« 2012年10月 ホスピスの原点セントクリストファーホスピスの現在 | トップページ | 2013年 6月「がん放置療法から見えてきたこと」 »

2013年 1月~6月のご案内

Chelsea_003 緩和ケアとは、生命(人生)を脅かす疾患による問題に直面している患者、及び、その家族の、人生の質や生活の質(QOL)を改善するアプローチ。

「日赤医療センター 緩和ケア研究会」では、第一線でご活躍の先生方をお話し手に迎え、今年も、充実した内容でお届けします。

日時:毎月第2水曜日 5時半~ (8月は夏休み)
場所:「日本赤十字社医療センター 病棟3F講堂」

●2013年1月9日(水) 17時半~

「緩和ケアに活かす”がん哲学”」
 話し手/樋野興夫さん
 (順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授)

●2013年2月13日(水) 17時半~

「共に生き、支えあう」
 ※支援者・がん体験者のリラクセーションのための気功付
 話し手/百々雅子さん
 (気功師、山梨県立大学看護学部准教授、がん患者会支えあう会α理事)

●2013年3月13日(水) 17時半~

「緩和ケアのためのリンパ浮腫治療」
 話し手/佐藤佳代子さん
 (後藤学園付属リンパ浮腫研究所所長)

●2013年4月10日(水) 17時半~

「腫瘍内科医にとっての緩和ケア」
 話し手/酒井瞳さん
 (日本医学大学武蔵小杉病院腫瘍内科)

●2013年5月8日(水) 17時半~

映画「エンディング・ノート」上映予定
 話し手/秋山修さん
 (日赤医療センター緩和ケア科医師)
 ※この会のみ、定員10名先着順

●2013年6月12日(水) 17時半~

「がん放置療法から見えてきたこと」
 話し手/近藤誠さん
 (慶応大学医学部放射線科講師)

入場は無料です。
貴重なお話を直接伺えるこの機会をお見逃しなく★

皆さまの参加をお待ちしています。

日赤緩和ケア研究会について

« 2012年10月 ホスピスの原点セントクリストファーホスピスの現在 | トップページ | 2013年 6月「がん放置療法から見えてきたこと」 »

お知らせ」カテゴリの記事