« 9月&11月 ホメオパシー「消化器・泌尿器・内分泌」セミナーご案内とモニター募集案内 | トップページ | 千島学説の実証:白血球からバクテリアが自然発生する初めての映像 »

2020年9月 5日 (土)

我が愛しの蝶々

人間が自ら命を絶つ現象。

 Rose_wirbel_2

 

 

今日、知人の孫娘が、自死したことが告げられた。
その話を聞いた瞬間、彼女の選んだ死に方が脳裏に浮かぶ。
親しい友人たちも、その方法での自害でこの地上から肉体がいなくなった。
彼らが、わたしをこの自然療法の道に誘ってくれているのもわかる。

わたしには、その運命を変えることなどできない。
変える事の出来るのは、自分の人生だけ。

その決心が、バタフライエフェクト同様、この地上に反映される。
自然療法に触れたばかりのころは、自然療法が何かをしてくれると思っていた。

間違いなくそれは可能であることもわかった。
今は亡き友人や家族たちへもできることは、
●自然療法の民主化
ベーシックインカムの実現

これらの予算はが、1人ひとりのために使われれば、自死行為の数を少しでも減らせることが出来ると確信しています。

自然療法の世界に誘ってくれている、身近で支えてくれる友人や、もう会えないけれど強力に支えてくれている友人たちやご先祖様に感謝の念を送ります。

2012年の記事を、加筆して紹介します。

8年の年月が経ったので、学者さんたちは、より大きな視点で、研究を深めてくれていると思います。
今はその記述を調べる気力がないのですが、時間を作りたいと思います。
何か教えてもらえる事や手掛かりがあればありがたいです。

私自身は、愛しの蝶々たちは、人工的であれ、新しい環境に適応して、人間が人間らしく育つのを助けてくれている存在だと今は思っています。

蝶々たちは、水から病気になることはありません。
環境が病気を作るのです。
そう、ガンのように。

環境が原因の場合、どんなに肉体を治療しても完治は難しい。
ガン患者の中には、そのことに気が付き、利他のために生還される方も多くいます。
命が生還する理由。
命が逝去する理由。
所詮人間は解釈しかできず、原因も理由もわかっていないのかもしれません。

F0166919_724914

チェリノブイリでも麻が、放射能除去やエネルギーとしても、役立っていると知り、調べている最中に、蝶々に異変が起きているという情報を知りました。

下記引用

チョウの羽や目に異常=被ばくで遺伝子に傷か―琉球大

2012年 8月 13日  7:23 JST

東京電力福島第1原発事故の影響により、福島県などで最も一般的なチョウの一種「ヤマトシジミ」の羽や目に異常が生じているとの報告を、大瀧丈二琉球大准教授らの研究チームが10日までにまとめ、英科学誌に発表した。放射性物質の影響で遺伝子に傷ができたことが原因で、次世代にも引き継がれているとみられるという。

大瀧准教授は「影響の受けやすさは種により異なるため、他の動物も調べる必要がある。人間はチョウとは全く別で、ずっと強いはずだ」と話した。

研究チームは事故直後の昨年5月、福島県などの7市町でヤマトシジミの成虫121匹を採集。12%は、羽が小さかったり目が陥没していたりした。これらのチョウ同士を交配した2世代目の異常率は18%に上昇し、成虫になる前に死ぬ例も目立った。さらに異常があったチョウのみを選んで健康なチョウと交配し3世代目を誕生させたところ、34%に同様の異常がみられた。 

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012081001219

[時事通信社]

下記に写真付きのわかりやすいサイトがあったので引用します。

http://shinhito41.exblog.jp/17865374/

蝶々は、木の葉の化身。

虫がいなければ植物も育たず、人間も生きてはいけない。

原発はいりません。

麻を植えるサイトもありました。
麻がどれだけこの地球の、私たち人間の精神を健全化してくれていたかを理解すれば、今起きているあらゆる状況に解決と共に実現できるのは、植物や微生物の調和に満ちた力を、謙虚かつお金のかからない方法で頼るだけです。

http://michi01.com/anzai/336bmd26710415.html

政府は、引き続き、自殺対策に必要な財源を確保するよう要請したというニュースがありました。

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012081700247

ところで、日本には古来から麻が自生していて、今でも取締で集まる麻は、年間約100万本以上あるといいます。そして、この大麻は破棄されているそうです。本当になんともったいない。

洋服、ロープ、燃料、プラスティックにもなる麻宝をよく破棄できるものだと、違う意味で感心します。
船井幸雄さんが提案するように、これを財源のもとにすれば、税収も増やせるし、仕事も増やせるのに。
また、大麻は医療用にも使われていて、うつにも効果が認められているので、自殺対策にも有用です。

最後に、今回の蝶々の記事のUPのもとでもあり、貴重な麻情報を提供くださるサイトも下記に。

http://taimadobrog.livedoor.biz/archives/52298256.html


クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

|

« 9月&11月 ホメオパシー「消化器・泌尿器・内分泌」セミナーご案内とモニター募集案内 | トップページ | 千島学説の実証:白血球からバクテリアが自然発生する初めての映像 »

【自然療法】麻・綿・竹・衣・草木染」カテゴリの記事

【自然療法】が好き♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月&11月 ホメオパシー「消化器・泌尿器・内分泌」セミナーご案内とモニター募集案内 | トップページ | 千島学説の実証:白血球からバクテリアが自然発生する初めての映像 »