カテゴリー「旅行・地域」の6件の記事

2007年7月 3日 (火)

ギリシャ・ホメオパシー探訪記:国際オープンセミナー2

P1020110さて、前回に引続き、セミナーの様子をお伝えします。
(写真は、学校の前で、それぞれの国籍に分かれてビソルカス教授と一緒にパチリ)

 

ホメオパシー医学は、30~120分くらいかけて問診をして、クライアントさんに必要なレメディを選ぶわけですが、そのセッションの内容を、ライブで見れるというのは、英語が得意ではない私にも、とても勉強になりました。

クライアントの表情や、ビソルカス教授の質問の仕方、またタイミングなどは、直接見ることによって、雰囲気を学べるからです。授業は、言葉や文字だけで学ぶものではなく、参加者皆が作り上げていくものなのだ、とつくづく感じました。

さて、授業の間で配られた資料を、ご紹介します。
ホメオパシーは、「自然に逆らうことをしない医学」だと学びました。
ワクチンについては、さまざまな見解がありますが、ひとつの情報としてお伝えします。

私の異訳和訳については、どうか参考程度にとどめてください。
原文を解読することをお勧めします。

ビソルカス教授は、この記事について、下記のように述べていました。
「今後の行方を見守っていきます。
またホメオパシーに感心のある皆さんにも、意識しておいてほしい」
とのことで、下記の資料が配られました。

文書は、2007年6月14日の「British Medical Journal」です。

↓↓↓下記引用↓↓↓

「HPV Vaccine Gardasil may be a killer」

14 June 2007

The HPV vaccine - which is being given to girls aged between 11 and 12 to prevent cervical cancer in ater life - may be a killer. So far three young girls have died after being vaccinated, and there have been 1,637 adverse reactions reported in under a year.

In Australia 25 girls at the same school who had been given their first HPV vaccine last month experienced headache and nausea, and four ended up in hospital.

The vaccine, Gardasil, has courted controversy since it was approved for use last year. Some states in the USA have decided to make the vaccine compulsory, which has caused an outcry among parents who see the vaccine as a license for sexual relationships outside of marriage.

Gardasil is supposed to protect against human papillomavirus types 6, 11, 16 and 18, which cause most cervical cancers and genital warts.

A public interest group, Judicial Watch, discovered the extent of the adverse reactions only when they made a request to the Food and Drug Administration (FDA) under the Freedom of Information Act.

Presumably the FDA would have preferred to have stayed silent rather than alert the public about a vaccine that may need more safety trials.

 

↑↑↑引用終わり↑↑↑

 

↓↓↓以下、私の訳ですので、間違っていたらごめんなさい↓↓↓

「HPVワクチン:Gardasil(ガーダシル)は、殺人者かもしれない」

HPV(ヒト乳頭腫ウィルス)

HPVワクチン -大人になってからの子宮頸がんを予防するといわれ、11歳から12歳の少女に投与される- は、殺人者かもしれない。

今までのところ、3人の若い少女がワクチンを受けた後に死亡しており、1年も経たないうちに1673名が、ワクチンを受けた後に好ましくない症状があらわれたと報告されている。

オーストラリアでは、先月、25名の少女が同じ学校で、彼らにとっては初めてのHPVワクチンを受けたが、頭痛や吐き気を訴え、ついには4人が病院に運ばれた。

Gardasil(ガーダシル) という名のワクチンは、去年、利用価値が高いと認定されてから、道徳上の論争を呼んでいる。

米国のいくつかの州では、このワクチンの義務化を決めたが、それは「結婚以外の性的な関係を容認するライセンスのようなものだ」と考える両親たちの、強い抗議をひきおこした。

Gardasil(ガーダシル) は、ヒトパピローマウイルス(HPV)の6、11、16、18型に起因する子宮頚癌、前癌症状である生殖器の病変、生殖器疣贅(ゆうぜい)を防ぐのを助けるとされている。

公共の研究グループ「Judicial Watch」は、情報公開法に基いて、FDA(アメリカ食品医薬品局)に対し要求したことから、このワクチンの有害な作用の範囲を発見した。

思うに、FDAは、より安全であることを証明する試験を必要とするこのワクチンについて、一般に警告を促すよりも、沈黙を保つ方が好ましいのであろう。

↑↑↑異訳終わり↑↑↑

このワクチンについては、あるドクターがTVで90%の人に効くと強く言い張っていたのが印象的だったのですが、、

・なぜ癌になるのか?
・本当に、全ての少女に対して行う必要があるのか?
・ワクチン以外にできることはないのか?

も考えるべき大事なことだと思います。

それに明確に答えることができ、リスクを負ってまでワクチンを受ける必要があるのなら、義務化もありえるかもしれませんが・・。

ワクチンを義務付けて、一番利益を得るのは一体誰なのでしょうか。

セミナーの内容については、もっともっとお伝えしたいことがあるので、折を見てUPしてまいりますが、しばらくは、7月5日に発売される「ホメオパシーバイブル(中村裕恵先生著)」 :新星出版社に掲載できなかった内容を中心にご紹介していこうと思います。

「ホメオパシーバイブル(中村裕恵先生著)」は、新星出版社(税込1890円)から全国発売です♪

書店で見かけなくても、本屋さんでオーダーしてくださいネ(笑w笑)★

|

2007年7月 1日 (日)

ギリシャ・ホメオパシー探訪記:国際オープンセミナー1

Iach0617_003 ギリシャのアロニソスにて行われたホメオパシーの国際オープンセミナーのご報告です。

 

私が参加した国際セミナーは、現代にクラシカルホメオパシーを復活させたといわれるジョージ・ビソルカス教授」のホメオパシーのセッションを、直接生放送で見ることができます。

※生放送といっても、すぐ隣にセッションルームがあり、その様子をビデオ中継で講義室で流します(写真は授業が始まる前の、皆がそわそわしている風景)

ちなみに、ホメオパシーの世界では、このような国際セミナーはビソルカス教授に限らず、世界中で盛んに行われています。

ホメオパシーの免許は、国によっては、医師しか認められないため、誰でも参加できるとは限りませんが、大抵は、言葉さえ理解できれば誰でもが参加できるように、開かれたセミナーが多いようです。

授業の内容は、

・ビソルカス教授によるホメオパシーのセッション(診察)を大画面スクリーンで見る

・ビソルカス教授によるセッションの解説

 クライアントの主訴または症状の分析
 レメディ(薬)の選別の理由
 ホメオパシーの理論

・質疑応答

と、このような流れで、大体一日3名ほど行うのです。

面白いのは、セッションを受けている方々は、つい先ほどまで一緒に講義を受けていた方々ということ。

つまり、生徒でもあり、ビソルカス教授のクライアントでもあるんです。

他にも、どうしても上手くいかないクライアントさんを、ビソルカス教授に見てもらうために、受講生でもあるホメオパスが連れてくることもあるそうです。

自分の、赤裸々な症状を、すぐ隣で120名の受講生が聞いているだなんて、それだけでも緊張しそうなものですが、大抵のクライアントさんは落ち着いてセッションを受けていました。

生活習慣や体の症状のみならず、幼少期や人生のトラウマや、家族や恋人との不和、自分の嫉妬心、さらに性生活に及ぶまで、本当なら人には知られたくないことを、躊躇せずに語ってくれるクライアントさんには、心から敬服します。

彼らは、私たちホメオパシーを学ぶ者に、ホメオパシーのレメディや理論だけではなく、さまざまなヒントや気付きを与えてくれます。

そのままの自分を見せてくれることで、人間らしさとはなにか、ホメオパシーで私たちは何をサポートできるのか、を考えるからです。

質疑応答では、ビソルカス教授に、「そのレメディは違うのではないか」と楯突く生徒もいます。

ホメオパシーの難しいところでありますが、診る人によって、処方するレメディが異なることは往々にしてあることです。

なので、ホメオパス同士で処方するレメディの意見が異なる場合は、自分の意見を根拠を持って述べることができなければなりません。

逆に言えば、自分の意見を根拠を持って言えないということは、処方する根拠がないわけですから、レメディを出すわけにはいかないのです。

ビソルカス教授を相手に、このレメディだと主張するのは、ホメオパシーの深い知識がなければ到底できることではありません。

私にはどっちのレメディが正しいのかは、まだまだ勉強不足でわかりませんが、クライアントに適切なレメディを処方して、一日でも早く速やかな治癒を促してあげたいという思いは同じこと。

レメディを選ぶときは、そのくらい慎重に行わなければいけないということです。

また、国際セミナーの面白さは、毎年参加することにもあるといえます。

ビソルカス教授によって処方されたレメディが治癒に向かっているかどうか、を来年のフォローアップ(再診)で確かめることができるからです。

フォローアップのクライアントさんも何名かいましたが、
「去年と比べるとこんなによくなりました」
「色々な葛藤から抜け出せることができました」
という方が多く、さらに、去年も参加していた方の意見によると、人が変わったように明るくなった、という方もいたのです。

改善されていないときは、教授に楯突いた生徒さんのレメディが正しかったことがわかるかもしれません。

次回も引続き、セミナーの様子をお届けします。

ところで、いよいよ、本が発売されます!!

7月5日に、「ホメオパシーバイブル(中村裕恵先生著)」 :新星出版社(税込1890円)から全国発売です♪
書店で見かけたら、ぜひ手にとって会計へお進みくださいね(笑w笑)★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

ギリシャ・ホメオパシー探訪記:生活編

Athene ギリシャのアロニソスにて行われたホメオパシーの国際オープンセミナーに参加してまいりました。

セミナーの様子をお伝えする前に、前回日に続き、日本とは違うな、と感じたギリシャの生活をご紹介します。

生活といえば、食事ですが、イカやタコのシーフードも充実しているし、ラムやチキンなどのお肉も勢揃い。味付けはペッパーやバジルなどのハーブが主流でした。

全般的にパンは固かったなー。

そして、お菓子。
試すことはなかったのですが、何故か油がたっぷりなのです。
日本の和菓子のように、ひとつひとつお花の形をしていたり、と可愛らしいのですが、油が浮いているのを見るとどうしても試してみる気にはなれず、写真だけ収めました。

友人から教えてもらった、ギリシャでは数少ないベジタリアン料理やさん(EDEN)は、何故かやっておらず、とても残念でした・・。
ベジタリアンのレストランは少ないようです。

前回も紹介しましたが、犬猫鳥が結構なれなれしく近づいてきてくれます。
人間様を優先し、動物を煙たがる日本と違うのでしょう。
小さい彼らにとって、人間が怖い存在ではない証拠かと思われます。

そして、街中には、水を噴霧するシャワーが。(写真3番)

これは、冷たくて気持ちがいいし、日本の夏にもあってもいいかも。
皮膚の汗の機能を活用するだけのことですが、夏は、冷やしたタオルを一枚用意しておけば、結構冷房も不要ですよ☆(ペパーミントなんて入れておくと最高に気持ちいいです)

最後に、トイレ。
写真でいうと7番。こんな感じのシールがどこのトイレにも貼ってあります。

ギリシャのお手洗いでは、紙を流さないので、お手洗いには必ずゴミ箱がついており、使ったトイレットペーパーは、そのゴミ箱に捨てます。

これに慣れるのには最初は抵抗がありましたが、慣れてみると、紙を当たり前のように流せるのは楽だけど、結局、下水処理で負荷をかけているのです。

それに、紙も大事に使うので無駄をなくそうとしますし、お腹の具合もみれるので、慣れてしまえばなんてこともありません。

余談ですが、その昔、ヨーロッパとある地域のトイレでは、海綿でお尻をふいていたそうです。そして、、その海綿は、、、ナント!!共有していたそうです。

確かに、究極のエコロジーといえそうですが、、さすがに病原菌がはびこりそうで、今のトイレスタイルになったことには感謝・・。

次回は、いよいよセミナーの様子をお届けしま~す☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

ギリシャ・ホメオパシー探訪記:アテネ編

Athene_040 2007年 6月13日~6月17日にかけてギリシャのアロニソスにて行われた、「クラシカルホメオパシーの巨匠:ビソルカス教授」の国際オープンセミナーに参加してまいりました。

 

セミナーの様子をお伝えする前に、まずはギリシャの首都アテネについてご紹介しようと思います。

日本からは直行便が飛んでいないため、アジアかヨーロッパのハブ空港を経由して渡る必要があるのですが、私の場合、下記の経路で行ってまいりました。

往路:成田~<13時間>~ロンドン(滞在)~<3.5時間>~アテネ
帰路;アテネ~<3.5時間>~パリ(乗り継ぎ1.5時間待ち)~<12時間>~成田

帰りは、待ち時間や乗り継ぎを入れると、実に20時間も飛行機と関わっているわけです。

アテネに滞在したのは、飛行機や船が万一遅れても大丈夫なようにという安全対策だったわけですが、移動は大幅な遅れもなく、大体は予定通りの移動でした。

ちなみに、出発時間は15~60分遅れるのは、正常の範疇と考えます(笑w笑)

というわけで、観光もしてきちゃいました☆

直行便が飛んでいないからか、日本人を見かけることも少なく、それどころか中国人、韓国人、インド人などのアジア系の人種も極めて少なく感じました。

アテネといえば、世界遺産でもあるパルテノン神殿。
もちろんパルテノン神殿には足を運びましたヨ(写真参照)。

パルテノン神殿は、アクロポリス遺跡(高い丘の上の都市という意味)にあり、都会の中の丘というか山というか、海抜700m、市街地からは70mの高さにある古代遺跡。

その道のりの遠いこと・・。訪れるなら運動靴が絶対オススメ。

足の長い西洋人に負けないように(無理がありすぎ・・・)、ヒールで行こうかと思いましたが、経験者のアドバイスにより運動靴に変更。大正解でした。

街中には、ネコや犬がふらふらと現れ、レストランのおじさんが、鳩や小鳥にパンの残りを分け与えたりしていて、動物にも寛大。

病原菌がどうのとか、糞が迷惑だとかそんなちっぽけなことはいわないんですね、かといって不潔なわけではなく、動物と共生する都市という印象を受けました。

町は石造りで高層ビルが少なかったなー。

アクロポリスから見渡す町の様子は、一面石造りの町という感じでしたが、高層ビルがない分、抜けるような青い空がたくさん見えました。

治安の悪さを感じる体験もなく、ホテルの方もレストランの方もお土産やさんの方も、いい感じでした♪

物価は、ユーロ高の影響もあるけれど高い!
オリンピック開催に伴って、アテネの物価は全体的に上がったそうです。

お食事も美味しいけれど、お肉料理が多いかな。
ロンドンやパリの人々と比べると、、肉付きの多い人が実に多かった・・。

ファッションは、南国リゾート調で、私たち日本人好みのテイストでした(と思うよw)。

小さい島がたくさんあり、その島ごとに伝統的な工芸が息づいていて、そして、とても信仰深い人々なのです。

「地球の歩き方」ガイドブックによると、

「人間は生まれながらに罪人」というローマンカトリックの原罪論に対し、
ギリシャ正教は、「神は人間を善なるものとして創造した」としているそうだ。

あの地中海の底抜けの明るさはここから来るのだろうか・・。

ただ、ギリシャの人たちは底抜けに明るいというよりは、自然体という印象を受けました。

ホメオパシーに関しては、もちろん一般的で、薬局での取扱いもあるそうです。

ヨーロッパの他国と同様、薬局によって、自然療法関連の取り扱いの多いお店と、アロパシーの薬の取り扱いの多いお店がありました。

次回は、生活編をお届けします☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

ギリシャ2007年6月・レポート

Greece6130982007年 6月13日~6月17日にかけて、ホメオパシーの勉強のためにギリシャ・アロニソス島へ行ってまいりました。

 

ギリシャの首都アテネからは、バスと船で約7時間。

日本からアテネへの直行便は飛んでいないため、ロンドンやパリやフランクフルトなどヨーロッパのハブ空港を利用してのフライトとなるため、移動だけで丸2日はかかるという場所。

美しい東エーゲ海に浮かぶスポラデス諸島のひとつであるアロニソス島には、現代にクラシカルホメオパシーを生き返らせたといわれるジョージ・ビソルカス教授が住んでおり、彼のメソッドを学ぶために、世界中からホメオパス(ホメオパシーを実践している人々)が訪れています。

私が参加した国際オープンセミナーにも、ギリシャ・ドイツ・フランス・イギリス・フィンランド・ノルウェー・インド・シンガポールなどさまざまな国からの聴講生が集まっていました。

写真は、IACH本校(International Acadmy of Classical Homeopathy)の前で写したものです。

国際セミナーの授業の内容については、個人情報に関わることなのでお伝えできませんが、どのような感じだったのかについては、またブログで紹介します。

ここに、ビソルカス教授のホームページを紹介します。
日本語ではまだ訳されていませんが、クラシカルホメオパシーについて興味のある方にはとても参考になるサイトです☆

| | コメント (4)

2007年6月11日 (月)

ロンドン2007年6月・レポート

Pict0135 3年ぶりに訪れたロンドンですが、アロマテラピーのショップにしても、ホメオパシーのショップにしても、商品数が増え、規模が拡大している点が共通していました。

マーケットが大きくなっているということですが、それはお店を訪れれば一目瞭然の変わり方でした。

ハーブやアロマテラピー関連の商品を扱っているショップの多くは、セラピールームが用意されており、アロマテラピストや他のプラクテショナー、例えば、ホメオパス、ヒプノセラピスト、リフレクソロジスト、アストロロジャーなどと契約しているところが多かったです。

契約している方々はフリーでセラピストとして働いており、いくつかのセラピールームと契約しているパターンが多いそう。

3日間の滞在でしたが、 

・ハーブショップ Botanica Medica
・ハーブショップ Nealsyard Remedys
・ホメオパシーショップ Ainsworths
・ハーブガーデン Chelseaphysicgarden
・ハーブウォーク Marblehill Park
・ホリスティックセンター Holistic center

などを訪れ、現地の方々とお話をすることができました。

そして、もちろん、パブにいくことも忘れません(笑w笑)

写真は、いつもお世話になっているロンドンに住む旧友とパブの前でパチリ。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

| | コメント (4) | トラックバック (0)