« 2020年の予定 | トップページ | 3/8 アン・フーンご夫妻ライブ法話への参加ご案内 »

2020年2月 1日 (土)

2月の多摩川サンガ

2月の多摩川サンガのご案内です。

●日時: 2月27日(木)10:00〜12:30

●場所:クプクプ アロマテラピー&フラワーエッセンス自然療法サロン
    小田急線狛江駅、または京王線つつじが丘から徒歩20分

✦大まかなスケジュール✦

心のお天気
横たわる瞑想(トータルリラクゼーション)
5つのマインドフルネストレーニング
深く話し、聴く瞑想(ダーマシェアリング)…などなど

参加費:ドネーション(諸経費を除き全てプラムビレッジ関係の用途に寄付させていただきます)

この日の午後は、サンガつながりの吉田尚子さんをガイドに、コネクション・プラクティス入門編を開催します!

サンガとは直接関係はありませんが、このようなつながりをとても大切にしています。

サンガについて、改めてご紹介します。

この多摩川サンガの流れは、ベトナムの禅僧、ティクナットハン禅師(通称:タイ(師、先生の意))。

タイはサンガを下記のように説明しています。

ブッダの幸せの瞑想【第二版】(サンガ出版)より引用

サンガをつくり、支えあう CREATING AND MAINTAINING A SANGHA

社会の中で私たちが苦しむ原因の多くは、お互いのつながりが感じられないことからきています。

身近な人たちーー近所の人や職場の同僚、家族とさえも本当のつながりがないと感じることがよくあります・

それぞれがばらばらに生きていて、コミュニティーの支えから切り離されているのです。

マインドフルネスを実践すると、ほかの人たちとのつながりが見えてきます。

自分の実践を充実させると同時に、ほかの人を支えるためには、コミュニティ(共同体)が必要です。

仏教では修行・実践のコミュニティをサンガといいます。

仏陀のもとには僧、尼僧、在家男性、在家女性からなるコミュニティがありました。

自分の家族をさんがにすることもできます。

職場もサンガになりますし、隣近所、地方自治体もまたサンガにできます。

深く聞き、愛をもって話す極意を知るならば、国会さえもサンガにすることができるでしょう。

サンガとともにあることが、孤立や分離の感情を癒してくれます。

サンガでは一緒に実践し、隣り合って食事し、食器を洗います。

他の人たちと日常の実践をともにするだけでも、私たちは人に対する慈しみと受容をはっきりと感じることができます。

サンガとはさまざまな木が生え、花が咲き乱れる庭のようなものです。

人も自分もかけがえのない美しい花だと思えるのなら、理解し合い、愛し合うことができるようになるのです。

ある花は早春に咲き、ある花は夏の終りに開花します。

たくさんの実をつける気があれば、涼しい木陰を提供する気もあります。

庭にある他の木と比べて、どちらが偉いとか、劣っているとかということはありません。

同じように、サンガの一人一人も、サンガに貢献できるその人だけの宝を持っています。

またそれぞれが注意が必要な部分も持ち合わせています。

その人からの贈り物に感謝し、短所を成長への可能性として見ることができれば、調和して共に生きられるようになるでしょう。

自分が花で在り木であること、庭そのものであること、そしてそれらすべてがつながり合っていることを理解するのが私たちの実践なのです。

・・」続きはブッダの幸せの瞑想【第二版】で深く触れてみてくださいね。

多摩川サンガでも、この本はご覧頂けますので、気軽に手にとって下さい。

★来月以降のお知らせ

3月多摩川サンガはお休み

4月5日
伊勢原サンガで多摩川サンガチーム合流

 

【微笑みの風サンガ☆東京】さんのメールから抜粋してご案内↓

直接はFBで✓   https://www.facebook.com/wind.of.smile/

★ゴールデンウィーク プラムヴィレッジ僧侶団マインドフルネス来日ツアー2020 

医療者・心理職者のためのマインドフルネス研修会〜心身のウェルビーイング』受付オープンのお知らせ

今年も、ゴールデンウィークにプラムヴィレッジの僧侶団をお招きしての来日ツアーを開催いたします。

例年通り、『富士山麓リトリート』を中心に『教育者のためのマインドフルネスデー』、『Wake Up! 若者向けMindful Day』『日本伝統仏教者の為のリトリート』『ベトナム デー』など開催予定で、準備しております。

今年は、さらに新たにいくつかのイベントも開催する予定ですので、どうぞお楽しみに☆彡

各イベントの詳細は、現在準備中です。

受付オープンの時期など決定しましたら、ご案内させていただきますので、お待ちください。

本日は、先駆けて受付オープンしております『医療者・心理職者のためのマインドフルネス研修会』についてお知らせいたします。

=======================

『医療者・心理職者のためのマインドフルネス研修会〜心身のウェルビーイング』

今年で第6回目となる、医療・心理職者のためのマインドフルネス研修会、今年のテーマは「和解」です。

今年は、昭和大学医学部 高宮有介先生を大会長にお迎えし、プラムヴィレッジアジア統括僧侶であるブラザーファプカムはじめ、国内外の講師による講義と瞑想の実践を行います。

講師陣は、プラムヴィレッジ式の瞑想の実践者であり、医療・心理の現場でもその実践を重ねている方ばかりです。
医療者、心理職者に限らず、マインドフルネスや心身医学に興味のある方であれば、どなたでもご参加いただけます。

【日時】

4月25日(土) :13:00~18:00 *12:30受付開始
4月26日(日) :10:00~16:00 *9:30受付開始 

 【会場】

昭和大学 上条記念館 

住所:東京都品川区旗の台1−1−20

【主 催】
共催:NPO法人ハートシェアリングネットワーク / 昭和大学 / Plum Village Mindfulness Academy
協力:プラムヴィレッジ招聘委員会 / AIAB (Asian Institute of Applied Buddhism) / Breathe and Smile Mindbody Center

【受付サイト】

https://mindfulness2020.peatix.com/

講師の方々・プログラムの詳細はこちらの受付サイトでご覧になれます。

« 2020年の予定 | トップページ | 3/8 アン・フーンご夫妻ライブ法話への参加ご案内 »

サンガ&学習会&瞑想会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年の予定 | トップページ | 3/8 アン・フーンご夫妻ライブ法話への参加ご案内 »