« 2/19水 花粉症のためのクリーム作り | トップページ | ブッダ最後の教え »

2020年2月14日 (金)

新メニュー【菅平高原薬用植物オイル】

国産初のバイオダイナミック農法&高原ハーブ「Sugadaira Medicinal Herbs」のアイテムが誕生しました。
標高1400メートルの菅平高原で、何年もの歳月をかけ、ようやく商品化した愛しいハーブアイテムです。

ハーブの種類は「アルニカ」と「カレンデュラ」。
アルニカは、体の奥深く筋肉の疲れを癒し、カレンデュラは、肌の表皮を美しくし整えます。
この二つのハーブは、歴史も古く、私たちのご先祖さまが信頼し続けた薬効の高い薬草です。

Img_2359 69714614_1112224408978298_84408434309086

クプクプでもこの貴重な【菅平高原薬用植物】 を体験してほしい!
セラピスト全員一致の願いで、このオイルを体験できる新メニューが誕生しました。

【菅平高原薬用植物オイルコース】

心身を細胞の源から癒し、肌が蘇り、魂に光をもたらすコースです。
オールハンドタッチの優しいぬくもりと共に、菅平高原のピュアなエネルギーを全身で受け取ってください。

ボディ&フェイシャル150分 17,000円
ボディ120分(施術90分) 12,000円

アロマテラピーの施術は定期的に受けるほど、その効果を実感していただけます。
*アルニカ、カレンデュラは体調に合わせてお選びいただけます。
*初回のみ10%オフ
*5回券綴り(3ヶ月以内)15%オフ

ハーブ、フラワーエッセンス、ホメオパシーが当たり前の日常に憧れて、何度も通ったヨーロッパ。
壮大で優しいオーガニックの畑に何度感銘を覚えたことか。
それが日本にも誕生しているんです。嬉しいですね!


菅平高原薬用植物を丁寧に育てている献さんとムーランさんの写真からご紹介です。

アルニカ【Arnica montana】

69714614_1112224408978298_84408434309086

「転び傷の万能薬」、「アルプスのキンセンカ」などの俗名が有り、山での打身や、傷に広く利用されてきました。
わたしも、捻挫したり打身のときは、このアルニカのホメオパシーのレメディと侵出油を使います。
快復は、驚くほど早いです。万人に効き目が分かる薬草という点では、アルニカは優れています。
筋肉痛、打身、リウマチ、関節炎、静脈炎に使われてきました。
12世紀に聖ヒルデガルトが文献に残していることでも有名です。

カレンデュラ【Calendula officinalis】

69502927_2464067747023909_64905515669431

聖母マリアの黄金を意味するマリーゴールド。
標高の高い菅平高原では、2ヶ月以上もその美しい金色の花が、太陽と共に輝いているそうです。
皮膚治療特性が高いため、アロマテラピーでも、ベビー用のオイル、子どものちょっとした傷、敏感肌、ひびの切れた肌など、傷ついた手に用いられてきました。

79246476_1196922980508440_53837351919340 67553414_1091515181049221_41928195046836

夏がくる度に、こんなに美しい畑からの風が、山から吹いている!
とても幸せな気分になりますネ♪

クプクプのベテランセラピストのコンサルテーションと共に、どうぞ気軽にご体験ください。

参考文献(ハーブ学名語源辞典・東京堂出版)

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

|

« 2/19水 花粉症のためのクリーム作り | トップページ | ブッダ最後の教え »

KUPUKUPUのアロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/19水 花粉症のためのクリーム作り | トップページ | ブッダ最後の教え »