クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

書籍・雑誌

2017年5月 6日 (土)

大槻真一郎先生の待望の一冊!「サレルノ養生訓とヒポクラテス 医療の原点」

世界屈指の美しい港、ナポリ湾からも近い、イタリア北西部の街「サレルノ」。
 
聖ベネディクトゥスによって、紀元6世紀に建てられた、モンテ・カッシーノの修道僧たちが、保養地として愛した地「サレルノ」。
 
はるか昔、この美しい町は、空気・水・場所の自然環境ばかりか、人の性格の面でもすぐれた健康的な街として知られていたそうです。
 
人が集まり、医師が集まり、ヨーロッパ最初の医科大学が誕生し、自ずと素晴らしい養生訓が、「サレルノ養生訓」とヒポクラテス 医療の原点の本として、出版されます!(一般配本は、5/9から、楽しみですね~)
 
ヒポクラテス全集、プリニウス、パラケルススなど古典ギリシャ語、ラテン語を日本語に翻訳し、その思想を私たちに読みやすいように尽力された大槻真一郎先生。
 
大槻先生が監修をされたホメオパシー大百科事典 新ビジュアル版 (GAIA BOOKS)ハーブ学名語源事典バッチフラワー 花と錬金術などは、手元にある方も多いと思います。
 
その大槻先生が、連載していた記事が1冊の本になったのは、翻訳家の澤元亙先生(現:明治薬科大学・防衛医学大学非常勤講師)のご尽力によるもの。
この本は、大槻先生がとても大切にしていた「日々の養生法」が、とてもわかりやすく読むことが出来ます。
 
この本では主に、下記の記事が整理され、収録されています。
●大槻真一郎監修「ヒポクラテス全集」、の付録として掲載された「サレルノ養生訓」の原文テキスト、解説論文と講演禄
 
●日本アロマ環境協会の会報誌の「ヒポクラテスとバイオダイナミック農法」の連載
ハーブ、フラワーエッセンス、ホメオパシーに関わる全ての方に、送りたい、大槻先生と澤元先生からの愛の1冊。
 
今年は、イタリアの美しい保養地で生まれた「サレルノ養生訓」、そして、現代医学の祖ヒポクラテス、シュタイナーのバイオダイナミックの叡知と共に、新緑の季節を堪能しましょう~!
 
クプクプにても、ご購入頂けます★

2016年4月14日 (木)

世界の森林を守れ Saving the world's forests

ハーブに係わる自然療法家、必見の一冊です。

単一栽培はとうの昔に失敗していて、アグロフォレストリーが誕生しています。これ以上、地球の原生林を失う必要はどこにもありません。

環境にいい、健康にいい、美容にいい、の言葉マジックに引っかからないよう、注意しましょう。

P1010031 大きな木は、子供も大人も大好きです★
写真は、2002年。アメリカのヨセミテ国立公園のジャイアント・セコイアの倒れた根本にて。

平均寿命は1000年~1500年。腐敗しにくく、倒れてから何百年も原形を保っているそうです。朽ちてもなお、多くの動植物に住処や道具を与えてくれます。大切にしたいです。

************************************************
◆NIジャパン メールマガジン◆ 第162号 2016.4.12

Ni201604

【1】ニュー・インターナショナリスト・マガジン
最新号<2016年4月号> 英語版
Saving the world's forests
世界の森林を守れ

※5月号特集予定:技術と正義

【2】NIオンラインリポート
最後の抵抗

【3】NIジャパンからのお知らせ
1)多文化旅行写真術~写真で伝えるアジアのイメ
ージ2(主催:NIジャパン)
2)東京写真月間2016(主催:「東京写真月間2016」
実行委員会-日本写真協会・東京都写真美術館)

************************************************

------------------------------------------------
【1】最新号<2016年4月号> 英語版
Saving the world's forests
世界の森林を守れ
------------------------------------------------
アマゾンから北方林(*)まで、手つかずの気高い最後
の森林が脅威にさらされている。その原因は、木材の
利用、大豆やパーム油といった換金作物のブーム、大
規模牧場、都市化、石油、鉱山など、明白である。し
かし、多くの人々が森林に依存した生活をおくり、森
林は生物多様性の宝庫でもある。また樹木は、気候変
動との闘いの最前線に立っている。その役割は、炭素
の固定(取り込み)、酸素の供給、降雨の調整、気温
の調整、大気と水の浄化などだ。人間だけでなく、地
球にとっても樹木は欠かせない。根本的に考えれば、
森林は私たちそのものである。森林を保護しなければ
ならない。差し迫った状況になっている。
(*)おおよそ北緯45~70度に存在する森林で、タイガ、
亜寒帯林と呼ぶこともある。
http://www.ni-japan.com/webold/toc491.htm

------------------------------------------------
【2】NIオンラインリポート 
最後の抵抗
------------------------------------------------
最後に残された太古の森が危機に直面している。その
破壊が進む事情と、森林を守るべき理由を、ウェイン
・エルウッドが報告する。

空から眺めると、地球の表面は刈り取られ、生気を失
っている。羽毛状の煙とともに熱波がうねりながら上
昇する。起伏のない地平に寂しげに立つわずかな木々
はとても目立ち、有刺鉄線で囲まれたほこりっぽい放
牧場には家畜が群れている。ここは、アマゾンの中央
部に位置するブラジルのロンドニア州。北は広大なア
マゾナス州で、南はボリビアと接している。

50年前ロンドニア州は、熱帯雨林の密林に覆われてい
た。だが現在、ブラジルのアマゾンの中でも最も森林
破壊が激しい地域のひとつとなっている。1978年以来
この州では、驚くことに10万平方キロメートル[訳注
:日本の面積は約38万平方キロメートル]もの森林が
消えた。この森林に道路ができ始めたのが1990年代。
それから、人口が密集した沿岸部に住む貧しい人々が、
土地と新たなチャンスを求めて大挙して押し寄せた。
最初にやって来たのは伐採者たちで、貴重な熱帯の硬
木を切り出していった。そして次には移住者たちがや
って来て、トウモロコシと大豆を植えるために残った
木々を根こそぎにした。最後には大地主が登場し、家
畜用の牧草地をつくるために、土地の集約を行った。
ブラジルの伐採された森林の3分の2は、牛の放牧場と
して使われている。(1)

さて、しばしアマゾンから離れ、3,000キロ南東に広
がる2,000万人が暮らすサンパウロの超巨大都市圏に
目を移してみよう。サンパウロは、ブラジル経済の原
動力だ。そこは、雑然さ、あふれる活気、自信に満ち
た場所である。

 深刻な干ばつ

だが、パウリスタとして知られるサンパウロ市民は、
問題を抱えている。それも大きな問題だ。サンパウロ
は渇水状態なのだ。実際ブラジルでは、この国で2番
目の大都市リオデジャネイロを含む南東部のほとんど
が、困難に直面している。この地方では、3年連続で
干ばつが起こっている。近年のエルニーニョの影響に
よる豪雨にもかかわらず、サンパウロの貯水池は空っ
ぽに近い状態である。900万人に水を供給するカンタ
レイラ貯水池は、昨年は貯水率5%で稼働していた。(2)
ブラジルの人口2億人の約4分の1は、降水量が過去の
平均よりも少ない場所に住んでいる。(3)

しかし、干上がっているのは沿岸部だけではない。
アマゾンも同じだ。アマゾン地域は、過去10年で3回
深刻な干ばつに見舞われた。その原因は気候変動で、
あらゆる兆候がそのことを示している。気象予報士は、
深刻な干ばつに見舞われる地域が、今世紀末までに3
倍に増える可能性があると指摘している。さらには、
ひとつの現象が次の現象に影響し、そのサイクルを加
速するという予想もしなかった状況に陥っている。具
体的に言えば、荒廃した森林から放出される二酸化炭
素が降雨パターンを乱し、干ばつを増加させ、より多
くの木々が枯れ、より多くの二酸化炭素が放出される
という、終わりのないサイクルである。

つまり、アマゾンの干ばつとサンパウロの干ばつは、
別々の現象の単なる偶然の一致ではないということだ。
研究者らは、ブラジル中央部の森林伐採と人口密度が
高い南東部の水不足の間に直接的な結びつきを見いだ
している。

科学者は、南アメリカ大陸の降雨パターンへの森林の
役割を説明するのに、「空中の大技」あるいは「空飛
ぶ河川」という用語を使用する。その仕組みは次のよ
うなものだ。

アマゾンから湿った空気が上昇するにつれ、水蒸気は
凝縮され、気圧は低くなる。空気は気圧の高いところ
から低いところに流れるため、大西洋の湿気が大陸の
中央部に吸い込まれ続ける。研究者はこの現象を、
「生物的ポンプ」と呼ぶ。この十分湿った空気が大量
に西へ動いていくと、やがてアンデス山脈にぶつかり
、弧を描くように南に進んだ後に東へ向かい、ブラジ
ル南東部とアルゼンチン北部に雨をもたらす。もしも
生物的ポンプが止まってしまったり、その勢いが失わ
れてしまったりすると、問題が生じる。それがまさに、
熱帯雨林消滅後に起こることなのだ。

サンパウロの生態系研究財団の生態学者アレハンドロ
・ウェッズーは、「空飛ぶ河川が存在しなければ、地
域全体が砂漠になってしまうでしょう」(4)と説明す
る。

近年森林破壊のペースは減速しているが、それでもブ
ラジルでは年間50万ヘクタール[訳注:福岡県の面積
に相当]の密林が消えている。

多くのブラジル人は、これを繁栄の代償として受け入
れている。彼らは、数百年前に欧米人が行ったことを
挙げ、ブラジル人が自分たちの資源を同じように自由
に開発してはいけないと言われることに疑問を呈する。

 生物多様性

植民地時代の幕開けとともに、自然の搾取は森林破壊
へと巨大な規模で突き進んでいった。その影響は、植
物や動物にとって、そして森の恵みに依存して暮らす
人々にとっても恐ろしいものであった。広い観点でと
らえれば、森林は地球上における快適な生活を維持す
る鍵となる。それは、経済学者が「生態系サービス」
と呼ぶ、炭素の固定化、大気や水の浄化、洪水の防止、
気候調整機能によるものだ。世界の陸上の多様な生物
の80%は森林地帯に生息する。樹木は、食料や住まい、
治療のための薬も提供してくれる。推定では、現代の
薬の4分の1が森林地帯の植物由来である。

人口が増加するに従い、私たちの経済活動も増加して
いった。当初、損失のほとんどは、農業が最初に発達
した温帯地域で生じたものであった。その後、エネル
ギーと天然資源を絶え間なく求める工業化によって、
さらなる圧力が加わった。

ローマ帝国の時代、ヨーロッパの80%が深い森に覆わ
れていた。中世には、それが40%に減少したが、場所
によってはずっと早く減少が始まったところもあった。
英国のイングランド地方の森林は、紀元前500年まで
には半減していた。現在ヨーロッパでは、原生林[訳
注:これまで人間の手がまったく加わったことのない
森林]はほとんどが消滅している。例えばアイルラン
ドでは、昔から続く森林地帯は国土のたった1%であ
る。

同様の傾向は、開拓者が西部へと広がっていった北米
でも見られ、18世紀から19世紀にかけて急速に森林伐
採が進んだ。20世紀末には、米国の落葉樹の森林地帯
は、農地や新たな定住者の居住地に置き換わった。

 栄養が貧しい土地

ブラジルのロンドニアの土地を持たない貧しい人々に
とって、森を数ヘクタール開墾してバナナとトウモロ
コシを育て、わずかなニワトリと豚を飼うチャンスは、
森林保護よりも魅力的である。このような未開地での
行動は、ガス抜きの調整弁となり、国にとっては極端
な不平等を目立たなくすることができる(ブラジルは
世界で8番目の経済規模だが、金持ちと貧乏人の間に
は大きな格差が横たわる)。

これまでの歴代政権は、アマゾンへの入植を奨励して
きた。とはいえ、小規模農民は森林破壊の主な原因で
はない。また彼らは、今後長期的に見ても、主要な受
益者ともならない。雨と浸食によって、薄い熱帯の表
土は数年のうちに流出し、農作物の生産量は減少する。
そうなると貧栄養化した土地は、大地主や権力を持つ
アグリビジネス企業にすぐさま売却されてしまう。

すでに知られていることだが、換金作物と天然資源事
業という組み合わせは、世界中で森林を脅かしている。

◎オーストラリアでは、100万ヘクタール以上の森林
にとって、炭鉱が脅威となっているが、他方カナダで
は、北方林[訳注:おおよそ北緯45~70度に存在する
森林で、タイガ、亜寒帯林と呼ばれることもある]の
20%(150万ヘクタール以上)が木材会社に譲渡され
たり、石油・ガス開発、水力発電ダム、鉱山へ移譲さ
れたりしている。(6)

◎悪事に手を染める森林伐採業者が腐敗した政治家と
貪欲な企業と共謀し、違法な森林伐採が横行している。
国際NGOの環境調査局(EIA)によれば、ビルマでは
「紛争で引き裂かれたカチン州で、中国企業が山の樹
木を丸ごと伐採して運び出す権利の権利金を金の延べ
棒で支払っている」という。

◎不正利得はしばしば透けて見える。パプアニューギ
ニアの「農業とビジネス特別リース」制度の下では、
国土の30%が外国の木材企業の入札対象となっている。
パプアニューギニアの森林局によれば、2021年までに
80%以上の森林が消滅する可能性もある。(1)

◎換金作物栽培のために、森林地帯を農地に転換する
動きがあちこちで進む。ウガンダでは茶葉業者が、ブ
ウィンディ国立公園の南端にあるカフガ・ポケット保
安林の250ヘクタールの土地に目をつけている。この
森は、絶滅危機に瀕しているマウンテンゴリラの最後
の生息地のひとつで、この国立公園はユネスコの世界
遺産リストに登録されている。

◎困ったことに、環境にやさしい燃料への需要までも
が森林伐採を加速させている。ヨーロッパ中の発電所
で、「汚れた」石炭を木質ペレット[訳注:木くずな
どを固めた木製の粒状の燃料]に変える動きがある。
その結果、スロバキアとルーマニアでは樹齢の長い木々
が伐採され、木材チップにされている。(7) この流
れは、米国南部の森林にも脅威となっている。ジョー
ジア州から南北2つのカロライナ州まで、生物が豊富
な湿地帯の森林が、松の単一種の森林に置き換えられ
ている。(8)

 差し引きゼロ

現在多くの国では、通常は計画的に植林が行われてい
る。国連食糧農業機関(FAO)によれば、2000年から
2010年の間の植林面積は5,000万ヘクタールである。
だが残念なことに、このほとんどは産業活動として単
一種が植林されたものだ。松、アカシア、ユーカリ、
ゴム、ヤシなどが植林されたが、FAOは奇妙なことに、
これらの木を自然の森林と同一視している。

この考え方は不思議に思えるかもしれないが、国連の
企業にやさしい目標「森林伐採を正味ゼロにする
(zero net deforestation:ZND)」を知ればうなず
けるだろう。ZNDとは簡単に言えば、たとえ木を切り
倒しても、その他どこかで他種の木でも植えさえすれ
ば伐採が許されるというものだ。グローバル企業のユ
ニリーバ[訳注:日用品等を扱う企業]、ブンゲ[訳
注:穀物メジャー]、モンデリーズ・インターナショ
ナル[訳注:食品・飲料企業]などがこの仕組みに飛
びついた理由のひとつはここにある。

例えば、世界熱帯雨林運動は次のように書いている:
「ZNDとは、企業が牧場にしたり単一種のプランテー
ションに変えてしまった土地と同じかそれ以上の面積
を、どこかで誰かが植林したり保全したりしているこ
とを証明する証明書を示すことができれば、企業が森
林を破壊し続けることができるというものである」(9)

しかし、植林が森を作るとは言い切れない。先祖代々
そこに育っていた草木が広大な外来の松林に変わって
しまったという経験をしたアルゼンチンのミシオネス
州に住むムビャ・グアラニー民族に聞けば分かる。

現在彼らはこう嘆いている。「かつては満ち足りてい
た私たちの営みを作り出していた土地は、松の砂漠に
なりました・・・・・・動物、鳥、魚もおらず、そこは沈黙
した場所です」(10)

国連とビジネス界が支持する他の「動向を大きく変え
る要因」は、字面の良くないREDD(森林減少・劣化か
らの温室効果ガス排出削減)という頭文字で呼ばれる
仕組みだ。この考え方は、まことに巧妙なカーボンオ
フセット制度において、森林破壊を止めるために市場
の力を使うというものである。経済的に豊かな国々が
支援をする代わりに、貧しい国々は木を切らないとい
う内容で、十分シンプルな仕組みに見える。木々を守
れば二酸化炭素の削減につながるため、資金を提供す
る国(あるいは企業)が、排出量クレジットを得るこ
とができる。そして最終的にこのクレジットは、世界
の炭素市場での取引に使えるのだ。

しかし、そこにはいくつかの障害がある。ひとつは、
市場主導の制度は、貪欲に踊らされて何でもあり状態
に陥ってしまう傾向があることだ。ウォールストリー
トの目先の利く人々が行ってきた投資方法に何が起こっ
たか、私たちは目撃してきた。2008年の世界的な景気
後退は、彼らのようなずるがしこい連中によって引き
起こされ、現在もその影響は残っている。しかしより
重要な点は、この制度が問題の核心を無視するように
緻密に作り上げられた解決策であるということだ。

私たちは、化石燃料の使用をやめる必要があるのだ。

 人のいない森

経済的に豊かな国々はREDDを使えば、貧しい国が樹木
を切らないよう支援できる限り、炭素を出し続けるこ
とができる。

だが、もっと重要な点は、森に生活を依存している地
域が衰退していくことである。ジャーナリストのサム・
ナイトがパプアニューギニアでのREDDに関して事細か
にすっぱ抜いた記事では次のように語る:「カネと木
が混ざり合うと、ひどい目に遭うのはいつも地元の人々
です」(11)

NGOが、モザンビーク、ペルー、ナイジェリア、ケニ
アを含む国々の24のプロジェクトに関して行った調査
によれば、REDDプロジェクトが行われた地域では、
「森の使用が制限され、地元の人々の暮らし方と生活
環境が干渉された。また、保全状況の良い森とは人間
のいない森である、という考え方が強化された」(12)
という。

だがこれは誤りだろう。なぜなら、人間の文化から隔
絶された手つかずの野生という理想化された考え方は、
完全に作られたものだからだ。人間の生活は、これま
でずっと森と深くかかわってきた。今日も実にたくさ
んの人々が、生活に必要な基本的な物資を森に頼って
いる。そのため、森を守る最良の委任者は、その地元
のコミュニティーである。最近の調査がこのことを示
している。地元のコミュニティーで管理する森の森林
破壊率は一貫して低めで、地元の人々が法的権利を持
つ森はそうでない森よりも最も低い例で6分の1となる。
(13) グアテマラのマヤ生物圏保護区では、先住民族
コミュニティーが200万ヘクタールの保護区の約4分の
1を管理しているが、森林破壊率は0.02%とほんのわ
ずかである。これとは反対にペルーでは、政府が先住
民の権利を踏みにじることを資源企業に許可した。そ
の権利は熱帯の密林の75%におよび、森林破壊があち
こちで起きている。

ケニアもコミュニティーによる森林管理で変化が起こ
っている国のひとつである。炭を作るために木が切ら
れ、重要な高地の分水界[訳注:降った雨が2つ以上
の水系に分かれていく地域]が丸裸になり、降水量が
激減し、干ばつが広がった。それが警鐘となり、最終
的には荒涼とした山腹の再生と管理を行う地域の森林
組合の結成につながった。今日、山の木々は増え、降
水量も増加した。

ケニア山国立公園の監視員であるサイモン・ギタウは、
「かつての密猟者や違法伐採者たちも、今では森を守っ
ています」と語った。(14)

私たちもみな、同様にすべきだ。

人間は森を必要としている。それは、地球上に人間と
共に生きている生物にとっても言えることで、またこ
の地球にとっても同じである。私たちが緊急に保護し、
育てていかなければならないのは、そこに理由がある。◆

出典:
(1) On the Edge, the State and Fate of the
World's Tropical Rainforests, Claude Martin,
(Greystone Books, Vancouver/Berkeley, 2015)
(2) The Guardian, "Brazil drought: water
rationing alone won't save Sao Paulo"
http://nin.tl/brazil-drought
(3) National Academy of Sciences, "Projections
of future meteorological drought and wet periods
in the Amazon"
http://nin.tl/amazon-projections
(4) NPR, "As Brazil's Largest City Struggles
With Drought, Residents Are Leaving"
http://nin.tl/residents-leaving
(5) Saving the World's Deciduous Forests, Robert
A Askins, (Yale University Press, New
Haven/London, 2014)
(6) Global Forest Watch, Canada
http://nin.tl/canada-tree-cover
(7) Fern, "Press Release: New report shows how
biomass burning devastates forests"
http://nin.tl/biomass-devastation
(8) Dogwood Alliance, "Our Forests Aren't Fuel
Reports"
http://nin.tl/bioenergy-report
(9) World Rainforest Movement, "Two bright
shining lies teaming up: Certification
roundtables and REDD+"
http://nin.tl/wrn-redd
(10) World Rainforest Movement, "CERTIFICATION
- SC: Certified land grabbing"
http://nin.tl/fsc-landgrabbing
(11) The Guardian, "The incredible plan to make
money grow on trees"
http://nin.tl/money-on-trees
(12) World Rainforest Movement, "WRM Statement:
The climate and forest crises cannot be solved
with number games and false solutions"
http://nin.tl/number-games
(13) World Resources Institute, "Securing Rights,
Combating Climate Change"
http://wri.org/securingrights
(14) Yale Environment 360, "In Kenya's Mountain
Forests, A New Path to Conservation"
http://nin.tl/kenya-conservation

※2016年4月号NI491 p10-13「Last stand」の翻訳です

------------------------------------------------
【3-1】NIジャパンからのお知らせ
多文化旅行写真術~写真で伝えるアジアのイメージ2
(主催:NIジャパン)
------------------------------------------------
先月お知らせした写真講座ですが、2回を予定してお
りましたが、次の通り5月のみ1回の日程で行うことに
なりましたのでお知らせします。

日時:5月15日(日)13:30~16:30
会場:豊島区民センター(東京・池袋)
http://yahoo.jp/c-Tp8A
定員:15名(要申し込み)
持ち物:デジタルカメラ(一眼またはコンパクトデジ
カメ、スマホ・携帯は不可)、筆記用具
申し込み方法:こちらのオンラインフォームよりお申
し込みください。
http://bit.ly/1Mt50sa
資料代&参加費:1500円
主催:ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
共催:ドリック・ジャパン
協力:公益社団法人日本写真協会

多様化していく社会に向け、「文化」をどうとらえて
表現したらいいのか考える講座です。日本在住のバン
グラデシュ人報道写真家を講師に招き、多角的な視点
で物事をながめ、多様性を認識し、写真表現に役立て
られるようになることを目指します。
**内容**
・バングラデシュで撮影された写真を見ながらの講義
・参加者自身が街に出て写真撮影
・参加者の写真を講師が講評
・参加者の写真を使ってワークショップ

これから写真を始めたいという方でも歓迎です。詳細
はブログをご覧ください。
http://nijapan.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

------------------------------------------------
【3-2】NIジャパンからのお知らせ
東京写真月間2016
(主催:「東京写真月間2016」実行委員会-日本写真
協会・東京都写真美術館)
------------------------------------------------
東京写真月間は、6月1日の写真の日を記念して行われ
る企画で、国内外の写真家の写真展が各地で開催され
ます。

中でも国際展「アジアの写真家たち」は、日本にいる
私たちにとって多くの場合被写体となるアジア各国の
写真家が、自分たちの視点と思いで母国を表現するユ
ニークな企画です。今年はモンゴルの写真家を招いた
展示会と講演会などが行われます。

http://www.psj.or.jp/gekkan/schedule/index2016.html

≪また来月もお楽しみに≫

■ニュー・インターナショナリストについて■

ニュー・インターナショナリスト(エヌアイ)は、途
上国と先進国の間に横たわる南北問題について広く世
界に問いかけるため、英国の非営利団体(オックスフ
ァム、クリスチャン・エイド、キャドバリー財団、ラ
ウンツリー財団)の支援によって1973年に創刊された
国際情報月刊誌です。1980年代からは協同組合となり、
独立メディアとして活動しています。草の根の活動か
ら国際的な動きまで、欧米主要メディアとは異なる切
り口で世界を伝え分析する、オルタナティブなメディ
アです。

詳しくはこちら
http://www.ni-japan.com/jintro.htm

************************************************
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
〒1150-0001
東京都渋谷区神宮前5-42-7 本田マンション301
TEL/FAX:03-6873-5935
 http://www.ni-japan.com
 http://twitter.com/nijapan
 http://www.newint.org/blog/japan/
【当メルマガやNIマガジンに関する
 ご意見、ご感想をお寄せください】
 mlmag■ni-japan.com(■を@に変更)
************************************************

2016年3月27日 (日)

アナスタシアの「水」と「種」

既に読んでいる方も多いと思いますが、ロシアの作品「アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1) 」をようやく読みました!

【1995年、響きわたるシベリア杉、リンギング・シダーの謎を追う実業家ウラジーミル・メグレは、オビ川のほとりで孤高の美女アナスタシアに出会い、タイガの森の奥深くで不可思議な3日間を過ごす。たぐいまれな美貌と叡智と超能力を備えたアナスタシアが語る、人間と自然、宇宙、そして神についての真実とは…?あなたの生き方を変え、地球を救う一冊。 】

ということで、自然療法家のファンも多い作品。
人間の無限の可能性を教えてくれる興味深い内容でした。

特に、面白かった箇所を下記に引用して紹介します★

●アナスタシアの「水」

水と接する時のわたしたちの想念が大切なことを、とっても素敵な表現で綴られていました。

水の癒しの特性を体験したいなら、自分にとって一番おいしい水がわき出ている泉をみつけるの。

その水を家に持ち帰って、器にいれて、凍らせる。そして毎晩、一日に必要な量の水を、ちょっと見栄えのする器に入れてテーブルの上におく。器の下にはグリーンの布を敷いて。

寝る前に、その水に向かって何か良い言葉をかけてあげるか、あるいは黙ってやさしい思いをそそいであげる。

部屋は暖かすぎないように。水の中に少し氷が残っている状態にする。もし氷がなくなっていたら、寒いところにある氷を少し入れて。
氷を少しお湯に入れたり、熱いお茶に入れるのもいいの。

氷が溶けていくときに、やさしさをもって水のことを考えて。そして素敵な言葉をかけてあげる。生き物に対するように。氷が溶けた水に杉のオイルを一滴たらしてもいい。水の量が多くても少なくても、その一滴で情報が水全体に広がるの。この情報がとても大切。

●アナスタシアの「種」

種。小さな小さな種の中に、宇宙・自然・生命の情報がすべて詰まった天のギフト。植物が育っていく間、種を蒔いた人とのコミュニケーションが大事なのです。動物でも人間でもそうだけど、相手との信頼が深まる交流が、心を温め、エネルギーに変わるのですネ。

種は莫大な宇宙からの情報を持っている。

人間が作った何ものも、そのサイズにおいても正確さにおいても種にかなうものはない。種は自分がいつ発芽すべきか、地中からどんな水分を摂取し、どのように太陽や月や星々からの放射を利用すべきか、千分の一単位の正確さで知っている。どんなふうに成長して、どんな果実を実らせればいいのかも知っている。

果物や野菜などの植物の実は、人間を元気づけて持久力を高める目的で創られている。人間がこれまでつくってきた、そしてこれからつくるどんな薬よりも強力に、植物の実は人間の体組織を襲うあらゆる病と効果的に闘い、しっかりと抵抗する。

ただ、そのためには、実になる前の種にその人の体の状態を知らせておかなければならない。植物の実が、ある特定の人の病気-現在かかっているか、発病間近な状態-を癒すには、種が実の中身になる物質を、その癒しに必要な成分比率で満たしながら熟成していくプロセスが不可欠だから。

キュウリやトマトやその他の、庭で育てる植物の種に、自分の健康に関する情報を伝える基本的な方法は、 蒔く前の種をいくつか口に入れ、舌の下に少なくとも九分は置いておく。

次に、それを口から出して、両手のひらに包んで約30秒間もったまま、その種を植える地面の上に裸足で立つ。

両手のひらをそのまま開いて、そこにある種をゆっくりと注意しながら口のところに持っていき、種に向かって肺から息をそっと吹きかける。あなたの息で温められた小さな種子は、あなたの体の中にあるものすべてを知る。

そのあと種をのせた両手のひらをそのまま開いて空に向け、30秒間種を天体に見せるようにする。その瞬間、種は発芽の時期を決める。そしてすべての惑星がそれを手助けする。あなたのたねに全惑星が新芽が必要とする光を天から降り注ぐ。

こうしてやっと種をまくことができる。種を蒔いてすぐに水をあげてはいけない。種を包んでいるあんたの唾液や、種が取り入れた情報がすべて消えてしまうから。水をあげるのは種を蒔いて三日後がいい。

種まきはそれぞれの野菜に適した時期にしなければならない(人はすでにそれを太陰暦によって知っている)。遅れて蒔くよりは、水なしで本来の時期より早めに蒔く方がまだいい。

種から生まれた新芽の隣に雑草が生えていても、すべて除去してはいけない。少なくとも各種ひとつづつは残すこと。その雑草は抜かないで切ればいい。

他にも、素敵な情報が詰まっているのですが、UFOを動かすエネルギーの正体は、衝撃でした。

上記の引用記事は、東京スクールオブホメオパシーさんのブログよりコピーさせていただきました。見ごたえたっぷりのサイトでお勧めです。去年、出版された「お母さんとこどものためのホメオパシー」も、実践的で充実した内容です。

そして、アナスタシアを貸してくれた、薫さん♪いつもありがとうございます。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習 

2015年11月16日 (月)

訪問看護師は今日も行く

いつもお世話になっている狛江のさかぐち鍼灸治療院。
2代目、3代目の女性の先生たちが、暖かく出迎えてくれて、治療だけではなく、まるで親戚のおうちに行ったような、ほっこりした気分になります。

わたしにとっては、治療だけではなく、身体を十分に休ませることの重要さや、人を手当てする、という姿勢を常に教えてくれる癒しスポットでもあります。

さて、今回は、その坂口先生から紹介していただいた「訪問看護師は今日も行く」のマンガ本。

多摩在宅支援センター円 さんのお仕事が、利用者さんとのストーリーとともに紹介されています。

10年前に、精神科病棟と地域のつながりを求め、「その人らしい生活を支援する」ことを目的として設立されました。主に、精神疾患を持つ方々を訪問し、ご自宅での生活をサポートする様子が、解説とともにわかりやすく漫画でまとめられています。

認知症、自閉症、うつ病など、精神疾患には様々な病名にとらわれず、その人らしさを支援するように努める円のスタッフの様子がよくわかる内容です。

在宅看護や、地域支援にご興味のある方にとってはその取り組みや事業内容もとても参考になるので、手に取ってみて下さい。

わたしも、骨折で入院した折、看護師さんのお声がけや励ましが、どれだけ支えになったことかを思い出します。そして、それを無機質で消毒臭い病室の中ではなく、住み慣れた我が家でサポートしてもらえるなら、こんなに心強いことはないなぁと思いました。

そして、同居している家族が認知症になった時、地域のケアマネージャーさんの存在はとてもありがたく、介護というのは、家族だけではなく、社会全体で取り組むものだと知りました。

今は、どんな精神疾患を持っていようと、そのままでいいよ、と受け入れる能力を身につける時代です。でも、わかってはいても、実は、心のどこかで、恐怖心や抵抗感があるのではないでしょうか?

誰でもが、本音を言えて、誰でもが自分らしくいられる生き方を実現すれば、いいだけのはずですが、自分の心を偽らないで生きてゆくには、まだまだ、勇気が必要な時代です。私たちが信じてきた世界と、理想の世界には、すごい隔たりがあるのです。

もし、あなたがそのままで在ることが辛かったら、自然療法をご活用ください。

クプクプでおすすめなのは、自分の意志で自由に学ぶ、フラワーエッセンスコースインミラクルの読書会です。自分の心を受け入れ、より大きな器で人生を歩む方法に気が付かせてくれます。どうか恐れずに、勇気をもって、自分らしく、生きましょう!

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー教室 

2015年9月22日 (火)

「バイタリズム」 類似の法則と植物レメディの系譜

     

9/25(金)に予定している”フラワーエッセンス体験&観察会「彼岸花」”

この花、曼珠沙華など、日本のレメディ作りにも取り組んでおられる東先生との打合せ中、バイタリズムの話題となり、とても大切な本なので、読書会も面白いですね、などお話いただきました。私も久しぶりに読み直しているので、再度改めてご紹介します。

ホリスティック医学であるハーブ、フラワーエッセンス、ホメオパシーの実践家にとって欠かせない先人たちがずらり登場↓。西洋の補完医療における系譜を、パラケルススの「類似の法則」との関連から紹介しています。 

●同種療法(ハーネマン)
●臓器療法(ラーデマッハー)
●薬草療法(トムソン)
●折衷療法(スカッダー等)
●ケントの同種療法(ケント)
●花療法(バッチ)

ホリスティック医療のみならず、現代的西洋医学にとっても、礎となる手法を確立した人物としても、パラケルススの存在は重要です。

パラケルスス(1493~1541)が活躍したのは、大航海時代の真っただ中。ヨーロッパ人が新航路・新大陸を発見し、活発な植民活動が起き、西欧の政治・経済に重大な影響をもたらした時代でした。

Keplerworld
↑ヨハネス・ケプラーによる1627年当時の世界地図

詳細は、パラケルスス の専門書にお任せするとして、ここでは、彼のエッセンスを引用して紹介します。

バイタリズム P68より引用 

魂は、薬草と根の外的および内的な物質的構造が
分からなくとも、直感的にその力と効能を認識し、
同時に特徴表示についても認識する。

この特徴表示は、確かに生命体の働きであり、
(人工物と対比したところの)自然的物体を病で
生じた特定の状態に類似させるというものである。

そしてそれにより、疾病部位の病気に健康を
取り戻せるのであろう。

特徴表示は、しばしば物の外的形状にさえ表現されており、
その形状を観察することで内部を観察しなくても、
そのものの内的本質に関するなにがしかを知ることができる。

われわれは、人の内的特性が歩き方や音色といった
外面によく表れることを知っている。

それと同じで、事物の隠れた特性は、ある程度、
外的な形状に表現されている。

人は自然状態にある限り、事物の特徴表示を認識し
真の特性を知る。ところが、自然の道筋から外れるほど、
人を惑わせる外見のとりこになり、この力は失われる。

 

パラケルススにとって、特徴表示説は、薬物学の理論を構築するための原則でした。

そして、彼が活躍した500年後の現代。この間、私たちは、自然の道筋から外れ、魂と心を置き去りにして肉体的なアプローチの腕を懸命に磨いてきました。けれど、今、現代的医療だけでは、限界点に来ています。

さて、どうする?

パラケルススの言う、地球を取り囲む惑星、人体と宇宙、ミクロコスモスとマクロコスモス、魂、気、心の重要性を実践する方法は、既に500年前に生まれています。日本語にも訳され、ヒントはたくさんあります!今生では、どうか、行く先々で喧嘩して、追い出されないようご注意ください(笑)

というのも、彼は、どこに訪れても、患者たちは彼の手助けを求めたのに対して、当局は彼が町から出ていくように求めたそうです。私たちは、「人の振り見て我が振り直せ」の術を使って、先人のエッセンスのいいとこどりを狙いましょう!

バイタリズムは、1993年に米国で発行され、2009年に日本語に翻訳されました。
日本語に翻訳してくださった大槻真一郎先生
澤元亙先生 ご夫妻、出版関係者の皆さまにも感謝です!

バイタリズム (ホメオパシー海外選書)
著者「
マシュー・ウッド(Matthew Wood)  

秋の夜長に、心が温まるお勧めの一冊です♪

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習

2015年9月21日 (月)

曼珠沙華とご先祖様 ~「バイタリズム」の書籍から~

   

9/25(金)に予定している”フラワーエッセンス体験&観察会「彼岸花」”

別名、曼珠沙華は例年のごとく、秋分の日辺りが満開かと思いきや、今年は、既にピークを迎えているようです。観察予定のルートにも花が咲いていました。金曜日まで持ってくれますように!

秋分の日のお彼岸は、「祖先を敬い、故人を偲ぶ」という意味をもつそうです。
また、彼岸の墓参りは、日本独特の風習といわれています。
四季の花を愛でる日本文化と、ご先祖さまを敬う日本人の心を表す花のような気がします。

Mangyu

そこで、思い出したのが、バイタリズムいう本。
曼珠沙華のメッセージとつながりがある文献を見つけたので、要約してご紹介します。

暦の上では、「春分の日」と「秋分の日」を中心に前後三日間、合計七日間をさす彼岸の時期に、何らかの参考になれば幸いです。 

~アメリカ・インディアンの精神生活における重要な側面についての紹介~
バイタリズムp33 より要約して引用


ここでは、先祖は、物質的なものであろうと精神的なものであろうと、生命の不可欠な一部であることを述べています。そして、それらの御霊は、決して私たちを脅かしたり怖がらせたりする得体の知れないものではありません。
 

先祖とは、現代の私たちよりも以前に生きていた人たちであり、公平さ、良識、慈しみ、憐み、霊的な知恵といった伝承を生き生きと持ち続けた人たちである。・・・略・・・

先祖側から見るなら、私たちを眺め、導き、守り、教え、愛する。しかし、もちろん彼らは、先祖の人たちと同じように人類の霊的な目的に自分を捧げている人々だけにしか見えない」

●ネィティブ・アメリカンの生活において、意味深長な人間関係に対する奥深い感情、そして、慈しみの情けは、「先祖」あるいは「祖父」と相互交流することから生まれる。これは、最高の超自然的なものである。

●こうした経験は極めて現代的な宗教に共通して見られるものではない

●先祖と呼べる人たちの中には、遺伝的につながり、その人のためになることをしてくれる先祖の人たちがいる

●また、遺伝的に関係があろうとなかろうと、過去においてその人の故国に住んでいた人々とか、当人だけ霊的につながった先行者や守護霊なども含まれる。

●さらに加えて、その人の故国の動植物たちもここに含まれていなけらばならないだろう。いやむしろ、動植物たちは、先祖自身でもある。なぜなら動植物たちは、故国の土壌から私たちの体と先祖の体をつくるのに役立っているはずだと主張しても当然だからである。

●先祖は、物質的なものであろうと精神的なものであろうと、生命の不可欠な一部である。

●インディアンの呪医がかつて言っていた「白人に医学があっても、白人は先祖のことを知らないので決して人を癒すことはできないだろう」

●読者は推測していなかったかもしれないが、先祖が存在してこそ本書も存在する。私は、西洋における代替医学の主要な運動の先駆者たちを集めた。

●私たちは、彼らのことを知り、敬うことを通じて、霊的な治療エネルギーという法則をより有効に伝える伝達者となることができる。 

引用紹介終り

折しも、日曜日のテレビドラマ「ナポレオンの村」という作品を何度か観ました。
唐沢氏演じる主人公の公務員は、ナポレオンの言葉を座右の銘として、自身の人生の指針としていました。まさに、彼の精神にナポレオンという先人が、働きかける好例でした。
目的・ビジョンが明確であれば、不可能はありません♪

わたしは、特別にナポレオンのファンではありませんが、ドラマで用いられる格言・明言はとても共感が持てました。誰もが世間に左右されず、内なる声に従って、自分のやるべきことができれば、世界は激変するでしょう。

わたしも、特に、フラワーエッセンスのバッチ博士の文献を何度も読み返します。
そこから受け取るメッセージの強さは、並ならぬパワーがあります。

大好きな先駆者と繋がるだけで、より一層、豊かで力強い時間を過ごすことができるのですね。あなたにとって、力をもらえる先人は誰ですか?

フラワーエッセンス体験&観察会「彼岸花」”は、先祖とのつながりを思い出す貴重な時間となりそうです。ご興味のある方はご連絡ください★

バイタリズム 類似の法則と植物レメディーの系譜
パラケルスス、ハーネマン、ラーデマッハー、
トムソン、ケント、バーネット、バッチ」

の著者「
マシュー・ウッド(Matthew Wood) 」について 

Matthew_woodherbalist2 

アメリカ、ミネソタ州出身。アメリカのハーバリスト。
1982年以来、数万人のクライアントを治療する。
全米ハーバリスト協会(American Herbalists Guild)の登録メンバーであり、機関紙『Journal of the American Herbalists Guild』の定期寄稿者。
1982年当初、実践経験の無いハーバリストが多く、書物上の理論や意見を言う著者や講師ばかりで、インドや中国の伝統医学へ方向を変える者もいたが、彼は、伝統的な西洋の薬草学の実践治療家であった。
ウッド氏は、他の療法の長所を認めながらも、彼自身は、ヨーロッパ、イギリス系アメリカ人、ネイティブアメリカンから受け継がれた伝統的薬草学を学び、保護し、実践している。
その教授活動は、アメリカ合衆国各地だけでなく、カナダ、スコットランド、イギリス、オーストラリアなど、諸外国にも及び、植物療法の教育者としても世界的に有名。

 

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習 

2015年6月 9日 (火)

NIジャパン英語版<2015年6月号> 原理主義:その権力、政治、魅惑

ニュー・インターナショナリスト・マガジン最新号の案内メルマガを紹介します。

嫌悪感の教育、安い食品の裏側、マラリアの特効薬。
本文が気になりますね。

下記引用

◆NIジャパン メールマガジン◆ 第152号 2015.6.2

【1】ニュー・インターナショナリスト・マガジン
最新号<2015年6月号> 英語版
Fundamentalism: Power, politics and persuasion
(原理主義:その権力、政治、魅惑)

※7/8月合併号はThe transgender revolution
(トランス・ジェンダーの革命)

【2】NIオンラインリポート
1)シーフードの奴隷
2)マラリア予防への希望
3)使い捨て買物袋の有料化
4)ジョニー・スカラマンガが受けた誤った教育

************************************************

------------------------------------------------
【1】最新号<2015年6月号> 英語版
Fundamentalism: Power, politics and persuasion
(原理主義:その権力、政治、魅惑)
------------------------------------------------
抑圧的な思想が争いと荒廃しかもたらさないとしたら、
人々はそのどこに引かれるのだろうか? 今月のNew
Internationalistでは、血塗られた出来事の裏側を探
り、原理主義思想の政治的動機を解明する。今回は、
社会に根を張った原理主義者が市民社会の活動を阻害
するパキスタンや、急増した強硬派が政治的利益のた
めに揺さぶりをかけているインドからの報告も含む。
また、原理主義に基づく学校で起こっている知性への
破壊行為を実際に経験した人の証言と、米国のキリス
ト教右派がアフリカで広める同性愛嫌悪の宣伝手法に
関しても報告する。

http://www.ni-japan.com/webold/toc483.htm

------------------------------------------------
【2-1】NIオンラインリポート
シーフードの奴隷
------------------------------------------------
エンバイロメント・ジャスティス財団(EJF)が新た
に発表した身の毛もよだつ報告書「海賊船と奴隷」は、
タイにおける魚の乱獲が海洋生態系崩壊と人身取引
(人身売買)増加の原因となっていることを暴いた。

水産資源の枯渇と、欧米の消費者からの安いシーフー
ドに対する貪欲な需要が、タイの奴隷労働を激増させ
ている。漁船の操業時間は長くなり、漁獲が減少する
中でより遠くへ漁に出るようになり、収入向上と低賃
金漁船員確保のためには人身取引ネットワークが利用
されている。

移民は船上でとらわれの身となり、無給で、あるいは
受け取れたとしてもほんのわずかな賃金で数年間にわ
たり働くことを強いられる。暴力は日常茶飯事である。
「私の同僚が海に落ちました」とある被害者は語る。
「そのまま仕事を続けるように命じられ、彼を助けに
いくことは許されませんでした。そして、彼はおぼれ
て死にました」

水産業界が持続可能なレベルの管理を行えば、タイ経
済への貢献はもっと大きなものになるだろう。それに
は何が欠けているのか? EJFは、この21世紀で最も
ひどい社会的、生態系的、経済的な犯罪に立ち向かう
ための政治的意思が、政府、産業界、小売業界に見ら
れないと主張している。

ジェス・ワース

※2015年6月号NI483 p9
「Seafood slaves」の翻訳です。

------------------------------------------------
【2-2】NIオンラインリポート
マラリア予防への希望
------------------------------------------------
あとわずか数カ月で、マラリアに有効なワクチンが開
発されるかもしれない。このワクチンは、18カ月から
5歳の子どもへの臨床試験では、75%にその効果が認
められた。現在マラリアは、ワクチンが存在せず、依
然として世界で最も致死的な病気のひとつである。サ
ハラ以南のアフリカ諸国では、毎年40万人以上の子ど
もたちが死亡している。必要とするすべての人がこの
ワクチンを入手できるようになるのかは、開発元の巨
大製薬企業、グラクソ・スミスクライン次第である。

※2015年6月号NI483 p9「Malaria hope」の翻訳です。

------------------------------------------------
【2-3】NIオンラインリポート
使い捨て買物袋の有料化
------------------------------------------------
2014年スコットランドでは、持ち帰りに使うすべての
プラスチック製の袋に対し、1枚当たり5ペンス(7セ
ント)[訳注:約8.5円]の徴収を開始。それ以来、
使用料は80%減少した。これは、それぞれ2011年と
2013年に同様の措置をとったウェールズと北アイルラ
ンドと同レベルの効果だ。イングランドでは、今年10
月から措置が導入される。

訳注:厳密には、プラスチック製の袋だけでなく、紙
製も含む小売店で配布されるすべての使い捨ての袋
(single-use carrier bags)が対象となっている。
http://carrierbagchargescotland.org.uk

※2015年6月号NI483 p9「Banned bags」の翻訳です。

------------------------------------------------
【2-4】NIオンラインリポート
ジョニー・スカラマンガが受けた誤った教育
------------------------------------------------
原理主義者の学校教育の揺るぎない確信は、いかにし
てジョニーの思考を閉じ込めてしまったのか。

15歳の時、私は自分の正しさを疑わなかった。この世
界は6000年前に始まり、私は全能の神と個人的な結び
つきを持っていた。そして、セクシュアリティから経
済や文学まで、私は幅広い物事に関して神の教えを知
っていた。私に対して誰が反論や反証をしようとも、
ほとんどの場合それを無視した。私が彼らを議論で打
ち負かしたり、彼らに説明できるかどうかは関係ない。
私は神の言葉を知っており、彼らが間違っているのは
疑う余地のないことだった。

私が通っていたキリスト教系学校の先生たちは、私の
かたくなな態度を成功としてとらえていた。原理主義
者にとって、信仰は揺るぎないものである。ただそれ
は、私や私の原理主義者の友人たちが疑念を抱かなか
ったという意味ではない。疑念を抱いたこともあった。
しかし私たちにとって疑念とは、私たちを神から引き
離すべく悪魔が差し向ける誘惑であり、乗り越えるも
のである。疑念への最良の対処方法は、祈ることだっ
た。

原理主義には、ほとんどの教育概念からすればおかし
な特徴が3つある。一つ目は、確信を強く求めること。
二つ目は、排他性。これには、豊かで実り多き人生を
送る唯一の道が原理主義で、ほかに道はないという認
識も含まれる。原理主義を信じない者たちが、自分た
ちの人生は楽しいと主張したとしても、それはたわ言
であり、永久の破滅に行き着くということだ。三つ目
が、この地獄を信じるという考え方だ。これは、より
極端な行動へと人々を向かわせる。もし、神の意志が
周知のものであれば、それを疑うことには何の利点も
ない。せいぜい、すでに知られていることを自分の中
で確認するか、あるいは何かするとしても、破滅に導
く疑念をののしることくらいである。

英国の私立学校基準では、政治的に対抗し合う考え方
をバランスよく生徒に示すことが求められている。こ
の基準を作った人々には、これは問題のない要求だと
見えたようだ。政治とは何かと言えば、許容可能な複
数の見方の存在について取り上げるものである。そし
て適切な教育とは、政治での異なる主張を子どもたち
が理解し、検討し、妥当な場合には理にかなった意見
を持てるよう手助けするものでなければならない。だ
がこれは、原理主義者からは嫌忌される考え方だ。彼
らは、感覚や好みである程度の違いがあることは認め
るが、彼らには神の言葉として示されている偉大な法
典の存在がある。その点から見れば、たとえば中絶、
同性婚、あるいは大麻への賛成意見は、罪を支持する
ものだと受け止められるだろう。私が学んだ米国の原
理主義者のカリキュラム、アクセレレイテッド・クリ
スチャン・エドュケーションは、多様な信仰を「無防
備露出の原則」と考えるよう促していた。それには次
のような主張も含まれる。

「公共の教育制度は、人間中心に考える無防備露出の
原則に従うことで、きちんと読み書きができない多く
の子どもたちを生み出している。さらには、より多く
の子どもたちの間にさまざまな事柄による中毒が広が
り、実際に数百万という子どもたちが、清く、平和で、
喜びあふれる生活をもたらすことが可能になるであろ
う確固としたキリスト教の価値観を持てないでいる」

自由で民主的な社会にとって、価値観同士の衝突は問
題を引き起こす。親は、自分たちの価値観に沿って子
どもが受ける教育を選ぶ権利がある。しかし教育には、
異なる信仰や価値観を持つ人々への敬意と寛容といっ
た価値観が含まれなければならない。だが、これらの
必要条件がぶつかり合った時、そこでは何が起こるの
だろうか?

原理主義者的な信仰を持つ多くの人々にとって宗教と
は、豊かで実り多き生活を送ることを可能にする土台
である。しかし私は、原理主義に従って人生を満足に
送ることは不可能だった。私が受けた教育は、幸福を
追求する権利を私から奪ったのである。10代のころ、
私は自殺願望と闘っていた。それはつまり、私の以前
の「教師たち」から見れば、確信を持てず学校に対し
て批判的だということで、彼らの価値観を持てない人
間であるということだ。

結局、両親は私の状況を非常に心配し、一般の学校に
転校させた。だが、そこでのカルチャーショックはす
さまじいものがあった。私は、非キリスト教徒は不道
徳的だと教えられていたが、まさにその通りだった。
そしてその後、自分が間違っているのかもしれないと
考えられるようになるまでに、4年を要した。現在、
原理主義者の学校教育は、依然として教育の一形態と
考えられている。だがそれは、知力の破壊行為と見な
すのが妥当ではないだろうか。

by ジョニー・スカラマンガ
ロンドン大学教育研究所博士課程にて、原理主義学校
における生徒の経験について研究している。

※2015年6月号NI483 p21
「The miseducation of Jonny Scaramanga」の翻訳です。

以上、引用紹介終り。

2015年4月 1日 (水)

お産を楽しむおすすめ図書

 

クプクプでは、調布市の金子レディースクリニックさんにて、産後のアロマテラピーを担当しています。妊産婦さんの美しさ、赤ちゃんの神々しさは、言葉に表現しがたいほどで、その現場に携われることに感謝しています。

3月は、布ナプキンや、おむつなし育児などにも取り組んでいるまんまる助産院でお産をされた助産師さんをお迎えし、お産を楽しむ本 をご紹介いただきました。読みやすく参考になるので、興味のある方は、手に取ってみて下さい。

自然に産む、、、。あまり意識しないことかもしれませんが、現場は、時には様々な試練があり、思うようにいかないこともたくさんあります。3代遡れば、自宅出産が当たり前でしたが、今は、助産院で生む母たちの割合は実に、1%。

理想で安全な出産現場をめざし、日々尽力している医師や助産師たちの姿を目の当たりにすると、わたしたちアロマセラピストも身が引き締まります。

アロマテラピーは、心を豊かにし、リラックスするには最強の自然療法。
妊娠中は、幸せを感じる時間が安産につながっているので、大いに活用してください。
でも実は、妊娠中だけではなく、妊娠する前の体作りも、とっても大切です。

●ママとなる女性の「産むのはわたし」という自覚
●自分の体を知り、育むことは、命を育むことと同じくらい大事
というところに寄り添って、妊婦さんをサポートすることも、私たちの仕事です。

女性が、自分自身の体を知ることは、子育てにおいても重要な要素。
誰にでも起きる生理現象や、自然治癒力について、お母さんたちが正しい知識を身につければ、子育ても家の不和も、多くの問題は、小さいうちに解決するでしょう。

そのような知識が詰まった、妊活中&妊婦さんに役立つ、自然分娩のお勧め本をご紹介します。人生観も変わりますよ。

↑一日200本のまきわりで骨盤底筋群周りを鍛える「お産の家」で有名な吉村正先生の感動お産の本。

 

↑自然分娩をめざす妊婦さん必見の、野生を思い出す本。

お産を楽しむ本 には、エッセンスがたくさん。
タイトルを読むだけでも心が豊かになるので、下記にご紹介します。

≪目次≫

はじめに 母子は二人で一人

 妊娠 野性をみがく時間です。
 「自分」という感覚をピカピカに

1 温める 靴下の重ねばきと野菜たっぷりお味噌汁は、赤ちゃんが喜ぶ
 温かいおしゃれ
 ゆったり半身浴
 安産のお灸
 おなかの赤ちゃんが喜ぶご飯は?
 ご飯 8つのポイント
 注意事項!
 陰陽調和料理のレシピ

2 歩く 毎日、ぼ~っと
 心と体をほぐす歩き方
 安産になる体操(妊娠5ヶ月目から)

3 自分を感じる インナーチャイルドに会いに行く
 心と体はつながっている
 私の中の「子ども」
 私を抱きしめる一人旅
 愛でる瞑想
 私の「お母さん」

4 季節を感じる 赤ちゃんが気持ちいい生活とは?
 エアコンはほどほどに
 月・太陽を感じる

5 お産のこと 私らしく産むには?
 どうやって産む?あなたを「牛」にたとえると?
 お産のカタチにこぢわらないで!
 どんな感じ? それぞれの声
 病院で産んだ人の声
 病院と助産院、両方で産んだことのある人の声
 助産院で産んだ人の声
 自宅でうんだ人の声

6 おっぱい 哺乳類はよくできている!安産とおっぱいに大切なことは同じ
 ヒトのおっぱいは、ヒト専用
 楽チンおっぱいの準備は妊娠中から

7 産後の暮らし方 古来の知恵「床上げ百日」を知っていますか?
 とっても大切な「助っ人」とお布団
 赤ちゃんの喜ぶおむつ

8 メークラブ 子宮の感受性が高まっているときに、最高のメークラブを
 妊婦さんの気持ちいいメークラブとは?

column 流産について

お産 自分も生まれる時間です。
夢じゃない

1 温める おなかの中から、ほこほこでジ~ンと
 確認:実行してる?

2 歩く 赤ちゃんが自然に降りてくる魔法
 臨月ハイキング
 予定日も歩く

3 自分を感じる まな板の上の鯉じゃないんですよ 
 産むのは「私」。生まれるところ、生まれ方を決めるのは、赤ちゃん。
 なにもかも!

4 季節を感じる 宇宙にチュー
 季節が気になるのは、◎

5 お産のこと ちょっと気になるアレコレを知っておく
 臨月になったら
 立ち会いについて
 帝王切開のとき 帝王切開をした人の声

6 おっぱい 樂チンおっぱいで、24時間営業
 誕生2時間以内に吸わせる
 赤ちゃんは3日分の水筒とお弁当を持って生まれてくる
 約束1 泣いたら吸わせる
 約束2 添い寝添い乳
 差し入れは控えてください!

7 産後の暮らし方 幸せを味わうには?
 確認:実行してる?

8 メークラブ 触れ合ってホッとする
 臨月も、自然にやさしく
 予定日をすぎたら「お迎え棒」
 産んだ直後は「無理」です

column お産とアロマテラピー

産後 それぞれのリズムで歩き出す時間です。
100日休んで、自分らしく

1 温める おっぱいが、おいしくなる!
 確認:実行してる?

2 歩く のびのびゴロン
 産後3ヶ月、歩くかわりにすること

3 自分を感じる 思春期ですよ!
 産後の思春期
 罪悪感を持たないで!
 社会のリズムに合わせるときは?

4 季節を感じる 赤ちゃんだってオオカミ男?
 確認:実行してる?

5 お産のこと モヤモヤはダイヤモンド
 お産の記憶は「私のお守り」

6 おっぱい 卒乳までおっぱい生活を楽しむ方法
 確認:楽チンおっぱいになる生活ですか?
 自分のおっぱいと赤ちゃんの様子を観察しよう
 乳腺炎になってしまったら
 月例別よくある質問
 仕事のある人へ 仕事に復帰するときにポイント
 卒乳について
 おっぱいと生理

7 産後の暮らし方 「床上げ百日」を守ると、不思議なことが……
 くりかえし確認:実行してる?

8 メークラブ 愛しています。でも「哺乳中」だから!?
 産後3ヶ月すぎても、注意すること
 「哺乳中」だから
 産後6ヶ月すぎたら

column まりこさんの本棚

父になる人へ 原始のリズムに寄り添う時間です。
父になる人へ

「父になる人へ」の章には、「赤ちゃんにおっぱいをあげてる母を、そのまま抱きしめるような父」、とありました。父と母の役割は違いますが、まさに、このような大きな愛で包んでもらえたら、母子ともに、安心しますね。お父さんの存在も偉大です。

クプクプアロマテラピー一同も、出産が楽しく楽になるよう、マタニティアロマテラピートリートメントや、マタニティ&プレママのアロマ教室にて、サポートしています。気軽にご参加ください。(詳細はこちらへ。)

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー 

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習 

2013年10月 8日 (火)

五感ゆるゆる「わがままセラピー入門」

漫画家「アオノミサコ」さんの新書、その名も、五感ゆるゆる「わがままセラピー入門」が発売されました~!

アオノミサコさんが体験した数多くのセラピーの中から、13種類の体験を、わりやすく面白く紹介している漫画です。

そして!有難いことに、その中に、クプクプの月経美心も、「月経血コントロール」として紹介されています★

アオノさんが、クプクプに月経美心を受けに来てくださったのは、約5年前。

漫画家さんで、たくさんのセラピーを体験している方に、月経美心のセミナーを楽しんでくれたことが、とっても嬉しかったのを今でも覚えています。

取材された漫画を読んでみると、私自身、この5年間で、月経美心を通して、たくさんの出会いをいただき、時間の流れを感じるとともに、布ナプキンが普及してきたことをとてもうれしく思います。

これかも、女性らしさ、自分らしさ、心地よさ、を皆さんと一緒に感じながら、月経美心の活動を続けていきたい♪と、改めて思います。ご紹介いただいた、アオノさん、本当にありがとうございます!

この漫画には、フラワーレメディや、富士山の樹海、アーユルベーダ、マーメイドセラピー、ヨガなどなど、とっても楽しいセラピーが、アオノさんの体験と共に、わかりやすくまとめられているので、ぜ~ひ、手に取ってみてくださいね♪

あなたの知らない世界・・・(笑)に、きっと出会えると思います。

今週末、秋の月経美心の丸二日間のセミナーが開催されます!
この秋、人生を変える時間を、一緒に過ごしてみませんか?
皆さまのご参加、お待ちしています☆

Dscf9478

月経美心シェアセミナー
 ~月経トラブルフリー&ナプキンフリーで笑顔UP

日時:2013年10月12日&13日 10時~17時
場所 :クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン(東京都狛江市)
参加費:15,750円(税込) 計12時間

シェアセミナーでは、すぐに活かせる自然療法の実践、皮膚、骨盤底筋、月の神秘、からだの神秘など、月経美心ライフに必要なことをたっぷり学べる、盛りだくさんの内容です。自然療法を学び、10年以上培ってきた自然療法のエッセンスをシェアしています☆皆様のご参加お待ちしています★

詳細:http://holy-sky.cocolog-nifty.com/monthlybeauty/2013/08/post-5d34.html

最後に、写真は、徳島の「きらく連」の阿波踊りです。腰の高さ、わかります?
月経血コントロールには、この日本古来の身体の使い方が、関わっています☆

10/4に開催させていただきた、初の徳島での月経美心のセミナーでは、徳島の女性が一番、月経血コントロールができている割合が多かったです。阿波踊り・・・すごいです!

Dscf9509

それに比べて、私のこのへっぴり腰。。。足の痛みのせいにしてないで、しっかり鍛えなくてはなりません・・・★阿波踊りの貴重な体験、本当に楽しかったです!

収穫祭のこの秋、皆さまもぜひ、地域の祭りに溶け込んで、がっつり身体を動かしてみてくださいね~。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年9月 4日 (水)

うちの老猫が言うことにゃ

宮崎駿監督の引退が話題になっていますね!

わたしももちろん、昭和40年代生まれの例にもれず、アルプスの少女ハイジ、カリオストロの城、風の谷のナウシカ、となりのトトロ、などなど、たくさんの影響を色濃く受けて育ってきた世代です。

風の谷のナウシカに関しては、記憶には初めて残っている映画館で見た作品です。この仕事を始めて、DVDが普及して10年近く、今では、年に1回は必ず観ています。

初めて観た当時(小学生でした)は、ファンタジー物語の一つとしか思っていなかったので、サラリーマンをやめてあの当時に信じていたいろいろなこと(笑)を卒業し、ナウシカの活動に深く共鳴する仕事に就く人生になるとは、思ってもみませんでした(笑)。

ナウシカの求める世界観、例えば、自分の怒りや悲しみを受け入れ、この地上で暮らす人々全てが、家族や地域の人たちと共に幸せに過ごすこと、は、この地上に住んでいるものすべての願いです。

ですが、現実はそうではないことを、全く理解していませんでした。

そんなあほな子供にも、アニメでわかりやすく伝えてくれた宮崎駿監督は偉大です。
今後、大作は退いても、現場で(三鷹で!)子供たちの本来の資質を引き出してくれる現場の偉大な人として活躍してくれたらいいなぁと、心から願います。生身の師への触れ合いが、何よりも次世代への記憶につながりますから。

さて、今回は、宮崎駿さんと同じように尊敬する漫画家のひとりである「ふじの はるか」さんの作品をご紹介します。

自然療法への理解の深い漫画家さんで、「今日もベランダで―ふじのはるかのスローガーデニングライフ や「うちの老猫の言うことにゃ など、心温まる作品をたくさん出していらっしゃいます。

最近出た、「うちの老猫の言うことにゃは、人間界と、動物界のつながりを改めて思い出させてくれる作品でした。

私の月経美心の活動にも興味を持って下さり、オーガニックコットンの愛用者で、狛江市出身だということで、共通点も多く、すっかり意気投合。

私は、アロマセラピストとして、自然療法ジャーナリストの活動していますが、まだまだ微力で、漫画家さんとして立派に活動していらっしゃる姿に、とても感銘を受けました。

うちの老猫の言うことにゃは、猫に限らず、ペットと暮らす多くの方に、お勧めしたいです。

ペットは、人間ではない役割で、私たちの人生に登場してくれる、家族そのもの。

それは、ねずみであれ、ことりであれ、うさぎであれ、猫、犬、牛、馬、豚、虎、でも変わらないと、自然療法を学んだ今は思います。動物たちに、改めての敬意を感じます。

9月は、鎌倉のホメオパシー仲間からのお知らせで、動物のためのホメオパシーの勉強会もあるそうです、ぜひチェックしてみてくださいね!
http://queue-cat.com/news/lesson0929/

余談ですが、最近、久しぶりに、知らない方からのツィートなどあり、ちょっとだけ、デジタルな世界を追ってみました。

まず、ツィートに関して、その情報を発しているご本人、あるいは組織でも構わないのですが、5分使っても追えず、興味のあるタイトルを追っても、中身の文書にはたどり着けず、で、浦島太郎状態になってしまいました、これらを使いこなしている人たちはすごいなと思いました。

もし、ツィートしてくださる場合には、一言で構いません、連絡をいただけたら、こちらも安心です、どうぞよろしくお願いいたします。全く知らない方で、しかも、自然療法を実践したことのない方と思われるツィートは、若干、警戒してしまいますw。アナログな私が、そのツィートのフォローや削除の仕方を知らないだけなのですが。

ITメーカーに勤めていたのはもはや20年も前。当時は、携帯電話も、パソコンも普及しておらず、データの媒体は、フロッピーディスクが最新でした。それらの記憶媒体は、もう過去の遺産で、MDだって、今の子たちは、知らないかもしれない。ましてや黒ダイヤル電話なら、もっとわからないよね!

ノスタルジックな記述が長くなってしまいましたが、中高年となった今、わからない情報を追うよりも、解りあえる人たちとつながるために、残された時間を使おうと、決心する有難い体験になりました。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

より以前の記事一覧