« フランス・プラムヴィレッジのオンライン・リトリート | トップページ | 今日は時間を外した日(マヤの暦) »

2020年7月19日 (日)

日消連Web講座「5G~街中が電磁波だらけに」

わたしにとって自然療法は、自然体で生きることを助けてくれる心強い導きのような存在でもあります。

SARS-CoV-2による混乱は未だ続いていますが、昨日、衆議院議員の方のお話を狛江で伺いましたが、「お察しのとおり、コロナ対策は、予算対策です」と明確にお話されていました。

SARS-CoV-2に関する情報で、一喜一憂する必要はありません。
私たちがどう生きるか、それは私たち一人一人の自由です。

私が担当させて頂いている自然療法の講義の中でも、5Gという新たな周波数による被ばくが、新たなウィルスをこの地上に招いた可能性は十分に考えられます、というお話をしています。

5Gの周波数帯

5Gでは従来の3.6GHz以下の周波数帯に加え、3.6〜6GHzや28GHzの周波数帯を使っています。
3Gでは2GHz以下、4Gでは3.6GHz帯の周波数帯だったので、5Gの周波数帯は、今まで以上に高速で大容量な通信が可能になります。

25年前、わたしも、テクノロジーに憧れた一人です。
振り返るとあの頃、奴隷制度をなくすには、ITしかないと信じていました。

博報堂DYグループの「生活者 DATA WORKS」で、5Gを教えていただきましょう。

「5G」をちゃんと知ろう!~Gの歴史と5Gのポテンシャル ...

1979年にアナログの1G(第一次世代)
1993年にデジタルの2G
*「電波がめちゃくちゃ混んできた」ため、電波の利用効率を向上させる必要が生じたことによる通信方式の転換です。この時アナログからデジタルという大きな変化になりました。
2001年に登場した3G
* 「2Gと比べて圧倒的に音がいい」
2012年から始まった4G
*「敢えて言うなら、大容量・高速通信レベルが向上したぐらい……ということでしょうか。とはいえそれだけでもとてつもなく凄いことではあるのですが。」

2020年5G(第五世代移動通信システム)登場。
*3G・4Gと比べて5Gは“努力目標”ではなく“必達目標”であることが、世の中の動きとして大きな違いだということです。
ですから変化の速度がこれまでより早くなったり、5Gへの切り替えを強制される可能性が大いに考えられます。
通信にかかわる産業からみても、5G時代はその分野が拡大します。
4G時代はスマートフォンを介した情報サービス産業でしたが、5G時代には自動車分野・産業機器分野・ホームセキュリティー分野などの領域に拡がるのです。
総務省の平成30年 情報通信白書では、約46.8兆円

だそうです。

 

ここからが本題です。

確かに5Gは、私たちの通信生活を快適にしてくれるでしょう。
この流れを止めることなど誰にもできないのかも知れません。

知的通信生活が向上する一方で、知的健康生活も快適になっているのでしょうか?

技術の向上を止めることはできないと理解しています。
でも、お金と税金ばかりがかかり、弱い命を省みない技術を盲信することもできません。

5Gパンフレットを作成し、便利さの裏側について取組んでいる電磁波問題市民研究会さんのサイトから、下記ご紹介します。

 「

日消連Web講座・第2弾「知ってほしい!便利さの裏にある危険」

コロナ禍をきっかけにこれまでの暮らし方を見直そうと、6月にスタートした日消連Web(オンライン)講座の第2弾です。

今回のテーマは「知ってほしい!便利さの裏にある危険」。柔軟剤などに含まれる香りの成分が原因で引き起こされる「香害(こうがい)」、便利で身近な「プラスチック」製品、今春に始まった次世代通信システム「5G(ファイブ・ジー)」を取り上げます。

それぞれの専門家が最新情報を交えてお話しします。ぜひご参加ください。

◆第6回「5G~街中が電磁波だらけに」
日時 2020年7月30日(木)14時~15時半
講師 網代太郎(電磁波問題市民研究会)
参加費 一般800円、日消連会員500円
定員 100名
申し込み 日本消費者連盟
「三密」を避けるため、オンライン(Zoom)を使った講座になります。参加にあたっては、パソコンもしくはスマホが必要です。申込みいただいた方には、開催の前日午後5時までに講座へのアクセス方法等についてお知らせします。
支払方法につきましては、参加申込みをいただいた後、ご連絡します。
申し込み締め切りは、開催日の前日午後2時です。定員に達した時点で締め切ります。

先ずは知ることから。
そして、考え抜いて自分で決断をして腹をくくる。
自分を自由にするのは、自分しかいない。
私たちは悩みを持つ生き物だけど、真実を理解していけば、決断も早くなります。
そして、自分で決断したことは、誰のせいでもなく、自分の責任。
責任転嫁はできなくなるので、他人に使うエネルギーを自分の生きるために使うことができます。
ただそれだけで、私たちの世界は、一変するのだと思います。

5G。

その技術は素晴しいと思う。

ただすべてが一新されると言うことは、この大地から、レアメタルや先住民達の住処を奪うことを意味しています。
そして、新しい周波数に対して、私たちは、新しい環境に適応する度に、パンデミックを起こす賢い肉体を持っています。
SARS-Cov2ではなく、またあらたなウィルスを招いているのは、私たち人間の便利な生活かも知れません。

クプクプのパートナーセラピストさんが教えてくれたサイト

5G基地局の場所を調べるなら無線局を見よう

狛江市も出てくる出てくる
狛江市に、地を下ろして、アンテナとして何年も共に生きるんだから、新顔として、挨拶してよって感じ。
全然知らなかったよ。でもある時急に、白い避雷針みたいのが設置されているんだよね。

わたしたち三蜜を避けるように、要請されていた3月から5月の設置が最も多いようです。
とても興味深いですね。

世田谷の友人が、砧エリアで、5Gを一時撤去の活動に成功したと教えてくれました。
アンテナが立てられた後、体調不良が起きたそうです。
このことは、改めて直接お話を伺い、報告したいと思います。

健康レベルの高い人なら、なんてこともないでしょう。
SARS-Cov2の陽性と判定されても、若い人たちが無症状なこととも関係しています。

私は本当に知らないことばかりに囲まれている。
だから、先ずは理解したい。

電磁波問題市民研究会さんのようなサイトから、少しずつ学んでいき、自分にできることを行動していきたいと思います。

5Gのアンテナってどんなのかな?と検索したら、下記サイト発見。

【5G問題まとめ】危険なミリ波の開始は6月!保険会社は扱い拒否!米で児童8人がほぼ同時に癌!

サボテンや木々にカモフラージュされる5Gタワー。
本当に良いモノだったらそんなことをする必要はないはずだ。

同感しちゃうな。

わたしたちは、人間同士、わかりあえるアナログだけど、デジタルよりすごいテレパシーをもっともっと使えるようになるはずです。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン
  ↑本格的なアロマテラピー、フラワーエッセンス、ホメオパシーのご予約を承っています

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

|

« フランス・プラムヴィレッジのオンライン・リトリート | トップページ | 今日は時間を外した日(マヤの暦) »

【自然療法】が好き♪民主化を願って書いてる記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランス・プラムヴィレッジのオンライン・リトリート | トップページ | 今日は時間を外した日(マヤの暦) »