環境・農業と錬金術・隠された情報

母なる大地は、わたしたちの自然治癒力に直接関係しています。 調和と慈愛に満ちた農業と錬金術、自然療法は人類共通の財産です。 その裏側の歴史の出来事を、癒しの眼差しで包み込み、前進できますように。

2019年12月13日 (金)

「農薬」の種類を選ぼう!

自然療法では、食べるものがどれだけ私たちの健康に寄与しているかを常にみていきます。
食べるものは、私たちの体だけではなく、思想・感情・魂、そして環境にも影響するからです。
また、治癒を妨げているものを見極め、その原因を取り除くことも大切です。

Cimg1011

さて、自然治癒力を高める基本である自然農への取材を通して、遺伝子組換の技術がもたらすものを教えてもらいました。

●豊かな農地を、ほんの数年で砂漠に変えること
●何千年もの時間をかけて代々受け継いできた種が売買されることで借金を抱える農民が自殺するケースが多発していること
●本来は人々の絆が生れる農業が、種・農薬・堆肥を買うビジネスに変わってしまったこと
●みつばちが死滅してしまう農薬が使われていること
●戦争を通して、トラクターが戦車となり、化学堆肥 が火薬となったこと

火薬が化学堆肥、毒ガスが殺虫剤、トラクターが戦車。

とてもわかりやすいタイトルの「戦争と農業 (インターナショナル新書)」 本も出ています↓

農薬の種類によっては、わたしたちの健康を直接作用し、環境汚染にも荷担していることが判明している今、使い続けたいと思う人はいないでしょう。

そんな中、朗報が入りました!

世田谷区では、「ラウンドアップ」農薬を公共の場で使用禁止になったそうです。
隣の小さな狛江も見習いたい。と一人の市民として思います。

「農薬」の種類をちゃんと選べばいいんだ!
とうことで、まずは近所のスーパーにどんな農薬がおいてあるのかリサーチしに出かけてみました。

Dsc_2257 Dsc_2255

一店舗目では探せませんでした。

Dsc_2263 Dsc_2264 Dsc_2266

私も本当に良くお世話になっているホームセンターにはありました。

農薬コーナーは近づきたくなかったので、今まであえて、通ったことのない場所でした。
でもこれは、もしかしたら、無関心、無視のエネルギーを使っていたのかもしれません。

そして、農薬とは、豊かな農作物をえるために生まれた商品であることに立ち返ります。

そもそも、口にしちゃいけない農薬で、野菜を育てるというこの不自然な組み合わせに、気が付かなくてはいけないのは、消費者の私たちなのかもしれません。

まさに脳薬。脳だけが、それをいいものだと思いこんで使い続ける慣習が残るのです。

Dsc_2254

↑鈴木有機農園さんから分けてもらった、手作りの自然の肥料。ちょっと甘酸っぱくて美味しそうな匂いがするんですよw

補足になりますが、遺伝子組換の代名詞だった「モンサント社」は、バイエルが買収したとニュースで見ました。
本来は飢饉を救うために生まれた技術だと思って遺伝子組換技術に憧れた少女としては、否定なんてできせん。

健やかな環境を共有できるのなら、遺伝子組換も有りでしょう。
けれど、もはや遺伝子組換の技術は様々な不都合が生れる真実が分かってきています。

それでも、販売されているのは、買う人が居るからです。
わたしたち一人一人の意識が消費の在り方を変えていく担い手です。

初めて遺伝子組換えを知ったのは15年前。
私たち人間はもとより、小さなミツバチやミミズや微生物たちが、本来の仕事を出来ますように。

私たちは小さな命を大事にする農薬に切り替えていくだけでいいのです。

そして、私たち人間も、その小さな命にたく」さんの愛情を注ぐことができますように。

↑すごいでしょう!

太陽や月、水星、金星、火星、木星、土星、この地球外とダンスをしている生き物はたくさんいます。

この地球の営みを語るとき、地球という一つの丸い球を見るだけではなく、地星(=知性)をみることが、地球の進化という時代なのかもしれません。生きた虫や動物が、生きたまま衣になってくれたなら。

こんなエコロジーな発想が、自然療法の世界には際限なくあるのですwやめられませんねw

特にこの多様で愛に溢れたアイディアは、バイオダイナミック農法・から来ています。

クプクプでは、希望に溢れたこの農法を
Dr.ハウシュカ(フェイシャルケア、ボディケアでご提供しています)と、
マグノリア・アグリ・キャンパスで学ばせてもらっています。

 Dsc_2262_20191213232601

今から13年前、有機農業は、頭で考えるものではなくて、「土を食べれば分かるよ」と野菜も花も土が育ててくれることを教えてくれた仙台の鈴木有機農園さんと自然農への取材のきっかけをくれた2003年の「無添加生活」の雑誌。↑

 

●●●●種子法についてはこちらから↓

農業も豊かな食文化も、すべては1粒の種子から始まりました

「わたしたちが食べるもので困らなくていいようにその土地の風土に合った種を残そう」

これは、1945年、人間同士が殺し合う凄まじい本当にあった世界大戦に敗れた日本が取組んだこと。

飢えで苦しまないよう地産地消できるよう、農作物の種を代々守っていくことはとても大事なこと。

戦争だけじゃなくて、津波、台風、大雪、火事など様々な災害の困難はいつでも起きうるのですから、地産地消がとても重要です。

戦後、お米や大豆、麦の種子を守る「主要農作物種子法」が制定され、雪国なら雪国、風国なら風国で育つ多種多様な農作物が各地で継承されていきました。繰返します。その土地の風土で育つ種を守ることはとても大事なのです。

2018年4月。

日本国は、この「主要農作物種子法」を廃止し、 遺伝子組換えもOKの「種苗法」を採択しました。

地水火風の大地と農作業を通して、大地と直接つながりを持つ技術を継承してきた農家ではなく、
人間が作った室内で、遺伝子組換というわれらNIPPONの限られた環境で育つ技術ブランド。

それを作り出す企業の技術を世界に示すのが目的の一つ。
知的財産、素晴しい名目!

遺伝子組換作物を、わざわざ日本から輸入したい国はいったいどこに在るのかは皆さまの豊かな想像力にお任せします。

時は変わり、わたしが中学生だった頃。
今でも時折再会する幼なじみたちと↓
どんな小さな種も、時代の影響を受け、思春期を経て大人になってゆきます。

Jdsz4795

今から30年前、IT,バイオテクノロジー(遺伝子組換え技術)は花形の未来の職業。
その技術を学びたい!という漠然とした思いを持ちながら東京農業大学の付属高校に入学しました。

はかま姿で農大名物の「大根踊り」をする女子高生は、情報を鵜呑みにして遺伝子組換えの技術が、この地球の飢餓を救うと単純に思っていました。あの頃の私だったら、絶対に、この技術の作物を食べたい♪と純粋に思っていました。

大人になったいま、中学生や高校生たちに、遺伝子組換は素晴しい技術だけど、こういう副反応もあるんだよ、と淡々と伝え続けたいと思います。

そして、毒ガスマスクや手袋やゴーグルを付けなくてもいい、自然の農薬と堆肥を共有していきたいです。


クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン


妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

11/27(水) オーガニックコットン布良の「つどい」 at 狛江

Dscf0159

「一枚の布からはじまる、良質な暮らし」。

その名も、「布良(ふら)」。 

自然綿を手摘みして作られた糸から生れる、一枚の布です。
クプクプでも、フェイシャルやお手ふき等々、13年以上愛用しています。
このタオルが一枚あるだけで、「生活の質」が向上する優れもの。

●石けんや洗剤などを節約できる
●化粧品や美容液を節約できる
●洗濯物が減る
●環境改善に参加できる
●綿花から始める、衣の自給自足

などなど、知れば知るほど、かしこく、愛しさが増してゆく布タオルです。

オーガニックコットン布良の「つどい」

★日程 11月27日(水) 14:30~16:30 *時間が変更になりました!
★内容 布良の使い方と綿のおはなし
★ガイド:前島雄二さん(ふらのわ代表)
★参加費:500円(お茶、資料代込)
 夜の交流会 at SAMURAI:17:00~20:00 3300円税込 +お飲み物
 ボジョレー・ヌーボー解禁の前日に、ジャパニーズ・ライス・ヌーボーを囲みます

★場所:クプクプ(布良代理店・ふらっと狛江)
★お申込&お問合せ:申込フォーム または kupukupu@air.nifty.jp

環境、種、肌、子育て、ペット、介護等々、布良のタオルの活用方法のお話しを共有できますことを楽しみにしています。

Wata ←綿の花。ハイビスカスに似てるでしょう?

ふらのわ会代表の前島さんをお迎えして、クプクプでも初の「つどい」を開催します。
2005年に出会い、14年越しの願いが叶いました。

今は、和綿を育て、国産の糸や作品をつくるなど、布良を愛する環は、広がっています。

ふらのわ会では、和綿の在来種を全国に配る活動をされていた柚原先生をお招きするなど、貴重な勉強会にも取組んでいらっしゃいます。
↓2006年の写真です

 Yunohara

布良と初めて出会ったとき、その優しさと温かさに驚きました。
丁度、過呼吸の症状が続いていて、布良を首に巻いたら、呼吸が深くなるのが分かりました。
また、身につけものが、介護される人にも役立つことを教えてくれました。

手紡ぎの綿のあたたかさに包まれる幸せと、それらの布が、わたしの手元に届くまでの、遙かなる連綿とした労力にも感動しました。

環境への配慮が高い雑誌「セラピスト(BABジャパン)」さんに、布良を使っているアロマ・サロンとして、ご紹介下さったこともあります。

Dscf0140 Dscf0137

↑綿毛から、種をくりくり、くりぬいています。

今夏から、ふらのわ会では、綿を育てたり、糸を紡いだり、編んだり、衣を織ったりと、ふらのわ会員同士の交流や研究の場として、綿畑と宿泊施設「ふらのわファーム」を千葉県八街に開設されました。

かつては当たり前だった、手作りの衣や布。
素材である、綿・麻・リネン、等々も畑で育てていました。

「ふらのわファーム」 では、綿で作り一枚の布を通して、農業、収穫、糸紡ぎ、手織り、編み物、など、そのとおとい作業の一つ一つを共有する場所として、誕生しました。

この度の台風で、屋根が失われたそうです。
屋根も、綿の営みの復興も徐々に成し遂げられることを信じます。

春には、種を植え、秋には収穫をする。
そのような時間も共有する畑です。

マイペースなエコ会員から、ちょっと贅沢なグリーン会員など、布良をお使いになる方ならどなたでも、会員になれます。

●衣こそが、私たちの肌に一番近く、常に一緒の存在であること
●汚水の原因の約70%が生活排水であること

などなど、「布良」との出会いは、わたしにとって、皮膚と環境との関係、そしてなにをどう学ぶのか、を知る大きな出会いでした。

千葉の畑に在来種をもらったり、今は亡き田畑さんの糸紡ぎ体験に出掛けたり、インド綿の現状を取材したり、本だけで調べて満足するのではなく、現地に赴き、その経験を持っている先輩方の話を直接聞いて取材することの重要性も教えていただきました。

🌼一枚の布が、人生を変える。

みなさまと過ごす、午後の一時を楽しみにしています。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

 

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

EM菌が届きました~床下&床上浸水に微生物の力♪~


Dscf9755

床下&床上浸水など、一日でも早い復興と平穏な日々が戻ることをお祈り申し上げます。

311をきっかけに、アロマテラピー、フラワーエッセンス、環境回復のボランティア活動を通して、ご紹介したいことがあります。

浸水の掃除のお供に、EM菌を使ってみませんか?

使い方は極めて簡単。

●原液を、10~50倍に薄めて、散布したり、拭き取るだけです。

*ご入り用の方は、クプクプまでご連絡下さい。

留意事項
*500mlのペットボトルをお持ち下さい。
*10Lお預かりしています。無くなり次第、終了とさせて頂きます。
*被災されていなくても、EM菌を試してみたい方もどうぞ。

家中の空気が、さわやかになるのが分かります。
ハウスキーピング、キッチン、バス、トイレのお掃除にもぴったり。

311東北沖大震災時の時にも、津波で浸水したお寺や家に、このEM菌を薄めて定期的に数回散布しただけで匂いが止まった、それ以上の被害にあわなかった、という事例は沢山伺いました。

EM菌は、私たちの地球で、一体どんなふうに、働いてくれているのでしょう。
それにしても、使うほど気分が良くなっていくのがとっても不思議です。

今回、この貴重なEMを分けて下さったのは、床下浸水した農業&自然療法つながりの狛江の友人。
HIROMIさんの元に届いた大事なEM菌、大変な中届けて下さって有り難うございます。
HIROMIさんの Facebookの記事をシェアします。

Em1910 

EM菌!!!
40リットル+EMW

EM柴田農園の柴田さんが
地球蘇生プロジェクト...
被災地支援活動の一環で
『通りかかりだから届けるよ〜』と
届けてくださいました

並び五軒のご近所さんたちと
床上浸水した友人たちへもシェアして
ありがたく使わせていただきます

なんでしょこのチカラ
溢れ出ているもの
あ、菌だもの 醸してる

実は、このボトルが届く前、HIROMIさんにほんの少しだけ、EMWをおわけしたら・・。
なんと、わたしにまで1000倍返しというこの現象。すごいですね。。


クプクプ以外での配布予告

11/27 狛江の高木さと子市議さんの勉強会(狛江市商工会館 午後3時から4時半)にも持ち込みます(多摩川清掃ボランティアのご報告もします)
11/4 「超自由な”日本国憲法”読書会」 でも残っていたらおわけします。

 

編集後記

今回、10lものEM菌さんが届いたので、思い出を振り返ってみました。
2011年311後、EM農業を実践する鈴木有機農業さんの畑で。

R0010924s 

わたしとEMとの出会いは、今から約15年前。
自然農を取材する雑誌で訪れた鈴木有機農業さんとの出会いでした。

コシヒカリ、ササニシキ、絆米。どれを頂いても美味しすぎるお米、そして野菜を作ってらっしゃいます。

「本物の有機かどうかを知りたいの? 土を食べたら簡単に分かるよ」

鈴木さんは笑顔でそう教えてくれて、わたしに、北海道で酪農と農家をしていた祖父を、全身で思い出すきっかけを下さいました。

下記、EMの感動的なドキュメンタリー映画をご紹介します↓

 

 下記は、2013年秋に訪れた折の鈴木有機農業さんの絆の井戸。
311の年、仙台市は津波の影響で塩害を多く受けた土地の一つ。
やむなく、たんぼに水をひくことをあきらめることになりました。

けれど、鈴木さんは農家。

毎年、楽しみにしてくれているお客様のためにも、美味しいお米を作り続ける意志と情熱を止めることはできません。

従来培っていたEM菌を愛する沢山の仲間と比嘉会長とともに、井戸を掘り、地元の大地からお水を運び、震災のその年に、見事なお米を収穫しました。

Dscf9757 Dscf9761

2012年には、友人の紹介で、EM菌をこよなく愛する高坂早苗さん(アースキーパー・ネットワーク主宰者)をお迎えし、勉強会をしてもらったこともあります。

このEM1は、お米のとぎ汁とお砂糖があれば、ずっと作り続けることができるんですよ★

過去の記事↓

仙台:「絆の井戸」

絆の井戸 in 仙台

震災から5年~命ある限り~ドキュメンタリー映画「蘇生」

どうぞ、遠慮無く、このEM菌に頼ってみてくださいね。

私たちの現状と未来を変えるのは、今ここで決断と行動を起こすだけ。

その道を作って下さっている先人たちは沢山います。
EM菌のように繋がって、自分自身を変容させていきましょう。

鈴木さんからとても嬉しいニュースが届きました。

なんと、鈴木さんがずっと農業指導をしている小学校でたんぼを持つことになり、もちろんEM菌も取り入れたんぼ!!!
伝統の種をひきつぎ、伝統農業をとりいれ、地産地消していく本来の姿が、実現しているのです。
鈴木さんすごい!!!!素敵すぎます。嬉しいニュースを、ありがとうございます。

地球蘇生プロジェクトを主宰する 白鳥監督のドキュメンタリー映画「 蘇生2」に、鈴木さんも登場されているそうです。
わたしもまだ観ていないので、拝見するのが楽しみです。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

 

| | コメント (2)

2018年11月22日 (木)

電気も「産直」!選べる時代です

2018

日本でもようやく、再生可能エネルギーを、自由に選択できるようになりました!パワーシフトの自由化の時代。どこの電力会社を選びますか?

クプクプでは、身も心も温まる「アロマテラピー」で、「グリーンピープルパワー」さんの電気と共に、おまちしています!

毎日の生活を、春夏秋冬支えてくれる電力。

その電力のエネルギー源は、環境と密接に関係しています。
自然を奪ってしまうのか?あるいは、再生可能なスタイルなのか?
これは、わたしたちの健康とも、直結しています。

1121gpp2
クプクプも、この夏、社会の未来を考えるホリスティック教育研究所など様々な活動に取り組む今井啓子さんのご紹介で、自然エネルギー100%の電気の供給をめざし、再生可能エネルギーの電力を送る「グリーンピープルパワー」さんに切り替えました。

早速、代表の竹村英明さんを電気のお話会でお迎えしました。

有り余る情報に圧倒されながらも、「再生可能エネルギー」にシフトしてゆくことで、調和と協調に満ちた社会循環が可能になる、という明確なビジョンを描くことができました。ありがとうございます。(↓竹村さんとクプクプメンバー)

Gpp_2

調布のアースディ仲間でもある、「原発のない暮らし@ちょうふ」さんのサイトから引用し、電力自由化で、「再生可能エネルギー」を選ぶポイントを、ご紹介します。

●パワーシフト・キャンペーンが重視する点(評価基準)●

1. 電源構成や環境負荷、などの情報を一般消費者にわかりやすく開示していること

2. 再生可能エネルギーの発電設備(FITをふくむ)からの調達を中心とすること

3.原子力発電所や石炭火力発電所からの調達はしないこと(常時バックアップ分は除く)

4. 地域や市民による再生可能エネルギー発電設備を重視している 

5. 大手電力会社と資本関係がないこと

パワーシフトキャンペーンが推薦する、再生可能エネルギーの電力会社は →こちら

電気会社の支払先を変える、ということは、その電気会社が取り組んでいる電気に、お金を払うことになります。

下記、ご参加いただいた皆様のQAを、クプクプなりにまとめて紹介します。

●電気はどこから買っても同じでは?

→いいえ!違います。

原発はやめたいな、と、迷っている間にも、原発に資金をつぎ込む東電に支払いを続けていたら、結局は原発マネーを払っていることになるのです。

ですから、切り替える電気会社が、「電気の調達先」をどこから持ってきてるか?がとっても重要です。

●停電やトラブル対応など、大手電力会社でないと心配

→心配ありません。

万が一、需要が足りない場合、2020年までは、東電がカバーします。現時点では、大手電力がバックについてます。2020年以降は、再生可能エネルギー同士で、お互いの連携をとるプロジェクトの準備が進んでいます。

●切り替えが面倒くさいのでは?

→いいえ、簡単です。

切り替えはいたって簡単。新電力会社に、電話をするだけ。
その際、今までの契約から金額が変わるかどうかも、きちんと相談に乗ってくれます。30A以下の契約の場合は、負担が増えます。それでも、再生エネルギーがいい、と契約さる方もいらっしゃるそうです。さすが、意識が高いです。

●金額は高くなる?

→大手電力会社とほぼ同じか少し安いくらいです。

ただ、契約アンペアや使用量によって異なるので、料金表で確認しましょう。
契約したい電気会社に相談するのもありです。その際対応が悪ければ、その会社を選ばなければいいだけです。

Dscf6963_2

悩んでいる間も、私たちは常に電気を消費していきます。

契約している電力会社が、原発に投資する会社だったら、原発の再稼働に、投資していることと同じです。

「立ち入り禁止の電気に頼るなんてやだ!」と思ったら、とりあえず、変えてみる!

そんな気軽な感じで、電気を選べる時代です。何か違うなと思ったら、また変えればいいのです。

今、クプクプでお世話になっている「グリーンピープルパワー」さんは、再生可能エネルギーの他、地域資源を活用した電気、市民の力を結集した電気、を視野に入れています。

わたしたちと、クプクプのお客さまを温めてくれる電気。

再生エネルギーで、少なくとも、環境への負担が少ない電気であることは本当に大事です。自然療法を愛する皆様もぜひ、顔の見える電気会社から、お選びくださいネ。

いずれは、自家発電、この夢もあきらめませんよw

その際、注意点もいくつか教えていただきました。
クプクプの今までの取材活動も絡めて、ご紹介します。

Gpp1
↑勉強会には、わんちゃんも参加♪ありがとう。

●会社名だけで選ぶのは禁物

→必ず、電気の調達先を確認しましょう。

名前は、あたかも、エコロジーな自然な名前でも、既存の大手電力であることもあります。ご注意ください。

●原子力損害賠償・廃炉等支援機構

→立派な名称がついていますね。

廃炉に向けて予算を使っているとして、実際に、廃炉のニュースは見かけますか?いかにも、廃炉予算のように見えますが、実はもともとの、原発事故処理にかかる損害賠償のお金を、国から、つまり税金から流し込むためのタイトル。原発の歴史は、名前と実態が違う、という一言に尽きます。

福島原発事故を起こした東京電力は、事故処理に対して一円も負担金を払っていない。という話を聞いたことありますか?使われているのは私たちの税金という現実。

東京電力は、TEPCOに、名前を変え(名前を変えるのにどれだけの経費がかかるのでしょう)、過去の記憶をも書き換えようとしているのでしょうか?

その過去の記憶を書換えることに協力しているのは、一体誰なのでしょう?

名前を変えるのは、歴史の常套手段。名前の印象で決めるのは、危険だということをしっかりと覚えてましょう。わたしたちは、本当に、疑うことが苦手な存在。真実を見る目を養い続けることが大事です。

ブラックボックスで作られていた、選べない電気を押し付けられる時代は終わり!!

節電も続けながら、わたしたち一人一人が、こんな電気がほしい!と声を上げ、その電気を作ってくれる電力会社の電気を使ってゆけば、エネルギー問題は、近い将来、ストレスではなく、希望にかわります。

Img_4545

冬は、火元に十分気を付けながら、ろうそくを灯してみると、身も心もあったまります。

電気の勉強会の資料は、クプクプにありますので、ご興味のある方はお声がけください。

今回は、現「日本国憲法」を、「生きるヒントと癒しのメッセージ」として学ぶ目的で生まれた「ナチュロナインカフェ」との共催でした。

電気のお話は、日本国憲法だと、下記の国民の権利と関連するのかなと思います。大地を破壊し、奪い合う電気エネルギーではなく、再生可能で、健康被害がなく、雇用も生み出すエネルギーを、いち日本人として希望します。

第三章「第25条 生存権及び国民生活の社会的進歩向上に努める国の義務」
1.すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する
2.国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障、および公衆衛生の向上、及び増進に努めなければならない

以上です。いかがでしたか?

わたしとしては、普段は使わない、電気の専門用語、日本国憲法は、知恵熱が出そうです。けれど、私たちの自然治癒力を妨げる環境や社会に直結しているので、ちょっとずつですが、学んでゆきたいと思っています。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (1)

2018年11月16日 (金)

深刻な海のプラごみ汚染 ~ふろしき生活という解決策

Mpgomi

↑プラスティックが漂う海の写真。

私が幼少期の頃は、自然界に所属する動物たちが人工的なモノに囲まれている写真をみる機会は、あまりありませんでした。

既に、生活は、プラスティックが在って当然で、サランラップ、タッパー容器、ストッキング、フリースの洋服、ペットボトルなどに溢れていました。

便利で軽い、プラスティックの生活が、こんな風に、海に住む動物や小さな命に(それはもちろん、大きな体格の命にも影響してゆくのですが)影響するなんていう想像力は、ちっとも、持ち合わせていませんでした。

↓オランダの少年が、日本の海のプラ問題で活躍してくれる映像。

彼の決意の目には、命に対する真摯なまなざしの火が宿っていて、心が打たれます。まるで、海王星から来て、海の命を守る尊い使命を果たす目的で、この地上におりたったような、そんな映像です。【The Ocean Cleanup】   

決心すれば、過去の常識も、机上の空論も、何も邪魔しないことを教えてくれます。

そして、このプラスティック問題の解決策は、わたしたちの毎日の生活次第という現実。

子どもの頃から、プラスティックに頼って育ってきた世代ですので、今更、プラスティックだけを悪者になんて、出来ません。プラスティックに出来る恩返しは何だろう?

Img_7648

今身近にあるプラスティックを大切に使って、環境汚染のない素材の生活を復活させること。

そんな生活を、大学生の時から続けているのが、ふろしき王子の横山功くん。

Isao

身につけているモノに、シャラシャラする音の素材はなく、綿や麻などの天然素材。

ふくろも、げたも、循環できる素材を、もう20年近く続けていらっしゃいます。

マイクロプラスティックの問題を解決するのは、私たちの生活次第。

ふろしきという解決策で、まったなしの海の環境を、変えていきましょう!

日付 11月17日(土)
●午後(お茶菓子込) 14:30~16:30 場所 岩戸南クプクプフレンドハウス

定員 各回8名さま(お子様連可) *残3名
参加費 4,000円

●チェック

現在の重心の位置
体を安定・不安定
重心と骨盤のゆがみ関係

●マスター

スタイルがよくなる「ナンバ歩きと忍者はしり」
スマフォ疲れを解消!「手押し相撲 」
環境への負担を少なく「風呂敷の使い方とプラスティック減生活」

功くんの本は、子どもとも遊べるとっても面白いネタですよw

海の生き物たちは、人間の老廃物だけではなく、生活から生れる自然界に存在しない、廃棄物を、浄化してくれています。

シュタイナー博士の医術アントロポゾフィー実践医である、内科医山本忍先生の本「心臓の秘密」には、魚は、人間が汚す、海と空をきれいにしている、と述べられていました。

本当にその通りだと思います。

私たち人間は、海や山に限らず、この地上に生きる多種多様な命を犠牲にして生活しています。それは目をそらすことの出来ない現実です。そういった現象を届けてくれる、テレビやパソコン、スマートフォンの中に、レア・メタルと呼ばれる、地中の中にいた、かけがえのない鉱物が存在し、再利用をしないので、そこに生きている先住民や動物たちが、その生活の場所を追われている。夢の国なんて、この地上にも、宇宙にも、どこにもない。自分で、今この瞬間の選択肢を変えてゆくしかない。

「深刻な海のプラごみ汚染」、「マイクロプラスティック」の問題には、まったなし。の人類共通の課題です。

ふろしきという解決策で、一緒に実践しましょう!

★11/5の東京新聞情報から↓

●2030年までに、EUではプラ容器・包装材の使い捨てをやめる方針を打ち出しました。

●6月にカナダで開かれた先進七カ国(G7)で、プラスティックゴミを減らすための「海洋プラスティック憲章」が示されたそうです。欧州勢、カナダが署名する中、アメリカと日本は、署名を見送ったそうです。

日本国はプラスティックを減らす憲章に同意できないそうです。

でも、わたしのまわりの日本人の友人は、既に、プラスティックレス生活に取組んでいます。この矛盾の壁が、低くなることを願います。

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2018年11月15日 (木)

「パワーシフト」という脱原発活動

1121gpp2

来週は、クプクプにて、「グリーンピープルズパワー株式会社」さんをお招きして、初めての電気の勉強会を開催します。参加費は300円。

ハーブティ付なので、お茶とお喋りをするくらいの気楽な感じでお越しください。電気の取引先を変える事を強制したりはしませんのでw、ご心配なく。ただ、節約に繋がる可能性はあるので、電気料金表をお持ちくださいね!

一緒に考えたいのは、毎日使っている電気が、どこからきて、誰が作っているのか?ということです。

どうぞご気軽にお立ち寄りください。
お子様連れも大歓迎です。

日 時:11/21(水) ①13:00~ ②14:30~ ③16:00~
(途中からの参加や退席もOKです◎)

場 所:『クプクプ アロマテラピー自然療法サロン
    小田急線狛江駅バス8分 京王線つつじが丘バス7分
    狛江市東野川2-21-4

参加費:300円(ご参加の際は電気料金明細書をお持ち下さい )
お申込フォーム(クプクプ宛)

<お申込・お問合 グリーンピープルズパワー株式会社宛>
 メール:wakatsuki@greenpeople.co.jp
 件名:11/21電気の相談会atクプクプ
 本文:お名前、参加人数
 Tel 03-6274-8660

共催 グリーンピープルズパワー株式会社×クプクプアロマテラピー自然療法サロン

下記写真は、去年の福島の原発の前。
ドイツのフラワーエッセンスの先生コルテさんと、ネイチャーワールドの玉井社長、そして、フラワーエッセンスの富井さんと。彼らは、毎年、福島の原発を訪れ、海と川の浄化活動をされていて、私もご一緒させていただきました。

Fukushima1711_4

原発はまだ存在していますし、汚染水や放射能の問題は、ちっとも片付いていません。

でも、契約先の電気会社を見なおすだけで、脱原発活動になったりするのです。

面白いですね。問題は後回しにしないで、ひとつひとつ、片付けてゆけば、必ず希望は見えてきます。

皆さんの省エネアイディアも、ぜひ、教えてください。

いつも、様々な情報を惜しみなく分けてくださる、大先輩からメッセージをもらったので、下記にシェアさせて頂きます。

原発を止めるためにも電気を選択することから始まる訳で、
電源がどうやってつくられたか中身を知って選ぶということが大事であり、
そういう会社や事業者を多くの消費者が選べば、
将来のenergy政策を変えることが出来るんだと改めて理解しました。

沢山の再生可能energy発電事業者が生まれますように。

では、来週の水曜日の午後の昼下がり、お会いできますことを楽しみにしています。

1121gpp

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2018年10月24日 (水)

ふろしき王子に学ぶ ~重心の位置で「生き方」が変わる!

Isao

体の治癒力、潜在能力は無限大!

古来からの体の動作を学び、本来の重心を体感してみませんか?

重心の位置がしっくりくると、血行が良くなって腰痛や肩こりが減り、疲れにくくなり、楽観的になるなど、「生き方」そのものが変わります。

風呂敷愛好家「ふろしき王子」こと横山功さんと、実際に体を動かしながら、即実践&一生役立つ「重心」と「風呂敷」をマスターしましょう。

もちろん、風呂敷の様々な使い方、ゴミ激減生活の知恵もシェアしていただきます♪

日付 11月17日(土)
●午前(ランチ込) 10:30〜13:00 場所 クプクプ
●午後(お茶菓子込) 14:30~16:30 場所 岩戸南クプクプフレンドハウス

定員 各回8名さま(お子様連可)
参加費 4,000円

申込フォーム
FBイベントページ

●チェック

現在の重心の位置
体を安定・不安定
重心と骨盤のゆがみ関係

●マスター

スタイルがよくなる「ナンバ歩きと忍者はしり」
スマフォ疲れを解消!「手押し相撲 」
環境への負担を少なく「風呂敷の使い方とプラスティック減生活」

功くんの本は、子どもとも遊べるとっても面白いネタですよw

マイクロ・プラスティックの問題は、毎日の生活を変えることで、解決できます。小さな命を守ることは、この地球の全ての環境をよりよい方向に導きます。

プラスティックへの敬意も忘れずに、使う量を少しだけ減らしていく。
それは、私たちが、今、すぐに出来ることです。
これを機に、風呂敷生活、楽しみましょう。

一枚のふろしきがあれば、リュックを作ったり。

1612furoshiki_3

帽子を作ったり・・。

1612furoshiki_5

忍者ごっこウェアになったり・・

1612furoshiki_4

他にも、手袋もなるし、急に泳ぎたくなったら、水着にだって、変身ですよ。

風呂敷の未知なる可能性もご堪能下さいねw

最後に、わたしとふろしき王子との出会いを、振り返ってみました。

自然療法&飲み仲間、アロマトピア編集長の林さんが、妹の結婚式の余興で、「ドジョウすくい」をやる!ということで、和の体使いに詳しい、ふろしき王子に相談をしたところ・・

「それだったら、先ずは本物のドジョウを、すくう経験をしなければ、腰が使えない!」と王子。

そこで、、早速ワンディ・ドジョウすくいレクチャーが始まりました。

Dscf1569

ということで、当時浅草にいた王子は、大都会の屋上で、林さんのために、ドジョウすくいの練習の場を用意してくれました。こんな風に、プールに水を張って、ドロを張って、ドジョウまで用意してくれたんです↓

Dscf1585

ものすごい友情。感動しました。

わたしとハーバリストの狩野さんも、ご一緒させていたのが、運命の出会いでしたw。2009年5月の出来事です。多謝。

師匠の元で、ポーズだけは、きまってきましたw↓

Dscf1588

振り返ると、あの夜も満月だったのかな。。月がきれい↓

Dscf1574

最後は、師匠と一緒に、ドスこいの姿勢で集合写真↓
それにしても、10年の月日は早いね、みんな若いw

Dscf1586

その後、狛江のクプクプでも、風呂敷レクチャーや、
今年の7/15のホリスティックレッスンat狛江でも、登壇して頂いたり、ご縁が続いています。

風呂敷を毎日の生活に取り入れる気持ちよさを教えてくれた師匠!ありがとうございます。

それでは、この秋、狛江にて、ふろしきと重心と体の世界を堪能しましょう。

ニュース!!
ふろしき王子は、「マツコの知らない世界」11月6日放送予定にご出演が決まったそうです。楽しみにしています!

出会った頃は、20代だった王子も、今は、3児の父。ふろしき王子が少年のママなのは、ひとえに、内助の功。功くんのパートナーを見習って、女性らしく、おおらかに、自由に、夫も子どもも信用する。見習いたいです♪

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2018年10月17日 (水)

11/21 電気の相談会atクプクプ ~次世代の子どもたちと どんな電気をつかいますか?

1121

クプクプにて、電気の相談会を開きます!

お話していただく「グリーン ピープルズ パワー」さんは、自然エネルギー100%の電気の供給をめざしており、ご家庭やお店に電気を売っている会社です。

電気は、選べる時代になりました。毎日つかうものですから、ぜひ、この機会に気軽に学び理解を深めてみませんか?1121gpp2

「電気の相談会at クプクプ
~次世代の子どもたちと どんな電気をつかいますか?」

電気は、どんな人たちがつくってくれたの?
どこの地域で生産されたの?
原材料は何を使っているのか?

食べ物、着る物と同じように、電気もフェアトレードやオーガニックなものをお選びいただけます。

電気の相談会では電気の生産者と、それを使う人たち・使いたい、と考えている方々の希望を結びつけ、いっしょに学び、つながるエシカル電気をつくっていけたらと考えています。

・自然エネルギーの電気を選びたい方。
・省エネの暮らしを目指す方。
・電気料金を見直したい方。

どうぞご気軽にお立ち寄りください。
お子様連れも大歓迎です。

日 時:11/21(水) ①13:00~ ②14:30~ ③16:00~
(途中からの参加や退席もOKです◎)

場 所:『クプクプ アロマテラピー自然療法サロン
    小田急線狛江駅バス8分 京王線つつじが丘バス7分
    狛江市東野川2-21-4

参加費:300円(ご参加の際は電気料金明細書をお持ち下さい )
お申込フォーム(クプクプ宛)

<お申込・お問合 グリーンピープルズパワー株式会社宛>
 メール:wakatsuki@greenpeople.co.jp
 件名:11/21電気の相談会atクプクプ
 本文:お名前、参加人数
 Tel 03-6274-8660

主催 ナチュロ9カフェ
共催 グリーンピープルズパワー株式会社×クプクプアロマテラピー自然療法サロン×さかぐち鍼療所

国連が掲げる、2030年までの目標SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」も、クリアできます♪

まずは、気軽に、お話を聞きにいらしてください。

1121gpp

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

調布駅前広場に市民の希望を!

調布アースデイさんのつながりで、「樹木を守る会」に教えていただいた「調布駅前広場に市民の希望を!」の会に参加しました。

午後は、環境を積極的に浄化するせんざいに、30年来取組んでいらっしゃる曽我社長のお話会があるため、途中まででしたが、充実の時間でした。*せんざいのご報告は、これまたすごいので、クプケアなどでも、改めてご紹介させていただきます♪

さて、「まちの賑わいをとりもどす  ポスト近代都市計画としての「都市デザイン」」の著者でもあられる「中野恒明氏トーク」、とても勉強になりました。

Img_7772

まず、中野恒明先生のオープンで、国際的な視点が沢山ちりばめられたトークにすっかり打ち解けてしまいました。

そして、駅というのは本来、生活している人が中心で、日々使う人の動線といかに気持ちよく、心地よく教諭できるか、大切、という視点にほっとしました。

中野先生は、門司港、小倉都心部、那覇国際通りなど、緑と共に都市デザインに取組んでいらっしゃったそうです。世田谷や新宿の樹木のある並木の仕掛け人に、中野先生在り。人が集い憩いの場には、樹木在り。そういう設計図を描いている都市デザイナーの第一人者であられます。

中野先生は、海外とのご縁も深く、今、ヨーロッパでは、車が中心ではなく(障害者向けの一時駐車への配慮有)、車や自転車は、駅から少し離れた、ちょっと安い土地にプールさせるのが常識だそう。

羽田空港の例で、時間通りにバスが入れるのは、近くに、バスやドライバーたちも、少しゆっくり待機できる、パークがあるから実現できたそうです。

私も最近、バンコクでタクシーに連れ合いと乗る際、とても合理的に(遠距離、中距離、短距離のブースがあって、番号札をとり、その番号のレーンにいって、乗り込むなど)整備されていて、感動しました(今更ですが・・)。

渋滞なんて、誰一人いやです。だから、行政も、ドライバーも、案内人も、みんな努力を重ねています。

こういう風に町作りを考えてくれている建築家や、行政の方々がいらっしゃると知れば、意見を言うことは自由なんだなって、思えます。その何気ない意見を、聞き入れてくれるのですから、励みになります。*実現できるかどうかは予算やタイミングにも寄りますがw

そして、この建築ジャーナル 特集 のタイトル。

ずばり、「木を伐るな 2018年1月号(東日本版)」です。

この会を主催して下った「樹木を守る会」のメンバーは、一生懸命この本を読み込み、中野先生への思いを寄せたそうです。

そしたら、実は、中野先生も、調布駅前の再開発メンバーとしてつながりがあったとのことで、今、木が沢山伐られてしまっていることには、とても思い入れがある、とお話し下しました。けれど、建築家には、アイディアは出せるけれど、それを施工する権限はないのだ、ともおっしゃっていました。

そこで大切なことは、やはり、一人一人の市民の思いです。

ドイツの事例は興味深かったですよ。
ドイツでも、行政がいくら案を出しても、国民は、ブーイング。というは当たり前。
ではどうしたらいいのだろう?

例えば、今回の調布駅前の木々をどうするか?

を例にすると、

ドイツでは、住民側に代替案を一年後に提出してもらうことを提案しているそうです。

そして、住民側は、1年間の間に専門家を雇って、代替案を出すのだそうですが、そうすると、結局、もともと行政が提案していたアイデアとさほど変わらない、というケースが、実に多い、ということがわかったそうです。
※専門家への負担は、行政より、予算を出すそうです。

興味深いですね。そして、コレこそが対話です。

中野先生は、今は、新潟駅に携わっていらっしゃり、正にそれは、調布駅前開発に関わったからこそ、とおっしゃっていました。

まさか、調布駅の今、と新しい新潟駅に関連があるなど、出席しなければ知り得ないことでした。

「調布駅前広場に市民の希望を!」では、
今の市長の考え方への理解、そして、それを受け入れるのか、
市民が理想とする代替案を提案し、実践してゆくのか、
は、やっぱり、一人一人の市民によることを実感しました。

Img_7773

改めて考えてみると、出勤時に毎日使う駅。

○コンクリートの塊
○商業施設の駅ビル
○バスと自動車と自転車のたまり場
○巨木の陰のあるカフェ

わたしなら、巨木の陰のあるカフェの在る駅に住みたいな、と思います。

現に、田園調布はそれで成功している駅ですね。

徒然レポートになってしまいましたが、「樹木を守る会」さんと、調布アースディさんのおかげで、また新しい、世界をのぞくことが出来ました。多謝。

今、世界のスタンダードは、駅前は人中心。人は緑を好ましく迎え入れる。ということがわかっているからこその、都市デザインだそうですよ。

中野先生、「樹木を守る会」、その他沢山の関係者や参列者の皆さま、有り難うございました。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2018年6月 5日 (火)

環境の日とクプクプの「選んで楽しいセルフケアセミナー」ご紹介

6月5日は環境の日。

健康の柱にあるのは、なんといっても、私たちを取り巻く環境です。

水、空気、大地、燃料エネルギー、樹木や草花や小さな動植物。

それらが健全であれば、私たちも健康ですね。とてもシンプルです。

6/10(日) 「ママこれいいね」せっけん体験会のお知らせはこちらから。
使うほど、台所のお掃除の手間を省けるので、家事が楽になります★

Wala001

インターネット上に情報を載せるのは簡単ですが、やっぱり体験して納得してゆくものをご紹介していきたいと思っています。

そのような思いから、気軽に体験できる会を準備しました↓

クプクプの「選んで楽しいセルフケアセミナー」
(随時受付:2名~6名@
3000円

からだと心に嬉しいお話しとごはん 120分

肌から心身を癒ヒーリング美容術 90分
フラワーエッセンス体験 90分

産前産後ケアのアロマテラピー教室 90分
月経美心 布ナプ・妊活・更年期 90分

シンギング・リン・ペア 虚空ミニ60分
願い事を叶えるアロマフレグランスづくり60分

Img_0986

複合汚染がささやかれてから半世紀。私たちの営みが原因だと分かっていても、どんどん悪化しているように見えるこの環境。

私たちが、自分でできることは何だろう?

その一つに、毎日使うものを、環境に負担をかけない、循環を促すものに変えてゆく、という選択肢があります。

毎日使う、せんざいやお水、そして、食事の質は、健康をそのまま左右します。

そして、この循環型の商品というのは、環境だけではなくて、私たちの全てに、すごくいい感じ、になるのをご存じでしょうか?

使う度に蘇るのは、環境だけではなくて、私たち自身なんですね。

Img_0780 Img_0988

わたしも、アロマテラピーと出会う20年前は、そんなこと考えたことも、ありませんでした。

肌も、10歳は若返ります。これは、自然の法則に従えば、いとも簡単なことなのです。

どうぞ、気軽に、お試し下さい♪

※「環境の日」とは、1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本では「環境基本法」(平成5年)が「環境の日」を定めています。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)