« 世界ホメオパシー周知週間2019(4/11) | トップページ | 5/3 憲法記念日「ナチュロ9カフェ」実践編と学び編 »

2019年4月21日 (日)

5/9 バイオダイナミック農法上映ランチ会

Cimg1579 01earthvenus

5月9日(木) は、ホメオパシー的大地の処方箋「バイオダイナミック農法」上映会をクプクプにて、開催します!

10年以上前の作品ですが、胸に響くメッセージがたくさんある映画です。

自然治癒力があがるドキュメンタリー映画上映&お話会で、 皆さまと過ごす時間をご用意しました。ご参加お待ちしています。

今回は、アロマトピアの連載記事「山本忍先生に聞くシュタイナーの世界」 の取材のお話しです。
2018年の6回の連載記事のエッセンスと、鏡石でのマグノリア農園のお話しをシェアさせていただきます。

【世界ホメオパシー周知週間2019 at クプクプ】

🌼日時:5月9日(木) 10時~13時

●大地の処方箋「バイオダイナミック農法」上映会
●アロマトピア「山本忍先生に聞くシュタイナーの世界」 &福島マグノリア農園取材レポート
 ~新刊「硫黄・塩・水銀プロセス 農業・錬金術の3原理」(竹下哲生著)誕生秘話~

🌼場所:クプクプ ホリスティックアロマテラピー自然療法サロン2階
🌼 会費:3,000円(ランチなしの場合10時~12時 2,000円)

*ベジタリアンの方はご一報ください
*猫アレルギーの方は、ご一報ください

申込フォーム
お申込&お問合メール
電話:090-8582-9292(17~19時でお願いします)

バイオダイナミック農法は、大地、植物、動物と人とのつながりを、はっきりと思い出す農業の一つです。
約100年前に大地の処方薬として、ルドルフ・シュタイナーによって残された言葉を実践し、実践を重ね、伝承されている農業の技術です。
ホメオパシーのダイナミゼーション(水を渦巻き状に混ぜる)を取り入れた、大地の処方箋として、今の時代に受け継がれています。

日本でも、北海道から九州まで、まだ数は少ないにせよ、取り入れている畑があります。
わたしも、2018年から、福島鏡石のマグノリア農園に、何度も訪れました。
訪れる度に、大地と人だけではなく、動物との距離が深まるのを実感しています。

その土地に根付く、伝統的な農業と、ホメオパティックな大地の処方箋が出会う時、わたしたちは、新しい時代に生きているのだと実感します。映画の一部を下記に。

 「私たちは地上を歩む。
   地球は宇宙を運行する。
    私たちは地上で呼吸する。
     地球は宇宙で呼吸する。」by 
シュタイナー博士

大地へのホメオパティック処方箋を、自然療法家の仲間と共に共有できたことは、私にとっても大きな喜びでした。
みなさまの感性豊かな感想も、それはそれは、ハーネマンも喜んでます♪という手ごたえでした。多謝。

今年は、バイオダイナミック農法以外にも、自然療法や自然治癒力が上がるプライベートの小さな上映会を定期的に開催してまいりますので、ぜひ、ご一緒しましょう♪

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

 

|

« 世界ホメオパシー周知週間2019(4/11) | トップページ | 5/3 憲法記念日「ナチュロ9カフェ」実践編と学び編 »

コメント

ルドルフ・シュタイナー(Rudolf Steiner, 1861年2月27日 - 1925年3月30日(64歳没))は、バルカン半島のクラリェヴェク[* 1]で生まれ、オーストリアやドイツで活動した神秘思想家、哲学者、教育者である。

ゲーテの自然科学論や学芸雑誌の編集に携わりながら、前衛的な団体やアナキズムの傾向をもつ人々と関係するようになり[1]、ニーチェ主義的な[2]自由思想の立場に至るが、神秘思想の講演者に転身し[3]、人智学(アントロポゾフィー)[* 2]と称する精神運動を創唱した[2]。人智学運動は神智学協会の神智学運動から派生したものであるが、インド思想に傾倒した神智学協会よりもキリスト教神智学に近い性格をもっており[6]、ロマン派の自然哲学[7]、グノーシス、薔薇十字思想の流れも汲んでいる[8]。

高橋巌先生が主催の人智学協会で学んでいます。樋渡さんが仰られるシュタイナーとは別人ですか?

以前僕は、社団法人東京都療術師協会の世田谷区支部長を務めていました。父親も母親も療術師の一族で、僕で三代目に。母の実家は曹洞宗のお寺さんでもありますが、僕自身は師匠の故小田一医師の繋がりで、京都の黄檗宗萬福寺で坐禅の手ほどきを受けました。
僕自身は道半ばですが、小田先生の歩いた道を辿って、気診気功治療の臨床と研究、普及を目指しています。
「こころの時代」マインドフルネスや「100分de名著」アドラー心理学のEテレは、何遍も見直して学ばせて頂いています。

投稿: 中村禎宏 | 2019年4月23日 (火) 18:15

中村さん、コメントありがとうございます。

樋渡が言うシュタイナー博士も、同一の方です。

私自身は、ホメオパシーとハーブを通して、シュタイナー博士が農業講座でお話され、受け継がれてきたバイオダイナミック農法を通して、学んでいます。

2018年から、会津の伝統農法と、バイオダイナミック農法をとりいれたマグノリア農園に毎月1回通っています。人智学や天体、農業について学びを続けています。

高橋巌先生とは、直接お会いしたことはないのですが、翻訳本を拝読させてもらっております。
どうか、よろしくお伝えください。

そして、5/9に、狛江にて、バイオダイナミック農法の上映会、ご一緒できましたら大変うれしく思いいます。狛江でもプレパラート(バイオダイナミック農法の調合剤)つくりなど、開催しました、今年も取り組む予定です。

また社団法人東京都療術師協会つながりもあったとは、嬉しいつながりです。
マインドフルネス実践会は、定期的に多摩川矢野川のほとりでやっています。
こちらも、ご一緒できたら嬉しく思います。

さと子さんの「つながるつながる狛江」の取り組みが、早速実を結び始めているように感じます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: SHINOBU | 2019年4月24日 (水) 10:56

中村さん、コメントありがとうございます。

樋渡が言うシュタイナー博士も、同一の方です。

私自身は、ホメオパシーとハーブを通して、シュタイナー博士が農業講座でお話され、受け継がれてきたバイオダイナミック農法を通して、学んでいます。

2018年から、会津の伝統農法と、バイオダイナミック農法をとりいれたマグノリア農園に毎月1回通っています。人智学や天体、農業について学びを続けています。

高橋巌先生とは、直接お会いしたことはないのですが、翻訳本を拝読させてもらっております。
どうか、よろしくお伝えください。

そして、5/9に、狛江にて、バイオダイナミック農法の上映会、ご一緒できましたら大変うれしく思いいます。狛江でもプレパラート(バイオダイナミック農法の調合剤)つくりなど、開催しました、今年も取り組む予定です。

また社団法人東京都療術師協会つながりもあったとは、嬉しいつながりです。
マインドフルネス実践会は、定期的に多摩川矢野川のほとりでやっています。
こちらも、ご一緒できたら嬉しく思います。

さと子さんの「つながるつながる狛江」の取り組みが、早速実を結び始めているように感じます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: SHINOBU | 2019年4月24日 (水) 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界ホメオパシー周知週間2019(4/11) | トップページ | 5/3 憲法記念日「ナチュロ9カフェ」実践編と学び編 »