« 2013年 1月~6月のご案内 | トップページ | 2013年7月 立花隆さん 「僕は死ぬのがそれほど怖くなくなった」(臨死体験の研究から)」 »

2013年 6月「がん放置療法から見えてきたこと」

●日時:2013年6月12日(水) 5時半~
●場所:「日本赤十字看護大学 201号」
    
http://www.redcross.ac.jp/info/access.html
    ※場所はいつもと変わります

「がん放置療法から見えてきたこと」
 話し手/近藤誠さん
 (慶応大学医学部放射線科講師

著書『患者よ、がんと闘うな』(文藝春秋)では検診やがん治療に対して疑問を投げかけ 論争を巻き起こし、同時にセカンド·オピニオンの重要性を早くから訴えてきた近藤誠先生。

そもそも、がんは、自らの体の中で生まれるもの。そのガン化という症状と、戦う必要があるのだろうか?! 医療を利用する立場だからこそ、知っておきたいお話が伺えます。

入場は無料で、どなたでも自由に入れます。
貴重なお話を直接伺えるこの機会をお見逃しなく★

皆さまの参加をお待ちしています。

日赤緩和ケア研究会について

« 2013年 1月~6月のご案内 | トップページ | 2013年7月 立花隆さん 「僕は死ぬのがそれほど怖くなくなった」(臨死体験の研究から)」 »

お知らせ」カテゴリの記事