クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

東日本応援活動

311に関する東北&日の本応援記

2018年3月30日 (金)

新刊発売♪アロマトピア147号の新連載は「心臓の秘密」?!

アロマテラピーと自然療法の専門誌「アロマトピア」の147号が発売されました!

355489

特集は、「手作りコスメの基材を探る」。

コスメは女性にとって、いえ、近年は男性にとっても、重要なパートナーのような存在。経皮毒の問題もある現代人は、この基材をチェックすることは、健康においても大切なことです。ものすごいボリュームで、学ぶことが沢山ありそうです。

そして、わたしも、新連載で、3ページを担当させていただきました!

新連載は、山本忍先生と尋ねる「シュタイナーの世界」(1):心臓の秘密?心臓を動かしているのはだぁれ?です。

ルーマニアの「ミハエラ先生」を取材させたいただいた「自然療法の科学」に続き、日本のアントロポゾフィー医師「山本忍先生」への取材です。

山本忍先生は、横浜で「神之木クリニック」を開業されており、日本ホリスティック医学協会理事、NPO法人マグノリアの灯理事長でもあります。

*アントロポゾフィー医学とは・・・人智学を基盤として、イタ・ヴェークマン医師(1876~1943)の協力の下に創始。精神の内なる発展と魂の変容、そして健康と病気に関する認識と理解を深めることで、今日の医学研究を真にホリスティックな取り組みへと導くものです。

山本忍先生の著「心臓の秘密」は、心臓の4室が、私たちの、直観と知覚、観察と思考、に対応している!ことを、表紙で明らかにしています。

そして、読み込むほどに、その秘密の深さ、愛に満ちた世界観に、圧倒されます。

Topia147

今年は、クプクプも、福島支援の一環として、山本忍先生たちが取り組んできた、バイオダイナミック農法と会津農法の畑を営む「NPO法人マグノリアの灯」の活動をサポートします!

クプクプは、福島南相馬市の自然療法仲間のサポートで、ドイツのアントロポゾフィー医の皆さまから送られてきたDr.ハウシュカのアイテムを、一部を預かり、福島の避難所に届けたご縁から、「NPO法人マグノリアの灯」を、ずっと応援しています。

皆さまの記事の感想を、心から楽しみにしています。

今この瞬間に、この地上で、躍動している全ての心臓と臓器に敬意をこめて。

そして、アロマトピア編集部の岩倉さま、みなさま、いつもありがとうございます。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年3月11日 (日)

フラワーエッセンスと"光の癒しの贈り物"を被災地に送りつづけて

東日本大震災から7年目の節目。

追悼の意とともに、全ての被災に携わる多くの人々に、心から感謝申し上げます。
Fukushima1711_4 Fukushima1711_3
わたしは、去年は、福島原発の浄化活動に同行し、震災後から毎年取り組んでいる、フラワーエッセンスのプロデューサー「アンドレアス・コルテ」さんの取材記事を、専門誌「セラピスト2018年4月号vol.96」に、掲載していただきました。
タイトルは、「フラワーエッセンスと"光の癒しの贈り物"を被災地に送りつづけて―」。

Therapist1804

本号の「和の精油」特集では、日本中の精油。
アロマテラピーの広がりに感無量です♪
他にも、自然療法で、これだけ癒されている現象を学ぶことができて、毎回、とても興味深い雑誌です。

記事のご紹介を下記に。

Fukushima1711_2

コルテさんは、ご存じの方も多いと思いますが、フラワーエッセンスの作り手としても有名で、世界各地でエッセンスに関するセミナーを開催されています。

クプクプにて、バッチフラワー&占星術のセミナーで、コルテさんの惑星エッセンスのシリーズを使うようになってから、その効果にも驚かされることが多くありました。

コルテさんは、バッチ博士の生まれ変わりとの噂もある方で、いつかお会いしたい、と念願が叶ったのが、去年2017年11月。

丁度、「アニマル・エッセンス」と「ホリスティック・ライト・トリートメント」という内容のセミナーでした。

そこで、セミナー終了後の翌日から、日帰りで福島の支援活動に行くことを知りました。

主催者のネイチャーワールドの玉井社長、スタッフさん、関係者のセラピストも、毎年、その活動を支え、実に7回目の支援活動とのこと。

はるばるドイツから来て、毎年、福島のために、ご自身の時間を1~3日使い、かつ、また、ご自身のラボラトリから、フラワーエッセンスを何百本も分けるなんて、なかなか出来ることではありません。

Fukushima1711_5 Fukushima1711_1

わたしも、去年は一度も福島入りが叶わない年だったで、スケジュールを調整し、取材同行をして生れたのが、本号の記事です。

目に見えないけれど、放射能は、今、この瞬間にも、太平洋から流れる北西の風に舞い続けています。

その放出を止めることはできず、今もなお34,202名(復興庁データ提供:18/1/30)*1の人々が、福島県外から避難して生活を続けています。

わたしたちは、その事実と向き合い、それらと共に、どう生きてゆけばよいのでしょう? 自然療法は、その答えを示す道筋になるのでしょうか? 

その問の答えの一つを、コルテさんと玉井さんの活動を通して、教えてらいました。

ぜひ、手にとっていただき、ご感想を頂ければ幸いです。

2017年の福島チームで、ご一緒させていただき、運転、ナビ、さまざまな気配りや写真を惜しみなく分けていただいた、お二人のセラピストにも、改めて、心より感謝申し上げます。

ネイチャー・ワールドの玉井宏社長

アンドレアス・コルテさん

長野のレイエッセンスのプロデューサー富井清文さま

梅舎茶館(フラワーエッセンスを体験できるカフェ@池袋)のヨーダさん

この7年目を迎える311の前に、このコルテさんの活動の記事を掲載出来て、私自身にも一つの区切りをつけることが出来ました。

セラピスト編集部の稲村さま、タイトなスケジュールの中、ありがとうございました。

17112829_2 17112829_3

写真は、2017/11/28と29でご一緒した皆さま。楽しいひとときを有難うございました!

コルテさんのアニマル・エッセンス、ホリスティック・ライト・トリートメント、とても深い学びと同時に、自分自身がとても軽くなったのを実感しました。

コルテさんの来日情報は、ネイチャー・ワールドさんにお問い合せ下さい。


 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年2月 8日 (木)

2/11『未来へ続く道2018』 出店のご紹介♪

2/11の『未来へ続く道2018』〜宮田雪(「ホピの予言」監督)7周忌によせて〜。いよいよ、今週末となりました。

Hopiomote_fb

この会は、東北地方太平洋沖地震の後、それぞれの活動が繋がり、自然に生れたイベント。言い換えれば、311が生みの親です。

あれからまる7年を迎える節目の年。福島・東北に限らず、今日、聞いたニュースや情報の本質を知り、理解し、認め、受け入れ、赦してゆく。毎日がその繰り返し。その先に見える景色は、今までとは違うものになる。常に変容し、自らが癒される。各種自然療法も、さまざまなアプローチで、それをサポートする頼もしいツールです。

さて、この「ホピの予言」のイベントは、監督の7周期の命日に、11と言う数字が届けてくれる特別な会。ゲストにお迎えした皆さま↓

●「ランド・アンド・ライフ」の辰巳玲子さん

●シンガーソングライター海老原よしえさん

●古代フラの水野みさをさん※友情出演

下記、当日の会場で、運命の出会いをもたらす頼もしい協力者の皆さまのご紹介です↓↓

つくるプロジェクト『編*花』
 ~眠っていた毛糸で、手仕事ぬくぬくアクセサリーをお届けします!

美容院SEED
 ~ヘナ&カット&ヘッドマッサージ。頭皮からの爽やかな癒し。

旅するタイごはん メイノブ食堂
 ~ホピの予言や長年抱き続けるネイティブの方への想いがこもったディナー提供

女将の出張 岡てつ
 ~沖縄料理で無限の出会いが広がる幻の「沖縄そば岡てつ」のランチ&軽食

Botanic Green
 ~手仕事&草木染。衣に命を。衣から命を感じる運命の服。

珈琲豆の自家焙煎工房Day Drip Coffee
 ~大地と自然をつなぐ、至福の「珈琲」。

クプクプ アロマテラピー自然療法専門サロン
 ~体心魂を癒すアロマテラピー&自然療法

クプクプからは、下記のアイテムをつれて、出店します!

気仙沼・大島の貴重な椿オイル
 ※311後、流されてしまった搾油機を、株式会社椿さんがプレゼントしました

Tsubaki

カリス成城「プロポリス&エキナシア喉スプレー」
 ※熊本市益城町の工場でつくっています

Propolice

体の歴史を変える布ナプキン&「なでしこバイブル」
 ※クプクプの十八番セミナー、体も地球も健やかに

Getsubi

★地域猫&犬の活動を支えるNPO法人どうぶつの福祉を考える会の猫テープ

 ※クプクプで時折登場する癒し猫もここのご縁から♪
 ※人気メニュー骨盤調整の施術では助手&湯たんぽ代わり??

Animal Ayumi_4

★オーガニックコスメ最高峰ドクターハウシュカのハンドクリーム

 ※311後、ドイツから沢山のアイテムを福島の方々に届けてくださいましたメーカーです

Drhhand

★数量限定のクプクプのオリジナルアイテムは当日会場で♪

出店者一同、当日、皆さまにお会いできますことを楽しみにしています。気軽にお声がけいただけたら、こんなに嬉しいことはありません!!

 

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン
 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年1月24日 (水)

2/11 『未来へ続く道2018』 第二部若干残有 ※第一部満員御礼

Hopiomote_fb Hopiura_fb

2/11 『未来へ続く道2018』〜宮田雪(「ホピの予言」監督)7周忌によせて〜 へのご参加、そして、沢山の応援をいただき、ありがとうございます。

おかげさまで、第一部は、満員御礼となりました。
第二部のスペシャルゲスト「海老原よしえさん」のライブは、若干名枠が残っておりますので、お早めにご連絡ください♪

新年早々に、辰巳玲子さんより、「昼間のNHK午後ラジに、海老原よしえちゃんの歌声が流れました」と、教えて頂いて聴いた曲「友への手紙」の歌声が素晴らしすぎるので、こちらでも、YouTubeの動画で、歌声をご紹介します。

また、第二部では、もうお一方のスペシャルゲストをお迎えします。
お二人のご友人である「古代フラの水野みさおさん」です!すごいですね~。

当日第一部でご覧いただくインタビュー映像『浄化の時代を迎えて』のエンディングに流れるWe are hereにも振りを付けをされています。それを会場のみんなで、踊りましょう!とご提案下さったのです。

Misao

第一部に続き、第二部でも、ミラクル多発ですね♪

余談ですが、わたしも、海老原よしえさんの歌声「友への手紙」を、ラジオで拝聴したとき、自然と涙が止まりませんでした。そして、その直後、疎遠だった30年前の幼馴染みの家族と再会する機会が生れました。

意味もないけど、涙が流れる。

これは、魂の癒しです。

更年期のせいばかりではありませーん。(私も更年期世代ですbleah
大いに涙を流した方が、絶対に楽になります。その涙の理由が、わからないこともあってよいのです。

Image

新聞やニュースは、日本の悪い面、暗い面ばかりを報道する癖がついてしまったようですが、福島のこと、広島のこと、長崎のこと、それに関連するアメリカを含む諸国のために、行動している方は沢山います。このページを訪れてくれたあなたも、その一人。

FBのイベントページからは、徳島新聞「視点」川竹道夫エッセイ集 をご紹介頂きました。

今も尚続く、人為による事故や差別や偏見、そして、止まらない自然災害に、「何かがおかしい」事に気がついています。

気がついたら、もうそういった、悪い面や、暗い面に時間を割くのはやめにして、心が喜び、満たされる方向へと舵取りを変えましょう。

201310tokushima_6

私も、アロマテラピーフラワーエッセンスを柱とし、ホメオパシーを学んだ自然療法家の一人として、人間の治癒を真剣に考えています。ホピのこの映画は、むやみに大地を掘り返してはいけない、と教えてくれます。

私たちの体もそうで、できる限りは、掘り返さないで、治癒をサポートした方がいいのです。

私たちの体で言えば、大地とは、皮膚のことです。皮膚は私たちのバリア機能として、免疫も司り、とても重要な役割を果たしています。

ところが、現代人は、皮膚に対しての理解が薄れてしまい、経皮毒や化学物質、電磁波の影響を強く受け、皮膚そのものの免疫が落ちています。重要なのは、皮膚の本来の強さとしなやかさを生かす事です。

皮膚は、私たちの体を表す重要な大きな臓器。優しく触れて、大切に扱ってあげましょう。それだけで、心に安定し豊かになります。もちろん、免疫も、ちょっとずつ高めてくれます。皮膚は、月と同じリズムで、新陳代謝をしているので、それに合せてあげると治癒は早く進みます。

クプクプのアロマテラピーアロマ・ロミロミヒーリングは、一度の施術で、人生が変わった、と体感される方もいらっしゃいます。ぜひ、一度ご体験ください。

2/ 3(土)は、原宿の生活の木、にて、「婦人科トラブルの自然療法ガイド 月経&妊活&更年期の快適セルフケア」を担当します。皮膚、女性についてできる、自然療法のセルフケアを、学んでみませんか?

このイベントを通して、魂の癒しのお手伝いが出来ますことを、クプクプスタッフも、感謝申し上げます。

第二部の会、お席はまだ少しありますhappy01。ぜひ、ご一緒しましょう!
2/11のゲストを囲み、私たち一人一人が、繋がり、癒され、勇気を持って、一歩をともに歩める時間に、心から感謝します。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス

2017年6月 3日 (土)

「さようなら原発1000万人アクション」の署名にご協力お願いします

Nonukes_2
「昔の道」が自慢の「多摩川の土手」を壊さないで の記事で、狛江市の多摩川の土手の工事の現状を教えてくれた狛江市元和泉コミュニティーの方から、さようなら原発1000万人アクション の署名活動のご案内をいただきました。
このブログを読んでさる方の多くは、既に署名済みとは思いますが、1,000万人まで、あと一息、9万人近くの署名(2017/1/31時点)が集まっているそうです!
後もう一息です。
これまでに署名を済まされている場合には、既に政府に提出されているので、新たな署名の提出は不要です。
まだ、署名してないよ~。と言う方がいれば、ぜひ、ご協力をお願いします。
2017年6月30日までに、クプクプでご用意している、生活クラブ連合会の署名用紙に、配達分で署名の原本の提出をお願いします!(切手代82円の負担をお願いします)
用紙は、クプクプにありますので、メールにてご連絡下さい。
まだまだ、国家というお化けの様な存在の、非情な行為は公に行われています。
日本の国民に限らず、何処の国の人々も、ただ普通に、お互いを尊重して生活する暮らしをしたい。それは、共通の当たり前の願いです。
でも、わたしたちが、国家というお化けの存在を、無視したり、知らないふりをし続ける限り、このお化けは、成仏することは出来ないのだと思います。
マザーテレサの名言の一つに、「最も残酷なことは、無関心」という台詞があります。
彼女は、家庭の平和の大切さをずっと問いかけ続けました。
●すぐにお国にお帰りなさい。家に帰って家族を大切にしなさい。
【覚え書き|「世界平和のために私たちは何をしたらいいですか」という問いに対する返答】
●平和も戦争も家庭から始まります。
もし本当に世界平和を願っているなら、
まず自分の家が相互に愛し合うことから始めていきましょう。
もし、喜びを広げていきたいなら、まず、ひとつひとつの家族が喜びをもって生活することが必要なのです。
私たち、人類の共通の願いは、みな同じです。
ただ、家族、友人、植物や微生物、動物や愛するものたちとともに、穏やかに過ごしたいだけです。誰も、戦争や争いなんて、本当はしたくないのです。
憎しみあったり、恨みあったりするのは、エゴの仕業であり、本当の私たちの姿ではありません。
フラワーエッセンスでも、無関心に使われるレメディがいくつかあるので、紹介します。
Letter_20160715_01
写真提供:http://www.healingherb.jp/newsletter.html
参考文献:植物のかたちとはたらき
●「ワイルド・ローズ」
興味深いことに、ハーブ療法でも、人類との長い関わりのある、原種の薔薇「カニナ・バラ」から作られるエッセンスです。
グリム童話「いばら姫」や、ディズニーの「眠れる森の美女」で知られる棘がたっぷりのあの、美しくかぐわしいバラの花から作るエッセンス。
無気力症状群と呼ばれる症状に使われます。
「十分な理由もな祖砂野に、起こること全てを甘受している一です。人生を滑り抜け、あるがままに受け入れ、物事を改善したり、喜びを見いだす努力をしません。不満も言わず、人生という戦いに降参してしまった人です。」
でも、これらの感情状態も、人生のトラウマや、境遇の変化によってもたらされていることを忘れないで下さい。
人は、生まれてきた使命をそれぞれ持っています。
無気力になってしまうのにも、理由があるのです。
決して、その人一人だけの問題でも、責任でもないのです。
心の葛藤が起きたときは、迷わず、お近くのハーブショップや、フラワーエッセンスの専門家に頼ってみて下さい。
とても素晴らしいサポートをしてくれます。
編集後記
なぜ、このワイルドローズを紹介するかというと、わたし自身、原発のことは、2011年の311以降取組んでいるけれど、再稼働が始まったり、共謀罪が通って言論の自由を奪われてしまうのではないかという不安を感じたりするからです。
新聞の文言や、ニュースで流れる情報に、時折、今でも、無気力、無力感を覚えることを、否むことは出来ません。
それでも、どんな状況でも、それを受け入れ、自分らしい方法で、完全に自由を持って、人のために働くことが出来るのだと、フラワーエッセンスは教えてくれます。
わたしたちは、一人一人が、それぞれの道で歩んでいることを思い出すことは、とても重要です。
なによりも、自分自身の使命を思い出すことが、最も大切です。
一度それを思い出したら、誰にも、何にも、患わされることがなくなるのですから、人の噂やニュースにもぶれない自分が生まれます。
わたしには、原発を直接止める力はないけれど、それでも、自然療法を通して、原発の存在への理解を、変えることは出来ると思っています。
東京に住んでいるみなさまは、東京電力が今のままでいいと思っていますか?
オリンピックにかける予算を、原発や環境の改善に使う方が有意義だと思っていませんか?
わたしは、オリンピックが行われることに反対はしませんが、あれだけの無駄な予算を使うことに賛成はしていません。
そもそも、桝添要一前都知事は何処に行ってしまったのでしょう?
彼が使った無駄なお金は、結局は無駄遣いでおわってしまうのでしょうか?
私たち一人一人が納めている税金が、無駄遣いで終わってしまった。
それでいいのでしょうか?
既に日本は経済的にはもう成長できません。成長する必要だってないのではないかと思います。
それよりも、今在る資源をいかに大切に活用し、後世に残せる持続可能な技術があることを、オリンピックを通して、世界に伝えることが出来るチャンスだと思います。
国家のやり方に賛成していないことを、小さくても、無力でも、一国民としても声を上げてゆきたいと思います。
 

2017年3月11日 (土)

東日本大震災から生まれた花とハーブのご縁

あれから6年。本当にあっという間に月日は流れ、確実に、時を刻んできました。

クプクプでは、震災後から、郡山、南相馬、気仙沼大島、仙台、鳴子温泉などで、アロマテラピーのボランティアに携わって参りました。現地の復興は、大きな励みとなり、改善すべき道を教えてくれる新たなチャレンジへの原動力となります。

クプクプにても、復興をお祈りし、商品をそろえております。その一部を、ご紹介します。
皆さまの、励ましに、改めて感謝申し上げます。

●「編 花 : amihana 」×  「TUKURU PROJECT 」 

Kp311_1_2

下記は、アロマセラピストの中野さんの記事です


編み花アクセサリーは福島県相馬市での支援活動、ワークショップから生まれました。
材料は、都内近郊で集めた支援の毛糸やお家に眠っている毛糸のご支援。
これを、福島県の方々が試行錯誤してアクセサリーにデザインして販売をしています。
価格には、作り手さんへの工賃や支援活動費が含まれています。

「ご愛用いただいて、ときより、福島を、思い出してください。」

と、願いをこめて1つ1つ丁寧に手作りされています。

ちなみに、私は、定番のお花の形ではなく、まん丸のボンボンのピアスをリクエストして作っていただきました!こういった、要望にも柔軟に対応してくださる、あたたかな作り手さん方です。

Kp311_3 なぜか写真が横に・・

クプクプサロンでも、春夏をイメージした明るい色のブローチやピアスなどを入荷しました!1つ1つ違うものなので、ぜひ手にとってご覧ください。

●気仙沼大島椿

Kp311_4

クプクプのアロマテラピーの施術にも使っている、純国産椿オイル。

気仙沼の椿油の搾油機が、津波で流された知った「伊豆大島の株式会社椿」さんが、復興支援に、搾油機を贈りました。

そのおかげで、震災の年も、気仙沼の純つばき油は、津波を生き抜いた椿の木たちから生まれ続け、今も多くのアロマサロンでも使われています。

伊豆大島のジャポネイラ生の椿油、そして、気仙沼の純つばき油、も、椿の個性と命を大切にした素晴らしいオイルです。施術の質は、良質なオイルなしには、成り立ちません。

 

●ドイツ「Dr.ハウシュカ」の「ムーアラベンダーオイル」

Kp311_5 Kp311_10

日本の「一般社団法人 日本アントロポゾフィー医学の医師会」に、ドイツから届いた支援物資が、「Dr.ハウシュカ」の「ムーアラベンダーオイル」。

クプクプでも、2011年秋の、南相馬総合病院にてのアロマテラピー&フラワーエッセンスボランティアにて、数十本をお預かりさせていただき、お届けしました。

ドイツでは、ハーブが、医療品として使われています。
このオイルも、リラクゼーション効果だけではなく、肌の修復機能、プロテクト機能ともに、非常に優ているハーブオイルとして、人気があります。※日本でも生薬が主流でしたが、戦後は事情が変わってしまったようです。

クプクプでも、もともとお取り扱いのある商品で、その癒し効果はとても優れていたため、これを携えて、福島に入れることは、喜んでもらえる確信があったので、とても嬉しかったことを覚えています。

クプクプでも、以上の3つの東北支援に関する商品を、今月より直接手に取ってもらえるよう、ご紹介しています。いつも、共感してくださるクライアントのみなさまに、改めて感謝★

また、東北支援にあたり、たくさんの人々の協力を賜りました、特に、アロマ隊、フレグランスジャーナル社、BABジャパン、YUICA、自然療法仲間、そして、クプクプ仲間の皆様への感謝ははかり知れません。

アロマ隊は、アロマテラピーを中心としたボランティア活動をしているアロマセラピストの情報収集と発信として、MOC モメントまたはクロニクルさんのサポートにより、結成されました。2011年、ユイカの稲本正代表のお声がけのおかげでした。
右から、原田尚子さん、矢田薫さん、樋渡志のぶ、斉藤京子さん。
20110624122259272s

他にも、ハーブに関してご紹介したい復興商品や取り組みはたくさんあります。

例えば、南相馬の菜種油「油菜ちゃん」や、南相馬のお蚕様、EMなどです。
また改めて、ゆっくりとご紹介したいと思っています。他にも、東北支援を協力できるもハーブに関するものがあれば、ぜひ、教えてください。

東北をはじめ、被災地の復興を、心よりお祈り申し上げます。

自然界に、人工的な介入や被害がなくなるよう、本当に微力ですが、精いっぱい努力してまいります。

 

2016年5月16日 (月)

自然放射線と原発放射線の見分け方

みなさん、マスメディア断食しましょう。
必要な情報は、無償で手に入る時代です。
ニュースはヘッドラインを観れば大体わかります。
直接、関係のない情報を、無駄に入手して、エネルギーを使うのはやめましょう。冷静に、あわてずに、ご自身の御心で、判断しましょう。

ちょうふ市民放射能測定室・藤川さんより、メールをいただきました。

下記、引用開始

九州各地で放射線量が急上昇している」とい情報がインターネットで拡散されました。これにはたいへん胸を痛めております。熊本、大分のみなさんはもちろん九州の方は広がり続ける震源域に不安を感じておられる最中です。このような根拠のない話が広まることで、被災地のみなさんをさらに混乱させてしまうことがないように願っています。

みんなのデータサイトが、この件について見解を発表しましたので、ぜひご一読いただいて、このようなデマの拡散に冷静に対処してくださるようにお願いします。
          ちょうふ市民放射能測定室・藤川

(以下、みんなのデータサイトFBサイトより)
今日も、九州地方を中心に強い雨が降り、モニタリングポストの数値の上昇が広範囲に見られました。

線量の上昇があった場合は、
「線量の降下」にご注目ください!

線量が下げ止ったら(元々の線量に戻らなかったら)、原発由来などの人工核種の影響が疑われます。

しかし、速やかに下がるなら、自然の放射性核種です。
有史以前よりずっと続く、自然現象です。
今回も自然現象と言ってほぼ間違いありません。

繰り返します。
「線量が上昇した!」という情報を見た場合、
「降雨後に、線量が速やかに下がるか、下がらないか」をご注目ください。

そこがとても大事です。

どうぞ311・レベル7の原発災害後を生きる我々の基礎知識として、
ご記憶いただければ幸いです。

万が一に備えて。
また、無用な心配をしなくて済むようにも。

 こどもみらい測定所 代表 石丸拝

引用終り

2016年2月17日 (水)

震災から5年~命ある限り~ドキュメンタリー映画「蘇生」

東日本大震災から、5年目となる2016年3月11日。
人生を揺さぶられた大きな出来事でした。

今回は、クプクプの今年のテーマでもあるサムシンググレートのヒントをくれた白鳥哲監督最新作「蘇生」のドキュメンタリー映画のご紹介です。

5年という節目。お互いを思い遣る人々の気持ちが、地上に響き渡る一日となるでしょう。

クプクプにもご縁のある仙台の鈴木有機農園さんの田んぼも、例外なく、瓦礫と海の潮に覆われました。多くの人々は仙台市も含め、あの時、田んぼを蘇生することを、あきらめていました。田んぼの命である、水を引くインフラすらも、津波の影響で使えなかったからです。

そんな中、いち早く支援の手を差し伸べてくれたのは、この映画「蘇生」に紹介されている『有効微生物群(EM)』に取り組むお仲間たちだったそうです。

そして、震災のあった2011年の秋、鈴木さんの田んぼには、見事な稲の姿がありました。たゆまぬ努力と多くの人々の協力のおかげで、震災の試練を乗り越え、見事に稲を実らせたのです。その蘇生能力は、理論でも議論でもなく、実証されていることです。

R0010893s R0010924s R0010930s R0010931s

↑2011年秋。左が鈴木さんの田んぼ。右は、塩害のため、放置された畑。
被災者として、本当にたくさんのことに対応しなくてはならない中、土壌が自然に蘇る手助けに、と、EM活性駅の無償配布にも取り組んでいらっしゃいました。

井戸を掘り、環境を整えれば、微生物は生まれ、植物は自然に育ちます。

水と豊かな土と天体と風、そして自然とつながる素直さがあれば、私たちは、いつでもどこでも、蘇生できるのです。

もう、古い考えは手放して、ワクワクすることだけに集中してまいりましょう!

下記、 『イーエムジャパン』さんのサイトより引用紹介します。

★2016年3月11日映画「蘇生」上映会 in 鎌倉!

東日本大震災から5年目の2016年3月11日に鎌倉芸術館でこの映画「蘇生」を上映することとなりました。すでにご覧になった方も、もう一度・・・初めての方は是非、ご覧になってください。 この地球を救ってくれるのは、私たち地球の生き物すべての 「祖」である、微生物たちなのかもしれません。

★2016年3月11日14:00~
★白鳥監督舞台挨拶&比嘉教授講演会
▼前売りチケットお振込み先▼
★2016/3/11「蘇生」鎌倉前売券ご購入★
振込み口座:ゆうちょ銀行:00290-7 47669
株式会社イーエムジャパン
振込み控え票⇒会場でチケットと引き換え














http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr165

紹介はここまでです。

お席に限りがあるので、早めの申し込みをおすすめします。

白鳥監督とは、OFFICE MASARU EMOTOで開催された映画WATERのプレ上映会で一度だけお逢いしたことがあります。約8年程前ですが、ご自身が大病になり、大変な体験の真っ最中でした。それなのに、透明感があり、まっすぐと先を見ている。人は、天命に出会いそれに取り組み始めると、病は自ずと消えていくことを、教えてくれているようでした。その当時、わたしも大好きな叔父が脳梗塞で倒れ、白鳥監督の話に、とても励まされた記憶があります。

癒し、ヒーリングも、起きるときは瞬時です。身体はそのエネルギーの変化についていけなくて、症状がしばらくくすぶるときもあります。でも、焦らずに、ゆっくりと、マイペースで、わが人生を、歩んでまいりましょう。全ては、あなたにとって、わたしにとって、起きるべきして起きている現象なのです。

微生物の健気さ、謙虚さは、生命を活性化し、生きる希望と勇気が湧いてきます。一生懸命生きることを学ぶよう、身を捧げてくれた数多の命のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピーマッサージ&教室

2015年11月29日 (日)

2016年3月20日(日)★南相馬&杉並トモダチプロジェクトの公演

Tomo

東日本大震災から4年半以上。

さまざまな支援がありますが、この度、私たちも応援している「ワークショップ支援チーム“つくるプロジェクト”」ののりさんより、南相馬と杉並の子供たちをサポートできる「南相馬&杉並トモダチプロジェクト」の公演のお知らせをいただきました。

「南相馬&杉並トモダチプロジェクト」とは、
福島県南相馬市と東京都杉並区の子どもたちが、ひとつになって歌って踊るグループ。
日本中のみんなに笑顔を届ける目的で、ダンス、歌を中心に、南相馬との交流の継続を目的にした団体として発足しました。

公演が開催される来春には、南相馬市小高区の居住制限が解かれる予定です。
東京駅近くから、南相馬の街中まで1本で来れるバスも再開。
震災から丸5年経った南相馬の街と、人に会いに、出かけませんか?

子どもたちの笑顔、被災地の魂が、羽ばたきますように。
現地に訪れる、寄付など、できる範囲でのお心遣い、大歓迎です。

下記、メールを引用して、紹介させていただきます。

応援のお願い。

見に来てほしい公演のお知らせのお願いです(^-^)

★【南相馬&杉並トモダチプロジェクト
第3回公演
「みんなのうた ~行こう!僕らと夢の世界へ~」】
2016年3月20日(日)★
https://m.facebook.com/37tomopro/
https://youtu.be/m3fNWAxwf2E

南相馬&杉並トモダチプロジェクトの公演、今度の3月に決まりました。

南相馬と杉並、それぞれのキャストが、毎週元気に練習を重ねています。

合わせると30人以上のキャスト!南相馬と杉並、今年も歌とダンスで繋がります!!(^-^)
Since2011。今年のトモプロは、おニューのオリジナルステッカーに、こう記載しています。
なっぽさんが、震災をきっかけにしてこのチームをスタートさせてから、始めは遠かった南相馬が、どんどん近くなった。

たしかに、たくさんのことが変わって、テレビで被災地とか復興とか切り取られる日常がある。でも、トモプロのみんなには、その日常を形容する言葉はいらなくて、それぞれの土地に元気に暮らすキャスト同士が仲良しになって、ライバルになって、チームになって、歌っておどる。そのパワーは、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんを巻き込んで。ファミリーみんなで、みんな自身が楽しんでいます!

震災があるまで、南相馬という街を知らなかった自分は、南相馬に最初、泥かきの手伝いで来ました。自分が楽しめることをしてはいけない、と、ずっと思っていました。レッスンに初めて行ったとき、「避難していて…」って話しする子供に、なにも返せませんでした。悲しみに寄り添うような顔をするのが正しいと思って、いました。

でも、いまトモプロの子供たちを見ていると、そんなことをおもう自分はもういなくて。
そのときをそのレッスンをそのステージを、「楽しい」「うまくなりたい」ってがんばるみんなに、元気をもらって、います。避難していて、線量が高くて、遊ぶ友達が少なくて。そんな現実があったこれまでを経てきたとしても。ステージに立ったりできる仲間がいる、レッスンに行けば会える仲間がいる、杉並で同じ曲を歌う仲間がいる、それだけの想いを子供たちはたくさん放ってくれています。

公演場所は、南相馬市民会館『ゆめはっと』。
南相馬でいちばんの、とても大きなホールです!
東京からでも、南相馬までは、高速も、常磐道、通っています!四時間で来れます。
東京駅近くから、南相馬の街中まで1本で来れるバスも、再開してます、さくら観光。

公演の3月。そのときは、小高区の居住制限が解かれます。
ぜひ、南相馬に来てください、見に来てください(^-^)

様々に、応援を宜しくお願いいたします!!!
ここでお手伝いさせてもらってることに、感謝をこめて!

トモダチプロジェクトの協賛のお願い

協賛してくださる方を募っています。
われは、と思う方のご協力、お願いいたします。
お問い合わせ:http://37nouta.wix.com/tomopuro

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピーマッサージとお教室 

2015年10月 6日 (火)

山形でのアロマテラピー講座 と 10/12『妻の病 レビー小体型認知症』の上映会at調布

東日本被災地でのアロマテラピー支援を続ける「元気アロマ・ネット」からのお知らせです。※募集は無事に終了しました、ご協力ありがとうございました。

併せて、「元気アロマ・ネット」事務局の方からのお知らせで、調布での上映会もUPします。

★元気アロマ・ネット情報【2015.10.1】講師募集@山形

「東京、山形、福島などで原発事故避難者のご家族をサポートしているきらきら星ネットさんが、アロマ講座の講師を募集しています。

山形で6月、8月に実施した際にも、アロマネットで応募いただいた講師が参加し、にぎやかで楽しい講座になったと好評でした。

今回もぜひ、アロマセラピストのどなたかに講師をお願いできれば思います!

* アロマ講座 講師募集*

山形・米沢
きらきら星ネット避難者相談室での
アロマ体験講座 講師募集
(募集2名)

主催:きらきら星ネット
http://kirakira.jejp.net/

対象:福島県の原発事故に より山形に避難したご家族を中心に
日時:
山形 10月31日(土)14:00~15:30
米沢 11月 1日(日)14:00~15:30
募集:山形1名、米沢1名
※両日ご希望も可能です
※締切は10/15、先着順

15~30人ぐらいの参加者 にアロマ体験講座をしていただくボランティアを募集します。
8月の米沢での様子が以下FBペー ジ、8/22エントリーでご覧になれます。
きらきら星ネットFBページ
https://www.facebook.com/kirakiraboshinetjapan 

交通費(東京~山形)と謝 礼が支給されます。
材料費は上限3000円支給があ ります。

当日は事務局は同行しません ので、主催者と直接連絡をとれる方に限らせていただきます。

詳細は、お問い合わせいただいた方にお知らせいたします。
ご興味のある方は、まずはアロマ隊事務局にご連絡ください。
山形か米沢、ご希望があればお知らせください。
アロマ隊事務局
genkiaroma2011@gmail.com

*アロマ 隊では、ボランティア活動で使用できる植物油、精油を
随時募集しています。ご提供いただける方は、事務局までご連絡ください。

(元気アロマ・ネット情報 2015.10.1発行)
元気アロマ・ネット
http://genkiaroma.blog90.fc2.com/

Ise1

もうひとつは、ちょうど、10/12に調布市のたづくりで、伊勢監督のいせフィルムの『妻の病 レビー小体型認知症』の上映会もご紹介いただいたので、UPします。

入場料は1000円。伊勢監督のフィルムは、私たちの心の中に在る物語と愛情を静かに喚起してくれます。お時間が合えばお出かけください。

2015年10月12日(月・祝)

東 京・調布市文化会館たづくり 映像シアター/10時より/13時30分より/17時より 
 ※伊勢真一監督による10時の回上映後舞台挨拶、13時30分の回上映後トーク、17時の回上映前舞 台挨拶あり。
 主催:調布認知症支えあう輪  
 問合せ:042-483-1350(調布認知症支えあう輪)

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習