« 2021年5月 | トップページ

2021年7月23日 (金)

テレビも新聞も何で同じニュースばかり流すんだろう?

自然療法と出会って20年が経ちます。

去年かいた記事をリライトしました。

テレビも新聞も何で同じニュースばかり流すんだろう?

そして、オリンピック・ビジネスの裏側でどのような政策が繰り広げられているのだろう。

 090706wala_113_2

テレビに疑問を感じたら、覗いてみて下さい。

アメリカの良心とも呼ばれるノームチョムスキー先生は、メディアコントロールについて25年以上も前に淡々と述べています。
チョムスキーとメディア」という映画にも紹介され、もちろん本は多数出ています。

「テレビも新聞も何で同じニュースばかり流すんだろう?」

私もそうですが、自分で情報を探すと、自分好みの情報ばかりがそろいます。
深めるには最高ですが、他の情報はなかなか入りずらいです。

チョムスキー先生を教えてくれたのは、南相馬の支援活動を通して、専修大学の英語の先生に教えてもらったのがきっかけです。
いくらインターネットが頑張って画像を送ってくれても、直接会って情報交換をするというのは、モニターとは全く異なりますよね。
その人の瞳、仕草、反応、雰囲気、感情、声のトーン、香りなど、対面で入ってくる直接の情報は映像だけではない、他の知覚が含まれているのです。

もはや手に入らないこの日本語字幕付きのドキュメンタリー映画を預かり、上映会も企画しつつ何度も繰り返し見ました。
チョムスキー先生の本や作品は、私たちが新しい時代に生きるために具体的に必要なエッセンスがつまっているように思います。

さて、いかにわたしたちとメディアは深く絡みついているかを確認できたかと思います。

YOUTUBEに投稿されているので、ゆっくりと1から順を追って観ていくとよいと思います。
それも、一度ではなく、何度も何度も観てみて下さい。
チョムスキー先生の慈愛に溢れた深い言霊、これを制作した方々や求めた人たちの想いも受け取れます。

さて、もしメディアがコントロールされているとするならば、どうしたらいいだろう?

応えは簡単です。

自分たちで、解決策を見出していくにすぎません。

感染症のウィルスについても、私たちはどれくらいわかっているのでしょう?
電子顕微鏡でしか確認することができず、現代の最先端の技術を持ってしても、感染ルートを特定することができないというのは一体どういうことなのでしょう?

下記、アントロポゾフィー医師のお話は、今噂の5Gが原因の一つであることを明確に示唆しています。

*この動画は2020年、日本の2021年3月時点の5G基地局数は、約19万に設置されたそうです。
 去年とは数が違います。私達はほぼ感染に5Gアンテナに囲まれてその影響を受けながら共に生きています。

卜一マス・コ一工ン博士:コ口ナにつゐて語る【日本語翻訳版】

いかがでしたか?

アントロポゾフィー医学は、ホメオパシーの技術も取り入れている独自の自然療法です。
ベーシックインカムなどの示唆も与えてくれる、幅広い学びでもあります。

さて、今日の私たちは、マスメディアから離れても、インターネットという、新しいメディアを使っています。
メディアはマスであれ、ワンであれ、それぞれに目的と意図があります。
大事なことは、ただやみくもに情報をキャッチするよりも、目的をはっきり持って情報に触れることです。

本も新聞もインターネットもテレビも見ない。
情報断食やニュース断食もおすすめです。

といいながら、最後にどうしても紹介したいのは、ホリスティック医師のアンドリューワイル博士からのメッセージ。

地球交響曲(ガイアシンフォニー)の予告編: 2分34分辺りからをご覧ください★

5Gが今回のパンデミックの要因のひとつならば、私たちは自分が持っている自己治癒力を高めることが、医療へ貢献できる小さくても大きな事だと思います。

わたしたちは、かつでの民主主義にとどまる必要はありません。
メディアコントロールを許しているのは、他ならない、自分自身であることに気が付きます。

Chelsea_003

最後は、このCovid19の時代で、自分で覚えておきたいリンクをいくつか紹介します。

東アフリカ・タンザニアの故ジョン・マグフリ大統領の演説
 コロナウィルスやPCRについて、他の国とは全く違う視点で国民を思いやる発言にはっとさせられます。
 ご冥福をお祈り申し上げます。

小児科医・アントロポゾフィー医師山本忍先生が作った
痛くない未来の注射【新時代ワクチン”フェレール”】

クプクプでも全力で紹介しています。

そして、自然療法を通して、下記のことをお伝えし続けます。
●解決策は一つでない事
●自身の自然治癒力をあげること
●人間は、悪の性質も携えているからこそ、
 慈愛という特性を育てることに専念すること

わたしたちは、多くの人を一度に助けることなど誰一人できません。
ですが、戦争などの特殊な場面ではない限り、目の前の血の通っている命を助けることはできます。

そのためには、画像から自由になることも大事です。
スマフォ歩きをしている人ばかりで、線路に落ちた人に誰も気が付かなかった事故。
20年前ならホラーになる事件が現実に起きている時代です。

誰かを助けたいのなら、何よりも自分自身が満ちたりていることが大事です。
自分が満ち足りていないのに、誰かを助けることができるという罠に陥るのが人間でもあります。
正義、真理にたいして、私たちは抗うことはできません。

なぜなら、正義と真理は人間が決めることではなく、自然がマスターだからです。
人間が関わると、それぞれの立ち位置での偏見や解釈が入りやっかいなことになります。
自分に正直になること、自分自身のプライドや嘘を認めていくことが、コロナ時代の真の戦いといえるでしょう。

なにしろ「コロナ」は太陽。
自分自身を自分らしい方法で輝かせるのが太陽の本質で有り役割です。

Gorse

情報探求にはキリがありませんが、自然界はとってもシンプルです。

動物や植物たちの声を聴きながら、今日も、自分らしく呼吸をして過ごしましょう♪

いつも様々なことに共鳴してくれる友人たちに感謝の心を込めて。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン
  ↑本格的なアロマテラピー、フラワーエッセンス、ホメオパシーのご予約を承っています

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2021年7月 9日 (金)

kupukupu アロマテラピー&フラワーエッセンス&自然療法のサロン

Kupukupu
★★★Note「自然療法クプクプ 樋渡志のぶ」に移行中★★★
 フォロー登録後、自動でお知らせをお届けします。
 ご興味のあるマガジンへのフォロー登録お待ちしています。
 自然療法フォーエブリワン。気軽に自然療法の和が広がっていきますように。
 これからもどうぞよろしくお願いします。

★ 気軽に参加できるディープな癒し時間↓

|

2021年7月 8日 (木)

新型コロナウイルスのワクチン接種に悩んでいる友へ

2021年1月28日 (木)に書いた記事をリライトしました↓


「COVID-19 ワクチン」
 を受ける権利、受けない権利は、誰でも持っています。
強制ではなく任意ワクチンですから、しっかりと理解して、納得して決断したいですよね。

既に日本国民の1/4の方々が1回目の接種を終えたと、東京新聞にありました。
どんな選択をしても、自由です。
なので、そのことで罪悪感や恐怖感、批判の気持ちが湧いても、それで苦しまないでください。
打っても打たなくても、それは本人たちの自由で解決策は他にも必ずあると信じています。
(※わたし自身は、高校生以下に強制することは迎合していません)

自分の身体に施すことは、それが例え、
どんな小さなささやかな行為でも、自分自身が選択する自由を持っています。
その特権があることを、胸に刻んでから、下記が参考になればとても嬉しく思います。

また、わたしは医療従事者でも、感染症の専門家でもありません。
話半分に、ご笑納ください。

090709mun_028

今回の新型「COVID-19 ワクチン」 で興味深いのは、
各製薬会社が異なった手法でワクチンを作っていることです。

従来のワクチンに、「科学的なワクチン製造法」の定義があるならば、
「病原体の培養を通じてこれを弱毒化すれば、その接種によって免疫が作られる」。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 を参考に)

この新型COVID-19そのもののウィルスを培養することが、どうやら出来ていないらしいのです。

ワクチンは、免疫を獲得を目的に、注射という痛い儀式を通して、体内に入ってくる医薬品です。
だとすると、その中身を知らないで、注射をすることは怖いことだと素人でも思います。

その素材と、効果の目的を、理解することは、
抗体を生み出すであろうワクチンを迎え入れる
私たち一人ひとりの迎体に、重要な情報だと考えるからです。

日本政府が、いかにして国民を守るかを決断し、
わたしたちの税金で、
わたしたちのために、
大量に購入したワクチンの原材料を調べてみました。

O1600090014818703110

★アストラゼネカ社(英国)は、
 ●改造チンパンジーアデノワクチンと
 ● COVID-19のスパイク
  をつないだウィルスを培養として製造しているそうです。
  病原菌の一部はかぶっているけど、
  チンパンジーの風邪のウィルスにもお世話になっているんですね。

Historyus_logo

★ ファイザー(米国)は、
 ● メッセンジャーRNA(mRNA)技術を用いています。
 「ウイルスの遺伝子全体を調べて、ワクチンを作るための必要な遺伝子の一部分を選択します。
  その後、その選択された部分の遺伝子情報を持つmRNAを設計し、
  mRNAが身体の中でウイルスの一部であるタンパク質を作るようにmRNAを人工合成します。」
  だそうです。
  超新技術なので、超高速スピードで配給可能。
  摂氏マイナス70度は仕方ないですよね。

製薬会社に勤めた経験もないので、真実かどうかも理解できない初心者です。
そのうえで、記事を続けます。

20040617_115

ワクチン接種に取り組む、政府や自治体、医療従事者の方々に備えてほしいのは、
このワクチンの正しい情報の開示と提示を続けることと、
摂取した後の、感染症予防データと副反応への具体的な対応です。

ご存知のように、ワクチンに関しては、副反応が出た場合、製薬会社に責任は問われません。
また、任意で、国が義務付けているわけではないので、国が賠償する義務を負うこともありません。

私達の税金で購入されたワクチンは、大勢の人に行き渡らせる必要があるとされておりますが、
自己責任で受けたワクチンに関しての副反応に対しては、責任を負わないのが、日本政府の対応です。

新型コロナが、未知のウィルスならば、それに対応するワクチンも未知のはず。
ウィルスに対して抗体がつくメリットを考えれば、副反応が出た場合のリスクは、仕方がないと考えるのが通例なのでしょう。

ですから、ワクチンを接種すると決めた場合は、
●副反応があったときに、どういう対応を自治体や国が準備しているかの確認を怠らないでください。

「副反応はほとんどない」は答えにはなりません。
まだ未知のワクチンに対して、そんな答えが出せる方が、無責任ではないでしょうか?

どのような薬においても、副作用があるかないか、これも一人一人違いますから、1人の個体で起きる確率は、5:5。
つまり、1/2の確率です。
未知のウィルスに対する、未知のワクチンであることを忘れないでください。
繰り返しますが、このワクチンは義務ではありませんので、何かあったときに責任を持つのは自分自身です。

さて、ここで、冷静になって、下記の質問を、自分自身に問いかけてみましょう。

「今の私に、”COVID-19 ワクチン”の接種は必要だろうか?」 

Gorse

その際、この新しいワクチンが、
自分にとって、あるいは社会にとって、いいのか?悪いのか?
という見方をいったん脇に置いて、心に聞いてみてくださいネ。

ワクチンのメーカーを選ぶ自由もあります。

ワクチンを打たずに、ワクチンの本来の役割である免疫を、自分で獲得することもできます。
この方法は極めて簡単で、日光浴、瞑想、適度な運動、笑う、植物の香りを楽しむなど、
お金をかけなくても出来ることが沢山あります。

ワクチンの素材を調べていて、一つの疑問が湧いてきました。

ファイザーのワクチンは、ワクチンと呼んでいいのだろうか?

全く新しい、遺伝子組み換えの技術とのこと。

わたしたちは、ワクチンが発明されて200年後に生きています。
もはや、古来のやり方にとらわれず、新しいスタイルのワクチンが誕生しても当然でしょう。

ただ、ワクチンの定義があり、そうではない方法でつくられているなら、
「遺伝子組換免疫獲得注射」と命名する方がわかりやすいかもしれませんね。

それでは、ワクチンについての情報をメモします。

Cerato

(1)ワクチンの役割

病原体(病気を引き起こす細菌やウイルスなど)の特徴を前もって私たちの身体の免疫システムに獲得する医薬品です。
免疫システムが、病原体を学習できたとき「抗体」が生じ、体内に侵入してきた病原体を攻撃する「攻撃」を多く作り出すことを学びます。
ゆえに、ウイルスの感染や病気の発症や重症化を予防できる仕事ができる医薬品とされています。

(2)ワクチンの歴史

ワクチンという名称は、ラテン語のVacca(雌牛)に由来。
世界初のワクチンである天然痘ワクチンが雌牛から取られたため、この名がつけられました。

1796年、英国医学者のエドワード・ジェンナーが、8歳の少年に牛痘の膿を植え付け、
ウシの病気「牛痘」に感染した人が天然痘の免疫を獲得し、
罹患しなくなるか軽症になることを証明したのが始まりと記録されています。

独国医師、サミュエル・ハーネマンが、同種療法ホメオパシーを発表した年と同じです。

(2)100年後はこの世界初の天然痘のワクチンはどう発展したのでしょう?

同じく英国医師エドワード・バッチは、下記のように述べています。

●ワクチンを使う医師がワクチン療法の原則や、適応症をしらないことが多くあること
●取り扱う当の薬剤師や細菌学者も、ワクチンの詳細が良く分かっていない事
●そのために、医師は、早すぎるか遅すぎる、あるいは適切ではない投薬を繰り返しては、苦渋を強いられています

(3)現代のワクチンはどれだけ私たちの役に立っているでしょう?

みなさまの知るとおりです。
現代は情報社会です。
100人いたら100人の見方があるでしょう。
情報を調べれば調べるほど、謎は深まり、答えは誰にもわからないのではないかと思ってしまいます。

私個人の意見は、役に立つこともあるのだろうけれど、ワクチンだけが解決策ではないだろう、です。

ひとつだけわかっていることは、自分で納得したうえで判断することが一番後悔しないという事実です。

自然療法に携わっていると、ワクチンの副作用の例もたくさん見聞きします。
一方で、ワクチンに助けられたと語る人々にも会います。
ワクチンや医薬品に関する真の評価は、10年以上の月日が必要となってくるでしょう。

日本政府が、私達の税金を使って、わたしたちのために、いち早く導入してくれたワクチンです。
まざまな解決していない問題が沢山のこの日本政府だけど、
ワクチンの効果を信じる人が多く、ワクチン神話は、根強いのも興味深いです。

(4)「COVID-19 ワクチン」の有効性

接種しない人100人 → 10人が感染
接種した人 100人 →  1人が感染

感染した人が90%減少(有効率90%)

*ただし、インフルエンザワクチンと同様、摂取したからといって、その本人が感染しない率が90%になるわけではないとのこと。

不思議ですね。
個人差があるので、1人1人には当てはまらないそうです。

例えば、私が摂取した場合、感染症にかかる率50%です。

有効率は90%となっていても、個人においては、り患するか、り患しないかの50%の有効率なのです。

Chimpanzee3703230_640
チンパンジーはアデノウィルスを提供してくれているらしい。
ワクチンに力を貸してくれてありがとうと、感謝の念が湧いてきます。
動物実験で、家族から引き離されたり、束縛されたりの辛い思いをしていないようにと祈ります。

ワクチンを接種された方は、このワクチンが本当に有効だったかどうかを、医療機関へフィードバックしてみてはいかがでしょうか。

国税を使ったワクチンや薬が、私達にどんなメリットをもたらし、どんな副反応をもたらしているのか、これこそが本来の民主主義での医療の在り方だと思います。

お上から一方的に、打ち込んで、それで終わりではないはずです。

ワクチンを接種して安心される方もいるでしょう。それは素晴らしいことだと思います。
一方で、ワクチンを打っても、コロナウィルスの影響を受ける方もいるし、副反応が出る方もいるでしょう。

そして、最近では、
米マイクロソフトやオラクル、顧客情報管理セールスフォース・ドットコムなどの有志連合が、
世界共通の国際電子証明書「ワクチンパスポート」を開発するそうです。

ワクチンの有効性が証明されていないタイミングでのこのニュース。
誰が一番損して、誰が一番得をするのでしょうか?
本当はこの世界には、尊徳は存在していないのでしょうか?

最後に、繰り返します。

2021年1月現在、任意で受けることのできるワクチンです。
打っても、打たなくても、自分で決断すればいいのです。

メディアが言うことでもなく、誰かのためでもなく、自分自身の決断を大事にしてください。

尊敬する小児科医(クプとギプと上手にかぜをひく子1 ~痛くない未来の注射~ (マグノリア文庫) の著者でもあられる師匠の言葉ですが、自分で心で決断したことであれば、それに間違っているも何もないのです。

勇気をもって自分の決断を信じましょう。

「COVID-19」にまつわる情報 が、混乱や副作用ではなく、信頼と健やかな免疫という希望をもたらしてくれる時代が訪れますように。

 

参考文献

クプクプのワクチンやウィルスに関する過去の記事

(18) 8月24日 参議院議員会館勉強会 大橋眞名誉教授・日野市 池田としえ市議 - YouTube

世界医師連盟 World Doctors Alliance - WDA ― 新たな日常ではなく、より良い日常を! (bitchute.com)

(18) 20201112 UPLAN 天笠啓祐「感染症利権と新型コロナワクチンの危険性」 - YouTube

医療従事者は新型コロナウイルスのワクチンを打つのか? ホンネを聞いた(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

新型コロナワクチンはなぜこんな短期間で大量に作ることができたのか mRNAという驚きの最先端遺伝子治療 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

7種類あるって知ってた?「新型コロナワクチン」でいま知っておきたいこと | Business Insider Japan

『改造チンパンジーアデノウイルスワクチンの治験について』 | Dr.崎谷ブログ (paleo.or.jp)

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ