« 2/8&2/15 FROM インド・コルカタ ホメオパシーの生中継! | トップページ | 2/27 コネクション・プラクティス入門編 »

2020年1月29日 (水)

第5回 蕎麦と落語を楽しむ会【いたみとりぞう】 鶴~長寿の健康

蕎麦処SAMURAIにて「蕎麦と落語を楽しむ会」、第5回目の開催が決まりました!
すぐにお席が埋まってしまうので、早めにお問合せください。

Samuraivol5_20200130131501

第5回 蕎麦と落語を楽しむ会

~ 落語、旨い酒と肴、そして蕎麦~

【演題】鶴(ツル) ~長寿の健康

【日時】4月28日(火) 昼席12時~14時
    4月28日(火) 夜席19時~21時
    4月29日(水) 昼席12時~14時
    4月29日(水) 夜席19時~21時

【定員】各8名

【会費】3,000円(寄席・食事込)お飲物別途
   *心を込めて準備しています。キャンセルはできる限りご遠慮ください。
   *当日キャンセルは100%になります旨ご了承下さい。

【予約】申込フォーム

【電話】080-1026-3660

【場所】蕎麦処SAMURAI

鍼灸師・アロマセラピスト・ケアマネジャーでもある社会人落語家【いたみとりぞう】さんならではの独自落語スタイル、長寿の健康法もうかがえます。

この落語を披露して下さる「いたみとりぞう」さんって何者?!

つい先日、「タイ古式マッサージ」のユネスコ無形文化遺産の嬉しいニュースとともに、「いたみとりぞう」さんがTV「TBS・TVのNスタ」に登場!

44726 44727 44728

↑実の名は、鍼灸師、アロマセラピスト、社会人落語家、執筆家、多才にご活躍の「浅井隆彦」先生。

TV番組では「タイ”文化遺産”のマッサージ 世界では」の監修をされていました。

なぜなら、浅井先生は、東京ビッグサイトの「ビューティショー」の舞台で手技を披露し、『世界のマッサージ』、『介護アロマテラピー入門―香りでこころとからだを癒す』、『DVD スポーツアロママッサージ』の著者、日本のマッサージを解説するのにぴったりの経歴をお持ちなのです。

そんな「いたみとりぞう」さんの笑い転げる落語が、狛江の蕎麦処SAMURAIで聴けちゃいます。

51988 51987

新春のテーマは「桃太郎」。
プロの落語家にはできない鍼灸師さんならではの健康創作落語です。
大笑いして「痛みもとれちゃう」時間をお楽しみください。

51990Isamutorizo

浅井先生は、専門誌に沢山寄稿される他、今は、全国で介護アロマテラピーを教え、マッサージやアロマテラピーをはじめとした自然療法がいかに介護や医療の現場で役立つかについての啓蒙にも取組んでいらっしゃいます。

鍼灸指圧、手技療法、アロマテラピーを知ってもらうに辺り、人の心に届くお話をしよう。
そう決心した浅井先生は10年以上も前に、落語会に弟子入り。

講義やトークショーの中に、笑いを取り入れて、医療の世界を楽しく伝え、わかりやすく取り入れてもらうために落語を学ぶ。
そして、いよいよ、「いたみとりぞう」(痛み取り蔵!鍼灸指圧師&アロマセラピストにぴったりのネーミング★)という落語名で、デビューされました。

店主のパートナーわたくしアロマセラピストの樋渡も、20年前に浅井先生にご指導を頂いた弟子の一人です。
常に、クライアントや参加者の方々への思いやり、チームワークを大事にする、愛に溢れる先生の姿に学ぶことが多いです。

笑いは自然治癒力を高めるNO1クラスの処方箋。
アロマテラピーや鍼灸のおはなしを絡めた落語はさすがです。

第4回の【追加高座】も満員御礼の大盛況でした。一重に皆さまのおかげです。

クプクプにても、介護ケア、手術前後ケア、自律神経快復など、自然治癒力を高める本格的なアロマテラピー&フラワーエッセンスを提供していますのでご利用下さい。

蕎麦処SAMURAIのご案内

4~10名様迄のグループでの貸し切りも大歓迎です★

気の合うお仲間と一緒に、生手打蕎麦と生酒で、体を温めて、腸内環境を整え、免疫UPしてくださいね。
各種ワークショップや発表会など、気軽にご相談ください。

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

|

« 2/8&2/15 FROM インド・コルカタ ホメオパシーの生中継! | トップページ | 2/27 コネクション・プラクティス入門編 »

SAMURAI手打ち蕎麦処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/8&2/15 FROM インド・コルカタ ホメオパシーの生中継! | トップページ | 2/27 コネクション・プラクティス入門編 »