カテゴリー

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

« 「バタフライ・エフェクト ~世界を変える力」 | トップページ | 「植物のかたちとはたらき」&四大元素と光のメッセージ »

写真集「蝶」 トーマス・マレント

蝶 トーマス・マレント 氏は、世界各地の熱帯雨林など人跡未踏の地を訪れ、チョウやガの生息しているままの姿を、生活史のすべての段階を通じて写真に記録している写真家。

美しい自然を撮り続ける写真家Thomas Marent氏のメッセージ↓

「蝶がこれからもずっと生き続けることができますように。
それは、私たちの共通の願いでもあります」

写真という技術が進化して、わたしたちはもう、蝶の命を犠牲にしなくても、あるがままの瞬間を観るできるようになりました。Thomas氏の、息をのむほどに美しい写真は、どんな種であれ、その可憐な羽ばたきを愛しいものに変えてくれます。

ヒラヒラと舞う美しい蝶は、翅の生えた花と例えられ、卵~幼虫~蛹~蝶、と変態する昆虫です。その不思議さと美しさから、昆虫界では最も研究が進んでいる種。

そして、この可憐な蝶の生態は、自然界全体の「健康状態」を示しています。自然保護活動を行うべき場所はどこなのかを教えてくれる、つまり、自然の喪失がどれだけ進んでいるかを教えてくれるのです。

日本の文化では、興味深いことに、衣となる絹を生み出してくれるお蚕様も、馬と同じく、一頭、二頭、と数えます。一昔前の私たちのご先祖様は、家畜として、お蚕様を寝食を共にして大事にしてきたことが伺えます。

●Thomas Marent氏のサイトでは、美しい写真が紹介されています↓
http://www.thomasmarent.com/galleries/butterfly.html

●日本チョウ類保全協会
http://japan-inter.net/butterfly-conservation/

●お蚕様をもっと身近に→シルク博物館

https://www.neko.co.jp/?p=5226

« 「バタフライ・エフェクト ~世界を変える力」 | トップページ | 「植物のかたちとはたらき」&四大元素と光のメッセージ »