« 2019年9月 | トップページ

2019年11月の記事

2019年11月24日 (日)

12/5 蕎麦打ちとお蕎麦の瞑想

今年もあと約一か月ですね。

お陰様で、多摩川サンガも誕生してまる3年が経ちます。

今年は、台風で上がった水とともにあふれ出たプラスティックを拾いながら、歩く瞑想に取り組んだり、

 

人間だけではなく、鳥・魚・昆虫たちが集まるこの多摩川も、台風で


年末といえば、、大掃除、年賀状、そして年越しには蕎麦。

 

狛江のこだわり蕎麦屋「サムライ」で、蕎麦粉からの蕎麦作りを行います。

プロの指導のもと、自分の手でこねて、打って、茹でた蕎麦はいつもの蕎麦とは格段に違うはず。

作り方を覚えたら、蕎麦を囲んで何かと楽しい輪も広がりそう、、?

食べる時は「今ここ」に気づきながら、五感を開き、マインドフルにいただきます。

私たち不安や後悔、仕事や用事のことにとらわれて、「今ここ」にある幸せを見逃してていることが多いです。

マインドフルイーティングでは、目の前にある食事ときちんと向き合い、ゆっくりと口に含み、食べ物の匂い、舌触り、味わい、豊かな命のつながりを感じていきます。
(嗅覚や触覚に集中する時はいちぶ目をつむって味わう内容もあります)

ゆっくり、優しく食べてゆくと、無意識に食べている時とは違う味がしてきます。

甘みや苦味など多くのバリエーション、太陽や雲、種を植えてくれた人、運んでくれた人、、さまざまな味わいが豊かな調和となり、口から身体中に広がっていきます。

みなさんとそんな素晴らしいひとときをご一緒できたら、嬉しいです!

2019年11月 6日 (水)

11~12月の多摩川サンガ

15563

太陰暦の上では、神在月が戻り、朝晩の冷え込みが強くなってきましたね。
静かに、自らの呼吸を辿っていると、心が穏やかになってきます。

わたしたちは目や耳を普段、どのくらい使いこなせているんだろう。
頭で考えるだけではなくて、五感をフル動員して、今、ここに在ること。

体の微細な動きに気付くマインドフルネス・プラクティスは、わたしたちを穏やかで優しい気持ちをもたらします。

●日時: 11月10日(日)13:30〜16:30
  場所:西河原公民館1階ロビー(小田急線狛江駅)
    *集合場所のみ、今回は部屋はありません
     小田急線狛江駅から徒歩15分

✦大まかなスケジュール✦

この日は、多摩川の土手の上を優しく歩くプラクティスに取組みます

大地に触れる瞑想
歩く瞑想
・・歩きに気づく時間をとりますので、歩きやすい靴でご参加ください
・・希望者のみ、土手にある気になる存在を拾い上げます。
   *手を守るゴム手袋、または厚手の軍手をご用意ください。
   *拾い上げたものを入れる袋はこちらで用意します。
   *自己責任の範囲でどうぞ
深く話し、聴く瞑想(ダーマシェアリング)…

●日時: 12月5日(木)13:30〜16:45
  場所:未定 ?谷戸橋地区センター(カワセミ館)
    会議室 小田急線喜多見駅から徒歩20分

✦大まかなスケジュール✦

心のお天気
横たわる瞑想(トータルリラクゼーション)
歩く瞑想
お茶の瞑想
5つのマインドフルネストレーニング
深く話し、聴く瞑想(ダーマシェアリング)…などなど


🌼参加費:ドネーション(諸経費を除き全てプラムヴィレッジ関係の費用に寄付させて頂きます)
🌼お申込み方法は、メールか、FBページにご連絡下さい.メールアドレス↓
tamagawa.samgha★gmail.com
※★を@に替えて送信ください

サンガは、日本各地で開催されています。
「マウンテン・オブ・ハーモニー・サンガ」の各地のサンガ

大地に触れる瞑想―マインドフルネスを生きるための46のメソッド」の本には、地蔵経の前書きが紹介されています。

「大地とは、ゆるぎなく、深く、限りなく受け入れる大いなる力を持った存在である」

その大地が受け入れていない多くの資源の落とし物。
それらをひとつひとつ拾い上げながら、大地に触れて生れるマインドフルネスと集中の時間を、秋空の下、過ごしましょう。

前回は、多摩川サンガの前に、MIHOさんに、ワラーチ作りを教えて頂きました。
ワラーチで歩く大地は、足の裏以外は裸足と同じなので、とっても新鮮で気持ちよかったです。
裸足で歩いてみることも時には大事ですね。
45207

 

« 2019年9月 | トップページ