クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

上映会

赦し・愛・絆・真実・土壌を癒す農法など、自然治癒力が高まる作品を上映しています。

2018年3月13日 (火)

3/21 自然療法家のための映画会「happy」と「いのちを救う食卓革命」

3/21は春分の日。

新しい季節、時代への分岐点です。準備は、できていますか?

アロマセラピーサロンのクプクプの樋渡志のぶ&ひまわりホメオパシーの藤田円の共催で、自然療法に関わる人達と楽しむ映画会を企画しました。

Happy Knife

しあわせにはいろいろな形があります。

あなたの理想のしあわせはどんな風ですか?

「食べたらしあわせ」という方もいるかも知れません。
私もその一人です♪

「しあわせ」と「食と医療の関係」について一緒に映画を観て、新しい発見をみつけてみませんか?

自然療法に興味のある方なら、誰でも参加できます!

●●●3/21 11:10~12:30●●●

『happy – しあわせを探すあなたへ』

<内容>

アカデミー賞ノミネート監督ロコ・ベリッチ (『ジンギス・ブルース』)が放つ、幸せを テーマにしたドキュメンタリー。 本当の幸せとは?どうしたら私たちはより幸せになれるの か?日本人プロデューサー清水ハン栄治と共に GNH(国⺠総幸福量)で話題のブータンなど 5 大陸 16 か国を巡る 4 年間のロケを敢行し、心理学や脳医学の世界的権威と発見した幸福度 を高める鍵とは?製作総指揮は『ナッティ・プロフェッサー』『ブルース・オールマイティ』 監督のトム・シャドヤック。

●●●3/21 13:30~15:00●●●

「フォークス・オーバー・ナイブズ – いのちを救う食卓革命」上映

<内容>

約半数の国民が何らかの薬を常用し、3人に1人が糖尿病を発症、毎年100万人が心臓疾患とガンで命を落とすと言われているアメリカ。医療費の増大が社会問題となり、ダイエットが注目を浴びる一方で、真の問題は見過ごされたままになっていた。しかし、動物性食品こそが不健康の原因だと唱えるこの映画は、問題の本質を明らかにし、多くの人々の支持を得て全米で大ヒットを記録することになった。

見れば自分の食生活を見直すきっかけになるはずだ。食(フォーク)はメス(ナイフ)を征するという事実を明らかにする衝撃作である。

<プログラム>

10:40開場
11:00ー11:10 ご挨拶
11:10ー12:30 happy 上映
12:30ー13:30 ランチタイム&シェアリング
13:30ー15:00 フォークオーバーナイブス上映
15:00ー16:00 お茶を飲みながらシェアリング
16:30閉場

<参加費>

1日 5500円
午前の部(ランチ込) 3000円
午後の部(お茶おやつ込) 3000円
午後の部+ランチ 4000円

最終的締切は18日です。

<会場>

ニイニ

地図⇨http://www.nini.co.jp/access/access.html

   JR京浜東北線 西川口駅 東口より徒歩10分

参加は、フェイスブックのイベントページから

お使いになれない場合は、クプクプの樋渡までご連絡下さい。

わたしも、ハッピーになりたい一人。
そのためには、誰かが苦しんでいたら、心からハッピーにはなれません。

でもね、誰かの笑顔を見たいなら、まずは、自分の笑顔から。
こんなに簡単でお金のかからないことはないですねw

ハッピーがたくさんつまった、自然治癒力が高まる映画を、2部制でお届けします♪美味しいベジランチも、ぜひ、ご一緒しましょ★

クプクプ&ひまわりホメオパシーでは、アロマテラピー、フラワーエッセンス、ホメオパシーを柱に、みなさまのハッピーをサポートしています。気軽にお問い合わせください。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年2月 8日 (木)

2/11『未来へ続く道2018』 出店のご紹介♪

2/11の『未来へ続く道2018』〜宮田雪(「ホピの予言」監督)7周忌によせて〜。いよいよ、今週末となりました。

Hopiomote_fb

この会は、東北地方太平洋沖地震の後、それぞれの活動が繋がり、自然に生れたイベント。言い換えれば、311が生みの親です。

あれからまる7年を迎える節目の年。福島・東北に限らず、今日、聞いたニュースや情報の本質を知り、理解し、認め、受け入れ、赦してゆく。毎日がその繰り返し。その先に見える景色は、今までとは違うものになる。常に変容し、自らが癒される。各種自然療法も、さまざまなアプローチで、それをサポートする頼もしいツールです。

さて、この「ホピの予言」のイベントは、監督の7周期の命日に、11と言う数字が届けてくれる特別な会。ゲストにお迎えした皆さま↓

●「ランド・アンド・ライフ」の辰巳玲子さん

●シンガーソングライター海老原よしえさん

●古代フラの水野みさをさん※友情出演

下記、当日の会場で、運命の出会いをもたらす頼もしい協力者の皆さまのご紹介です↓↓

つくるプロジェクト『編*花』
 ~眠っていた毛糸で、手仕事ぬくぬくアクセサリーをお届けします!

美容院SEED
 ~ヘナ&カット&ヘッドマッサージ。頭皮からの爽やかな癒し。

旅するタイごはん メイノブ食堂
 ~ホピの予言や長年抱き続けるネイティブの方への想いがこもったディナー提供

女将の出張 岡てつ
 ~沖縄料理で無限の出会いが広がる幻の「沖縄そば岡てつ」のランチ&軽食

Botanic Green
 ~手仕事&草木染。衣に命を。衣から命を感じる運命の服。

珈琲豆の自家焙煎工房Day Drip Coffee
 ~大地と自然をつなぐ、至福の「珈琲」。

クプクプ アロマテラピー自然療法専門サロン
 ~体心魂を癒すアロマテラピー&自然療法

クプクプからは、下記のアイテムをつれて、出店します!

気仙沼・大島の貴重な椿オイル
 ※311後、流されてしまった搾油機を、株式会社椿さんがプレゼントしました

Tsubaki

カリス成城「プロポリス&エキナシア喉スプレー」
 ※熊本市益城町の工場でつくっています

Propolice

体の歴史を変える布ナプキン&「なでしこバイブル」
 ※クプクプの十八番セミナー、体も地球も健やかに

Getsubi

★地域猫&犬の活動を支えるNPO法人どうぶつの福祉を考える会の猫テープ

 ※クプクプで時折登場する癒し猫もここのご縁から♪
 ※人気メニュー骨盤調整の施術では助手&湯たんぽ代わり??

Animal Ayumi_4

★オーガニックコスメ最高峰ドクターハウシュカのハンドクリーム

 ※311後、ドイツから沢山のアイテムを福島の方々に届けてくださいましたメーカーです

Drhhand

★数量限定のクプクプのオリジナルアイテムは当日会場で♪

出店者一同、当日、皆さまにお会いできますことを楽しみにしています。気軽にお声がけいただけたら、こんなに嬉しいことはありません!!

 

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン
 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年1月27日 (土)

キタコマ沖縄映画祭2018 喜多見と狛江で小さな?沖縄映画祭+α

今年も、クプクプの地元、狛江と喜多見で、キタコマ沖縄映画祭2018 喜多見と狛江で小さな?沖縄映画祭+αが開催されています!

201801262018

沖縄のニュース。それは、新聞やニュースでしか知り得ないのですが、子供たちが遊ぶ校庭に、軍用機の破片が落ちてきたり、母なる大地の美しい畑に、軍用ヘリが不時着したり、未だに、日本人女性が辛い思いを強いられていたり、辺野古の基地の話、ジュゴンがいなくなってしまうかもしれないこと。どれも、胸が痛くなり、悲しく、苦しくなります。

現場にも行けていない。東京に住んでいて、何も出来ないかもしれない。でも、心が動くそのニュースには、必ず自分との関係があると感じています。

どうして沖縄の人々は、悲しく辛い過去があるのに、それなのに、いつも明るく、優しい、逞しいのか。海も空も美しく、やんばるの森がある美しい島のイメージ。それらの全てに憧れているのかもしれません。

ひとつ、東京にいて出来ることは、知ることと理解すること。これは、誰にでも出来る大きな力になると思っています。

そのようなわけで、地元のこの「キタコマ沖縄映画祭」には、出来るだけ足を運んでいます!

早速、上映初日、お仕事帰りに、「沖縄の民」に行って参りました。

Okinawanotami

これは、1956年 日活の作品で、「今現在、我々のような小さな映画祭で上映が可能な沖縄関連映画の中で、本作品はもっとも古い作品である」とのこと。


アニメ映画『対馬丸 さようなら沖縄』が1982年に公開され、有名になった「疎開船ツシマ丸」。恥ずかしながら、私も存じ上げませんでした。
同じように難破した疎開船、奄美地方徳之島の人々を乗せた「武州丸」の存在も初めて知りました。

親と子が、戦争で引き離される。

今の日本ではあり得ない、と思う方もいるかもしれない。

でも、残念ながら、この日本は、経済社会という名の下で、戦後も、他の国の親子を引き裂いていることを平気でしている。そのことは、知った方がいい。

私たちのDNAに記録されているこの国の記憶。この国がかかわった様々な戦争や悲しみ、怒り、を、私たち一人ひとりが、自分の響く範囲でいいから、その真実を知り、魂レベルで、そのことを赦すことだと思う。

この作品は、誰のための戦争なのか?

を、つくづく考えさせられました。民を描いているので、それが見えてこない。軍人は哀れに見えますが、戦争という名の恐怖心を植え付けているようにも見える。高山さんのアフタートークでは、「この作品は、沖縄の民を描いていながら、舞台は沖縄ではない。とてもよく出来ているけれど、当時の本土目線がよくわかる作品だと思う」、とのことでした。

そう聞くと、またこの作品を観る眼が、変わってしまう自分の心も面白い・・。

今、起きている現実を変えるのは、本当に、今この瞬間の私たちの心と行動なんだなと、改めて気が付かさせてもらえる作品でした。

さて、今回の映画祭は、2/5迄やっています。当日でも事前電話で、1000円で鑑賞できるのも、とても良心的な映画祭です。

ぜひ、足を運んでみて下さいね。

いつも濃厚な企画をしてくれている、濃厚キャラの高山さんと(右から左、ポーズがかわゆい)。右は、ZAN(ジュゴン)の上映をご一緒させていただいたり、憲法9条の勉強会を主催している、さかぐち鍼療所 (狛江市 鍼灸 足つぼ 温灸) の天野先生と↓

2018

アロマテラピー&フラワーエッセンス専門の自然療法サロン「クプクプ」で、このような上映会がとても大事だと考える理由はただ一つ。

私たちはみんな繋がって存在(Inter Being)しているからです。
例えば、宮沢賢治は、「世界全体が幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」と表現しました。わたしたち自然療法を愛する者の多くは、その考えに同感です。
だからこそ、自分自身を癒し、その苦しみの元となっている者が何かを、静かに見つめ、世話をする必要があるのです。

自然療法は、その勇気を支え、私たちを、今この瞬間の奇跡に近づくよう、優しく一歩ずつ、サポートしてくれる存在です。ぜひ、どのような自然療法も、気軽に、そしてオープンにお試しになって下さいね。

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2018年1月10日 (水)

2/19月上映会決定!『ヒルデガルト—緑のよろこび』

0001_2

最新作を記念して、フレグランスジャーナル社の後援を賜り、
2/19(月)に、クプクプ自然療法機構主催の映画会が決定しました。
2018年の旧正月(2/16)の新年会も兼ねての会です。
ご参加お待ちしています。

現代のドイツの植物学の礎を築いた12世紀の聖女「ヒルデガルト」。
自然と対話し、太陽、月、石、薬草、動物、音楽、祈りの全てが、人間と自然との調和を導く薬となりえる真実を伝えた一人の女性。

彼女の根本思想である“ヴィリディタス"とは、”緑の力”と訳され、私たちに必要な、愛と安らぎに満ちた自然とのつながりを思い出させてくれます。
本ドキュメンタリー映画は、エコロジーやホリスティックというキーワードを手掛かりに、伝統的な叡智を掘り起こす映像作品「スローシネマ」の辻信一さん(文化人類学者、環境運動家、「ナマケモノ倶楽部」世話人)が、ヒルデガルトから影響を受けた、5人のゲストへのインタビューを通して、ヒルデガルトの世界をわかりやすく、明らかにする作品です。

5人のうちの、お一人目、トップバッターで登場するのは、クプクプの自然療法に関するさまざまな活動でも、とてもお世話になっている自然療法機構(NaO)代表・平垣美栄子さん。

平垣美栄子さんは、ヒルデガルトの普及活動に長年取組んでいらっしゃいます。ヒルデガルトを愛し、研究し続けている植物療法&自然療法家のペーター・ゲルマン先生(10年ほど前、調布でも講演をしてくださいました!)をはじめ、優しくて美しくて、だけど芯のある、自然界と調和した世界に、私たちを誘います。

映像もきれいで、植物&自然療法のエッセンスの詰まった、スローシネマさんならではの優しくて心に染み入る作品です。

Hirdehiragaki_5_2 Hirdehiragaki_4

ヒルデガルトのドキュメンタリー映画
「ヒルデガルト — 緑のよろこび(Slow Cinema DVDブック) 」
 
※上映後、映画でも紹介されているヒルデガルドフォーラム・ジャパン代表の平垣美栄子先生のお話を予定しています。
 
日時:2018年2月19日(月)14:00~16:30(13時半開場)
場所:フレグランスジャーナル社「香りの図書館」(飯田橋1-5-9精文館ビル2F)
会費:2,000円
主催:自然療法機構×クプクプ
後援:フレグランスジャーナル社「アロマトピア編集部」
 
お申込み先:
 Facebookイベントページ

E-mail : (担当:クプクプ樋渡)
電話:090-8582-9292(担当:樋渡 17時~20時)
申込内容:
 ①お名前
 ②当日連絡のつく電話番号
 ③17時半~の夜交流会の参加の希望(会費5000円)

 
★申込後、1週間以内に下記口座確認後、予約完了です
  みずほ銀行 成城支店 普通 1108129 クプクプ ヒワタリシノブ
Hirdehiragaki_1_2
↑ヒルデガルトの書いた曼荼羅絵↑

余談ですが、平垣さんとは、尊敬するフラワーエッセンスの恩師、下山田吉成先生の元でお会いしてからの長いご縁です。一緒の写真は、たくさんあるはずなのですが、なぜか、2012年の南相馬のボランティア活動の折の、お祭りの写真が出てきたので下記にご紹介します。

平垣さんと共にいる方は、震災後、さまざまなかたちで、ハーブを通して支援活動に取組んでおられるカリス成城の狩野さんと、フレグランスジャーナル社アロマトピア元編集長の林友美恵さん。ヒルデガルトも述べてますが、人の癒しには、リラックスと遊び心が大切です♪

201207_85_4 201207_65_2

今回も、世界ホメオパシー周知週間に引き続き、快くご協力を賜りましたフレグランスジャーナル社と、関係者のみなさまに御礼申し上げます。


2018年1月 6日 (土)

2/11 『未来へ続く道2018』〜宮田雪(「ホピの予言」監督)7周忌によせて〜

Hopiomote_fb

2018/2/11(日)は、『ホピの予言』の監督、宮田雪の命日に寄せて、上映、ライブ、トークを、あなたのネイティブスピリットにお届けします。

1987年のアメリカインディアン・フィルムフェスティバルで、最優秀ドキュメンタリー映画大賞を受賞した『ホピの予言』(75分・86年)が生まれた後、今回のスペシャルゲストの二人が出会ったのは、1989年のカリフォルニア州バークレー。

アメリカインディアンとの出会いが、それぞれを、ここまで導いてきた。

2018年現在、これから未来への道を、二人はどう歩いていくのだろう。

わたしたち人間が、この地上で、鉱物・微生物・動物たちと供に在る生き方の道しるべとなるアメリカの先住民の存在。
「ホピを知ることは、自分を知ることである。
 ホピの国に行くことは、自分を知りに行くことである。
 ―  北山耕平 ―」

彼らの言葉を、わたしたちのネイティブ・スピリットに響かせる時間を、故・宮田監督の命日に、ご一緒しませんか?

今回は、下記にご紹介する、スペシャルゲストをお迎えしての特別な会です。

★スペシャルゲスト★
 辰巳玲子さん
 故・宮田雪監督の後を継ぎ、ホピのメッセージを伝え続けている

 世界中の先住民らのスピリットと供に、唄を届けるシンガー

******************************

『未来へ続く道2018』
 ~宮田雪(「ホピの予言」監督)7周忌によせて~

 【上映日】2018年2月11日(日)
       第一部:12:00~16:00(開演13:00)
       第二部:16:30~20:30(開演17:00)
       ※通し券前売割引 6,500yen(先着15名)

 【場所】 京王線千歳烏山駅徒歩4分 ライブバーTUBO

 【第1部】 限定30名 参加費3,000円

  12:00~開場&受付  *出店「女将の出張 岡てつ」
  13:00~14:45 あいさつ、「ホピの予言」上映
  15:00~16:00 「浄化の時代を向かえて」上映&シェアリング

 【第2部】 限定35名 参加費4,000円
        ※旅するタイごはん「メイノブ食堂」Specialプレート付

  16:30~開場&受付
  17:00~18:30 海老原よしえさんLive
  18:30~19:10 玲子さん&よしえさんトーク
  19:10~20:30 「メイノブ食堂」を頂ながらおしゃべりタイム!

  【申込先】

    FBのイベントページ
    ※コメント欄へ申込投稿&入金確認後ご予約完了

    E-mail : (担当:クプクプ樋渡)
    電話 03-3326-3226(18時~21時のみ 担当:SEED酒井)
    ※お申込時は、下記、ご伝言お願いします!

    ①お名前
    ②当日連絡のつく電話番号
    ③ 「2/11ホピ通し」 OR 「2/11上映会のみ」  OR  「2/11ライブのみ」

※申込後、1週間以内に下記口座にお振込確認後、予約完了
 みずほ銀行 成城支店 普通 1108129 クプクプ ヒワタリシノブ

※フライヤーにありましたTUBOへの電話問い合せは
  17時以降でお願いたします。下記メールで頂けると助かります。
  tubo_kuma@yahoo.co.jp

******************************

辰巳玲子(Reiko Tatsumi)プロフィール
ランド・アンド・ライフ ホームページ

1957年神戸生まれ。1988年『ホピの予言』上映会を通じて、ホピのメッセージと出会い、 以後、監督宮田雪と連れ添う。1995年脳内出血で療養生活に入った宮田の介護の傍ら、2004年『ホピの予言2004年版』を制作し、ランド・アンド・ライフの活動を再開。2011年宮田をスピリットの世界へ見送り、縄文の地、群馬の山間に移住。3.11後の世界を地球人としてどう生きるか、映像製作、出版、上映などを通して、ホピのメッセージを伝え続けている。

海老原よしえ(Yoshie Ebihara)プロフィール
Yoshie Ebihara ホームページ

1985年、オーストラリアへ。 1988年、アメリカへ。

 

両国の先住民の抱える問題や、知恵、価値観を知り、その後の人生に大きく影響を与える。 帰国後、2002年東京から長野県伊那市に移住。 その半年後から歌を受け取るようになる。 現在までに約140曲の歌を受け取っている。 年間80回ほどのライブを展開。 「一人でも多くの方に歌を届けたい」 そんな思いで日本各地でギターを相棒にライブを開催している。

皆さまと会場で出会えることを、今から楽しみにしています。

今回も、素晴らしいタイミングでスペシャルゲストを迎えての上映会を協力してくれた皆さんに感謝!

旅するタイごはん メイノブ食堂
女将の出張 岡てつ
Botanic Green
つくるプロジェクト
クプクプ アロマテラピーサロン

Hopiura_fb

Image  1488177369

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】