クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

ドクターハウシュカ

ドイツオーガニックコスメNO1。肌も心も喜ぶクプクプイチオシの自然療法アイテム

2014年8月 1日 (金)

ローズ・スペシャル・フェイシャル大好評です★

Rose_wirbel

今年の春に誕生した、クプクプのオリジナルメニュー「ローズ・スペシャル・フェイシャル」。お陰様で、好評をいただいています。

夏の暑さに負けない、健やかで柔らかい美肌をお楽しみくださいね!
ローズは、花の女王といわれる、女性のためのハーブ。女性度UPを手伝ってくれるので、女らしさが足りないな、と思う時にもおすすめです。

8月は、下記の日程で受付可能です。

9日(土) ※受付終了しました
16日(土) 13:00~ 
1名様

お申し込みは、クプクプまで
電話: 090-8582-9292 メール

「Dr.ハウシュカ ローズ・スペシャル・フェイシャル」コース

 100分(70分フェイシャル&デコルテ) /12,000円
 ※フットバスなし、フェイシャルメインのコースです
 ※月1~2回の定期的なお手入れがおすすめです
 ※初回のみ、10%オフ
 
 詳細は
こちら

Kumirose2

担当アロマセラピストKUMIKOさんからのメッセージ。


ローズスペシャルは、クリスタルの中でも美意識を刺激するローズクォーツを使います。ローズオイルと共にお肌をすべり、優しい波動で包まれることでしょう。

さらに、泥パックで深い汚れをとり、カッサでリンパを流し、Dr.ハウシュカのローズパックで潤いを閉じ込める、とても贅沢なコースになっています。優しいローズスペシャルコースに、タップリ浸ってみて下さい。

アロマセラピスト・キャリアも長く、技術指導としても活躍されているKUMIKOさん。的確な施術と、ローズの組み合わせは、気持ちいいのはもちろん、肌のきめを整え、リフトアップと小顔を促します。

考え事や悩みから解放されるアロマテラピーの至福の時間は、女性にとって必要不可欠なものです。この機会にぜひ、お試しください。

※クプクプオリジナルメニューは、お客様のリクエストに応えるために、時間をかけて準備した、世界でここだけでしか受けることのできない特別なメニューです。

 

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習 

2014年4月 6日 (日)

Dr.ハウシュカ ローズ・スペシャル・フェイシャル登場!

Kumirose1 

今回は、長い間温めていた新メニュー・クプクプオリジナルメニューの紹介です。

その名は、「Dr.ハウシュカ ローズ・スペシャル・フェイシャル」。

肌を蘇らせ、深い呼吸と満たされた気持ちをもたらす、スペシャルメニューを担当してくれるのは、アーティスト・ハーブ&アロマテラピーの実践家でもある駒井久美子さん。

Dr.ハウシュカは、ハーブ王国ドイツでNo1のシェアを誇るオーガニックコスメ。

親子3代で愛され続けるハウシュカと、女性性を高めるローズクォーツを使った女性のためのメニューです。

Rose_wirbel 

繊細でありながらダイナミックなテクニックは、アロマセラピストとしての経験が豊富な久美子さんならでは。

久美子さんは、8年以上のハウシュカの愛用者でもあります。

ハウシュカの実力は、久美子さんの美しい肌と、かっこいい生き方が証明してくれます。

Paste1 

担当アロマセラピスト : 駒井 久美子
 IFAアロマセラピスト、絵画&手芸アーティスト

「Dr.ハウシュカ ローズ・スペシャル・フェイシャル」

100分(70分フェイシャル&デコルテ) /12,000円
 ※フットバスなし、フェイシャルメインのコースです
 ※月1~2回の定期的なお手入れがおすすめです

今月は、4月12日(土)の13時~の一名だけ受付可能です。
初回のみ、10000円のお試し価格でお受けいただけます。

季節の変わり目こそ、肌本来の力を引き出すクプクプオリジナルのメニューをご堪能くださいね。

※クプクプオリジナルメニューは、お客様のリクエストに応えるために、時間をかけて準備した、世界でここだけでしか受けることのできない特別なメニューです。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2013年7月17日 (水)

月経美心×布ナプキン作り

___4 先日、世田谷の小学校にて、子育て中のお母さま方に、月経美心のお話をシェアする機会をいただきました。関係者、ご参加いただいた皆さま、NOWHEREのmikaさん、暑い中、本当に有り難うございました。

25名前後参加してくださり、自然療法にまつわるお話や、月経の意味、女性が幸せであることの大切さを共有する、楽しい時間となりました♪

布ナプキンを常時使っている、という方はうち2名でした。

「もう、使い捨てのナプキンには戻れない」、というお話や、「月経期間が短くなって、楽になった」という感想もシェアしていただきました。

この業界にいると、自然療法や布ナプキンは、当たり前になってきてしまいますが、子育てで忙しいママたちには、なかなか入ってこない情報だとおっしゃっていました。

私自身、自然療法と出逢って12年。どうしたら、月経痛や各種トラブルが改善されるのだろうか、自然療法でできることはなんだろう、と常に考える暇のある私が、蓄積した情報をシェアすることでママたちに貢献できるのは、本当にありがたいことです。

ご要望があれば、出張も可能なので、気軽にお問い合わせください。

下記は、月経美心のコラボイベントのご紹介です。

___5

会を重ねる度に、参加してくださるみなさまの素敵な感性に触れることができて、とてもやりがいを感じています★

どのように月経期間を過ごすかは、女性だけの問題ではなく、男性や子育てにもすごく影響しているんだなぁと、皆さんのお話からつくづく感じます。今回もどんな体験談が聴けるのか楽しみです!

次回の「月経美心×布ナプキン作り」は、

8月4日 13時30分~16時(お茶、手作りナプキン布付)

夏休みなので、中学高校のお子さまとご一緒の参加も可能です。

場所:クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン(狛江市)
参加費:3,150円(お茶、手作り布ナプキン付、定員6名)
     ※中・高校生のお子さまは500円
予約方法:要予約(お電話メールでお問い合わせください)

内容:

料理教室、手作り味噌造りを主催している美景先生に布ナプキン作りを教えてもらいます。
月経や体、食事、自然療法を中心にお喋りをしながら、楽しく手仕事しませんか?
不器用でも大丈夫、優しく教えてもらえます。ちくちくチクチク針仕事、時間感覚が変わります。

ちくちくしながら、下記のお話を、皆さんと一緒にシェアして進みます。

●月経美心:月経血コントロール、布ナプキン

●美景さん:
布ナプキン生活をより快適にするために
冷え取り健康法、食事の工夫など

次回の「月経美心×ヨガワーク」は、
全二回 10/3木 & 10/10木 10時半~13時
の予定です。

秋に、久しぶりに美景さん先生の菜食料理教室も開催予定です(9月14日10:30~14:00)、ぜひ遊びに来てください♪

皆さまのご参加お待ちしています。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年7月 7日 (日)

僕は死ぬのがそれほど怖くなくなった

Photo
7/6に、日赤の緩和ケア研究会の200回記念にて、立花隆さんのお話を伺いました。

200回記念にふさわしい、素晴らしい会でした、会のなりたちにかかわるすべての方に感謝申し上げます。

そして、早速ですが、まずは重大なお詫び(しかも、二つもあります)から申し上げなければなりません。

まず一つ目は、タイトルを、全く逆に紹介しておりました。ごめんなさい!!!
立花隆さん 「僕は死ぬのが怖くなった」(臨死体験の研究から)」
と書いていたのですが、当日のタイトルも、事前のタイトルも、
立花隆さん 「僕は死ぬのがそれほど怖くなくなった」(臨死体験の研究から)」
でした。

つまり、
怖くなくなった、
のに、
怖くなった、
と紹介していたのは、私です、本当にごめんなさい。

このご案内のせいで、もしかしたら、立花先生の今までの活動に、誤解を与えてしまったかもしれません。

私は、この日赤医療センターで開催されている、医療を利用する側、提供する側の枠を超えた交流を実現している、緩和ケア研究会に、実に感銘を受けた一人です。

そして、この研究会の場で共有している時間を、一人でも多くの方に伝えられたらと思い、インターネット上で情報をUPしているのですが、今回は、私の勝手な勘違いで、、、、、全く逆のタイトルを載せていました。

今更どうにもできません、重ね重ね、ごめんなさい、お許しください。

そしてもう一つは、日赤医療センター 緩和ケア研究会にて、紹介した本も、立花隆さんで検索して一番最初にヒットした本を紹介しただけで、何の意図もない旨を、お詫び申し上げなければなりません。

緩和ケア研究会は、一人の医師の実働とともに、ボランティアで支えあいながら活動している会です。緩和ケアの最終目的、つまり、一人の人間の死が、できる限り苦痛から解放され、尊厳と幸せに満ちている瞬間であることを願う人々の集まりです。

とはいえ、今回の私のミスは大問題で、タイトルを期待してくださった方の意に反しますので、反省しています。

ただ、どうかその旨をご理解いただき、今後とも見守っていただけますよう、皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

以上、前置きが長くなってしまいました。

下記は、参加した感想です。

毎度のことですが、現場で第一線で活躍している方のお話の内容は、とてもためになりました。

ジャーナリストとして活動を続けている立花さんは、現場での取材をとても大切にされています。もちろん、科学的データも同時に大事にしています。一方、科学的に証明できなくとも、取材した一人一人の話を真摯に受け止め、事実として紹介されています。

前回の近藤先生に引き続き、がんについての最新の情報も示唆してくださいました。

の2冊は、最新の癌研究を、専門家でなくても理解しやすいお勧めの本だそうです。

下記は、毎度勝手ながら、私の印象に残ったお話を紹介します。
参加した方々の印象はそれぞれ違うかと思いますので、その旨ご理解ください。

ゲノム計画のおかげで、今は、その人の遺伝子の状態を1ヶ月で解明できるようになりました。

ガンは、以前と違って、子宮がんだからこう、膀胱がんだからこう、ではなく、一人一人の持っている遺伝子の違いで、病状や進行や薬の向き不向きがわかるくらいに進んでいる。

がん治療ビックバンの時代が来る。

とのことでした。スピリチャルペインにも言及されていました。

現代医学をもってしても、がんだけではなく、痛みに対する感受性もどのようなことなのか、実はよくわかっていない。と。

痛みの感受性はそれぞれ違いますが、誰だって、無用な痛みは感じたくない、というのは当然で、麻酔の歴史を見れば、人類がいかに痛みに苦しめられ、医学が発展したきたか、も見えてくるのです。

下記は、私の個人的な体験談になりますが、自然療法に出会って12年、新薬を8年とっていなくて骨折で入院した身としては、骨折の手術の後に飲んだ、痛み止めの薬すら、不自然に感じました。

痛みがわからなくなってしまったとき、どのように体を保護していいのかがわからなくなったからです。

とはいえ、痛みを解放してくれるのであれば、どんなものでも試したい!という気持ちはありました。でも、同時に、痛みがわからなくなったときに感じた不安感は、どうやって回復したらいいのかわからない恐怖でもあったのです。

痛みが、個人の感受性によって異なるかを理解するいい例を実感したのですが、自然療法を学んでいる身としては、それは、本人が、自分の病気をどのようにとらえているか次第だなということを、立花先生のお話を聞いて改めて実感しました。

臨死体験を経験できる人は少ないですが、その体験を通して、生きる意味や使命を学ぶ、という意味では、自然療法においても大きく重なる分野です。

立花先生は、ご質問の答えの中で、臨死体験を経験した多くの人が、楽しい経験だった、という印象を受けているとおっしゃっていました。

私も、先生の本を読んで、そういう印象を受けるとともに、生きる方向に生還された人々の役割に共感するところがたくさんありました。

皆さまはどう思いますか??

最後に、私も立花先生のベストセラーの才能にあやかって、この自然療法の12年間を振り返ったベストセラー本を書きたいなと、思いながら、一緒に写真に写っていただいたワンショットです(笑)↓

Photo_2

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年7月 1日 (月)

7月20日開催:「フラワーレメディー(エッセンス)とは?~植物と人間の共鳴~」

いよいよ、今月、谷口みよ子さんを講師に迎えて、フラワーレメディの勉強会を開催します。残り2名様のお席がありますので、この貴重な機会をお見逃しなく★

また、日赤医療センターの緩和ケア研究会の7月は、立花隆さんをお迎えして、「僕は死ぬのが怖くなった」というテーマの勉強会です。これを機に、死ぬこと、を考える時間を持つのもいいですね!

詳細→http://holy-sky.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-3c79.html

さて、下記は、セミナーのご案内です。

タイトルのみなさんは、フラワーレメディを知らない方に、どのように紹介されていますか?

今回は、「エドワード・バッチ著作集―フラワーレメディーの真髄を探る(ジュリアン・バー
ナード)」の訳者:谷口みよ子さんを講師に迎え、「フラワーエッセンスとは何か」の「本質(エッセンス質)」に立ち返り学びます。

80年前にイギリスで誕生した、シンプルで美しいフラワーレメディの世界を、一緒に堪能しましょう!

講師:谷口みよ子(フラワーレメディスト、響探求会)さん
日時:7月20日(土)10:30~12:30
会費:4000円(ハーブティ付)
場所:クプクプ(狛江市)
定員:5~8名
予約方法:要予約(お電話メールでお問い合わせください)

「フラワーレメディー(エッセンス)とは?~植物と人間の共鳴~」概要

これまでにフラワーエッセンスを飲んだ経験をお持ちの皆さんは、まだ知らない人に対してどのように説明されますか?…結構難しさを感じることもあるのではないかと思います。

今回は基本に立ち返り、フラワーエッセンスとは何か(あなたならどう説明するか)? また説明した時の先方の反応等について、前半は交流しながらシェアしたいと思います。

多くの場合、フラワーレメディーは次のように説明されています。

・「植物が生命力に満ちている時に咲かせる花の波動を湧き水に転写した自然のレメディー」
・「おもにマイナスの感情に働きかけ、心に調和をもたらすもの」…etc

加えて、バッチ博士に体系化されるはるか昔、有史以前から同じような療法があったと言われる点や、共鳴の観点から、またホメオパシーやハーブ療法との相違点を挙げて説明することもできます。

ヒーリングハーブ社のバッチのフラワーレメディーの作り手、ジュリアン・バーナード氏は、「フラワーレメディーとは、花や植物の本質的な特性から引き出された情報であり、生命力のパターンである」ととらえています。

今回は、このバーナードさんの見解を導きに、フラワーレメディー(エッセンス)とは何か?という最も本質的な問いについて、バッチ博士のユニティ(宇宙の統一性・ワンネス)の視点も含め、あらためて探求していきたいと思います。

。☆”。・°当日のおもな内容(予定)。☆”。・°
 ○フラワーレメディー(エッセンス)とは?
 ○ジュリアン・バーナード氏の見解を導きに
 ○植物と人間の共鳴  など
 
※当日録音・撮影はご遠慮ください

皆さまのご参加、お待ちしています★

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2013年6月 7日 (金)

「家族のためのホメオパシーケア講座@クプクプ」とお知らせ

090709mun_115クプクプにて、ようやくホメオパシーのセルフケア講座を、開催できる準備ができました!リクエストをいただいた皆さま、本当に有り難うございました。

今回は、東京スクールオブホメオパシーの講師である今井美香子さんを講師に迎え、ホメオパシーの基礎と、家族のためのホメオパシーの勉強会です!

3人の子育てと、海外でホメオパシーを実践していた美香子先生。
子育てのちょっとした悩みや、ホメオパシーの使い方に関する質問など、何でも聞ける気楽な会です。皆さまのご参加、お待ちしています。

家族のためのホメオパシーケア講座@クプクプ

6月21日(金)10時30~12時30分

参加費:4200円(税込)※テキスト(1050円分込み)、ハーブティ付

場所 :クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン(東京都狛江市)
予約方法:要予約(お電話メールでお問い合わせください)

●ホメオパシーとは
●家族のためのホメオパシー(怪我、風邪、腹痛など日常的な症状に)
●セルフケアのコツ
●ホメオパシーでできることとできないこと
●なんでも質問コーナー

※4名以上のグループであれば、予約制で開催できます、お問い合わせください

*ホメオパシーは、自然治癒力を高めることのできる、自然療法の一つです。
 ドイツで体系づけられた医学で、200年以上の歴史があり、ドイツ、フランス、インドなど、世界中の多くの国で普及していますが、日本では認められておらず、医療に代わるものではありません。

もうひとつ、東京スクールオブホメオパシーからのお知らせです。

この夏は、森本千佳さんが、上京され、特別公開セミナーが開催されます。
特別公開セミナー 森本講師担当

7月20日(土)、21日(日)

20日(土・午前)「ティッシュソルトの使い方」、
20日(土・午後)および21日(日・全日)「妊娠・出産・授乳とホメオパシー」

時間:10~17時

会場:渋谷区文化総合センター大和田2F 学習室7

参加費:半日(午前または午後のみ)5000円
1日のみ参加 9000円
2日間参加 18000円

<セミナー概要>

ティシューソルトは、基本となるミネラル(鉱物)から作られた低ポーテンシーの錠剤型の
レメディーです。とても使いやすいので家庭でのセルフケアに向いています。
それぞれどのような役割があり、どのようにすれば安全に安心してお使いいただけるかを分かりやすくお伝えいたします。

「妊娠・出産・授乳とホメオパシー」では、ホメオパシーをどのように役立てるか、専門性を
求められる分野の中でホメオパスがどうクライアントさんに向き合うかを含めてお伝えいたします。
レメディーの紹介、そしてケーススタディーを通してすぐに使える実践的な構成になっています。

皆さまのご参加、お待ちしています。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2013年6月 3日 (月)

6月 月経美心×ヨガワーク

0402_kpyoga1_2より積極的に月経血コントロールができるように、ヨガの先生ともコラボしたイベントを企画しました!

月経美心×ヨガワークでは、ハンモックヨガの第一人者である万菜美先生の特別指導を受けながら、月経血コントロールを可能にする骨盤底筋を体感しながら習得します。

骨盤の血流が良くなれば、月経トラブルやストレスも解放され、周期も整っていきます。

下記は、前回、万菜美先生のご指導をいただいた参加者のみなさまのご意見と、万菜美先生からのアドバイスです★

写真は、気持ちヨーク骨盤を緩めているポーズの写真です♪

●Yさん

ヨガは久しぶりに筋肉を意識して動かす事が出来たので多少筋肉痛になりましたが
リフレッシュ出来ました。継続しなきゃと思います。

 →Yさま
 大変真剣に身体と向き合っていただき、ありがとうございました。
 継続する上で何か気がついたことがございましたら、また教えてください。
 
 ご感想、ありがとうございました。

●Kさん

骨盤底筋の存在を少し感じた感じでした。
面白かった。

 →Kさま
 存在を知っていただけて、なによりです。
 楽しんでいただけてありがとうございました。

●Mさん 

先生にわかりやすくサポートして頂くことで、普段意識しづらい筋肉をイメージしやすかったです。
終わったあとは最初より姿勢がきれいになったと思いました。体も軽くなりました。

慣れてないので体の深い部分の筋肉を意識して動かすのはまだ難しいですが、教えて頂いたポーズを続けることで、体の芯や骨盤低筋を実感しやすくなる気がします。

あとは、呼吸法がいかに頭をスッキリさせ気持ちを楽にさせるのかを実感しました。
無理なく進められる内容で、楽しかったです。

 →Mさま
 身体の中の、"普段意識しづらい筋肉"はたくさん存在しますね。
 ご自身にとって今意識が必要な箇所へ意識を向けていくことで、
 今必要としている自身のエネルギーを高め、心地よさとなっていくことを願います。
 セルフケアの途中で分かりづらい点がありましたら、ご質問ください。
 呼吸法も身体のエネルギーを中心から高める、大切な効果があります。
 気持ちの解放からも、骨盤周囲の解放へと繋がることを信じております。
 
 ご感想、ありがとうございました。

●Nさん


内容が盛りだくさんで一つづつの時間がもう少しゆっくりだと体が覚えられると思う。

呼吸のと、最後のはうちでも出来そうです。
ヨガが初めての人は少し難しいかな~、段階を分けるといいかもしれないです。
まなみさんの話、例えばシャバアーサナの後次のアサナに移る前が実は大事、などといった話も聞きたい。しっかりやるととても良いですよね。

 →Nさま
 おっしゃる通り、少し盛りだくさんにしてしまったな、と感じました。
 1つ1つじっくり感覚を見ていくことが骨盤周囲の奥の筋肉を感じるには、
 最も重要になることもよりみなさまとのワークを通じて感じました。
 初めての方への流れをもっと分かり易くしようと思います。

 途中でお話した、ヨガ哲学やヨガのポーズの必要性やポーズの効果の感じ方など、 私の経験からお話できることも多くあるのですね。私はこういった細かいことが
 大好きです。話を深めていくこともヨガの1つ(ギアナヨガ)です。
 お話の時間も作ってシェアできたら嬉しいです。
 
 ご感想、ありがとうございました。

 
参加していただいた皆さま、万菜美先生、ありがとうございました。

万菜美先生の指導を直接手ほどきいただける貴重な機会をお見逃しなく!

club 月経美心×ヨガワーク club

0402_kpyoga

全二回
 6/20木 & 6/27木 14時~16時半
※3名以上のグループであれば、予約制(火・木)で随時開催できます

参加費:8400円(税込) 計5時間 (両日とも 14時~16時半)
場所 :クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン(東京都狛江市)
予約方法:要予約(お電話メールでお問い合わせください)

●月経美心シェアセミナー概要&コンサルテーション
●ヨガの基礎知識&ヨガワーク
(呼吸法、ストレッチ、セルフケアのアサナ)
●月経血コントロールを可能にする骨盤底筋郡の役割
●布ナプキン、ナプキンフリー
●シェアタイム(美味しいお茶付)

※クプクプにて、ハンモックヨガは体験できません、ハンモックヨガに関しては、万菜美先生のサイトをご覧ください↓

講師 万菜美さん (ハンモックヨガ主宰)
http://www.hammockyoga.jp/

ゆっくりと自分の体に向き合い、体の声を聞くことは、快適な月経だけではなく、充実した毎日を送る基礎となります。体は素直で賢い存在。ヨガワークを通して、より一層、自分の体を理解し、慈しみましょう。

女性らしさも幸せも健康レベルもUPするヨガのポイントを存分にお楽しみください。

※月経美心とは、女性の月経期間を、楽しく過ごすための経血コントロールや布ナプキンや女性の役割などを学び、快適な月経ライフを実現するためのセミナーです。

★表参道の生活の木でも、レクチャーを担当しています。
 6月は8日と29日の土曜日に開催されます。
 お申し込みは直接、 下記、生活の木のサイトからどうぞ
 http://hlc.treeoflife.co.jp/goods/?g=6101337800

皆さまのご参加、お待ちしています。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2013年5月31日 (金)

アミューズ ミュージアム ~世界に誇る日本の文化「和」、そして「美」と「技術」

0530asakusa_28 浅草寺のすぐ隣にあるアミューズ ミュージアムをご存知でしょうか??
今季は、2013年9月29日まで、~布を愛した人たちの知恵と美とデザイン~布の優しさ・ 和の伝統文化・さしこ着物展を開催しています。

一昔前、ほんの100年ほど前には、大麻の布が、日本人の暮らしを支える衣だったことは皆さまもご存じのことと思います。

ですが、戦後、その収穫と布の織物も、限りなくゼロ%となってしまった、今では幻の衣、ともいえる存在。

その大麻草から作られた古布を、直接触れて触れることができるのが、このアミューズ ミュージアムなのです。

布文化と浮世絵の美術館、和のセレクトショップ、ライブ スペースが一体となった複合型アートビルで、その常設展は、感激です。

古の大麻の衣に直接触ることのできる貴重で楽しい展示会です。

浮世絵コーナーも含めると、3時間はたっぷり見ごたえがありますよ!

一部、アミューズ ミュージアムより引用

http://www.amusemuseum.com/info/index.html

「民俗学者:田中忠三郎が遺した国指定重要有形民俗文化財の衣類は、
学術的に大変貴重な民俗資料であるばかりか、
極めて高い針仕事の技術に裏打ちされた工芸品であり、
なによりも当時の女性たちの想いがこめられた、
かげがえのない手仕事の結集です。
これら田中忠三郎コレクションの衣類は、
786点が重要有形民俗文化財として国から指定されていますが、
今回はその中から31点を選りすぐり展示いたします。

美術館の楽しさを文字で伝えるのもなんなので、今回は写真で。

↓これが、江戸の火消し装束です。大麻が、燃えない性質(繊維の績み方によりますが)だったために、火消しのお仕事には、このずっしりと重い、大麻で作られたこの装束でなくてはいけなかったのです。裏地と表地と縫い合わさっていて、本当にすごい手作り作品でした。

0530asakusa_21

↓きっと、こんなにかわいい織子さんが、一織、一織、心を込めて衣を作ってくれたんですね!(モデルは友人の澤元 さん)

0530asakusa_2

↓なんだかわかります?

0530asakusa_14

0530asakusa_18

上:そうです、 お腰です~!かわいい生地を選んで、おしゃれです。
色気がない、、というような解説がありましたが、この下はノーパン・・。色気いらないかも(笑)

下:これは、鮭の皮とアザラシの皮のブーツです。
昔の方々がどれだけ命と寄り添っていたかを感じることのできる一品です。
特に、青森のような寒い地域では、衣、は命そのものだったのです。

↓BOROのどんこに包まれている写真です。何世代にも何百年にもわたって、実際に使われてきたものです。
腕を通すと、ひと肌を感じて、ちょっとぞくっとしましたが、入ってみると温かいぬくもりに包まれました。一つの生地を大事に大事に使い継承していく。化繊では難しいですよね。。
0530asakusa_9

最後に、現代においては、麻のお洋服が手軽な価格で手に入りますが、ここで紹介している大麻とは全く違う植物由来になります。

いま日本でいう一般的な麻とは、アマ科の 亜麻(Linum usitatissimum)やイラクサ科の苧麻(Boehmeria nivea var. nipononivea)などを含めた植物繊維全般のことです。

このミュージアムでは、古来からの日本の繊維、麻《アサ科アサ属の大麻(学名Cannabis sativa)》から作られた繊維を直接触ることができるのです。

大麻の生命力と、私たちの衣食住を支えてくれる豊かな恵みを、そろそろ、本当の意味で享受する時代になりますね!

麻のウィキペディアリンク:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB_(%E7%B9%8A%E7%B6%AD)

もうひとつ、衣については、いとなみの自然布展(6/1~6/9で沼袋のシルクラブというところで開催中)です、貴重な機会をお見逃しなく!

http://sekikawa.shinafu.jp/?p=112

http://texinfo.web.fc2.com/grassfabrics/pg159.html

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2013年5月30日 (木)

月経美心ヨガワーク&布ナプ&シェアセミナー

0525_21 この春は、にしがわ大学さんのご縁もあって、深大寺や狛江の地元を練り歩く機会に恵まれました。

この辺りは、ミントやローズマリー、レモンバームやヤロウ、クレソンなどがこぼれ種で自生しているところもあり、こっそり収穫もできちゃいますよ(笑)。調布では田んぼも残っています、活動を続けている皆さまに感謝です。

写真は多摩川の満開のせんだんの木の下で、樹木医の草一先生とパチリ!かぐわしい香りに包まれた至福のひと時でした。

さてさて、布ナプキンとナプキンフリー&女性力を高める月経美心の活動も、5年目となりました。

今年は、より積極的に月経血コントロールができるように、ヨガの先生ともコラボしたイベントを企画しました!

ヨガワーク編では、ハンモックヨガの第一人者である万菜美先生の特別指導を受けながら、月経血コントロールを可能にする骨盤底筋を体感しながら習得します。

骨盤の血流が良くなれば、月経トラブルやストレスも解放され、周期も整っていきます。

ゆっくりと自分の体に向き合い、体の声を聞くことは、快適な月経だけではなく、充実した毎日を送る基礎となります。体は素直で賢い存在。ヨガワークを通して、より一層、自分の体を理解し、慈しみましょう。

女性らしさも幸せも健康レベルもUPするヨガのポイントを存分にお楽しみください。

※月経美心とは、女性の月経期間を、楽しく過ごすための経血コントロールや布ナプキンや女性の役割などを学び、快適な月経ライフを実現するためのセミナーです。

club 月経美心×ヨガワーク club

0402_kpyoga

全二回
 6/20木 & 6/27木 14時~16時半
※3名以上のグループであれば、予約制(火・木)で随時開催できます

参加費:8400円(税込) 計5時間 (両日とも 14時~16時半)
場所 :クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン(東京都狛江市)
予約方法:要予約(お電話メールでお問い合わせください)

●月経美心シェアセミナー概要&コンサルテーション
●ヨガの基礎知識&ヨガワーク
(呼吸法、ストレッチ、セルフケアのアサナ)
●月経血コントロールを可能にする骨盤底筋郡の役割
●布ナプキン、ナプキンフリー
●シェアタイム(美味しいお茶付)

講師 万菜美さん (ハンモックヨガ主宰)
http://www.hammockyoga.jp/

club 月経美心×布ナプキン作り club

Nap

日時:6月29日 15時~17時30分(お茶、手作りナプキン布付)

場所:クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン(狛江市)

参加費:3,150円(お茶、手作り布ナプキン付、定員6名)

予約方法:要予約(お電話メールでお問い合わせください)

玄米菜食の料理教室、手作り味噌造りを主催しているミキョンカフェの美景先生に布ナプキン作りを教えてもらいます。
月経や体、食事、自然療法を中心にお喋りをしながら、楽しく手仕事しませんか? 不器用でも大丈夫、優しく教えてもらえます。ちくちくチクチク針仕事、時間感覚が変わります。

ちくちくしながら、下記のお話を、皆さんと一緒にシェアして進みます。

●月経美心:月経血コントロール、布ナプキン

●ミキョンカフェ:
布ナプキン生活をより快適にするために
冷え取り健康法、食事の工夫など

club 月経美心シェアワーク club

Moond

7月13日&14日

参加費:15,750円(税込) 計12時間 (両日とも10:00~17:00)
場所 :クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン(東京都狛江市)

月経を快適に過ごしたい、女性が快適に過ごすお手伝いをしたい方ならどなたでも、ご参加お待ちしています!
皮膚の神秘や人間の自然治癒力の偉大さ、の他、アロマテラピーのセルフ・ケアを直接教わることのできる、と~ってもお得なコースです。

1. ナプキンの歴史
2. なぜ布ナプキン&ナプキンフリーなの?
3. コットン、シルク、ヘンプ、竹などのオーガニック素材の役割
4. 月経血のコントロールは誰にでもできます
5. 骨盤底筋群と月経血コントロール
6. 月経の役割と女性の体&月のリズム
7. 経皮毒、皮膚の基礎と応用
8. 婦人科系トラブル、性教育とワクチン
9. 月経トラブルの自然療法(アロマテラピー、ハーブ、ホメオパシー)でのケア

予約方法:要予約(お電話メールでお問い合わせください)

皆さまのご参加、お待ちしています。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2013年5月26日 (日)

緩和ケア研究会 「がん放置療法」と立花隆さん「僕は死ぬのが怖くなった」

Photo 「日赤医療センター 緩和ケア研究会」をご存知でしょうか?

約4年前、薬剤師でアロマセラピストでもある長谷川先生(日赤医療センター アロマ研究会)とのご縁を通して、この勉強会を教えてもらいました。

以降、機会があれば参加させてもらっています。

「生と死」にかかわる、さまざまなジャンルでご活躍している方々のお話を直接伺うことのできる貴重な勉強会ばかり。

このブログの左帯にも、日赤緩和ケア研究会 としてリンクがありますが、今回も貴重な会なので、皆様にご紹介したく、UPしました。

199回目となる6月は、
著書『患者よ、がんと闘うな』(文藝春秋)では検診やがん治療に対して疑問を投げかけ 論争を巻き起こし、同時にセカンド·オピニオンの重要性を早くから訴えてきた近藤誠先生。

そして、200回目記念では、
「臨死体験」の著者である立花隆さん( 日本のジャーナリスト・ノンフィクション作家・評論家)を迎えてのお話を伺えます。

入場は無料で、どなたでも自由に入れます。
貴重なお話を直接伺えるこの機会をお見逃しなく!

「がん放置療法から見えてきたこと」
 話し手/近藤誠さん
 (慶応大学医学部放射線科講師)

 ●日時:2013年6月12日(水) 5時半~
 ●場所:「日本赤十字看護大学 201号」
    http://www.redcross.ac.jp/info/access.html
    ※場所はいつもと変わります

★2013年7月
 立花隆さん 「僕は死ぬのが怖くなった」(臨死体験の研究から)

日時:7月6日(土) 13時半~
場所:「日本赤十字看護大学 201号」
    http://www.redcross.ac.jp/info/access.html
    ※日時&場所はいつもと変わります

この勉強会は、真の医療を探求し続ける現場の医師のおかげで200回目を迎えることとなりました。緩和ケアに日々取り組んでいる医師の人柄と、学ぶ姿勢にも触れることのできる勉強会になります★

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

より以前の記事一覧