「ティク・ナット・ハン」「マインドフルネス」関連のお知らせ

2018年3月31日 (土)

2018年4月14日(土)は、銀座のイベントでお会いしましょう♪

4月の多摩川サンガは、4/14の都内のイベントに参加します!
プラムビレッジのブラザーシスター、そして、他のサンガの方々もいらっしゃる、マインドフルネス・プラクティスを、ご一緒しませんか?

【4月14日「WALK WITH ME マインドフルネスの教え」上映@銀座】

僧侶と一緒に日比谷公園で歩く瞑想もあります。

✦ 東京プレミア上映

『WALK WITH ME マインドフルネスの教え』
@シネスイッチ銀座13:00~16:00

*日比谷公園11:15~
 マインドフル・ピクニック/日比谷公園→
 シネスイッチ銀座12:00~マインドフル・ウォークあります

入場料:プレミア上映会(ブラザーやシスターが来て上映+トークや実践も組み合わされるもの)は、一律2500円です。


*ピクニックとウォークに関しては無料ですが、もし喜捨箱が置いてありましたら、ご随意ですがお気持程度を入れていただけましたら幸いです。

*一般販売はシネスイッチ銀座の窓口で、4月8日から始まります。
*前売り券ご希望の方は4/8までに多摩川サンガ【tamagawasamgha@gmail.com】にご連絡下さい。
*前売り申し込み後のキャンセルに伴う返金は出来かねますので、ご了承ください。

✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦✦
テレビでの特集や書籍で注目が高まる禅師ティク・ナット・ハンの教えとは――
アカデミー賞®に2度輝く、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督も絶賛する必見のドキュメンタリー映画!


プレツアーでは、ティク・ナット・ハン師とプラムヴィレッジに3年間、密着したドキュメンタリー映画を上映します。

ナレーションを務めるのは、TVドラマ「SHERLOCK/シャーロック」でブレイクし、近年は『ドクター・ストレンジ』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』などハリウッド超大作への出演が相次ぐスター俳優、ベネディクト・カンバーバッチ。彼の静謐なナレーションが、作品に一層の深みを与えています。

今回は主演の一人、ブラザー・ファップ・フーら4人の僧侶が来日し、プレミアイベントを行います!

*日本語紹介ページ

上映会詳細: http://tnhsangha.wixsite.com/2018pvjapantour/pretour

この日が難しくても、他の日程で、上映会やプラクティスが紹介されています。

心静かに過ごす。
ただそれだけのことが、ものすごい深い癒しに導かれる体験を、ご一緒しませんか?

*その他の参考サイト

映画

マインドフルネスハブ

来日ツアー各種イベント

2018年2月27日 (火)

『プラムヴィレッジ僧侶団 来日ツアー2018』

微笑みの風サンガ☆東京さんのメールにて、今年の来日ツアーのご紹介がありましたので、ご紹介します。※第一弾です、詳細は、HPにてご確認くださいネ♪
★『プラムヴィレッジ僧侶団 来日ツアー2018』のお知らせ 第1弾
2014年から毎年ゴールデンウィークを中心に開催しております『プラムヴィレッジ僧侶団 マインドフルネス来日ツアー』、今年も開催いたします!
今年もフランス・香港・タイから総勢12名のプラムヴィレッジの僧侶団をお招きし、6 つのイベントを行います。
ただいま3月初旬の申し込み受付オープンに向けて着々と準備を進めております。
プラムヴィレッジの僧侶たちと直接触れ合って、ティク・ナット・ハン師のマインドフ ルネスの教えを学べる大変貴重な機会となりますので、ぜひご参加ください。
開催イベントは、3泊4日の「富士山麓のリトリート」を中心に、以下の通りになっております。
① 富士山麓リトリート @富士緑の休暇村(山梨県) 5月3日(木祝)~6日(日)
② 医療・心理職者のためのマインドフルネス研修会@聖路加国際大学 アリス・C・セントジョン メモリアルホール 
  4月29日(日)・30日(月祝)
(NPO法人ハートシェアリングネットワーク主催)
③ 教育者のためのマインドフルネス・デー @早稲田大学戸山キャンパス 4月30日(月祝)
④ WakeUp!若者向け1日瞑想会 4月28日(土)
⑤ 日本人僧侶向けリトリート @總持寺  5月8日(火)~10日(木)
(全日本仏教青年会・プラムヴィレッジ招聘委員会主催)
⑥ ベトナム・デー 4月28日(土):在日ベトナム人のための瞑想会です。
今年は来日ツアーに先駆け、プレツアーも開催いたします。4月中旬より全国数ヶ所で、マインドフルネスのイベントや映画の上映会などを開催する予定です。
各イベントとも昨年の内容からさらに充実したプログラム内容となっておりますので、どうぞお楽しみに☆
各イベントの詳細は、「ティク・ナット・ハン マインドフルネスの教え」のHP(https://www.tnhjapan.org) や微笑みの風サンガ☆東京のFacebookなどで、随時お知らせしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2017年3月21日 (火)

微笑みの風サンガ⭐東京(Wind of Smile Sangha⭐Tokyo)よりお知らせ

微笑みの風サンガ 東京(Wind of Smile SanghaTokyoさんのメールが届いたので、下記に引用してお知らせします。

 

『プラムヴィレッジ僧侶団 来日ツアー2017』のお知らせ(第2弾)

2017アンフーンご夫妻京都リトリート』受付開始のお知らせ

『プラムヴィレッジ出家体験リトリート @京都・妙心寺』(3/11~12) の御報告

Photo Photo_2 Photo_3

『プラムヴィレッジ僧侶団 来日ツアー2017』のお知らせ 第2

 

前回お知らせいたしました『プラムヴィレッジ僧侶団 来日ツアー2017』ですが、各イベントの申し込み受付はオープンしております。

 

今年はフランス・香港・タイランド3か国のプラムヴィレッジから、12名の僧侶をお招きいたします! プラムヴィレッジの僧侶たちと直接触れ合って、ティク・ナット・ハン師のマインドフ ルネスの教えを学べる大変貴重な機会となりますので、ぜひご参加ください。

 

今回はお申し込みがスタートしている3つのイベントのご案内です。

 

 富士山麓リトリート @富士緑の休暇村(山梨県) 

 5月3日(水祝)~6日(土)

 

 (詳細&お申し込みは、こちらをご覧ください

      →  http://peatix.com/event/233516/view )

 

美しい富士山の自然に見守られながら、12名の僧侶たちと過ごす34日のリトリート。ここでは、生活そのものが瞑想の実践となる、ティク・ナット・ハン師の「マインドフルネス」を体験的に学びます。

また、約150名の参加者が一体となって生みだす「サンガ」の大きな癒しの力=集合的マインドフルネス・エナジーを体感できる、またとない機会です。

 

 医療・心理職者のためのマインドフルネス研修会

 〜心身医療現場におけるマインドフルネス〜

 @聖路加国際大学 アリスホール

   4月29日(土祝)・30日(日)(聖路加国際病院 精神腫瘍科主催)

 

(詳細&お申し込みは、こちらをご覧ください

     →http://mindfulness2017.peatix.com

 

今年は2日間に規模を拡大し、格段に充実したプログラムとなっています。

講師陣は、主催である聖路加国際病院 精神腫瘍科の保坂隆先生のほか、ティク・ナット・ハン師の教えを日々深く実践され、自らの医療・心理の臨床現場でも活用されている医師・臨床心理学者、僧侶らの専門家4名を海外から招聘します。

 

【講義内容】

MBCT(マインドフルネス認知療法:Mindfulness based cognitive therapy)から、ティク・ナット・ハン師の「マインドフルネス」をベースとした『マインドフルネス第2世代としてのMBPHMindfulness Born Peace and Happiness)』へ

・『がんの臨床におけるマインドフルネスの活用』

・『患者とのマインドフルコミュニケーション』など

 

これらをテーマとし、具体的なケースも交えながら、理論と実践を学んでいきます。また、瞑想の実践もふんだんに取り入れた内容になっております。

ヘルスケアの専門家、および心身の健康に興味のある方ならどなたでもご参加頂けます。

 

 教育者のためのマインドフルネス・デー 

 @早稲田大学 戸山キャンパス 4月30日(日)

 

(詳細&お申し込みは、こちらをご覧ください

     → http://peatix.com/event/239652/view )

 

「生活指導や授業の準備、保護者の対応、部活の指導などに追われ忙しい日々を送る先生たち。一度立ち止まって、ゆっくり呼吸をし、「いま・ここ」に還る時間をもちませんか? 

 

このイベントは、忙しすぎる現代日本の教育現場にマインドフルネスの実践がいかに大切であるかという思いから、ティク・ナット・ハン師の教えを実践する現役教師たちを中心に企画が進められています。

学校の先生、保育士さん、子どもに何かを教えている方、スクールカウンセラー、その他教育に関心のある方ならどなたでもご参加頂けます。

 

 

このほかプラムヴィレッジ来日ツアー2017では、

・『WakeUp!若者向け1日瞑想会:4月29日(土祝)』

・『日本人僧侶向けリトリート @増上寺 5月8日(月)~10日(水)』

・『ベトナム・デー 4月29日(土祝)』

が開催されます。

 

各イベントの詳細は、特設ページをご覧ください

http://tnhsangha.wixsite.com/2017pvjapantour

 

この貴重な学びの機会を、多くの方々と共にできますことを祈っております。

 

どうぞ、ご参加をご検討ください🍀

 

**********************************************************************************

 

2017アン・フーンご夫妻京都リトリート』受付開始のお知らせ 

 

毎月ワシントンから日本のサンガに向けてライブで法話会をしてくださっているアン・フーン&トゥご夫妻をお招きしてのリトリートが、今年も6月に京都で開催されます。

申し込み受付がオープンしましたので、お知らせいたします。

主催・運営の2017京都リトリート運営事務局「チーム・レインボー」よりのご案内になります。

 

 **2017アンフーンご夫妻京都リトリート 詳細情報&お申込みサイト**

 

62日(金)~4日(日)

 

「マインドフルネス・リトリート ~Peaceful Heart Joyful Step~」

http://bamboosangha.wixsite.com/2017kyoto

 

66日(火)~11日(日) 

「インナーチャイルド・リトリート ~The Art of Cultivating Compassion and Happiness~」

http://bamboosangha.wixsite.com/2017kyoto-ic

 

 

**********************************************************************************

 

『プラムヴィレッジ出家体験リトリート @京都・妙心寺』(3/11~12) の御報告

 

3/11~12に京都・妙心寺で、京都マインドフルネス・プラクティス・グループ主催による『プラムヴィレッジ出家体験リトリート』が行われました。

ファシリテーター(講師)は、微笑みの風サンガ東京の 宮下直樹さん。

参加者は、関東・関西・名古屋・四国・九州など全国から、35名。

素晴らしい環境、素晴らしい内容のリトリートとなりました。

直樹さんにより、これまで伺い知れなかったプラムヴィレッジ僧侶たちのプラクティスがシェアされて、マインドフルネス本場の空気を存分に味わえた、まさに充実のプログラムでした。

 

以下は、参加者からの御感想の一部です。

「数え切れない多くの学びがありました」
「満ち足りた時間を過ごすことができました」

「これまで参加したリトリートのマイ・ベスト!」
「ぜひ、関東でも開催してほしいです」

2016年8月 1日 (月)

7/31 サンガ報告とNHK Eテレ「こころの時代アンコール」

微笑みの風サンガ(東京)より、NHK上映のお知らせをいただきました。
 
★NHK Eテレ「こころの時代アンコール」ティク・ナット・ハン特集 再放送のお知らせ
 
昨年4月に放映され、大きな反響を呼んだ2回シリーズがこのたび再放送されます

第1回「怒りの炎を抱きしめる」

7月31日() 5:006:00

(再放送:8月6日(土)13:0014:00

第2回「ひとりひとりがブッダとなる」

8月7日(日) 5:006:00

(再放送未定)

http://www4.nhk.or.jp/kokoro/x/2016-07-31/31/24806/2204175/

1回は、紛争や対立、差別などの「怒り」をどう変容させたらいいのか、波乱に富んだ人生からひもとく。真髄はブッダの教えに基づく「マインドフルネス(今ここに存在する自分に気づく)」。自と他の区別をなくすことで、怒りを静め、社会を変えることができると説く。原点は、ベトナム戦争。教えを受けた高僧の焼身や弟子の殺害に苦悩し、暴力で対抗せずに慈悲の境地に至る。そして、キング牧師と共鳴、国際社会を変革していく。(NHK 番組HPより)

番組では、プラムヴィレッジの静かで穏やかな空気も味わうことができます。

前回見逃された方は、この機会にぜひご覧ください。

7/31のサンガも無事終了しました。
 
心のお天気、リラクゼーション、歩く瞑想、おやつの瞑想、タイの法話、そしてシェアリングタイム。
時折強い雨が降りましたが、やがて晴れ、白くてもこもこした雲がゆったりと日傘を作ってくれる快適な一日でした。
7月の悲しい事件への祈りの時間も共有しました。
タイの法話は、Q&A「オリンピック〜競争について」。
2012年、ティク・ナット・ハン / Thich Nhat Hanh
“Competitions”