« 2015年1月 がん患者ピアサポートの機会の動向と活動の実際 | トップページ

:2015年5月 多様な喪失~ひとりひとりのストーリーに向き合う

第219回 日赤医療センター緩和ケア研究会のお知らせ 

多様な喪失~ひとりひとりのストーリーに向き合う~

「グリーフサポートせたがや」は、大切な人やものをなくした子どもや大人をサポートするスペースを作り、ともに生きていくことのできるコミュニティをめざして活動しています。

2014年に一般社団法人となり、2014年7月から世田谷区太子堂にある「サポコハウス」で、グリーフサポートプログラムを定期的に行っています。

大切にしている思いは、
◎グリーフは多様である
◎グリーフの昌益や影響は一人ひとり違う
◎向き合う力は、一人ひとりの中に在る
◎グリーフと向き合うために、安心・安全な場所を創りだす

お話: 山本知佳子さん(「グリーフサポートせたがや」代表)

プロフィール:1959年東京都生まれ。旧西ベルリンに6年暮らす。
その後、中国とインドに15年住み、ドイツのメディアの仕事をする。
現在は、翻訳会社に勤務。乳がん体験者。

http://sapoko.org/

日時:2015年5月13日(水)17:30〜20時ぐらい
会場:日赤医療センター3F 会議室1
参加費:無料

どなたでも参加できますので、ふるってご参加ください。

外部の方は守衛室で訪問カードをもらい、11エレベーターで3階においでください。
連絡係:秋山修・伊藤哲也(PCU)馬場内春乃(7A)、加藤美智子・鈴木志保(PCU)、門林道子(昭和薬科大学非常勤講師)、まつばらけい(「子宮・卵巣がんのサポートグループあいあい」「リンパ浮腫にとりくむ会りんりん」)

※なお、毎回、終了後、近くの居酒屋で、交流会も予定しております。

3月の秋山修先生のお話会は、NHKの取材も入る大盛況の会となりました。
秋山先生、お疲れ様でした&いつもありがとうございます。

今後の予定:

6月10日(水)
コペンハーゲンで開催される第14回EAPC(ヨーロッパ緩和ケア学会)世界会議に参加&発表する(本研究会世話人)伊藤哲也ドクター、門林道子さんの報告予定です。

日赤緩和ケア研究会について

« 2015年1月 がん患者ピアサポートの機会の動向と活動の実際 | トップページ

お知らせ」カテゴリの記事