« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年3月「緩和ケア研究会」

2011年3月9日(水) 17:30~

場所「日本赤十字社医療センター 病棟3F」

テーマ:私の心に生きる人々のこと 

お話手:伊藤哲也医師(日本赤十字社医療センター緩和ケア科医師)

今回は、緩和ケアで見送った心に生きる人々のお話。

旅立つ人、見送る家族、支える人々。

現場の先生のお話が伺える貴重な機会です★

2011年2月9日(水)に開催された高橋尚子先生(日本赤十字社医療センター緩和ケア科医師)の「悪い知らせの伝え方」では、私は不覚にも風邪をひてしまい、参加できなかったのですが、友人の感想文を紹介します。

実際にご家族を看取った経験のある方たちも多く参加されていて、高橋先生のお話と、参加している方の体験談も伺うことができて、圧倒されました。

相手を、分かると思ったら、そこで終わってしまうから、分からないが原点だっておっしゃってた。

「分からないから、分かりたい」というスタンス‥‥。

やっぱり全ては愛だよね。
こんなことを真顔で分かち合える友がいるのは幸せだね。

本当に、こういうことを真剣に話し合える場所と時間を持てるのは、愛そのもの・・だと思います。感想文をシェアしていただいて、有り難うございました!

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »