« 7月の多摩川サンガは「キッズプログラム」 | トップページ | 11~12月の多摩川サンガ »

2019年9月 5日 (木)

10~11月の多摩川サンガ

太陰暦の上では、葉月を迎え、朝晩の空気も冷たくなってきました。

秋も、たっぷりゆったりと、瞑想の実践の時間をご一緒しましょう。

心が穏やかになってくると、
呼吸とともに、
おなかが膨らんだりへこんだりするのを感じたり、
普段も聞こえているはずの心臓の音が聞こえてきます。

それは、私たちがコントロールできないけれど、常に私たちともに在る営みです。
このありきたりの営みに気付くマインドフルネス・プラクティスは、穏やかな優しさで包んでくれます。

日時: 10月10日(木)13:30〜16:45
  場所:谷戸橋地区センター(カワセミ館)
    会議室 小田急線喜多見駅から徒歩20分

日時: 11月10日(日)13:30〜16:45
  場所:西河原公民館(小田急線狛江駅)
    和室 小田急線狛江駅から徒歩15分

🌼参加費:ドネーション(諸経費を除き全てプラムヴィレッジ関係の費用に寄付させて頂きます)
🌼お申込み方法は、メールか、FBページにご連絡下さい.メールアドレス↓
tamagawa.samgha★gmail.com
※★を@に替えて送信ください

✦大まかなスケジュール✦

心のお天気
横たわる瞑想(トータルリラクゼーション)
歩く瞑想
お茶の瞑想
5つのマインドフルネストレーニング
深く話し、聴く瞑想(ダーマシェアリング)…などなど

参加費:ドネーション(諸経費を除き全てプラムビレッジ関係の用途に寄付させていただきます)


サンガは、日本各地で開催されています。
「マウンテン・オブ・ハーモニー・サンガ」の各地のサンガ



多摩川サンガは、7月にキッズプログラムを開催しました。

1907-5

伊勢原サンガでもご活躍のキッズプログラムのプロフェッショナル「みぽりん」と一緒に、「瓶の中のこころ」、「バラが好き」を一緒に歌いました。

1907-11

中学生以来、30年ぶりにこの多摩川の土手を歩いた、という地元出身の50代の男性。
なつかしい、不思議な気分になったそうです。

1907-1

お絵描きは、大人も夢中になれる瞑想です。

1907-12

照れ屋さんの子供たちも、何度も練習して、あっという間にマスター。
後日、お母さんから、子供たちが、この「バラが好き」を披露してくれたと、動画を送ってくれました。
子供たちにとっても、ゆっくりと過ごす時間はとてもリラックスにつながったようでした。

下記の画像を参考にしながら、子供たちと遊んでみてくださいネ♪
大人にとっても、レメディのように働く素敵な歌詞です。

 

 

« 7月の多摩川サンガは「キッズプログラム」 | トップページ | 11~12月の多摩川サンガ »

サンガ&学習会&瞑想会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月の多摩川サンガは「キッズプログラム」 | トップページ | 11~12月の多摩川サンガ »