クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

大地のリズムを知っている植物の癒しは偉大です

2014年3月25日 (火)

衣という名のセラピスト ~糸を経(たて)に 心を緯(よこ)に

Ytmg1 月経美心の活動を通して、衣の偉大さを実感しています。

ほんの60年前の日本。たった2代遡れば、私たち日本人のお召物は、植物から作られた衣でした。

その衣は、今では貴重品となり、もう誰の手にも届かないものになりつつあります。

それでも、一枚の衣が出来上がるまでの途方もない作業を、今でも続けているたくさんの織姫さん、織彦さんがいます。

先日、紬織・人間国宝「宗廣力三」氏の生誕百年記念展のお知らせが、シルクラブさんから届きました。(2014/3/28~4/3)

その内容がとても素晴らしいので、ここで紹介させてくださいね!

下記引用

彼は、研究生を送り出すとき、「織り五省」という言葉を色紙に書いて渡したといいます。

一.糸を経(たて)に 心を緯(よこ)に

一.常に技法の研鑽に努めん

一.一すじの糸の命を大切に

一.正された仕事を美が追いかけてくる

一.織りは人なり、人は心なり

引用おわり

植物から織られる手摘み、手織りの衣。
身に着けるだけで自然と一体化することを可能とした肌にとって万能の衣。
衣という名のセラピストが、日本から消えてしまったのはいつからだろう。

衣という名の衣装を着て、静電気や乾燥肌に慣れてしまったのは、いつからなんだろう。

先日観たドキュメンタリーは、「ラベルの裏側~グローバル企業の生産現場~」。

02

大手アパレルメーカーの衣を作っているバングラデシュや中国、インドで、10代の幼い子供たちが、週に60時間働いている様子や、サンドブラストという命がけの製法で作られている現場を取材していました。

大手のメーカーがそんな倫理違反を犯すはずはない・・。私もそう思いたい。でも、今もなお、その現状が世界のどこかで繰り広げられている。

一枚の衣の偉大さ。
心を正してくれる織りという作業に魅了されてしまいます。

参考サイト:

紬縞織・絣織-宗廣力三
http://www2.edu.ipa.go.jp/gz2/y-kwm/y-fkg/y-ftm/IPA-tac570.htm

「ラベルの裏側~グローバル企業の生産現場~」
http://www.nhk-g.co.jp/program/documentary/bs_worlddocumentary/097/

サンドブラスト
http://www.nygreenfashion.com/html/news/20120305.html

バングラデシュ工場崩落 問われるグローバル企業の責任
http://democracynow.jp/video/20130501-2

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2008年6月 2日 (月)

「セラピスト」Vol.37 オーガニックコットンの仕事服

Megumu 雑誌「セラピスト」(BABジャパン)の6月号(Vol.37)で、アンジェのセラピールームで着用しているオーガニックコットンの仕事服を紹介していただきました♪

この制服を作ってくださった、服作家「大谷直美」さんと出逢ったのは、自由が丘にあるフラワーエッセンス・漢方などを扱う女性薬剤師のファーマーシー「スピリファ」さんにて。

スピリファの薬剤師さんの方々が、清楚なオーガニックコットンのお洋服をさり気なく着こなしていて、それがとっても素敵でした。

いつか仕事服として着用したい!と願い、ようやく今年の3月にその夢が実現しました。

衣食住の一番最初にくるのは「」。

直接身につける素材なのに、意外と無頓着な現代人の私たち。

私自身のオーガニックコットンとの出会いは、パニックアタックの後、過呼吸で息が苦しかったとき。オーガニックコットンを首にまくだけで、呼吸が楽になったことにびっくりしました。

今考えると、健康だったら、オーガニックコットンの素晴しさに気が付けなかったかもしれない。そう思うと、パニックアタックの経験も、神様からのギフトなのかもしれません。

サロンでもご好評いただいており、「施術の腕が上がったネ」と言ってくださるお客さまも。

着ている私も、ただ何となく気持ちいい、のですが、それだけ体がリラックスするのだと考えられます。アロマテラピストがリラックスして、施術を提供するというのは本当に大切なことなんだと改めて学びました。

さて、このお洋服の展示会が、タイムリーなことに、6月に深大寺で開催されます。
展示会では、大谷さんの作品の他、パステル画作家「中神そら」さんの作品も拝見できます★
どうぞ、緑が多い深大寺を散策しながら、癒しの衣と絵の作品を直接味わってみてくださいネ♪

「光の絵と衣展」

2008年6月13日(金)~15日(日)

場所:曼珠苑ギャラリー

東京都調布市深大寺元町5-9-5 
0424-87-5784
0424-87-7043(喫茶・曼珠苑)

(調布からバス。深大寺で降りて、武蔵境通り方面徒歩4,5分程度の所)

ちなみに、雑誌に映っているすらりとした美人モデルさんは、相棒のMEGUMUちゃんです★

自然療法のオススメ本
 
→セラピスト必読のオススメ本を紹介しています☆

アンジェのホリスティックセラピールーム
 ↑SHINOBUの施術はこちらでお受けいただけます

2008年5月 1日 (木)

オーガニックコットンを取材していただきました

Withyukasan新緑がまぶしい爽やかな皐月になりました。

花粉症の皆さまも大分落ち着いてきたとのこと。気が早いですが、今から解毒を促せば、来年はもっともっと症状が軽くなります☆
つまり、「毎日の積み重ね」ですね(自分に言い聞かせてます、、ハイ・・)

さて、先日、「ウーマンライフ ポッドキャストラジオ放送局」さんが取材に来て下さいました☆(写真は局長の吉田由香さんとflair

今回は、オーガニックコットンの「布良」が主役です♪
使い方も動画でご紹介していただいたので、どうぞお楽しみくださいネ☆

私自身、このオーガニックコットンのおかげで、環境や循環、そして人間の身体や自然治癒力に対する考え方がホメオパシーとは違う視点で深まりました。

編物もできない私coldsweats01ですが、糸紡ぎを体験してみたり、手作りの製品に異常に反応するようになったり。

そして、マハトマ・ガンジーさんの「インド独立」の思想にも、違う視点で触れることができました。

インドにはカースト制度がありますが、その階級の差別は根強く残っています。

現代、奴隷制度は廃止されたように習ってきましたが、実際には、綿でいうならば、安価なコットンを獲得するために、私たち日本を含む多国籍企業は、奴隷制度に近い労働を強いることを行い、豊かな国の資源を分けてもらっています。

余談になりますが、インドのカースト制度は、もともとは血族などは関係がなかったそうです。

「インドのカースト制度において、人が四つの階級のいずれかに属するかは、本来、その人の血統や家柄によるものではなく、その人が人生の目標をどこに選ぶかという生来の性質によって決められるものなのである」(1935年1月発行のイースト・ウエスト誌)

「この目的とは、

(一)感覚的欲望(カーマ)、すなわち感覚的な満足を求める生活(シュードラ階級)

(二)金銭的欲望(アルタ)、すなわち欲望を満足させようとするが抑圧もする(ヴァイシャ階級)

(三)自己訓練(ダルマ)、すなわち責任と正しい行為の生活(クシャトリヤ階級)

(四)解脱(モクシャ)、すなわち霊性と宗教的戒律に従う生活(バラモン階級)

等で、これら四つの階級の人々は、(一)肉体、(二)心、(三)意志の力、(四)霊性、によってそれぞれ人類に奉仕するのである。」【引用:あるヨギの自叙伝 P405】

「人生の目標を選ぶ生来の性質・・」

以前、ジョナサン・ケイナーの本で、「魂は生まれてくる両親を選んでいる」という概念を知り、とても感動したのを覚えています。

先日教えていただいたのですが、体内記憶を通して、お母さんたちに心強いメッセージを送っている池川明先生のご活動も要チェックです☆

現代人は、持って生まれてわかっているはずの「人生の目標」を見失いつつあるのかもしれません。

オーガニックコットン、麻や天然素材の衣、そして、何よりも大自然に抱かれることは、本来の自分をとり戻してくれるはず。

オーガニックコットンの紹介のはずが長くなってしまいました・・。
取材していただいたウーマンライフ ポッドキャストラジオ放送局の皆さま、有り難うございました。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2007年10月30日 (火)

和綿:2007年栽培記録

Wata タイトルの、「和綿:2007年栽培記録」、、私はことごとく失敗しました(涙)。

1kmも離れていない親愛なる友人によると、、、「愛がたりなかったのかも」とのことでした。(確かに、、、思い当たる節はあります(><))

そう、彼女のベランダには、大きく逞しい和綿がいっぱい。
収穫も9月の上旬から順調に行われていました。

片や、、、種を紹介した張本人である私は、お花までは見ることができたものの、収穫には至らなかったのです・・。

私は今年、愛が足りなくて失敗してしまいましたが、友人たちから送られた写真に励まされました。

写真は、メイズガーデンスパ、カリス成城、LSAの講師の方、そしていつも貴重な情報交換をさせていただいているお客さまなど、自然を愛する皆さまからいただいたものです♪

実際に収穫した綿もわけていただいたのですが、その綿の波動の高いこと・・。

サロンにおいてあるのでぜひ感触を確かめに、いつでもいらして下さいね☆

私はといえば、来年こそは収穫するぞ!
・・という希望を胸に、めげずに和綿の栽培に取り組みたいと思います。

その時はどうぞ、栽培記録ブログにもお付き合いお願いいたしますm(_ _)m

綿を分けていただいた八千代共生会さん、有り難うございました。
こちらでは、綿や染物のワークショップもやっているので、綿がお好きな方は、ぜひご体験くださいね☆

2007年10月25日 (木)

布良の作品展2007年

Fura2007_030 サロンでも取扱させていただいているオーガニックコットンのタオル「布良」の作品展に参加してきました☆

今年で第5回となる布良の作品展。私は2回目の参加です♪
北海道、九州など全国からたくさんの方々が集まりました☆

今回も、素晴しい出会いがあったので下にご紹介します。

今年は、マークアキクサさんの美しい篠笛の演奏から始まり、とても神聖な空気が流れていました。

先日参加したハーブセミナーでも、リュートという楽器が演奏されましたが、今回は篠笛です。

彼は、自然環境の保全活動に音楽を通して活躍されています。
スギから作ることが多いという笛、音といい演奏している姿といい、本当にかっこいいです。

そして、札幌布良のメンバーでもありながら、シンガーギタリストでもある玉田TOUさんの演奏や月のルナさんの「ふら舞い」など、癒しのお楽しみが盛りだくさんでした☆

さて、作品展は、というと全国から総数76点が寄せられたそうです。
どの作品も心のこもった素晴しい作品ばかり。

全ての作品が、布良への思いや、作品を通してのドラマがあり、心が温かくなるものばかりでした。

大賞に選ばれたのは、「加藤ふみえ」さん。なんとお年は、80歳。

15年前にスーパーで転んでから、「首から下は期待しないで」とお医者様に言われたということもあるといいます。

丁度その2年前に、長年連れ添った旦那さまが筋萎縮症を患い闘病後に亡くなり、身近な友人の死も続いたとのこと。

その時は、自分の人生は一体何なんだろうと、「自分が世界で一番不幸な人間だ」とまで思ったことがあるといいます。

そんな中、リハビリを手伝ってくれた方が、

「あなたはたくさんのものを持っているじゃない!
目・耳・そして今、私とお話ができるでしょう??」

という言葉に目が覚めて、心を打たれたといいます。

それから、リハビリや周囲の人々の協力の成果もあって、再び絵をかき始めることができたそうです。

ふみさんの絵は、日本の花々を描いていて、心に響く優しい作品です。

そして、今年は、布良の糸でセーターを編んで作品展に出展。

手や足が不自由でも編物はできるということを教えてくれました。

誰かがおっしゃっていましたが、私も、五体満足でも編物はできません。

私たちが普段着ているもの、身につけているこの綿が、こんなにも人を癒す素材だっただなんて本当に、自然の恵みは偉大です。

これは、ホメオパシーどころじゃないなーと私自身、布良という綿の存在に再び敬意を感じる次第。

ちなみに、加藤さんは、日本の花々を絵にしたり、ご自身でブログを更新しているスーパーおばあちゃんです。 HPはぜひ一度、ご覧にいれてくださいませ☆
http://www.ktnetwork.com/hanafumi/frame.htm

最後は、ピアニストの岡さんの演奏と一緒に月のルナさんによる「ふら舞い」を見ることができました。

ルナさんは、伊勢神宮で奉納舞いなど行っている神聖なる舞子さんです。
舞うときは、布良を使っていますが、布良の布が舞う度に、場の空気が変わるのは、本当に不思議☆

そんなこんなで、今年も素敵な人々のご活躍を拝見することができました。

写真は、加藤さんと、動物保護運動などに取り組んでいるイラストレーターの日向あいさんと一緒にパチリ。

布良の皆さま、会場に足を運んでくださったみなさま、本当にお疲れ様でした☆

2007年2月13日 (火)

綿花地帯からの告発~インド

Charka NHK-BS1の「BS世界のドキュメンタリー:綿花地帯からの告発」では、【シリーズ 目覚める大国インド~綿花地帯からの告発】として、シリーズで放映されていました。

綿といえば、現代に生きている限り関わらない日はないほど身近な存在。

一昔前には考えられないほどの安い金額で手に入るその綿は、一体どのように私たちの手元に届くのか・・。

以下は、NHKのホームページからの抜粋です。

↓↓↓下記引用↓↓↓

<シリーズ 目覚める大国 インド> 綿花地帯からの告発
2007年2月6日(火) 後9:10~10:00

欧州の大手スーパーや小売店などで安く売られるタオルやシーツが、実はインド北西部のコットンベルト(綿花栽培地帯)で働く労働者や地域住民の健康を犠牲にして生産されているという、企業のグローバル化に警鐘を鳴らす番組。綿花の生産性を上げ価格競争力を高めるため、年に20~30回もの農薬の大量散布が行われ、ガンの発生率が著しい高まりを見せているインドの状況を取材。また地元の工場に潜入し、危険で劣悪な環境に置かれた従業員の姿を撮影。エコ企業であるとうたいながら、インドの実情を取材班につきつけられた北欧の小売業者は、現地調査を行うと約束する。
~Killer Bargain~(原題) 制作:デンマーク/2006年

★制作者から一言 :
「BS世界のドキュメンタリー」は、世界中で作られたドキュメンタリーの中からNHKのスタッフが秀作だけを選び、わかりやすい日本語版で放送しています。いわば海外生まれの日本育ち。日本の視聴者の方々に是非知っていただきたい重要な情報やメッセージにあふれています。原語をご希望の方は副音声でお楽しみいただけます。この番組ならではの知と冒険の旅をご堪能ください。(制作統括 林由香里)

↑↑↑引用終わり↑↑↑

以下は、放送の内容で、印象に残った言葉です。
(私の言葉でまとめていて、微妙に違っていますが、ご承知おきを)

「企業は、農薬散布の過剰な使用や、染物職人の命を危険にさらす製造過程を行う業者の製品を買わない断固たる姿勢をとるべきです」

「自然を破壊し、人の命を危険にさらす農薬や染料を使うことがなくなれば、地球全体を救うことになるのですから」

「安い綿製品が、人々の命と環境汚染を引き換えにしている事実を、消費者が知らないことは悲劇です」

といった内容のコメントがありましたが、その通りだと思いました。

私たち消費者が、栽培や製造過程の現状を知らないまま、より安い製品を求め続ければ、それらの悲劇はずっと続くのです、ともありました。

最近は、中国の綿ばかりではなく、インドの綿の製品がどこでも見られるようになりましたが、もしもそのような経緯で作られた綿だとすると、見逃せないことです。

しかも、農薬付けかどうかなんて全く気にならないほど気持ちよさそうで、かわいいデザインばかり。

綿は気持ちいい、という概念が農薬付け、化学染料付けの綿には通用しない事実は本当に悲しいことです。

以下に、テレビについてとてもわかり易くまとめてあるブログを見つけたので↓紹介します。http://blog.goo.ne.jp/tekutekunet/e/6b811d9b378223a5aec0e364d8267dac

2007年2月 7日 (水)

「綿の種」と「糸つむぎ体験講座」

Tane 楽しみにしていた、和綿の種が届きました☆
(八千代共生会さん、ありがとうございましたm(_ _)m)

ふわふわの綿花に入っている綿の種、見たことありますか??

私は初めてだったのですが、ふわふわの毛に包まれて、ちょっとタランチュラの足を思わせるような(笑w笑)、かわいくて小さい種です。

この種からでる芽が1メートル以上にもなり、あの愛らしい白い丸い球をつけるなんて、まだ想像がつかないですが、育ってくれるといいなー。

種と一緒に、育て方の説明書も一緒に入れてくれてありました☆
綿の種の入った、封筒はリサイクルでつくられたもの。
植物を育てる人々って、本当にモノを大事に使っている方々が多いとつくづく実感しました。

もし、和綿を育ててみようかな、という方がいたら、無償で種も分けてくれるそうなので問合せしてみてくださいね。
(封筒に、切手とあて先の住所を入れて、送ってあげてね!)

連絡先は、(有)八千代共生会   住所  千葉県船橋市八木ヶ谷5-9-14 
URL  http://www.yachiyo-k.co.jp/ 

種付けは、コットンの日!!5月10日が目安だそうです。
ゴールデンウィークに入る前に土をセットアップしてあげれば丁度いいのかな♪楽しみです。

さて、もう一つ、ご紹介したいのが、2/25(日)に開催される「糸つむぎ体験講座」です。

コットンボールから、糸を紡ぐのです!!
竹こま、またはチャルカを使うそうなのですが、とっても楽しそう!

千葉県八千代市で開催されるので、お近くの方はぜひぜひ、問合せてみてくださいネ。
http://www.yachiyo-k.co.jp/cotton/senmon-1day.htm

布良というオーガニックコットンの素材に出会い、すっかり綿の世界にはまっている私・・。
綿という素材無しに、人間の歴史は語れないことに気付きました。

日本で綿が本格的に栽培されはじめたのは、17世紀頃ということですが、世界では、産業革命や奴隷制度を生み出すきっかけとなる貴重な素材だったのです。

ガンジーさんがなぜ、自国の綿の栽培にこだわったのか、、、インドファンとしては興味深いテーマです。

さて、この綿、今となっては、綿に囲まれない生活はありえません。
カーテンも、タオルも、シーツも、服も、全ての素材に綿は使われています。

考えてみれば、一番身近で一緒にいる時間の長い植物です。

私は、アロマテラピストなので、植物の恩恵で仕事ができるわけですが、施術中もクライアントさんの肌に、直接ずっと触れているのは綿だということに改めて気がつきました。

綿については、栽培記録も含め、環境問題についての情報もアップする予定です。

ホメオパシーの授業で習ったことですが、人は創造的なことをしている方が健全な状態。それは、編物でも、料理でも、子育てでも、部下を育てる、会社を育てる、植物を育てる、歌う、踊る、ブログをかく、恋愛をする、、、(きりがないネ)でも何でもいいのです。

アニマルセラピーなどは、動物とのコミュニケーションを育むことで、自閉症の人々の心を動かす効果が確認されています。

脳疲労を回復するということで、今流行っている、大人の塗り絵や、写経、簡単な計算、なども、結局は、何かを育むという行為なのですね。

私も、今年こそは、収穫をめざして(毎年、どこかで挫折してワイルド植物にさせててしまうもので・・;)植物を育む楽しみを味わいたいと思っています。
和綿を育てている方がいたら、どうかご指導お願いしますm(_ _)m

2006年12月 4日 (月)

布良秋の特別公演:柚原先生(2)

Pict0051 前回に続き、「柚原杜美」先生のお話の詳細をご紹介します。

杜美先生は、とってもチャーミングで謙虚でありながらパワフルでした。
今回は、ブログ、ということで私の言葉でまとめてしまっていますが、残念ながら、この杜美先生のお人柄を抜きにはこのセミナーの雰囲気は伝わらないと思います。

というわけで、私の力量不足ではありますが、杜美先生のお話を直接きけるチャンスがあれば、ぜひ御参加下さいね。熊本に行く価値も大いにおおありだと思います。

さて、現在85歳という杜美先生。

彼女のような生き方を拝見すると、年をとるのが楽しみになりますネ♪

早速、お話を紹介していきます。

まず、杜美先生がどのように綿に関わってきたお方かというと、戦後、アジア綿のよさを、自らの栽培と種の配布をすることで日本文化からなくならないように尽力してきました。

戦後の条約にあった「和綿、麻を撤廃し化学繊維にする」という文を発見し、それはいけないと立ち上がり、自ら有明の干拓地で綿を育て始めたそう。

杜美先生は、塩田の廃止やパン化計画によるお米の栽培の縮小に関して、明確な問題意識を持っていました。

「私はおこがましいかもしれませんが、お米、和綿を失うことは、『日本の解体』を意味すると感じました。それだけ日本人は自然の法則にそって暮らしてきた知恵のある歴史を持っているのだと思います」。 と杜美先生。

自分でインドやタイに出向き、アジア綿の種を集め持ち帰り栽培も行いました。
日本で育てでき上がった種を、新聞社の協力を経て希望者には無料で配るなどの活動を続けたそう。
今では、その綿の種が日本中にかわいい綿花を咲かせています。

☆「衣食住」では、どうして「衣」が一番先なのか?

「人間は裸の主だと考えています。人間にとって一番最初に必要なもの、それはその裸を守るための『衣』。まず最初に、体を包むのです。肌に直接つけるものが、化けるものであってはいけません。自然のものを身に浸けるのが自然とともに暮らす人間に一番合っていると思います」

・・なるほど、改めて考えてみたことはありませんでしたが、「おぎゃ~」と生まれてくるまれる布が、オーガニックで育てられたふわふわの綿だったら何と気持ちがいいのでしょう!

「魂を包むものが『衣』です。着ることとは、自然を着ること。自然は神様そのものです。自然であるということが神様。拝み上げているものが神様ではありません。物を大事にして自然を崇めること、それが神です」。

と杜美先生。人間は本来、自然や動物からヒントをへて真似るしかなかったのでしょう。 先日見ていたテレビで、「八百万の神」の国、日本とありましたが、物質主義ではなく、無形な存在に神を見出している日本人は、素敵だなとつくづく感じました。

☆アジア綿と米綿の違い &綿は奴隷に栽培させる?

「アジア綿のお花は下を向きます。時期が来ると簡単に摘むことが出来るので、摘む人にとても優しいということなんです。それに対して米綿は上を向いて咲くので、人手が必要。これが奴隷という人種差別の文化にもなるのではないかと思いました」。

私自身は、直接綿花を見たことがないので、その違いはわからないのですが、よくお花屋さんでこの季節売っている綿花は、上を向いています。
栽培して育てた経験を持つ人だからこその観察力の鋭さ、そしてまた奴隷制度の問題を言及されており、綿を通して色々な文化が見えてくるのです。

☆化学繊維は人を化かす?

「化学とは、化けること・・。化けてごまかすこと、、そう思った私は、化学繊維を恐いものだと思いました。敗戦した日本は、外国の真似をすることに必死で、工業化が進み、化け学の化学繊維ばかりになってしまいました。日本の土壌を失い、日本らしさも失いかけているのです。
戦後、急速な高度経済成長の中、『和綿は機械に向かないから工業化出来ない』という理由で、『使えない綿、役に立たない綿』というレッテルを貼られたのです。手紡ぎでしか完成しない、ということは人に優しく、愛がこもっている綿であると私は思っています。むしろ、機械に向かなくて本当に良かったとおもいます。つまり、米綿は化学繊維と混ざりやすく、工業には向くけれど化けてしまう綿なのです」。

自然を崇め奉る日本では、綿を大事に大事にし、着物や布団にして先祖代々受け継いできた文化を持っています。

「人は、裸で生まれ裸で死んでいく。
魂に着せる『衣』に、化け学を着せたくないという思いがあります。それが、私の和綿へのこだわりと活動の源力になりました。」
戦後を生きてきた杜美先生。

千人針のお話や機織は、生み育ててる母の仕事だったというお話は、日本の歴史の一面を覗くようでした。

杜美先生は、30年来着ているという藍染めのワンピースとコートをお召しでした。
「よく使う袖には、つぎはぎをしてあるけれど、藍は着れば着る程よく馴染むし優しい色になるのよ」と。たしかにコートとワンピースは同じ時期に仕立てたというのに色が全然違うのです。 (※写真参照)

文書での紹介にすると、とても簡単になってしまいますが、杜美先生のお人柄、愛嬌を交えた経験話は、とても奥の深いものでした。

杜美先生、杜美先生を招いての講演会を主催して下さった布良の関係者の皆様、貴重なお話を本当にありがとうございました。
(皆様も最後まで読んでいただき、有り難うございました)

最後に、和綿の種、しかも関東で育ちやすい種を分けてくれるサイトを発見!
確認していませんが、きっとどこかで杜美先生と繋がっていることと思います。
参考までに→http://www.hitsuji-ya.com/

ブログランキング
 →クリックしてもらえるととっても嬉しいです☆

自然療法のオススメ本
 
→アマゾンのインスタントストアをOPENしました☆

アンジェのホリスティックセラピールームはこちら♪

2006年11月30日 (木)

布良秋の特別公演:柚原先生(1)

Yunohara 2006年11月24日に開催された

オーガニックコットン布良主宰の「秋の特別講演会」

では、柚原杜美(ゆのはらとみ)先生の貴重なお話をうかがうことができました。

御歳85歳という柚原先生は、とってもお年を召してるとは思えないお方。
熊本からはるばるおいでになり、戦後の話、和綿の話、経験を通しての体験談はとても奥深かったです。

☆アジア綿と米綿の違い
☆「衣食住」ではどうして「衣」が一番先なのか?
☆化学繊維は人を化かす?
☆綿は奴隷に栽培させる?

などなど、、要約するとちょっと激しい感じですが、腰が低く謙虚で明るい柚原先生の口からは批判的な意見は全く感じられませんでした。
(つまり、要約の表現がうまくできない私の力量不足です、、m(_ _)m)

柚原先生の講義の後は、和やかにヒーリング音楽のライブも。

ボイスアーティストとしてご活躍のrocmoonさん

民族楽器を自由自在に操る静寂[Shijima]としてご活躍の宗田悠さん

お二人のコラボレーションは、まさにヒーリングという言葉がぴったり。

音という目には見えないエネルギーを操るミュージシャンの偉大さを改めて感じてしまいました。

rocomoonさんの情報はこちらで↓
12/10にライブハウス「月見ル君ヲ想フ」にご出演

Shijimaこと宗田悠さんは、
12/1の「UFO Night」at CHERIR(世田谷公園のそば)
にもご出演。

とっても素敵なので、是非チェックしてくださいまし☆
次回は、講演会の内容についてUPします、お楽しみに♪
写真は、柚原原先生と布良の代表前島さんとパチリ。

ブログランキング
 →クリックしてもらえるととっても嬉しいです☆

自然療法のオススメ本
 
→アマゾンのインスタントストアをOPENしました☆

アンジェのホリスティックセラピールームはこちら♪