« コロナウィルス「COVID19」クプクプも自主自粛します | トップページ | 東京都「感染拡大防止協力金」:エステティックサロンは対象です »

2020年4月 9日 (木)

世界ホメオパシー周知週間2020


今日も空は静かで、鳥の鳴き声と子どもの元気な声が響き渡っています。
狛江の近所の公園では、ハナニラと同じ時期にスターオブベツレヘムが咲いていました。

61773 61775

スターオブベツレヘムは、フラワーエッセンスでも使われています。
あらゆるトラウマやショックを和らげてくれるお花です。
散歩の際には、足下に咲くこの大地の星々を探してみて下さい。

マスクをしていない自転車に乗った少年達が、オレンジいりませんか?と話しかけてきました。
散歩は、近所の人たちと交流できる貴重な時間です。

さて、今年もホメオパシー周知週間への敬意を込めて、クプクプでも少人数制で開催します。

新型感染症によるパンデミックやエピデミックでのホメオパシーの効果には驚くほどの実績がすでに出ています。

ホメオパシーへの理解を深めること、この時期にこの周知週間が重なっている巡り合わせ。

クプクプでは、ホメオパシーの効果を最善を尽くして働いてくれている医療従事者の方々へ届くよう、下記の会を開催します。

【世界ホメオパシー周知週間2020 at クプクプ】

★★★場所&問合せは下記↓★★★

 ◆ 場所:クプクプ ~自然療法サロン
 ◆申込方法:フォームメール  

411日(土)14時~17

   ホメオパシー茶話会 *定員に達しました
   ホメオパス&六員環商会代表:森麗子さんの好意で、この日は交流スタイルとなりました。

*日程が変更になりました↓

426日(日)14時~17時 *残2席

1550037081461

 ホメオパシーの魅力「レメディの作り方」
 ~チョコレートのプルービング体験♪

ホメオパシーで用いられるレメディ(薬)は、とてもシンプルな原則から成り立っています。

①類似の症状を引き起こす物質こそが、その症状を癒す
②その物質を極めて薄めて(ナノ分子レベル)で使う

ホメオパシーの実績は200年以上続いています。
19世紀に主だった流行病の死亡率はホメオパシーで治療した人のほうが1-2%に対して、ほかの療法では40-80%。
そのメカニズムが解明されつつありますが、体験をするとすぐわかります。
簡単なプルーヴィングを行いながら、ホメオパシーの原則や働き方を学びます。

ルーマニア人医師でもあるミハエラさんをガイドに迎えています。

   ガイド:ホメオパス ミハエラ・シェルブレアさん
   会費:4,400円税込   *スカイプ参加は2,200円
   *この日は何処でも購入可能なチョコレートを使います。

ハーネマンのお誕生日への敬意を込めて、
今起きている世界中の共通の悲しみと恐怖への鎮魂を込めて、
最善の注意を払いながら、予定した通りに行ないます。

*参加人数が少ない場合には、講師の方もスカイプ参加とさせて頂きます。
*接続は予め4/10の金曜日までにテストが必要ですご了承下さい。
*インターネット接続サービスが止まった場合には、中止とさせて頂きます。

Dsc_2005_20200409114001

昨日は美しいスーパームーンの満月で、お釈迦様の誕生日でしたね。
とても嬉しいニュースが届きました。

スペイン可能な限り迅速に「ユニバーサル・ベーシック・インカム(最低所得保障制度)」制度を導入することを決定したそうです。

ルドルフ・シュタイナー博士を通して出会った友人からいち早く教えてくれました。
シュタイナー博士も、ホメオパシーの技術を用いたアントロポゾフィーという医術を発展させた方です。

ウィルスの存在が、わたしたちの経済、環境、生き方を変えています。
次は、わたしたちが、経済のために仕事をする生き方から、自分があるがままでいられる仕事に専念しましょう。
自然療法は、「自分があるままで居る」ことを助けてくれます。

ベーシックインカムとは、働く、働かないにかかわらず、あらゆる年齢の全ての人に、最低限の所得を保障する制度です。

「働くことは、経済と切り離されなければなりません。」

100年前に活躍したシュタイナー博士も、どんな人も生きるに値する健全な社会を視野に活動されていました。

 


無条件、無前提、すべての住民に毎月健康に生きられるだけの一定の生活費を支給する制度「ベーシックインカム」の思想的源流となっています。

理想論ではなく、テスト導入している国もあり、生活の質の向上、貧困率や犯罪率、家庭内暴力の低下など目に見える改善が報告されています。自然治癒力を高める素晴しい自然療法はたくさんありますが、根本の生活の安定、環境汚染の改善など、社会が健全化しない限り、虚しい努力になってしまいます。

ベーシックインカムが実現されれば、
生活していけるかどうかで悩んだり、自死しなくていい。
お金を得るために、したくない仕事につかなくてもいい。
自分らしく在ることが、わたしたちひとりひとりの責任。となります。
日本でもこの制度を取り入れられるよう、冷静に行動し、必ず実現させましょう。

ホメオパシーは、たったの一滴で効果を発します。
コロナウィルスは、私たちの敵ではありません。
誰かを悪者にする時代はもう終りにしましょう。



ホメオパシーなど、環境を破壊せず動物を犠牲にしない医学、
誰かが貧困で苦しんだり死んだり犯罪を犯したりする必要のないベーシックインカムのような仕組が存在しています。

そういったことを実現するために、今私たちは、立ち止まらせてもらっているのだと思います。
今回のことも含め、多くの命を無駄にしたくないという願いはみんな同じです。

S__56860690  1804whaw_717634855_1331797493553541_22141410332819

今年も、ホメオパシー&自然療法家である藤田円さんが、Facebookで誰でも参加できるよう「世界ホメオパシー周知週間2020 」を準備してくれています。

映画「ジャストワンドロップ」など、まだ観ていない方はぜひお見逃しなく↓

4月10~16日 世界ホメオパシー周知週間 World Homeopathy Awareness Week (WHAW)

藤田さんとは下記のようにコラボイベントをさせて頂きました。多謝。

世界ホメオパシー周知週間2019
世界ホメオパシー周知週間2018
世界ホメオパシー周知週間 2017

他にも、各地でイベントが行われていると思いますので、繋がってくださいね。

明日は、ホメオパシーを体系づけたハーネマンのお誕生日。
この1週間、ホメオパシーへの理解を深める時間を共にできることにも感謝します。

Boschhahnemann 

ハーネマン↑

Img20190210wa0056 Img20190211wa0006

↑2019年2月、森麗子さん達と一緒に、ホメオパシーが根付くインドの地へ。

Dscf3554 Dscf0975

2008年頃かな。インドのラジャンサンカラン先生と渡辺奈津先生へインタビュー。
右は、わたしのフラワーエッセンスの師匠、下山田吉成先生と大槻真一郎先生。

↓2011年の4月10日。

Dscf5345

ホメオパシー実践家の、森本千佳さんと今井美香子さんと。
アロマテラピーやフラワーエッセンス、そして、ホメオパシーを支援物資をたずさえて、初めて震災後の福島に行きました。

あれから9年です。

ホメオパシーは、確実に私たちの手元に広がっています。

この記事を最後まで読んでくださり、いつもありがとうございます。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン
  ↑本格的なアロマテラピー、フラワーエッセンス、ホメオパシーのご予約を承っています

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

 

|

« コロナウィルス「COVID19」クプクプも自主自粛します | トップページ | 東京都「感染拡大防止協力金」:エステティックサロンは対象です »

【自然療法】ホメオパシー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナウィルス「COVID19」クプクプも自主自粛します | トップページ | 東京都「感染拡大防止協力金」:エステティックサロンは対象です »