« 11/23-25 ホメオパシー「小児科、リウマチ」セミナー&2020年2月インド・コルカタ研修 | トップページ | 小児科ホメオパシー公開相談会 募集開始(11/22~24) »

2019年11月13日 (水)

12/7 ホメオパシー交流会 at クプクプ

Cimg1591_2

今年も、自然療法の神様に感謝の気持ちを込めて、「ホメオパシー交流会」を開催します。
この日は、インドと日本のホメオパシーの架け橋、六員環商会代表の森麗子さんをお迎えします。

ホメオパシー交流会 at クプクプ

★日程 12/7(土) 
  第一部16:00~17:30 ホメオパシー茶話会
  第二部
17:30~20:00 手打ち蕎麦&ローフード&おでんの食事会

★内容 ホメオパシーと自然療法のおはなし

 ホメオパシーの小児科の症例ダイジェスト・トーク
 ~家系、妊娠中の出来事、出産時の外傷の他、子どもの症状によく使われるレメディ、ホメオパシーにおける予防接種の可能性、注意欠陥多動障害”ADHD ”と自閉症をホメオパシー的に対応する~
 未来のワクチンのお話し

 来年の本格インド・ツアーについてもご案内します!

★ガイド
 森麗子ホメオパス(六員環商会代表代表、英国・インドにてホメオパシーを習得。 S.K.バナジーの元で2年間従事)
 樋渡志のぶホメオパス(クプクプ代表、インターナショナル・アカデミー・クラシカル・ホメオパシー日本校卒、ホメオパシーバイブル執筆協力)
 参加者のみなさま

★参加費:一部2,000円(税込)、二部3,000円 お飲物別途

申込フォーム

★場所:クプクプ ~自然療法サロン

★お申込&お問合せ:kupukupu@air.nifty.jp

今年は、クプクプの樋渡も、インド・コルカタを初取材。

インドで5代目の、Dr.S.バナジー博士をお迎えしての英国 ACH ホメオパシー実務家向け2年間コース も無事に3回が終了しました。

00060002

ものすごく濃厚な内容を企画&翻訳してくださった森麗子さんとともに、ダイジェストで振り返ります。
参加していない方にも、ホメオパシーへの学びを深める内容です。

インド取材の写真と共に、インドにホメオパシーが根付いている様子も振り返ります。
美しい多面体をワクチンとして見いだしている医師のビジョンも共有します。

リラックスしたひと時での交流を交えながら、ホメオパシーと自然療法の発展を自由に話しましょう。

2020年もインド・コルカタ本格セミナー開催決定!

来年は、2月3日から17日、休日を除くと授業は全部で13日間(予定)+2月18日オプション1日受講可能。
後半一週間のみ参加も歓迎。バナジー先生の弟子でもあり、ホメオパスでもある森麗子さんも同行予定です。

Cimg1800 Cimg1766

↑インドでは、思いがけず、ガンジス川で沐浴してサリーを着れたり!
↑聡明な学生さんたちが日本人を珍しがって、交流しに来てくれたり!

Cimg1944 Cimg2047
↑これだけの方々が、国立大学のホメオパシーの受診に訪れていたり
↑ハーネマンの本が普通に販売されていたり

人生を変える、お宝だらけの旅になりますよ。

↓去年、12/25は、自然療法の雑誌アロマトピアにて、S.バナジー先生の来日セミナーインタビューを掲載していただきました。
ありがとうございました。

Img_5182

インドにおける、ホメオパシーは、国家資格を持つ医師が処方します。
日本と違って、疑い・迷いのないホメオパシーの医療現場。

クプクプで始まった小さな勉強会↓

Cimg1117_2

ホメオパシー&自然療法を語る時間は、地球のエネルギーを変える癒しのひとときです。
ご一緒できるますことを、楽しみにしています。
日々のいろいろなビジョンや悩み、何でもトークしましょ!

 

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

|

« 11/23-25 ホメオパシー「小児科、リウマチ」セミナー&2020年2月インド・コルカタ研修 | トップページ | 小児科ホメオパシー公開相談会 募集開始(11/22~24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/23-25 ホメオパシー「小児科、リウマチ」セミナー&2020年2月インド・コルカタ研修 | トップページ | 小児科ホメオパシー公開相談会 募集開始(11/22~24) »