カテゴリー

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

« 写真集「蝶」 トーマス・マレント | トップページ | 「なぜ蝶は美しいのか」 フィリップ・ハウス »

「植物のかたちとはたらき」&四大元素と光のメッセージ

Bach_selfheal01 151108bach_2 151108bach_5

~Dr.BachのFlowerRemedyでセルフヒーリング~
植物のかたちとはたらき」&四大元素と光のメッセージ

無事に終了しました。みなさま、お疲れ様でした&ありがとうございました。

2015年、クプクプでは、「FREE THYSELF ~汝自身を開放せよ」をテーマに、集いやセミナーに取り組んでまいりました。

本セミナーでは、
バッチ・フラワーレメディーの作り手&研究家であるジュリアン・バーナード氏の著作本、
「Bach Flower Remedies Form and Function(邦タイトル:バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき」の訳者である谷口みよ子さんと、本書の「フラワーレメディー」と「四大元素(地水風火)、光」について学びました。

バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらきのサイト↓
http://fremedy.main.jp/

セッションとは違い、植物との対話を通して、内在する自分の本質に触れる貴重な時間となりました。毎回、レメディー選びとシェアタイムを共有しながら、自分自身と、家族や仲間のための深いヒーリングにもつながりました。

日曜日の少し遅めの午後、たっぷりと自分自身を見つめ癒す。

忙しい現代だからこそ、地に足をつけて立ち止まり、深呼吸して、今、この瞬間を体験する時間は本当に大切だと思います。

「恐れを抱く人に勇気を、苦悩する人に平安を、弱い人には強さを――。
1920年代にエドワード・バッチ博士が発見した、世にも美しい花の治療薬(レメディー)はなぜ人を癒すのか。共鳴し合う植物と人間のジェスチャーに注目し、バッチ博士がレメディーを発見していく過程を深く掘り下げた一冊。本書を通じて、より大きな生命の本質を感じ取り、自らを癒すことの意味を再認識できます。 植物と人間、いのちあるものを愛するすべての人に。」(本書より)

●講師● 谷口みよ子さん

東京生まれ。1997年フラワーエッセンスに出会い、現在はおもに東京でフラワーエッセンスの講座や勉強会、個人セッション等を行なっている。訳書に『エドワード・バッチ著作集』(BAB出版)、『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(英国フラワーレメディー・プロプラム)。

« 写真集「蝶」 トーマス・マレント | トップページ | 「なぜ蝶は美しいのか」 フィリップ・ハウス »