« 水瓶座の新月 ~クプクプのおすすめメニュー | トップページ | 第5回 蕎麦と落語を楽しむ会【いたみとりぞう】 鶴~長寿の健康 »

2020年1月28日 (火)

2/8&2/15 FROM インド・コルカタ ホメオパシーの生中継!

ホメオパシーを愛するみなさまへ

Cimg2065

2月、ホメオパシー国立大学もあるインドの西ベンガル州コルカタへ、日本から、ホメオパシーを愛し学び実践する仲間たちが、冬プログラムに留学されます。

2年目となる今年は、インターネットを経由して、通訳付のライブケース体験ができます!
録画された映像とは全く違う、今ここで、同じときを、インターネットサービスを活用してつながるネット中継。

わたしが、ホメオパシーを学んだ15年前は、そのときからさらに10年ほど前のビデオケースを学びました。
リアルなケーススタディは、現場に行かなくては拝聴できないことでした。

インドのライブケースを学べるこの機会、どうぞお見逃しなく。

プロフェッショナル向けセミナーのために来日されているDr Saptarshi Banerjeaらの活動をリアルに目撃できる機会です。

↓ホメオパシーが医学として誰でもが教授できる国インドを拠点として活躍し、国際セミナーにも取り組んでいるDr Saptarshi Banerjeaらを囲んで。2019年2月去年のプログラムに私も一部参加させていただきました。

Cimg2300

↓ライブケースではこのように、老若男女の患者さんを公開でみてゆきます。
患者さんも先生とホメオパシーを信頼して訪れています。

Cimg1688 Cimg1562

下記、ACH 世話人をしてらっしゃる森麗子さんからの案内です。

Bengal Allen Medical Institute Winter Programme 2020
ケース見学・インターネット中継・実施要項

★実施予定日

 第一回 2020.02.08
 第二回 2020.02.15


実施時刻

 現地時間 09:00 ー 12:00頃
 日本時間 12:30 ー 15:30頃

 日本とインドの時差は3.5時間です
 所要時間は2.5ー3時間を予定しています

★内容

 インド・西ベンガル州・コルカタ・BAMI現地診療所にて
 ホメオパシー医師が実際に診療するようすを中継します
 医師は現地語で患者に問診しながら、同時に講師として英語で受講生に解説します
 現地では海外から参集した受講生が医師と患者を見守っています
 インターネット中継は、その全体像を日本語で紹介することを意図します

 ※間取りの都合上、実際の診療所とは別の場所で実施する可能性があります(同じ敷地で)
 ※インターネットでの参加者からの質問は、授業前や授業後に受け付けます

★視聴環境

 Cisco Webex
 https://www.webex.com/ja/index.html (予定)
 通常のブラウザで参加できます

★含まれるもの
 現地診療所からの動画
 通訳の音声(同時通訳)

※もし、インターネットの通信事情により音声に欠落があった場合、「どの話題のどのへんで聞こえなかったか」ご報告ください。
最善を尽くして対応いたします

★含まれないもの
 現地の音声
 ※必ずしも現地音声を流さない方針ではなく、同時通訳の聞き取りやすさを優先するため、音量を下げるなど予定しています
 
★特典
 授業前後の質問を受け付けます(授業前:いまから。授業後:24時間後まで)
 ただし、すべての質問に講師本人が回答することはお約束できませんこと、あらかじめご了承ください。
 個人での利用に限り、録音や録画は自由です(貸出禁止・転載禁止)

★主催者
 Bengal Allen Medical Institute
 Dr Saptarshi Banerjea

★通訳 大野麻希子

★企画運営 森麗子

★費用

 一般:38,000円(2回分合計)
 ACH 受講生:35,000円(〃)

★申し込み手順

1) 申込書をダウンロード https://www.rokuwin.com/ach-japan/bami-application-2020.doc
2) 住所/氏名など(分かる範囲で)記入
3) 世話人宛にメール添付 ach-japan@rokuwin.com
4) 所定の金額をお振込

★振込先

 ゆうちょ銀行 〇二九店 当座 0087663
 S.バナジー博士来日セミナー実行委員会

★振込期限
 お手数をおかけしますが、早めのお振込がうれしいです(できれば、1月29日まで)
 それ以降のお振込の場合、確認のため振込明細書を写メでお送りください。
 *クプクプ経由の場合は、クプクプへのご連絡も可能です

★その他
 ご質問などありましたら ACH 日本 世話人・森麗子 までお気軽にお寄せください。
 ach-japan@rokuwin.com

 」

去年に引続き、その学びを日本に持ち帰り広げてくれます!嬉しいし、頼もしいですね♪
私は今年は行けないので、その分を体験された方々から受け取って、しっかりと深めたいと思います♪

Cimg1627 Cimg1944

↓日本でも自然療法を応援してくれる雑誌「アロマトピア」さんが取材してくれました。

Img_5182

↓そしてこれは、2019年のプロフェッショナルセミナーの集合写真。

191124-1 76955250_2734096639980251_25098873147846

バナジー先生、いつも日本に来てくれて、たくさんのことを共有してくれて有り難うございます。
そして、それをいつもサポートしていらっしゃる森麗子さんをはじめ、学びを共にする仲間たち、通訳、翻訳、さまざまな協力に、改めて感謝します。

国際交流は、一人一人、わたしたちのハートからスタートします。
そしてそれが、国際問題を解決する一番の近道だと思います。

日本ではまだまだまか不思議なホメオパシー。
クプクプでも様々な会をやっていますw

4/11は、午後に、森麗子さんをお招きして、下記の会も準備中です。
インドの風を一緒に共有できたら幸いです。

15時~17時 17時半~20時 交流会 「ホメオパシーの小児科症例と2020インド・レポート」
  家系、妊娠中の出来事、出産時の外傷の他、子どもの症状に  よく使われるレメディ、ホメオパシーにおける予防接種の可能性
  注意欠陥多動障害”ADHD ”と自閉症をホメオパシー的対応策
   ガイド:ホメオパス&六員環商会代表:森麗子さん
   会費:3,300円税込、交流会3,300円(税食込)

令和時代は、何をするにも、自分が何を望むかだけで、応えが目の前に帰ってきます。
それを受け取るのか受け取らないかを決めるのも自分です。

魂の赴くままに、自分が幸せになるビジョンと決心を続けていきましょう!

インドは国がホメオパシーを認めていることは知っていましたが、それがどれだけすごいことかは、のんきなわたしは15年の間、訪れるまで実感できませんでした。

Cimg1931 Cimg1996

↑ホメオパシー国立大学には、ホメオパシーの創始者ハーネマンの像があり、ホメオパシーの薬局は至る所にありました。

発祥の地ドイツに行かなくても、アジアにこんな場所があっただなんて。。
夢中になっているときは、他のことには気がつかないものなんですねw
ホメオパシーを始め、自然療法という医学があって、わたしの人生は変わりました。
インドよ、ありがとう!ヨガも医療の国の政策、見倣いたいです。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

|

« 水瓶座の新月 ~クプクプのおすすめメニュー | トップページ | 第5回 蕎麦と落語を楽しむ会【いたみとりぞう】 鶴~長寿の健康 »

【自然療法】ホメオパシー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水瓶座の新月 ~クプクプのおすすめメニュー | トップページ | 第5回 蕎麦と落語を楽しむ会【いたみとりぞう】 鶴~長寿の健康 »