« 2011年5月「緩和ケア研究会」~PCUボランティア 大いに語る | トップページ | 2011年7月 緩和ケアと生命倫理 »

2011年6月 魂に響くハープセラピー

Harpimage1 2011年6月8日(水) 17:30~

場所:「日本赤十字社医療センター 病棟3F」

テーマ:魂に響くハープセラピー お話と演奏

お話手:~緩和ケア病棟 非常勤職員)ハープセラピスト 神藤雅子さん

今回は、緩和ケア病棟で、魂に響く生演奏に取り組んでいる神藤雅子さんのお話です。

音、心、魂、私たちは目に見えないもので結ばれています。

ハープは、見えないものを結び、見えないものを癒し、道を示してくれる優しい心音。

http://www.harptherapy.org/

高齢化が進む日本社会において、「音を介したスピリチュアル・ケア」としてのハープ・セラピーの意義は今後ますます深まることでしょう。

音は、常に、私たち人間が誕生する以前から存在するもの。

美しい音を奏でるのか、雑音を奏でるのか、それは私たち一人の選択次第です。

日赤緩和ケア研究会について

« 2011年5月「緩和ケア研究会」~PCUボランティア 大いに語る | トップページ | 2011年7月 緩和ケアと生命倫理 »

お知らせ」カテゴリの記事