリ・キャンパス」は、今年は、農業の実践家向けの内容となります。

バイオダイナミック農法、そして、地元の伝統農法を融合させる、という勇気ある取り組みを、実践したい方、ぜひ、お問合せ下さい!

クプクプも、樋渡も、協力者として、本の製作をお手伝いさせていただきました。本を手にとってもらえたら嬉しいです。

本のご紹介↓

「原発事故により放射能汚染された福島に畑をつくろうと立ち上がったNPOマグノリアの灯。バイオダイナミック農法のプレパラート撒布で、放射線量は激減。その秘密は何か? 隠されたメカニズムを学ぶため、中通りの小さな町で行われた連続講義の講義録。現代人が直面する問題に役立ち、錬金術の3原理を改めて学べる最良の書。」

0001

クプクプでは、今年も、皆さまと共に空をきれいにする畑「マグノリア農園」を応援して参ります。いつもありがとうございます。

●バイオダイナミックの調剤作り体験&マグノリア農園野菜食事交流会

4月~11月全3回
*お野菜の状況とプレパラート作りに適した日を予定しています

 ★プレパラート調剤作り  約60分
 ★マグノリア
農園野菜食事交流会 約90分

  会費:5,000円/1回(プレパラート調剤お土産&食事付)
  
申込フォーム

1週間、畑やガーデンにお使いいただけます。
↓このように渦を作りながら、ダイナミゼーションします。
Photo

場所は、クプクプとタイミングでは出張もいたします。

マグノリアの野菜と共に、皆さまと供に過ごせる時間を、今から楽しみにしています。

★マグノリア農園「クプクプ区画」を応援して下さるみなさまへ

マグノリア農園のお野菜を使った食事会は、4名~8名さまで、随時、受け付けています(要予約)。別途、クプクプまで、気軽にお問い合せ下さい。

★クプクプとバイオダイナミック農法

クプクプのフェイシャルやアロマテラピーボディケアでは、バイオダイナミック農法で育てられたDr.ハウシュカ化粧品を15年来愛用しています。

Dr.ハウシュカに使われる原料の90%以上は、バイオダイナミック農法「Demeter基準」認定、またはオーガニック認証を受けた栽培農家から調達されています。

皮膚からの癒し、香りからの癒しは、わたしたちの想像を超えた優しい治癒効果があります。どうぞ、至福の癒しの時間をご堪能下さい。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »