« 希望の春「リース」づくり | トップページ | 『蘇生Ⅱ』上映 ~あなたの元に必要な助けが届きますように~ »

2020年2月26日 (水)

【世界ホメオパシー周知週間2020 at クプクプ】

今年も、ホメオパシーの創始者「S.ハーネマン博士」の誕生日4/10が巡ってきます。

Rose_wirbel

この1週間は、「ホメオパシーを身近に」をテーマに、世界各地でイベントやセミナーが行われています。

ホメオパシー医学が誕生したのは224年前の1796年。
インドでは、このホメオパシーは医療として確立されていて、医師が治療に使っています。

「緊急事態宣言発」も検討されてますので、スカイプ(SKYPE)での参加を受け付けます。

クプクプでは、ホメオパシーという高度な医術が民主化されるよう取組んでいます。
今回の事態を受けて、国会、報道、医療現場で尽力していらっしゃる全ての方々に敬意を表します。
同時に、感染症への対応に、ホメオパシーや自然療法が有効である情報が届くように努めます。

日本への導入を検討する価値が大いにある医学です。
動物実験もしないので、研究費も節約でき、尊い小さな命の犠牲を減らすことができます。
少しの材料で何万人への薬を作ることが可能な技術も持ち合わせています。
19世紀の流行病の死亡率は、ホメオパシーでの治療を受けて死亡者が1-2%、他の療法では40-80%です。

いったいなぜ、ホメオパシーにはそんなことができるのでしょう?

このような事態がおきているからこそ、ホメオパシーという医学の基本的理解を深めることが、わたしたちホメオパシーの専門家にできることだと思い到りました。

【世界ホメオパシー周知週間2020 at クプクプ】

★★★場所&問合せは下記↓★★★

 ◆ 場所:クプクプ ~自然療法サロン
 ◆申込方法:フォームメール  

411日(土)14時~17
 
「ホメオパシーの小児科症例と2020インド・レポート」

  ●家系、妊娠中の出来事、出産時の外傷の他、子どもの症状によく使われるレメディ、ホメオパシーにおける予防接種の可能性
  ●注意欠陥多動障害”ADHD ”と自閉症をホメオパシー的対応策
  ●おまけ:21世紀のワクチン(樋渡担当)

   ガイド:ホメオパス&六員環商会代表:森麗子さん
   会費:4,400円税込

412日(日)14時~17

 ホメオパシーの魅力「レメディの作り方」
 ~チョコレートのプルービング体験♪とナノ

ホメオパシーで用いられるレメディ(薬)は、とてもシンプルな原則から成り立っています。

①類似の症状を引き起こす物質こそが、その症状を癒す
②その物質を極めて薄めて(ナノ分子レベル)で使う

ホメオパシーの実績は200年以上続いています。
19世紀に主だった流行病の死亡率はホメオパシーで治療した人のほうが1-2%に対して、ほかの療法では40-80%。
そのメカニズムが解明されつつありますが、体験をするとすぐわかります。
簡単なプルーヴィングを行いながら、ホメオパシーの原則や働き方を学びます。

ルーマニア人医師でもあるミハエラさんをガイドに迎えています。

   ガイド:ホメオパス ミハエラ・シェルブレアさん
   会費:4,400円税込

ハーネマンのお誕生日への敬意を込めて、
今起きている世界中の共通の悲しみと恐怖への鎮魂を込めて、
最善の注意を払いながら、予定した通りに行ないます。

*参加人数が少ない場合には、講師の方もスカイプ参加とさせて頂きます。
*接続は予め4/10の金曜日までにテストが必要ですご了承下さい。
*インターネット接続サービスが止まった場合には、中止とさせて頂きます。

↑2020/4/6記

クプクプでの、過去のイベント↓
毎年、ホメオパシーを愛する仲間たちと素晴しい集いを開催させていただいています。多謝。

世界ホメオパシー周知週間2019
世界ホメオパシー周知週間2018
世界ホメオパシー周知週間 2017

2007年のギリシャ・ホメオパシー探訪記:国際オープンセミナーの記事もついでに。

下記、ご協力お願いします。

*随時、換気と消毒を行ないます。
*体調不良の方の参加はお控えいただきます。

2/29閏年の数字が現れる日に、素敵なサイトを紹介していただきました。
インドでは、ホメオパシーが、コロナウィルス対策に正式に採用されたそうです。
嬉しいですね!記事リンク

やってよかったホメオパシー!
インド政府の映像を拝借させていただきました。
日本語字幕をつけてくれたみなさま、インドのみなさまにも心から感謝します。

わたしも、ホメオパシーと出会って20年が経ちますが、知る度に尊敬の念が深まります。
パリ、インド、ドイツでハーネマン先生の像と一緒に↓

090703-61 Cimg1931 090701-15

旧暦のお正月明けから注目されていた「新コロナウィルス」。
2月の新月では、今までの慣習を変える衝撃的な行動を強制的に行わせる事件が発生しました。

ホメオパシーでは、「Miazma(マイアズム、マヤズム)」と呼ばれている、目には見えないけれど、人間に汚染されている症状という考え方が200年も前からあります。

汚染は、肉体的に影響するだけではなく、精神的な影響をももたらさすことを認めており、それを実践の臨床で適応しています。
電子顕微鏡もありませんでしたし、心理学も確立されていない時代です。
ものすごい観察力と洞察力、そして人間への深い愛情に常に感服します。

インフルエンザは「ウィルス」になっていますが、語源はインフルエンス(Influence)です。影響、影響力という意味です。
ネットの時代がきて、「インフルエンサー」という職業が登場しました。
それらの画像やメッセージは、購買意欲をわかせるだけではなく、精神的な影響をももたらしています。

私は、ハーネマン先生が生きていらっしゃったら、私たちにどんなメッセージを送ってくれるんだろうと常に考えるのが好きです。
「いよいよ、ホメオパシーをはじめとしたエネルギー医学の本格的な幕開けだね」と、見守っていると思います。

 00070005_20200226221301 Img_5182 

3月からは、インド人医師「S.バナジー先生」のプロフェッショナル向けのセミナーも再開します。

3日間の単発参加も可能です。
とても貴重な機会ですので、どうぞお見逃しなく

アレン・カレッジ・オブ・ホメオパシー 日本語 実務家コース2019-2020」

Day10, 2020.03.20 - 皮膚科
Day11, 2020.03.21 - 皮膚科(続き)
Day12, 2020.03.22 - 癌

Day13, 2020.05.15 - 婦人科
Day14, 2020.05.16 - 婦人科(続き)
Day15, 2020.05.17 - 心臓血管

Day16, 2020.07.10 - 神経
Day17, 2020.07.11 - 神経(続き)
Day18, 2020.07.12 - 精神科

Day19, 2020.09.25 - 消化器
Day20, 2020.09.26 - 消化器(続き)
Day21, 2020.09.27 - 泌尿器科

Day22, 2020.11.20 - 内分泌
Day23, 2020.11.21 - 内分泌(続き)
Day24, 2020.11.22 - 小さなレメディ

マヤズム治療のための大事典 (ホメオパシー海外選書) ↓。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン
  ↑本格的なアロマテラピー、フラワーエッセンス、ホメオパシーのご予約を承っています

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

|

« 希望の春「リース」づくり | トップページ | 『蘇生Ⅱ』上映 ~あなたの元に必要な助けが届きますように~ »

【自然療法】ホメオパシー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 希望の春「リース」づくり | トップページ | 『蘇生Ⅱ』上映 ~あなたの元に必要な助けが届きますように~ »