カテゴリー

  • KPL 森・動物
    地球の大地の生命「森」と自然界の恵み「動物」
  • KPL ホメオパシー
    200年の歴史のある自然療法医学
  • KPL 蝶々(クプクプ)
    クプクプとは、インドネシア語で蝶々の意。木の葉の化身、妖精、守護神、相棒、魂そのもの。
  • 大槻真一郎ライブラリ
    博物学者。古代ギリシアから中世錬金術、近代科学までを研究し、ヒポクラテス、パラケルスス、ハーネマン、バッチ博士などなど、大槻先生が紹介してくれた本は計り知れません。 そんな大槻先生からお預かりした貴重な本をご紹介しています

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

「イルカの海 巨樹の森」 御蔵島

「なぜ蝶は美しいのか」 フィリップ・ハウス

蝶の模様は、どんな織物にもかなわない、完璧な美しさ。

その美しさの秘密はいったいどこからくるのだろう・・。

フクロウの目をいくつも持つ翅。

幼虫に擬態する蝶。

木の葉や枯葉になりきる蝶。

もう、今までの視点で、蝶々を観ることができなくなってしまいます。

「フィリップ・ハウス
昆虫の行動と生態を専門とし、研究論文と一般向けの書籍を発表。
環境に優しい害虫対策の開発にも従事し、
数々の賞と大英帝国勲章OBEを授与されている。
サウサンプトン大学に籍を置き、退職した現在も子供たちを魅了する、
昆虫たちについての書籍の執筆活動を続けている。」

http://xknowledge-books.jp/ipscs-book/BooksApp;jsessionid=30FD56E0BE20F7ED6ADAA7D55FBFF66F?act=book&isbn=9784767819266

どのページも、ため息が出るほど、自然の神秘に満ち溢れて癒されます♪

写真集「蝶」 トーマス・マレント

蝶 トーマス・マレント 氏は、世界各地の熱帯雨林など人跡未踏の地を訪れ、チョウやガの生息しているままの姿を、生活史のすべての段階を通じて写真に記録している写真家。

美しい自然を撮り続ける写真家Thomas Marent氏のメッセージ↓

「蝶がこれからもずっと生き続けることができますように。
それは、私たちの共通の願いでもあります」

写真という技術が進化して、わたしたちはもう、蝶の命を犠牲にしなくても、あるがままの瞬間を観るできるようになりました。Thomas氏の、息をのむほどに美しい写真は、どんな種であれ、その可憐な羽ばたきを愛しいものに変えてくれます。

ヒラヒラと舞う美しい蝶は、翅の生えた花と例えられ、卵~幼虫~蛹~蝶、と変態する昆虫です。その不思議さと美しさから、昆虫界では最も研究が進んでいる種。

そして、この可憐な蝶の生態は、自然界全体の「健康状態」を示しています。自然保護活動を行うべき場所はどこなのかを教えてくれる、つまり、自然の喪失がどれだけ進んでいるかを教えてくれるのです。

日本の文化では、興味深いことに、衣となる絹を生み出してくれるお蚕様も、馬と同じく、一頭、二頭、と数えます。一昔前の私たちのご先祖様は、家畜として、お蚕様を寝食を共にして大事にしてきたことが伺えます。

●Thomas Marent氏のサイトでは、美しい写真が紹介されています↓
http://www.thomasmarent.com/galleries/butterfly.html

●日本チョウ類保全協会
http://japan-inter.net/butterfly-conservation/

●お蚕様をもっと身近に→シルク博物館

https://www.neko.co.jp/?p=5226

「バタフライ・エフェクト ~世界を変える力」

この現象を表現する際に、「バタフライ(蝶々)」の存在をを選んでくれなかったら、私にとっての出会いも、もう少し、時間がかかったかもしれません。というのも、親友が、「クプクプさんにぴったりだから」と、プレゼントしてくれたのが出会いだったのです。

蝶々も蛾も大好き。だけど、その手前の毛虫と芋虫は、それほど好きになれませんでした。屋号に、蝶々とつけた以上、蝶々の存在をとことん愛したい。

今は、蝶々の美しさになる前の、他を寄せ付けない強さと知恵こそが、美しい木の葉の化身に成長するために、必要な自然界のギフトだということがわかるようになりました。

自分の人生にはどんな意義があるのだろう?

自分は本当に世の中の役に立っているのだろうか?

自分が何かをすると、世の中に影響を与えるのだろうか?

はたして自分は世の中で重要な存在なのだろうか?

もしあなたがそんな疑問を抱いているなら、この小さな本の中に、その答えがあります。

美しい緑色の水面の景色を背景に、心に問いかける一文。

1963年。MITの気象学者エドワード・ローレンツ氏によって提唱された「バタフライ・エフェクト」は、生きとし活きる者すべてが、常に響きあって存在していることを教えてくれるます。

1940年代、主人公のノーマン・ボーローグは、おなかがすいて困っている人たちに分けてあげることのできるトウモロコシを作ろうと決意し、そして、どんな種も生育しにくい地域にでも繁殖しうる穀物を育てました。

「神様が植物を作ったのは、私たちが学び、その知識を活用して大勢の人を助けるためなんだ。これはとても大切な使命なんだよ」

彼の心と行動を支えたものは、誰なのだろう?

どこまで時間をさかのぼれば、いいのだろう?

「今日の行為、ひいては人生が、未来を永遠に変えるだけの力を持っていることを知っておいてください。

・・・

あなたが、世界を変える力を持っているのです!」

で締めくくられるこの本には、自分の御心のままに生きることが、どれだけ素敵なことかを、教えてくれます。

蝶々のほんのわずかな羽ばたきを感じていたエドワード・ローレンツ氏の繊細さと思いやりにも感謝。

http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784887599390

チベット死者の書

発売元:スタジオジブリ
http://www.ghibli.jp/tibet/

NHKスペシャル チベット死者の書 [DVD] は、NHKスペシャルで放送され(1993年制作)、宮崎駿監督が、もののけ姫を作っているときに繰り返し観たそうです。(2009年にスタジオジブリがDVD化)

自然療法を実践し、病気と向き合う時、そこには必ず、

「人はなぜ病気になるの?」

「人はなぜ生まれ、そして死ぬの?」

という純粋な問いかけがあります。

その問いがないまま、ただ病気だけを扱う治療は、真の健康とは遠いかもしれません。

死生観についても同様です。

NHKスペシャル チベット死者の書 は、死についての深い洞察を与えてくれます。

下記は、自然療法家S.Nさんの感想です。

これを観ると、ホメオパシーは、現生のための治療だなと思いました。

レメディを摂った後、安らかな気持ちで死を選んだ方の魂は、穏やかだったのだと、感じました。

ホメオパシーの臨床家として、『現世』の治療に集中しないといけないなと思いました。

そして、こういった作品を通して、心の栄養を摂ることを思い出しました。

クラシカル・ホメオパシーガイド

060110homeopa

出版社: 源草社 (2006/01)

クラシカルホメオパシークリニック院長の渡辺奈津先生の本。

ホメオパシーについて、わかりやすくまとめられています。

奈津先生は、クライアントの治癒を実現するために、究極の医療とは何か?を常に考えて実践してきた先生。世界のホメオパシーについても、解りやすくまとめられています。

200年以上の歴史があるホメオパシーは、時代や国によって、処方の方法が異なり、100人の患者がいれば、100通りの処方の仕方があることも理解できます。

ホメオパシーは、医学として確立されている分、アロマセラピストやハーバリストなど、自然療法にかかわる人には、とても参考になる充実した内容です。

西洋医学でも東洋医学でもない、
次代の根本療法!

日本では初めて“臨床医”が実践にもとづいて書き下ろした本格的“ホメオパシー”。
本場英国・王立ホメオパシー病院での5年間の研修をはじめ、世界を駆けめぐり最高峰のホメオパシーを学んだ著者が、初めて日本に紹介する。

ホメオパシーバイブル (GAIA BOOKS)

Homeopathy_bible600

出版社:ガイアブックス http://www.gaiajapan.co.jp/index.html

写真と使い方がわかりやすく説明されています。

自然治癒力を高めるためのヒントも満載です♪

新錬金術入門

Renkin600

出版社:ガイアブックス http://www.gaiajapan.co.jp/index.html

小学生にもわかりやすく、錬金術のABCを興味深く説いてあります。

アルコールの、アルも、アルケミー(錬金術)から来ています。

古から続く錬金術の医学を再発見できるわかりやすい本です。

ホリスティック家庭の医学療法

Kateiigaku600

出版社:ガイアブックス http://www.gaiajapan.co.jp/index.html

従来の家庭医学書とは全然違います!

●「西洋医学」にプラスして、4つの自然療法、「中国医学療法」「ナチュロパシー自然治癒法」「ホメオパシー療法」 「ハーブ薬治療法」でのケアが紹介されているホリスティック医療です。

●「自分の病気は自分で治す!」こと をめざした世界初★の家庭の医学書です。

医療や自然療法が好きな方は、眺めているだけでも楽しいです。

大切な人が、よくある病気になった時に活用できます。

※重篤な症状は直ちに専門機関に行きましょう

大槻真一郎ライブラリ 開設しました

Library

博物学者。古代ギリシアから中世錬金術、近代科学までを研究し、ヒポクラテス、プリニウス、パラケルスス、ハーネマン、バッチ博士などなど、大槻真一郎先生が紹介してくれた本は計り知れません。

大槻先生より譲り受けた、主にホメオパシー関連の本をお預かりするご縁をいただきました。

クプクプにおいてあるだけではもったいないので、

クプクプの「大槻真一郎ライブラリ」

を設置し、1か月単位で貸し出すことにしました。

1)貸し出す際は、クプクプにメールか電話でご予約ください
 ※氏名、住所、電話番号、ご紹介者を教えてください

2)貸し出し単位は、1か月~3か月(最長)

3)貸し出した本の感想を、ブログの本紹介のページに
  コメントを掲載してください。
  ※コメントの方法がわからなければ、メールで送ってください

4)返却は、郵送可(費用のご負担はお願いします)

大槻真一郎ライブラリ:本のリスト
 ※作成中です、もうちょっと見やすくしますのでしばしお待ちくださいませ

OL001 ) 色彩生命論 イリスの色 野村 順一 住宅新報社
OL002 ) ホリスティック家庭の医学療法  ガイアブックス

OL006 ) ホメオパシック・ラブストーリー~初の女性ホメオパス、メラニー・ハーネマンの実像~ リマ・ハンドリー ホメオパシー出版
OL007 ) ホメオパシー哲学講義 ジェームズ・タイラー・ケント ホメオパシー出版
OL008 ) 医師の迷宮 パラケルスス ホメオパシー出版
OL009 ) 健康と病気について 精神科学的感覚教育の基礎 ルドルフ・シュタイナー ホメオパシー出版
OL010 ) ホメオパシーの神髄 ラジャン・サンカラン
OL011 ) 植物のためのホメオパシー 蘇る植物byホメオパシー活性液どじょっこ Rolf Wurthle ホメオパシー出版
OL012 ) ホメオパシーの哲学 病の声を聴く ジュリアン・カーライオン 春秋社
OL013 ) イラストでわかるホメオパシー アレクサンダー・ゴーテ ガイアブックス
OL014 ) クラシカル・ホメオパシーガイド 渡辺 奈津 源草社
OL015 ) ヒルデガルドのハーブ療法 ハイデローレ・クルーゲ フレグランスジャーナル社
OL016 ) リヴィング・オン・ライト あなたもプラーナで生きられる ジャスムヒーン ナチュラルスピリット
OL017 ) 地球人 ホメオパシーの今  ビイング・ネット・プレス
OL018 ) バッチ博士のフラワーレメディ テキストブック  日本フラワーレメディセンター
OL019 ) 医療における心とことば  中央法規
OL020 ) モンゴル医薬学の世界 徳力 格 出帆新社
OL021 ) ホメオパシーバイブル アンビカ・ウォーターズ 産調出版
OL022 ) 太平洋戦争へ至る道  ユーキャン
OL023 ) 薬叢 第三・四・五・六号  明薬資料館
OL024 ) 薬叢 最終講義にかえて~風来坊教師の弁~ 大槻 真一郎 明薬資料館
OL025 ) 新錬金術入門 ガイアブックス 2008.7 
OL028 ) ENCYCLOPEDIA OF HOMEOPATHY 
OL029 ) Die Krauterkunde des Paracelsus 
OL036 ) Timetables of Medicine

大槻真一郎先生は、自然治癒力をいかに活かすかの知恵を、私たち、一人ひとりが自覚し、実践するよう、たくさんの賢人の書を日本に紹介してくれています。

自然療法の世界に触れれば触れるほど、人生が深く、広く、明るくなることを、皆さまと共有できれば嬉しいです。

私と大槻真一郎先生とのご縁は、私のフラワーエッセンスの師でもある下山田先生からいただきました。

大槻先生のもとでは、自然療法にかかわる多くの方々と貴重な出会いをいただきました。
両先生、そして、ご縁をいただいた皆さまに、改めて感謝申し上げます。

大槻先生との勉強会は下記に。

http://holy-sky.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/part2-a0e7.html

http://holy-sky.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post.html

http://holy-sky.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/2009-8d16.html

Ohtsuki

2012年夏、先生の青春時代の歌を教えていただきました。
のどかな田園風景を思わせる歌もありましたが、兵隊の歌なども・・。
童謡は、世代を超えた、共通言語。
覚えておくと、年上とも、年下ともつながることができますね♪