カテゴリー「【自然療法】が好き♪民主化を願って書いてる記事」の67件の記事

2000年から、施術と講師業の傍ら、自然療法・自然農の取材&執筆を専門誌とブログで始めました。 心からリラックスして、シンプルで楽しい自給自足に近い生活がしたい。 税金や労力の無駄を極力減らすために、「自然治癒力」を高める「自然療法」の民主化をめざして記事を書いています。 小池ゆり子塾「希望の党」1期生。

2020年4月24日 (金)

テレビも新聞も何で同じニュースばかり流すんだろう?

自然療法と出会って20年が経ちます。
どうして、ホメオパシーやフラワーエッセンス、アロマテラピーが主流にならないのかを調べていくと、必ず出会う「陰謀論説」。
今回は、この自粛生活に協力して、自宅で過ごしている友人へ、この陰謀論説に誘いたいと思います。

 090706wala_113_2

テレビに疑問を感じたら、覗いてみて下さい。

アメリカの良心とも呼ばれるノームチョムスキー先生は、メディアコントロールについて25年以上も前に淡々と述べています。
チョムスキーとメディア」という映画にも紹介され、もちろん本は多数出ています。

「テレビも新聞も何で同じニュースばかり流すんだろう?」

私もそうですが、自分で情報を探すと、自分好みの情報ばかりがそろいます。
深めるには最高ですが、他の情報はなかなか入りずらいです。

チョムスキー先生を教えてくれたのは、南相馬の支援活動を通して、専修大学の英語の先生に教えてもらったのがきっかけです。
いくらインターネットが頑張って画像を送ってくれても、直接会って情報交換をするというのは、モニターとは全く異なりますよね。
その人の瞳、仕草、反応、雰囲気、感情、声のトーン、香りなど、対面で入ってくる直接の情報は映像だけではない、他の知覚が含まれているのです。

もはや手に入らないこの日本語字幕付きのドキュメンタリー映画を預かり、上映会も企画しつつ何度も繰り返し見ました。
チョムスキー先生の本や作品は、私たちが新しい時代に生きるために具体的に必要なエッセンスがつまっているように思います。

さて、いかにわたしたちとメディアは深く絡みついているかを確認できたかと思います。

YOUTUBEに投稿されているので、ゆっくりと1から順を追って観ていくとよいと思います。
それも、一度ではなく、何度も何度も観てみて下さい。
チョムスキー先生の慈愛に溢れた深い言霊、これを制作した方々や求めた人たちの想いも受け取れます。

さて、もしメディアがコントロールされているとするならば、どうしたらいいだろう?

応えは簡単です。

自分たちで、解決策を見出していくにすぎません。

感染症のウィルスについても、私たちはどれくらいわかっているのでしょう?
電子顕微鏡でしか確認することができず、現代の最先端の技術を持ってしても、感染ルートを特定することができないというのは一体どういうことなのでしょう?

下記、アントロポゾフィー医師のお話は、今噂の5Gが原因の一つであることを明確に示唆しています。

卜一マス・コ一工ン博士:コ口ナにつゐて語る【日本語翻訳版】

いかがでしたか?

アントロポゾフィー医学は、ホメオパシーの技術も取り入れている独自の自然療法です。
ベーシックインカムなどの示唆も与えてくれる、幅広い学びでもあります。

さて、今日の私たちは、マスメディアから離れても、インターネットという、新しいメディアを使っています。
メディアはマスであれ、ワンであれ、それぞれに目的と意図があります。
大事なことは、ただやみくもに情報をキャッチするよりも、目的をはっきり持って情報に触れることです。

本も新聞もインターネットもテレビも見ない。
情報断食やニュース断食もおすすめです。

といいながら、最後にどうしても紹介したいのは、ホリスティック医師のアンドリューワイル博士からのメッセージ。

地球交響曲(ガイアシンフォニー)の予告編: 2分34分辺りからをご覧ください★

5Gが今回のパンデミックの要因のひとつならば、私たちは自分が持っている自己治癒力を高めることが、医療へ貢献できる小さくても大きな事だと思います。

わたしたちは、かつでの民主主義にとどまる必要はありません。
メディアコントロールを許しているのは、他ならない、自分自身であることに気が付きます。

Chelsea_003

最後は、自然療法仲間から先週教えてもらい、早速チェックした作品。

「アウト・オブ・シャドウズ」ハリウッド内部者たちによるドキュメンタリーです。

子供たちには見せたくない画面もありますので、リンクにてご案内します。
ついこの間まで、ハリウッド映画でスタントマンとして活躍していた方の作品とのことで、迫力があります。
ハリウッドというブランドから離れた人々の活路、キリスト、愛国心への視点も、日本にいるとわかり得ない臨場感がありました。
自費制作で、スポンサーがいない分、自由な作品になっていると思います。

わたしたちは、多くの人を一度に助けることなど誰一人できません。
ですが、戦争などの特殊な場面ではない限り、目の前の血の通っている命を助けることはできます。

そのためには、画像から自由になることも大事です。
スマフォ歩きをしている人ばかりで、線路に落ちた人に誰も気が付かなかった事故。
20年前ならホラーになる事件が現実に起きている時代です。

誰かを助けたいのなら、何よりも自分自身が満ちたりていることが大事です。
自分が満ち足りていないのに、誰かを助けることができるという罠に陥るのが人間でもあります。
正義、真理にたいして、私たちは抗うことはできません。

なぜなら、正義と真理は人間が決めることではなく、自然がマスターだからです。
人間が関わると、それぞれの立ち位置での偏見や解釈が入りやっかいなことになります。
自分に正直になること、自分自身のプライドや嘘を認めていくことが、コロナ時代の真の戦いといえるでしょう。

なにしろ「コロナ」は太陽。自分自身を輝かせるのが太陽の本質で有り役割だからです。

Gorse

情報探求にはキリがありませんが、自然界はとってもシンプルです。

動物や植物たちの声を聴きながら、今日も、自分らしく呼吸をして過ごしましょう♪

いつも様々なことに共鳴してくれる友人たちに感謝の心を込めて。

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

延期 クプクプ的EM生活 蘇生2パート2!「EM柴田農園さんのお話し会」

下記、対策をしましたが、長引く不安定な状況を踏まえ、今回は延期になりました。
関心を寄せて頂いた皆さまに、心から御礼申し上げます。

ホメオパシーでは、あくまでもウィルスは結果だと考えています。
初期の頃と同じく、パニックにならずに、基本的な手洗い・うがいを続けましょう。

クプクプでは、常にEMの使い方や作り方は共有しています。
個別に気分転換に遊びに来てくださるのは大歓迎です。

小さなウィルスの存在を通して、恐怖の種ではなく、平穏な種をまけますように。
何か困ったことなどが生じ、お手伝いできそうなことがあったらお知らせ下さい。
みんなが同じ境遇にいるこの時期、協力し合えれば幸いです。

繰り返しになりますが、リズムある規則正しい生活、疲れたときは多めに寝て、リラックスしてお過ごし下さい。
同時に、テレビのスイッチを消す、スマホや携帯をオフにするなど、情報の感染予防も定期的に取入れましょう。

陽性になったからといって、恐れる必要はありません。
誰だって罹患しうることを忘れないでください。

深呼吸をして、毎回の呼吸を大切に、唇、口の中、喉、気管支、肺、心臓、全ての臓器を労りましょう。
わたしたちが、今、ここで、丁寧に呼吸をすることが、症状で苦しんでいる人々の力になります。
わたしたちが、満ち足りて穏やかでありますように。

下記、柴田さんよりメッセージです。


栃木県の、人よりも動物の密度の方が高い山の中で小さな農園を営んでいるEM柴田農園の柴田と申します。

普段は人と接することが少なく、コロナウィルスとも縁遠いと思っていた私たち(夫婦)ですが、現在、栃木県でさえも首都圏へ行くことはできるだけ避けるようにとの要請が出ています。

首都圏、特に東京都の状況について報道されていることが全てとは思っておりませんが、日々の状況を鑑みますと、「密閉空間」「密集場所」「密接場面」を避けることは、今回のイベントにも言えることではないでしょうか。

EMでウィルス対策ができると確信してはいますが、とは言っても今、実施すべきではないと考えております。

不安を抱えながらよりも前向きな気持ちになった時に皆さまとお会いして、EMの素晴らしさをたくさんの方に知っていただきたいと願っております。

また、今回のイベントの開催にご尽力いただきました樋渡様にはこの場をお借りしてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

EM柴田農園 柴田和明 柴田知子


柴田さんは農繁期に入るので、開催時期は少し先になります。
また企画しますので、その時を楽しみに、どうぞよろしくお願いします。

柴田さんが、この日のために用意してくださった手作りの「EM活性液」を受け取る予定です。
お会いできる方には、お渡ししますのでご連絡下さい。
身近な場所で、イヤシロチを増やして頂ければと思います。
*送料の価格の一部負担をお願いできればありがたいです

2020/4/4記

↓延期となりました。

東京都の自主自粛の要請を受けて、クプクプでも下記のように対応を変えました。

随時、換気と消毒を行ないます。
参加者12名までの会とさせて頂きます。
体調不良の方の参加はお控えいただきます。
とはいえ、このような時期ですので、自粛するかどうかのご判断はお任せします。

*心を込めて準備しています。
 当日キャンセルは極力お控えいただきたく体調管理よろしくお願いします。

柴田さまにはわがままを言って、日程を変えずに実現してもらえることになりました。

EMは各種自然療法と同様に、これからの時代にますます必要とされる知恵と技術です。
環境改善と税金削減対策への回答を導いてくれます。
日本、インド、タイなど、世界中でその実績を残しています。
当日集まってくださる方々は、12ヒーラーズとしての役割も生じることと思います。

引き続き、EMをはじめとした自然療法活動を、これからもどうぞよろしくおねがいします。

↑2020/3/28記

下記、ご案内です。

『蘇生Ⅱ』上映会のご縁で、EM農業に取り組む「柴田農園」さんを狛江にお招きできることになりました★

EMとは、有用微生物群のことです。

麹菌
酵母菌
乳酸菌
光合成細菌

その使い方は、お味噌、ぬか漬け、ヨーグルト、甘酒、生酒などなど、挙げればきりがないほど生活の一部です。

発酵好きなわたしたちにとっては、どれもわくわくがとまりません。
その理由を言葉にするならば、これらの菌は、愛情を注ぐほど、無限に増えていく無償の愛を教えてくれるからなのだと思います。

私とEMの出会いは、2003年。

仙台でEMを活用した農業を営む鈴木有機農園さんへ取材で訪れたことが出会いでした。
「有機かどうかを知りたいのなら、土を食べるといいよ」、と教えてくれた方です。
鈴木さんのお米も美味しくて、今も分けてもらっています♪
震災後も鈴木さんご夫妻へのアロマテラピーの施術、少しだけ看板を作るお手伝いをさせていただきました。

↓2011年8月末

R0010924s  R0010930sR0010932s

このEMちゃんたち、実は、洗濯やお掃除にも役に立ちます。
何よりも驚くことなかれ、有害物質を無害化することもできますし、放射能に対しても働きかけます。

環境汚染の問題は、私たちの心が痛みますが、それらはわたしたちの生活が生み出した結果です。
これ以上環境汚染をする生活を切り替えていくことと、解決策に取り組んでいくことがわたしたちにできる小さくても大きな一歩です。

その解決策の糸口となるEMを農業と生活で実践していらっしゃる「EM柴田農園」さんをお迎えし、お話し会をしていただきます★

お釈迦様の誕生日の 4/8(水)の午後に設定しました。
私たちの健康に関わる環境を癒す内容です。半休をとって、ご参加ください。

特に、台風19号で被災された皆様と共有したい情報が満載です。

クプクプ的EM生活 「EM柴田農園さんのお話し会」

◆日時:4月8日(水)

◆話し手:EM柴田農園のおっちゃんとおばちゃん (那須塩原市)

◆会費:500円 *学生無料
    お子様連れ大歓迎! おもちゃ、本、お絵かきセットなどご持参ください
    当日のボランティアお手伝い大歓迎です、よろしくお願いします

◆定員:12名

◆場所&アクセス:クプクプ *場所が変わりました

◆持ち物:マイバッグ(2リットルのEM活性液をプレゼント)
     *洗浄済みの2リットルの空ペットボトルの差し入れ大歓迎

◆申込方法:フォームメール

◆スケジュール:

  13:00 開場
  13:15~15:15 基礎編
   微生物の基本。EMってなぁに?EMの増やし方、家庭内での使い方など
  15:30~17:30 応用編
   放射能低減、様々なEM活用事例、質問など
  19:00~21:00 交流会
   場所SAMURAI 別途会費3,000円
   *柴田さんご夫妻はお帰りになりますが、地元のEMファンが集います

◆主宰:ナチュロナインカフェ、クプクプ ホリスティック自然療法サロン

2011年8月末に訪れた折、仙台市の放置された田畑と、鈴木さんの田畑の写真です↓

R0010893s R0010872s R0010898s R0010910s

特に、化学堆肥を使っていた土壌は土がひび割れています。
絆の井戸で水を引いた鈴木さんの畑は、塩害をものともしません。
そして、ひび割れた土壌も、蘇生することは可能です。
興味深いことに放置された田畑でも、アワやヒエのイネ科の植物は見事に育っていました。
わたしは農家さんが栽培しているのかと思いこんでいましたが、自生したたんだよと教えてもらいました。
植物の生命力、そして、塩害にもかかわらず蘇生する力に感動したことを決して忘れることができません。
その秘密は、映画「蘇生2」や「愛と微生物」などの本でご確認ください。

有用微生物の働きは、クプクプの得意分野、ホメオパシーとフラワーエッセンスの働きと非常に似ています。
福島・鏡石のマグノリア農園で取り入れられているバイオダイナミック農法や各地での伝統農法も同じ働きを有しています。

この週は4/10という、ハーネマン先生のお誕生日の週。
4/11&12 世界ホメオパシー周知週間atクプクプも開催しますので、どうぞお見逃しなく。
どれも旬で、魂が喜ぶwおもしろい内容です★

お勧めの1冊↓自然治癒力が高まる情報が満載です★

柴田さんの経験豊富なお話を伺える貴重な機会、今から楽しみです。

↓2011年6月元気を送るアロマ隊の活動で、鳴子温泉にボランティアに行った帰りに、鈴木さんの畑に立ち寄らせていただきました。
東北沖大地震による影響で、どこも、本当に大変な年でした。

放置された田んぼや畑には、津波の痕跡が残っていましたが、鈴木さんの田んぼや畑はものすごく美しかった。
ボランティアの皆さまが、毎週清掃や田んぼの準備に尽力してくださっていたのです。

Dscf6049 Dscf6050Dscf6034Dscf6047

ご縁をつないでくださったEMショップ中原店の「ゆいまぁる」さん、あさいマッサージ教育研究所所長の浅井孝彦先生、元気を送るアロマ隊、そして無添加生活の雑誌、数えきれませんが、改めて感謝申し上げます。

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2020年2月24日 (月)

「新コロ」ちゃん日本へようこそ

「新型ウィルス」関係者の方々の健やかな快復と風評被害と恐怖心が癒されること、他界された方へのご冥福をお祈り申し上げます。

噂の「新型コロナウィルス」が、私たちに教えてくれることは何だろう?
これらが広がっていくことを、人為的に止めることはもはやできません。
むしろ、新コロと共生して生きる道を探す方がよっぽど現実的です。

【2/26投稿】

24日は、情報の発信源を確かめないまま共有したことをここにお詫び申し上げます。
発信源は不明ではありますが、今回の一連の騒動に、自然療法的な見解が盛り込まれていたので、ご紹介しました。

新コロちゃんの情報に関する速さと影響力、恐怖よりも希望に満ちた情報を共有しようという意思を知る印象的な出来事でした。

下記、自然療法の友人より、複数の現役医師への確認もと得られた共通見解を共有します。

25、6度で死滅することはありません。ウィルスはバクテリアでなく、一旦体内に侵入すると死滅することなく、コピー機能を発揮し、免疫アップしない限りウィルスは増殖する一方ですので以下の生活を心がけることが大切です。一方でウィルスの侵入を絶つためには、人混みに行かないことです。あとは消毒手洗い、うがい、洗顔などです。太陽にあたる。ハーブや温かい飲み物を心がけ、甘味や酸味を控えます。冷たいものは口にしない。適度の運動。これらでウィルスが死滅する訳ではありませんが少なくとも自己防衛することでウィルスの増殖を阻止することに繋がり重症化を防ぐことができます。

私も今回は、水星(正20面体)の影響もあり、早まってしまったことを反省します。
一方で、この失敗から学んだことはとても大きいです。感謝。

また、一番最後に、「新コロちゃんようこそ」の意味を綴っていますので、記事はそのまま載せます。
大地に希望の春が訪れ、ウィルスに左右されることのない日常が戻りますように。


【2/25投稿】

鍼灸師の友人から下記、ヤフーニュースの情報も受け取りました。

新型コロナウイルス『お湯を飲んで予防』のデマ拡散。専門家は「常識的に考えてありえない」

日本国内でも感染が広がり始めている新型コロナウイルスについて「お湯を飲むことで予防できる」としたデマ情報が2月下旬、SNSで拡散している。専門家は「常識的に考えてありえない」と警鐘を鳴らした。

TwitterやLINEなどで「拡散希望」などのタイトルで出回っている情報は「武漢のコロナウイルス研究者が、今回のウイルスは熱に弱い」と主張しているなどの情報を添えた上で、新型コロナウイルスは摂氏57度(26度や36度のパターンもある)で死滅するので、お湯やお茶を飲めば感染を予防できる」というものだった。

私の受け取った情報は、26~27度の温度で殺せるとあります。
確かに、体温以下の温度で殺せるなら、ウイルスは寄宿できないですね。
常識的にあり得ないも納得します。

私自身、この記事をここに書くにあたり、根拠がない情報であることは自覚しています。

なぜUPしたかというと、このメッセージを拡散してくださった友人たち、情報発信の元に、自然治癒力に対する揺ぎ無い確信を感じたので共有しました。

エビデンスもとても大事なんですが、私たちが安心できる情報を共有することは、それ以上に重要だと、自然療法に携わって18年になる今思い、記事を書いています。

ガン細胞は49度で死滅して、一方で酵素は49度で死滅してしまうので、それ以上は熱しない方がいいという考え方もあります。

*味噌や醤油など発酵食はまた違う領域になります

常識的なことに縛られず、ご自身の良い方法を選んで、ウィルスと付き合う方法を自分で判断できるといいですね。

【2/24投稿】

下記、自然療法での基本方法は、普遍の免疫力UPの手法です。
とはいえ、現代は、それぞれにアレルギーを持つ方もいます。
くれぐれもご自身の体力に合わせてご活用ください。

Iuo2g8ajma

下記は、自然療法では基本の「キ」ですが、改めてそのことが、「新コロ」のおかげで明確になっているようです。

●「太陽を浴びる」
● 「ハーブ、温かい物を摂る」
● 「甘味、酸味を控える」
●「塩の質を見直す」
●「適度な運動をする」

今日は魚座の新月。
自然療法を愛し実践する友人たちから、「新コロ」情報シェアが3件届いたので、下記、クプクプでも、情報共有させていただきます。

●「新コロ」と通常の風邪との大きな違いは鼻水の症状が無く、乾いた咳が出る事だそうです。

新型コロナウイルス対策について情報がありましたのでシェアします。
コロナウィルス対応として参考にしてください。

【同級生の甥が、修士号を取得して卒業し深圳病院で働いていましたが、現在、彼は新型肺炎ウイルスを研究するために武漢へ転勤になっています。

その彼から電話があって、風邪気味になった場合、その症状に鼻水と痰が出る場合、それが新型コロナウイルス肺炎であると結論付けることはできないという事を私の家族・親戚や友人全員に伝えるように言ってくれました。

コロナウイルス肺炎は鼻水を伴わない乾いた咳であるため、これはそれを識別する最も簡単な方法だということです。

彼はまた、新しいタイプの冠状動脈肺炎ウイルスは耐熱性はなく、26~27度の温度で殺せると言っています。

したがって、ウイルスを防ぐためにはお湯を飲んでください。
運動すると、ウイルスに感染することはありません。

高熱がある場合は、身体を温めて、生姜スープを飲んで体の熱エネルギーを増やすことで、ワクチン接種はしなくても良いです。

より多くの生姜、ニンニク、唐辛子、胡椒をたくさん食べると良いです。

甘いものや、酸味の多いもの、塩分の摂取は少な目にし、寒いところへは行かないようにした方が良いです。

ウイルスは太陽にさらされると完全に消えます。

全ての人がこの事を共有して相互に助け合って下さい。】

最後のメッセージが、ぐっときますね。

↓タイのサンクチュアリにある太陽の神さま。

201907thailand_200224_0074

博士号をとった方でも、自然療法と同じ考えを共有しています。
太陽、白湯、ハーブ、そして運動。

「乾いた咳」というキーワードも、ホメオパシーのレメディがいくつか出てきます。
ホメオパシーでは「Miazma(マイアズム、マヤズム)」と呼ばれている、目には見えないけれども、人間に汚染されている症状という考え方が200年も前からあります。汚染源は肉体的なものだけではなく、精神的な物からももたらされるのです。

重要なことは、わたしたちが汚染されるのは、体だけではない、という真実です。

空気・水は、この地上で生きる全ての命が共有している宝ですから、大事に使って、なるたけ汚染させずに戻したいですね。
知覚(五感)と情報も取入れていますから、知覚が喜ぶものに囲まれながら、心が喜ぶ情報を大いに触れていきましょう!

どんな情報に触れるかは、自分で決めることができます。
今まで、もしテレビを無意識につける習慣が身についていたら、ちょっと立ち止まってみて★
今、その情報を受け取る必要があるのだろうか?と心に聞いてみるのはいかがでしょう?

72723345_1159860730876944_69980410457578 

新コロちゃんの親にあたるコロナウィルスの基本原型は正20面体だそうです。
シンプルな20面体に戻ってもらうためには、私たち一人一人の協力が必要なんだと思います。
そして、新コロちゃんの影響を受けている全ての状況が、速やかに、穏やかに、持続的に改善に向かいますように。

どんなウィルスもどんな病気も、どんな症状も、「ようこそ」っていえるくらいのおもてなしができる国になったなら・・。
そのときようやく、この地球から、国境・人種・障害の壁がなくなるのかな。

2020年2月24日 魚座の新月に

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

「セラピスト2019年4月号」にて、インドのホメオパシーが紹介されました

Cimg2300

自然治癒力を高める、あらゆる自然療法を、暖かく新しい眼差しで紹介してくれる雑誌「セラピスト」
2月上旬に訪れた、インド・カルカッタのホメオパシーレポートを、巻頭特集で取り上げてくださいました!

タイトルは「ホメオパシー医療の教育と研究が盛んなインドに、世界中の専門家が集う!」です。

上の写真は、今年5月から始まる英国 ACH ホメオパシー実務家向けコースの本場インドでの研修に、日本、英国、オーストリア、イタリア、イスラエル、タイ、インドなど世界中から2週間のウィンタープログラムが行われ、その折の記事をぎゅっと1ページにつめて、とても美しく、巻頭特集でまとめて下さいました。

Photo_1 201904india

ホメオパシーと出会って、早19年。
年々、ホメオパシーに対する理解が深まっていますが、インドにおけるホメオパシーを理解することは、それを加速させてくれていると実感します。

最新号「セラピスト2019年4月号」を手元に置いてもらえると嬉しいです。
ちょっと刺激的な表紙★の今号のテーマは、更年期。とっても参考になりますよ。

インドでは、ホメオパシーは、ヨガやアーユルヴェーダと同じく、伝統医学担当AYUSH省が管轄しています。
カルカッタでは、「NATIONAL INSTITUTE OF HOMOEOPATHY」という国立大学があり、ホメオパシーを医学として本格的に学ぶことができます。

国立大学も存在し、日本人の医師ホメオパスの先生も誕生しています。
留学生も大歓迎とのことなので、ぜひ、チェックしてみてくださいネ。
↓日本人で初めてDr.ホメオパスを習得された柳沼真衣Ghoshさん、学長Dr.Abhijit.chatterjeeと著者。
Drmaidrabhijit

そして、その記事を、世界ホメオパシー周知週間「みんなにとどけ!ホメオパシー応援団」
のサイトにても、ご紹介いただきました!
嬉しい~~。ありがとうございます!

今年も、4/10~17は、
「世界」で...
「ホメオパシー」を
「周知」し合う
「週間」です。

朝は、「おはよホメオパシー」と、にっこりと微笑み
お昼は、「こんにちハーネマン」と、にやりと微笑み
夜は、「おやすみんなにホメオパシー」と、満足して眠りにつく。

そんな1週間を過ごしたいと思います。

イベントも目白押しです!
お近くの方は、ぜひ、ご参加くださいネ♪

クプクプでは、4/10に、【世界ホメオパシー周知週間2019 at クプクプ】 を開催します。
テーマは、ホメオパシーの魅力 ~カルカッタ&農業~ です。

ご参加お待ちしています。

また、英国にて、第一線でご活躍のヒラリー・ドリアン 先生が、この世界ホメオパシー周知週間inJAPANつまり、日本のために再来日してくださいます!女性ホメオパスの先生らしい、優しくて繊細な素晴らしいレクチャーを提供してくださいます。

Whaw2019hirary1

素晴しいテーマの勉強会があります、チェックしてみてくださいね。

4/12 アスリートのためのホメオパシー

4/13-14 ヒラリー・ドリアン来日セミナー2019

 2019年4月13日(土) ホルモンの働きと内分泌系のレメディー
 2019年4月14日(日) 女性の疾患(内分泌系のレメディーを含む)

自然治癒力に働きかける優しいヒーリングで、わたしたちが、より健やかに癒されていきますように。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

新発売『硫黄・塩・水銀プロセス 農業・錬金術の3原理を学ぶ (マグノリア文庫)』

18555_2

福島県鏡石町で、地元で受け継がれてきた「会津伝統農法」と、大地を治療する「バイオダイナミック農法」を学ぶ「マグノリア・アグリ・キャンパス」(橋本文男学長)がスタートしてから早1年。

「農業は地球を癒す」。

その活動に共鳴し、クプクプも、現地に足を運び、農業の深さについて学び、感動の時間を紡いでまいりました。

そして、この度、去年行われたキャンパスの講義録が1冊の本になりました。

硫黄・塩・水銀プロセス  農業・錬金術の3原理を学ぶ (マグノリア文庫)』。

わたしたちは、人間だけではなく、動物も植物も鉱物も、誰もが、その運命の使命の元、幸せになる権利を有しています。

この本では、そのことを、『硫黄・塩・水銀』という、古来から錬金術で用いられていた3原理を通して、体感することができます。

この3原理を、私たちの日常にどう生かしてゆくかについても語られています。

人間と大地、植物と宇宙のつながり、自然界の循環・変容など、今まで気が付かなかったことを、新しい視点で学ぶことができます。

Cimg1109

著書はマグノリアアグリキャンパスの講師・哲学者、四国アントロポゾフィークライス代表の竹下哲生さん。

42423052_1935103986570847_758791650

この本の「はじめに」では、山本忍先生(医師、マグノリアの灯理事)が、「この3原理は、農業のみならず、化学・医学・薬学・教育・建築そして、社会学・経済学等々の分野にも応用がきくもの」とありますが、まさにです。

2020年春迄の限定の「マグノリア・アグリ・キャンパス」は、今年は、農業の実践家向けの内容となります。

バイオダイナミック農法、そして、地元の伝統農法を融合させる、という勇気ある取り組みを、実践したい方、ぜひ、お問合せ下さい!

クプクプも、樋渡も、協力者として、本の製作をお手伝いさせていただきました。本を手にとってもらえたら嬉しいです。

本のご紹介↓

「原発事故により放射能汚染された福島に畑をつくろうと立ち上がったNPOマグノリアの灯。バイオダイナミック農法のプレパラート撒布で、放射線量は激減。その秘密は何か? 隠されたメカニズムを学ぶため、中通りの小さな町で行われた連続講義の講義録。現代人が直面する問題に役立ち、錬金術の3原理を改めて学べる最良の書。」

0001

クプクプでは、今年も、皆さまと共に空をきれいにする畑「マグノリア農園」を応援して参ります。いつもありがとうございます。

●バイオダイナミックの調剤作り体験&マグノリア農園野菜食事交流会

4月~11月全3回
*お野菜の状況とプレパラート作りに適した日を予定しています

 ★プレパラート調剤作り  約60分
 ★マグノリア
農園野菜食事交流会 約90分

  会費:5,000円/1回(プレパラート調剤お土産&食事付)
  
申込フォーム

1週間、畑やガーデンにお使いいただけます。
↓このように渦を作りながら、ダイナミゼーションします。
Photo

場所は、クプクプとタイミングでは出張もいたします。

マグノリアの野菜と共に、皆さまと供に過ごせる時間を、今から楽しみにしています。

★マグノリア農園「クプクプ区画」を応援して下さるみなさまへ

マグノリア農園のお野菜を使った食事会は、4名~8名さまで、随時、受け付けています(要予約)。別途、クプクプまで、気軽にお問い合せ下さい。

★クプクプとバイオダイナミック農法

クプクプのフェイシャルやアロマテラピーボディケアでは、バイオダイナミック農法で育てられたDr.ハウシュカ化粧品を15年来愛用しています。

Dr.ハウシュカに使われる原料の90%以上は、バイオダイナミック農法「Demeter基準」認定、またはオーガニック認証を受けた栽培農家から調達されています。

皮膚からの癒し、香りからの癒しは、わたしたちの想像を超えた優しい治癒効果があります。どうぞ、至福の癒しの時間をご堪能下さい。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2018年10月25日 (木)

祝・アロマトピア創刊150号!!

aromatopia No.150

フレグランスジャーナル社のアロマテラピーと自然療法の専門誌「アロマトピア」、最新号の150号が創刊されました!

1992年に創刊され、実に、26年間、日本のアロマテラピー普及に、偉大なる貢献そして下さっている雑誌です。

祝150号、おめでとうございます!!

わたしも、147号から連載中の「山本忍先生と訪ねるシュタイナーの世界」にて、「アントロポゾフィーの薬~月・水星・金星・太陽・・7惑星の諸力を医薬品に」を担当させて頂きました。

4頁でまとめるには至難の業wですが、共通話題や導入として、お役に立てれば幸いです。

シュタイナーの世界は、造詣の深い山本先生の取材やセミナーに何度参加しても、分からないことだらけです。ですが、シュタイナーが、私たちに残してくれた計り知れない洞察は、人間が自然に戻るべく道しるべとなり、時に優しく、時に厳しく、本来の人間らしい特性に向かうようサポートしてくれることを実感しています。

クプクプにても、シュタイナーのアントロポゾフィー哲学に基づいた商材で、アロマテラピーの施術をお受け頂けます★

体の全細胞が、ほころび、喜びに包まれるホリスティック・アロマテラピーをどうぞご体験ください。

今回、150号でリニューアルした、アロマトピアは日本の精油やキャリアオイルが紹介されています。北海道から沖縄まで、植物を愛してやまない方々が、日々、大地と自然と向き合い、わたしたちに、最高の1滴を届けてくれます!

【特集】日本産精油の今、そしてこれから

今回のアロマトピアさんのレポートは、「NPO法人 園芸セラピーと禅の会」。
タイトルだけでも興味深いです!

レポートでは、ホメオパシーも紹介してくださいます!
日本では、まだまだ知られていない自然療法が、専門家に伝わるのですから本当にありがたいことです。

フランスや英国、アメリカなど、世界中のハーブ事情を知れるのも、世界が広がります。

その他、フレグランスジャーナル社さんからは、手元に置いておきたい良質な本がたくさんあります!秋の夜長のおともに、どうぞお楽しみください♪
Img_5182
↑アロマトピア編集部の皆さまと。お着物が美しい!
インドで5代続くホメオパシー家系「S.バナジー博士」の取材をしてくださいました!ありがとうございました。
そのレポートは、12/25発売の151号にて。楽しみにしています。
最後に、インドと日本の自然療法の交流を深めるツアーが決定したのでお知らせです!来日セミナー実行委員の森さんからお知らせです。
「S.バナジー博士」に学ぶ、インドツアーが決定です。
第一陣:2019年1月25日ー2月8日

少人数制、通訳付の、スペシャルなツアーが予測されます。...
来年の1月の話なので、早めにスケジュールが必要ですね★

現地での、ホメオパシー実践のセミナーは、間違いなく、参加者と日本のホメオパシーの未来を変えるでしょう!

一流の通訳と行く、インド「ホメオパシー研修」2週間の旅、好評募集中です!
詳細は改めて、ご紹介します★

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2018年7月16日 (月)

ホリスティック・レッスン ~「ワクチン」の気持ち

昨日は、狛江のエコルマにて、山本忍先生をお迎えして「ホリスティック・レッスン」でした。

熱い中、お集まり頂き、有り難うございました。

180716_9

下記、クプクプの中山あゆみさんのレポートで、ご紹介します。

【ワクチンの気持ちなんて考えたこともなかった】

ホリスティックな医学とは?
各病気が存在する意義とは?
デトックスで流れて行った毒の行方とは?...
ワクチンは結局必要なの?不要なの?
ワクチンを打たれる赤ちゃんの気持ちは?
ワクチン自体の気持ちは?

昨日は狛江に神ノ木クリニックの山本忍先生をお迎えして、沢山の叡智に溢れるお話しを頂きました。

起こること全てに意味があるとは頭では知っていましたが、今まで本当に心から理解出来ていただろうか。

全ては愛による変容。イモムシが大きな変容を遂げ蝶々になるように。
私たちの内側には、ワクチンの毒さえも無毒化出来る、聖なる力が宿っているのだと勇気づけ、思い出させてくれるお話でした。

先生のお話の前には、風呂敷王子が便利な風呂敷術と、圧巻の忍者走りを披露してくださり、その後ライアー奏者のそらさんの美しい歌声で会場が一体となりました。

終了後も先生への質問の列は絶えません!
本当にみなさんに聞いて頂きたいお話ばかり。

次回の忍先生をお招きするイベントは、9月9日なんと湯河原です♪

 ●ホリスティックな世界緑の力から医療まで
 自然療法機構フェス2018秋 at 湯河原リトリート “ご縁の杜”
 
私も骨盤調整のワークショップをさせて頂きます!
温泉と美味しい食事と共に、生きている!を沢山感じにいらしてください。

【レポート終了】

180716_3

↑風呂敷王子こと、功くん。下駄がお揃いです。おもしろすぎます。
狛江でも、風呂敷の会、やってもらいますね~。こうご期待★

180716_4

ライアーのそらちゃん。ライアーで癒しの音色を会場に届けて下さいました。

180716_5

↑マグノリア農園のお野菜を囲んで。

37187120_500935813672987_25540392_2

↑山本忍先生に甘える小町

自然療法を実践してゆくと、病気になる心配や不安がとても和らぎます。

愛する人が、動物が、植物が、大地が、健やかでありますように。

この美しい地球が、慈愛と赦しに満ちあふれた場所だということを、改めて感じる時間となりました。山本忍先生、ありがとうございました!

会場でご案内した、今後のクプクプの予定です。

●7/28(土)18時~
 「バイオ・ダイナミック農法」上映会 at 町田
 *欧州の自然療法農のドキュメンタリー。自然の美しさを堪能できます

●8/12(日)~14日(火)
 響きの杜 お盆~迎え火・送り火~特別企画(札幌)
【北海道の贈り物 人間の静かなる大地 Ainu Mosir(アイヌモシリ)】
 ~アイヌ、二風谷、気の達人、牛、自然農、心臓の秘密、火と風~
 わたしたちの、この、静かなる大地を慈しむひとときを。

●8/28(火)19時~
 ホメオパシーの映画上映&古典音楽会
 Just One Drop上映会&コンサート at キックバックカフェ(調布市仙川)

 

★7/26(木) 10時半~13時 参加費3000円
 ヒポクラテス上映(大槻慎一郎先生監修)とランチ

★8/18(土) 10時半~13時 参加費4000円
 肌から体を癒すヒーリング美容術90分とランチ

★8/5(日) 13時半~16時半 参加費1000円
 自然療法に関するドキュメンタリー映画上映

★8/28(火) 10時半~13時 参加費3500円
 JUST ONE DROP上映(ホメオパシーのドキュメンタリー映画)とランチ

●多摩川サンガは、8/26(日)の午後を予定しています。
 夏の終わりに、蝉の鳴き声と一緒に瞑想の実践をご一緒しませんか?
 http://holy-sky.cocolog-nifty.com/tamagawasamgha/

●シンギングリン・ミニ体験は、次回は8/5(日)です。
 http://kupu92.info/pg10.html#SINGINGRIN

大好きな自然療法の世界を,共有できます時間を楽しみにしています。

毎日暑いです。クーラーを使えば使うほど、環境は暑くなります。
涼しくなる時間帯は、ハーブを活用して、お過ごし下さいね。
テクニック、クプクプにて、直接伝授しております。

申込&問合:kupukupu@air.nifty.jp

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

薬剤耐性(AMR)対策

日本橋のチルドリンさん主催のイベントで、東京大学医学部附属病院の薬剤師、高山和郎先生のお話を伺いました。

厚生労働省では、抗生物質・抗菌薬が効かなくなる未来に立ち向かうため、日ごろから手洗いとのどエチケットをすることで、抗生剤を乱用しないように呼び掛けています。

抗生物質や抗菌剤は、薬剤耐性がつきやすいので、乱用し過ぎると、いざというときに効かない、ということです。

ガンダムが正しい服薬をPR!のページにわかりやすく説明されていましたパンフレットを一部紹介します。

Amr

「"かぜ"には抗生物質が効く」
「抗菌薬をもらうと安心する」
「よくなってきたから抗生物質をやめよう」
「余った抗菌薬をとっておこう」

答えは、
”かぜ”の原因の多くは、ウィルスであり、抗生物質・抗菌薬は効きません
抗生物質・抗菌薬は細菌を退治する薬です

です。

抗生剤の飲み方、間違えないで!と伝えてくれていますが、石頭の私たちは、一度覚えてしまった癖をなかなか、変えることはできません。

しかしながら、自然療法では、薬は、ほとんど最低限しか飲まないので、抗生剤を飲むといったら、公衆衛生が行き届いている現代の日本においては、手術の時くらいでしょうか。

ちなみに、日本の水道水は、塩素がたっぷり入っているので、それで手を洗っても、殺菌効果はあるでしょうね。使い続けると経皮毒の問題も出てくるほど、入っているそうですよ。

いずれにしても、AMR対策でもわかるように、薬の乱用については、薬剤師も医師も、本気で考えいます。

利用者であるわたしたちが、薬の飲み方や、実際に飲んでどうなったかなどのフィードバックをして、次世代に残す薬の質を高めていきたいと思います。

私たちの身体の70%が水で構成されていて、
私たちの細胞の90%が微生物で構成されているとしたら・・。

抗生剤によって、人類は救われてきた事実からすれば、抗生剤は本当に有難い薬です。

だからこそ、本当に必要なときにだけ(人生に3回程度でしょうか)、お世話になり、その本領を持ち続けてほしいです。抗生剤に代わる薬は、今のところないでしょうから。

そのためには、私たちが、抗生剤の役割と副作用、人体の微生物のバランスを理解し、どう使うかを実践してゆくことが大事なんですね。

クプクプでご提供している、アロマテラピーの施術は、体を癒し、免疫力を上げるのにとても効果があります。風邪をひきやすい、疲れやすい、薬を減らしてゆきたい、と感じる方は、ぜひ一度、アロマテラピーをお試しくださいね。心身のバランスが回復されるのを、実感していただけますよ。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2018年5月12日 (土)

「調布駅前の樹木たちの危機」を助けよう!&「ひきこもり」も遠慮なくサポートを(AYSIA結成)

今日は、調布のアースディと、一般社団法人 青少年社会自立支援対策協会(AYSIA)のレセプションに参加しました。

 

Cimg0662

調布のアースディでは、シェアをテーマにしたステージ、再生エネルギー体験、こだわり素材のカレーやランチメニュー、緑を守る会など、本当に、市民でやることではなく、本来は、税金でやるべき課題に、日々取組んでいらっしゃる皆さまの活動を垣間見ました。

驚いたのは、調布の駅に残された樹木を伐採し、地下の自転車置き場を作る計画が淡々と進んでいるとのことでした。

調布の方にはぜひぜひ、知って欲しいです。

調布駅の樹木を、全部伐採するのが今の計画だそうです。「調布駅前開発で99本の樹木が“コッソリ”伐採の危機の記事」を見つけました。

何かできるかも!という方は↓活動に取り組んでいる先人型と繋がるとよいです。

樹木を伐らないで!調布駅前広場(東京)から

 

調布市は、「広場整備のために、既存樹木全て伐採」案をだし、市民たちの反対を受けて、駅前にあった、タコ公園の杜は、先日無残にも撤去されました。再開発という名のもと、既存樹木101本は、51本に。さらに今年の2~3月、巨大ロータリーを駅前につくる計画に関して、市民の同意を得られないまま、56本の樹木を強行伐採。議会や市民への説明なしの計画変更だそうです。

これ、原発反対、基地反対、と同じことです。どれだけ反対しても、国という巨大組織は、調布市という、市を代表する人々は、自分たちのやりたいことしかしない、のでしょうか?

Cimg0660

石畳と駅ビルだけの駅なんて都内に行けばいくらでもある。
緑が青々としている調布駅は魅力的です。

新宿駅から電車で20分の場所で、里山やたんぼ、牛舎を残し続けている場所は、調布だけ。この財産を、どうするかは、市民の私たち一人一人の協力です。

持続可能な社会を田んぼで体験する里山プロジェクト
自然エネルギー+省エネ
田んぼの学校
樹木を守る会
げんぱつのない暮らし@東京
みんなのデータサイト
みさとや

などなど、本来は、公のお金、つまり税金で取り組めば、すぐさま解決する問題もたくさんありますし、かつ税金の無駄遣いも減ると思います。

私は狛江市民ですが、狛江駅北口には、青々とした竹林がお出迎えしてくれます。

これも、何十年前に、狛江市民の人々が、竹林の保全のために、署名を集めたから守られたものと知りました。

Cimg0669 Cimg0668

↑狛江駅北口をでると、左手に青々とした広葉樹と竹林がお出迎えしてくれます。素敵でしょ♪→緑地保全の会(狛江弁財天池特別緑地保全地区市民の会

http://www.geocities.jp/kenichi291/benzaiten.htm

今の日本政府の代表の方々は、工事で現金稼ぎたい♪っていうのが丸見えです。でももう、その手には乗りませんよ~。

広葉樹やカンキツをちょっと多めに植えるだけで、人は引き付けられ集まってきます。田園調布は、まさにそれで成功している駅です。
例えば、調布の鳥はメジロということなので、梅をたくさん植えて、梅林で人を集めることもできますね。調布駅前梅まつりとか面白そうですねw~。
通勤の配慮は必要ですが、子供もママもパパもおじいちゃんおばあちゃんたちも、大喜びで、調布駅に収穫に来ますよ♪本物のメジロ付きっていうのがポイントです。写真や絵のスケッチに、多くの人が訪れるでしょう。

Ume Umemejiro

そして、調布アースディの後は、神之木クリニックの山本忍先生のご紹介で、「一般社団法人 青少年社会自立支援対策協会」のレセプションパーティへ。

若者の引きこもりをサポートする一般社団法人です。

引きこもり問題の映像を拝見し、これも、高齢化がその問題を深刻化させていることを知りました。

公に頼るところがあるのは心強いことです。もし身近に悩んでいらっしゃる方がいたら、このような会もあることも、チェックされてくださいネ♪

20代の大学生も参加されていて、遺伝子組換やホメオパシーのはなしもでき、とても充実したお話ができました。ありがとうございました。理事の皆さまと↓
Cimg0663

私自身は、ひきこもりも個性です!と考えたいと思います。

それに、誰にだって、引きこもりたいこともあるし、それが必要な時期がある、ということを受け入れて、ご本人もご家族も、その辛い出来事を体験して、癒されてほしいと切に願います。

かくいう私も、15年前、パニックアタックになった後、しばらく引きこもっていた時期がありました。

友人や家族の支えと共に、専門であるアロマテラピー、フラワーエッセンス、ホメオパシー、カウンセリングに、大いに助けられ、どうしてひきこもる必要があったのかを理解できた時、その体験は、ギフトに代わりました。

辛い時期ではあると思いますが、ご本人もご家族も、どうか勇気を出して、一歩一歩、ご自身を受け入れる作業をしていきましょう。

「一般社団法人 青少年社会自立支援対策協会」のように、サポートしてくださる方は、必ずいます。

ちなみに、ホメオパシーは、今から200年も前に、動物実験もせず、医師自らが患者に処方する薬を飲み、その効果を自分の身体で確かめてから、患者に処方する、という医術を確立させていました。

しかも、ホメオパシーを愛用する人の多くが、一流有名人。健康になれば、幸せも富も手に入るのです。健康がなくては、いいお仕事はできませんからネ。

自然療法では、人間を機械的にとらえず、食べもの、身に着けるもの、嗅ぐもの、目に入るもの、聞くもの、人間関係、環境の影響、遺伝の影響、細菌の影響など、つまり、治癒を妨げているものを見てゆきます。

そうすると、自ずと、環境、不自然な加工の食事、運動不足、寝不足やストレスなどが見えてくるのです。ご自身の治癒を妨げているものがわかれば、あとは、実践するかしないかはご自身の自由です。

私たちにはこの瞬間が平等に訪れています。
もう一度書きます。何を選択するのも、私たち一人一人の自由です。
長いレポートになってしまいました。
立夏も過ぎさわやかな季節到来です。目の前の植物と戯れながら、思いっきり楽しく、好きなこと沢山して毎日を過ごしましょう♪
クプクプでも、フラワーエッセンス&アロマテラピーで、とびきりの健康をサポートしています♪気軽にご利用ください。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

2018年3月30日 (金)

新刊発売♪アロマトピア147号の新連載は「心臓の秘密」?!

アロマテラピーと自然療法の専門誌「アロマトピア」の147号が発売されました!

355489

特集は、「手作りコスメの基材を探る」。

コスメは女性にとって、いえ、近年は男性にとっても、重要なパートナーのような存在。経皮毒の問題もある現代人は、この基材をチェックすることは、健康においても大切なことです。ものすごいボリュームで、学ぶことが沢山ありそうです。

そして、わたしも、新連載で、3ページを担当させていただきました!

新連載は、山本忍先生と尋ねる「シュタイナーの世界」(1):心臓の秘密?心臓を動かしているのはだぁれ?です。

ルーマニアの「ミハエラ先生」を取材させたいただいた「自然療法の科学」に続き、日本のアントロポゾフィー医師「山本忍先生」への取材です。

山本忍先生は、横浜で「神之木クリニック」を開業されており、日本ホリスティック医学協会理事、NPO法人マグノリアの灯理事長でもあります。

*アントロポゾフィー医学とは・・・人智学を基盤として、イタ・ヴェークマン医師(1876~1943)の協力の下に創始。精神の内なる発展と魂の変容、そして健康と病気に関する認識と理解を深めることで、今日の医学研究を真にホリスティックな取り組みへと導くものです。

山本忍先生の著「心臓の秘密」は、心臓の4室が、私たちの、直観と知覚、観察と思考、に対応している!ことを、表紙で明らかにしています。

そして、読み込むほどに、その秘密の深さ、愛に満ちた世界観に、圧倒されます。

Topia147

今年は、クプクプも、福島支援の一環として、山本忍先生たちが取り組んできた、バイオダイナミック農法と会津農法の畑を営む「NPO法人マグノリアの灯」の活動をサポートします!

クプクプは、福島南相馬市の自然療法仲間のサポートで、ドイツのアントロポゾフィー医の皆さまから送られてきたDr.ハウシュカのアイテムを、一部を預かり、福島の避難所に届けたご縁から、「NPO法人マグノリアの灯」を、ずっと応援しています。

皆さまの記事の感想を、心から楽しみにしています。

今この瞬間に、この地上で、躍動している全ての心臓と臓器に敬意をこめて。

そして、アロマトピア編集部の岩倉さま、みなさま、いつもありがとうございます。

 クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

| | コメント (0)

より以前の記事一覧